肝血管腫について!原因や治療方法を紹介!

医師に「肝臓に腫瘍ができています」と言われると、とても心配になると思います。しかしそれが「肝血管腫」であれば、「しばらく経過観察しましょう」と言われます。そのまま放置されることもあります。

しかし肝血管腫の症状は、「肝がん」と似ているところがあります。つまり、「肝がんではない」という見極めが重要です。原因と治療法だけでなく、検査方法と診断について知っておくと「要らぬ心配」をしないで済みます。

スポンサーリンク

肝血管腫の症状

肝臓

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれています。良性の肝血管腫どころか、悪性の肝がんですら、自覚症状はなかなか現れません。肝臓には、異常を知らせる「痛みというアラーム」が備わっていないからです。

極細の針が0.1ミリでも刺されば痛みを感じる「皮膚」と比べると、肝臓は相当「痛みに鈍感」なのです。

それでは、どうやって肝血管腫が見つかるのでしょうか。実は、偶然見つかることが多いのです。例えば「膀胱炎の超音波検査をしているときに、医師が念のため、肝臓にも超音波を当てたら腫瘍があった」というふうに見つかるようです。

異常が発生しやすい臓器

毒

肝臓の働きのひとつに、体内の毒素を無毒にする「解毒」作用があります。肝臓には大きな3本の血管がつながっています。うち2本は、肝臓に血液を送り込む血管です。残りの1本は、肝臓内の血液を外に流す血管です。毒素は、血液に乗って肝臓に運ばれ、解毒された血液が肝臓の外に出ていくのです。

つまり肝臓には、毒素を含む「いろいろなもの」が運ばれてくるのです。なので、肝臓は異常が発生しやすいと考えられています。肝血管腫のほかにも、「肝細胞腺腫」「胆管嚢胞腺腫」「血管筋脂肪腫」といった名称の病気があります。ところがこれらは、いずれも良性であることが多いのです。

肝臓は「良性であろうと悪性であろうと、とにかく病気が多い」と覚えておいてください。

スポンサーリンク

肝血管腫の検査

肝血管腫は「腫瘍」という「できもの」ができる病気です。そのできものは、毛細血管が異常に増えてできます。検査は、まずは超音波検査をします。次に、より詳しい画像が得られるMRI検査をします。MRIで診断が確定することがほとんどです。

CTを行うかどうか

ct

そし検査の結果

①患者に肝炎や肝硬変がなく
②腫瘍の大きさが3センチ以下で
③その腫瘍が肝臓の表面に突出していなくて
④自覚症状がない場合

医師はなんの処置もしません。医師は患者に「肝血管腫です。経過観察をして、3カ月後に再検査しましょう」と言うだけです。

先ほど、「肝血管腫の検査は、超音波とMRI」といいました。実はもうひとつ検査方法があります。それはCT検査です。しかし、医師によっては「肝血管腫の診断において、CT検査は極力避けた方がよい」といいます。それは、CTはX線を使うので放射線被ばくのリスクがあるからです。

しかも、肝血管腫のCT検査では、事前に造影剤を体内に投与しなければならないのですが、この造影剤に強いアレルギー反応を起こす人がいるのです。

超音波もMRIもX線は使いませんので、体に優しい検査といえます。肝臓にできた腫瘍の大きさが分かり、「肝血管腫である」「良性である」と判断できればいいので、「CT検査は不要」という医師は、「超音波とMRIで十分」と考えるのです。

しかし、別の医者は「CTによる被ばく量は健康上、大きな問題にならない。確実に肝血管腫と診断するためには、造影剤を使ったCT検査をすべきだ」といいます。このように、医者でも意見が分かれているので、一般の方が「CTをすべきかどうか」を判断することは大変難しいです。医師の説明を聞き、納得してから「CTを受ける」「受けない」を決めてください。

「経過観察」について

しかしこのシチュエーションは、患者をかなり不安にさせます。インターネットの病気質問サイトでも、肝血管腫と診断された方が、「医者に良性と言われたが、心配だ。腫瘍なら取り除いてほしい」と心配する声が多く寄せられています。

しかし肝血管腫の診断がくだり、患者に「経過観察」と伝えることは、医師たちでつくる「学会」で定めたことなのです。

ある医師はこう言っています。「経過観察とは『治療しない』のではなく、『治療そのもの』です。なんの処置もしないで3カ月が経過して、肝血管腫が『変化したか』『変化しないか』を知ることは、治療方法を決める重要な情報なのです」

判断が難しい「3センチ」

「経過観察」を経て、3カ月後にもう一度同じ検査をして、肝血管腫が大きくなっていなければ、「問題なし」となります。つまり、そのまま放置されるそうです。肝血管腫で治療を開始するケースは次の場合です。

多くの肝血管腫は、4センチ以下で成長が止まるのですが、中には10センチに成長するものもあります。30センチの肝血管腫が見つかったという報告もあります。

また、通常の肝血管腫は1カ所ですが、1つの肝臓に複数個の肝血管腫が見つかることがあるそうです。

こうした状態になると、さすがの「沈黙の臓器」も悲鳴を上げます。お腹が圧迫されている感じがしたり、不定愁訴が起きたりします。黄疸が出ることもあります。

大きさがちょうど3センチのとき、医師は、治療をするか経過観察を継続するかでかなり悩むといいます。肝臓は人の生死に大きく関わる臓器なので、肝血管腫という良性の腫瘍のためにメスを入れたくないのです。

スポンサーリンク

肝血管腫の治療

手術

肝血管腫の治療方法を紹介します。

切除が基本

肝血管腫が4センチ以上になってしまうと、破裂したり、別の病気を発症する危険があるため、手術によって腫瘍を切除することがあります。切除以外の治療法は「冠動脈塞栓術」です。肝臓に流れ込む血液を止めてしまいます。そのほか、放射線治療を行う医療機関もあります。

肝血管腫の死亡例

死亡

肝血管腫が破裂することはまれです。しかし、ある調査では、破裂した14名の患者のうち、2名が亡くなりました。そのほかの12名は、冠動脈塞栓術と手術による切除で生存できたそうです。

スポンサーリンク

狙いは肝がん

「肝臓に腫瘍ができる」という点で、肝血管腫と肝がんは同じです。しかし、治療は真逆といえます。肝血管腫は「放置」、肝がんは「手術」です。

肝血管腫が肝がんに移行することはないと考えられています。ですので、「肝血管腫である」と確定させることは、「肝がんではない」ことを確定するでもあるのです。

肝炎と肝硬変

医療従事者でないと、「その腫瘍が悪性かどうかは、細胞を採取して顕微鏡で見なければ分からないのではないか」と思ってしまいますが、それ以外の「見分け方」があります。肝臓の細胞を採取することは、体への負担が大きいので、「それ以外の見分け方」も確実であれば、そちらの方がメリットが大きいのです。

まず、B型肝炎やC型肝炎などのウイルス性肝炎や、アルコール性肝硬変など、肝臓の重い病気を持っている人に対しては、腫瘍が3センチ以下であっても医師は肝がんの可能性を考えます。

肝がんは発育が早いので、再検査のときに腫瘍が大きくなっていれば、やはり肝がんを疑います。肝血管腫は、一般的には大きくなりません。

肝がんかどうかは、血液検査でもある程度判定できます。「腫瘍マーカー」という言葉を聞いたことがあると思います。腫瘍マーカーは、がんの種類ごとに異なります。「このがんができると、血液中の『この成分』が増える」という現象を、がん判定に使っているのです。肝がんの場合、血液中の「この成分」は「AFP」といいます。肝がんが疑われた場合、血液を採取してAFPの量を調べるのです。

スポンサーリンク

肝血管腫になりやすい人

高齢女性

肝血管腫の原因は、生まれながらの血管異常が関与していると考えられています。女性に多く見られ、女性の患者数は、男性の4.5倍から6倍です。そして女性の中でも、40歳以上になると、急速に増えます。

ある医療機関で、一定期間、調査したところ、肝血管腫の患者が11名いました。うち8人が女性で、その中の3名は、以前に卵巣を摘出していたそうです。また別の調査では、出産後の女性に肝血管腫が多く発生していることが分かりました。こうしたことから、性ホルモンの関与が疑われています。

スポンサーリンク

まとめ

肝臓は難しい臓器です。解毒のほかに、たんぱくの合成やエネルギーの蓄積などを行っています。また、肝臓は少しぐらい欠けても再生する力を持っているのに、一定量以上欠けると再生しません。大きな血管が通っていることも、治療を難しくしています。

なので「肝臓の専門医」がいるくらいです。肝臓の病気について知ることは、健康を維持する上でとても重要であることは間違いなさそうです。

関連記事として、

胆石の時の食事はどうする?摂取したい栄養分は?

疲れやすい病気とは?原因を知って対策を練ろう!

血糖値が下がると眠気を感じるのはなぜ?対策方法も紹介!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする