紳士な人はモテる?その理由や性格、特徴について知ろう!

紳士な人とお付き合いしたい、今カレがわがままで子どもっぽくて疲れたなど、紳士的な男性にあこがれを抱く人も多いのではないでしょうか。紳士的な男性と言っても具体的なイメージが湧く人は少ないのではないでしょうか。本当に紳士な人に出会うために紳士的な人の特徴について押さえておく必要があるでしょう。

また、紳士な人と出会うために闇雲に探してもなかなか見つかりません。そのため、紳士な人と出会う場所やシチュエーションを知っておく必要があります。

そこで今回は紳士的な人の特徴や出会いの場など、出会うためにどうしたら良いのかご紹介します。

紳士とはどういうこと?

suit-2619784_960_720

そもそも紳士とはどんな意味があるのか説明することができますか?イメージでこの言葉を使っている人が多いでしょう。

「紳士」にはどのよな意味があるのか

「紳士」という言葉を実際に調べてみると、以下のような意味でした。

1 上流社会の人。
「有名―の商議場たるが如く」〈織田訳・花柳春話〉
2 上品で礼儀正しく、教養の高いりっぱな男性。ジェントルマン。「紳士淑女」
3 成人の男性。「紳士服」

byコトバンク

つまり、上流階級(お金持ち)の人も紳士と言いますし、上品で礼儀正しく教養のある男性のことも紳士と言いますし、成人男性自体を紳士と言う。

ただ、女性のいう「紳士な人」は「上品で礼儀正しく、教養の高いりっぱな男性」ということでしょう。

語源について

「紳士」という言葉は元々中国語の搢紳(しんしん)という言葉に由来しています。この字が変化し、「紳士」になったと言われているのです。日本では使われない字が用いられていますが、元の言葉は、官位についている人がその象徴である芴を帯に挿しており、官史の代称として使用されていました。つまり官位が高い身分で貴人をあらわす際に使われていたのです。

日本では少なくとも江戸時代から使われていた言葉で、明治時代に夏目漱石が「gentleman(gentleman)」の和訳として紳士を使っています。「gentleman」はイギリスで家柄の良い高貴な人に対して使われており、それを日本では「紳士」と呼んでいたのです。

しかし、時代とともに、高貴な男性だけでなく、一般男性を丁寧に呼ぶときに「紳士」という言葉が使われるようになり、礼儀やマナーに長けている人を指す言葉として使われるようになりました。

そのため、紳士な人は、礼儀やマナー、教養に長けており、なおかつ経済的に裕福な男性が紳士な人であるというイメージを持たれるようになったのです。

紳士な人の7つの特徴とは

suit-714357_960_720

「紳士」についてご説明してきましたが、紳士な人となるとどのような特徴があるのでしょうか。ここでは紳士な人の特徴をご紹介してきます。

一見紳士な人でも偽物である可能性があるため、参考にしてみてください。

①レディーファーストができる

紳士な人の最もわかりやすい特徴として、レディーファーストが出来るという点が挙げられます。例えば、ドアを開けて女性を先に通したり、食事の場では女性の座る椅子を引いたり、電車では女性に席を譲るなどが挙げられます。基本的なことなのですが、これが出来ないと紳士とはみなされません。レディーファーストは紳士になるための必須条件なのです。

ただし、レディーファーストが完璧にできるが、実は問題のある男性だったと言う事もあるため、レディーファーストであることにこだわって、人間性をみないと大変なことになるかもしれません。

②老若男女問わず誰にでも優しい

紳士な人は自分の恋人や友人など大切な人たちだけでなく、誰に対しても公平にふるまうことができます。例えば、あなたにはすごく優しく紳士にふるまいますが、店員さんに対して横柄な態度で接するような人は紳士な人とは言えません。

紳士な人は相手や自分の損得を特に考えず誰にでも優しくすることができます。みんなに優しくすることができる紳士な人は、付き合った後や結婚した後に態度が変わる「釣った魚に餌をやらない」というような男性にはなりにくいと言え、結婚相手としてぴったりな相手と言えます。

③人の悪口を言わない

紳士な人は決して人の悪口や陰口を言いません。また、物事に対して不満を言わない傾向があります。紳士な人はネガティブな言葉は周囲の雰囲気をネガティブにしてしまうことを知っているのです。

また、人前で自分の恋人や友人の悪口を言ったり、恋人がいないところで恋人の悪口を言うことがありません。このような行為は卑劣で行ってはいけないものだということを知っているからです。

④行動がぶれない

紳士な人は言動がコロコロ変わったりしません。自分の発言や行動について責任や規範を持っているからです。

例えば、「明日は朝から出張だから、今晩はビールを控える」と決めたら、それを必ず守ります。また、気分が安定しているため、「今日は機嫌悪そうだから、話しかけないほうがいいな」などと周囲の人に気を使わせることもありません。

常に穏やかで落ち着いている人が紳士的など言えるでしょう。

⑤所作や外見をこだわっている

「紳士な人ってどんなイメージがある?」と聞くと身なりが整った人を思い浮かべるでしょう。髪型が綺麗に整えられ、質のいい服や靴を身に付け、スリムでスマートに身をこなすなど、紳士な人は外見だけではなく、歩き方や話し方、食べ方など所作に対して気を配ります。

例えば、所作や行動が下品だと、せっかくスマートな身なりをしていても台無しです。もし若い人でカジュアルな恰好をしている人でも、外見と内面は伴っているものだとわかっている人は紳士になれる素質があると言えます。

⑥芯が強い

紳士な人はとても芯が強いという特徴があります。メンタルが強いため、問題やトラブルが起こったとしても、焦らず落ち着いて冷静に対応することができます。もし人からはめられそうになったとしても揺るぎません。

人から理不尽な理由で責められたとしても揺らぐことがありませんが、もし自分の行動で他人に迷惑をかけた場合は素直に謝ることができます。自己中心的な男性や頑固者とは違い、何が良くて何が悪いかという判断をすることができます。

⑦相手を信頼している

「紳士協定」という言葉を知っていますか?紳士協定は

「国家または団体・個人の間で、互いに相手を信頼して公式手続きを踏まずに取り決めた約束。byコトバンク

という意味があります。

つまり、相手が自分と同程度の高潔な人格を持っていると信頼して、物事を進めていく方法のことをいます。このように紳士は相手のことを信頼することができます。人を信じて疑わないという純粋なものではなく、相手の人格をしっかりと見極めて、最も良い関係を築いていく方法を選択する能力があります。

そのため、紳士な人は周囲の人に良い影響を与えるのです。

⑧TPOをわきまえている

「TPO」とは、時と場合、場所に応じた服装や態度を取るということです。

紳士な人がTPOをわきまえないような服装をしていたり、行動をとることはまずありません。時と場所をわきまえて、その時の状況にあった所作や服装をすることができます。例えば、初めてのデートなのに、着古したTシャツやボロボロのズボン、ビーサンなどと言っただらしない服装をしてくることはまずありません。また、冠婚葬祭においても所作をしっかりと理解しているため、周囲の人に不快な思いをさせることがありません。

紳士な人は周囲の人たちの気持ちを考えることができるため、相手をしっかりと気遣い、ふるまうのです。結婚式やお葬式などではそれ独自のマナーがありますが、それをしっかりと心得ているためとても魅力的に感じられます。また、食事のときもマナーを遵守し、音を立てて食べたり、こぼしたりしません。また、ドレスコードがあるような高級レストランにはキチンとスーツできますし、半そで半ズボンで行くなんてことはしません。

このようにマナーを理解し、TPOをわきまえることができる人は紳士な人であると言えるでしょう。

紳士な人と出会うにはどこを狙うといい?

woman-2937173_960_720

普段生活をしているなかで紳士な人とお付き合いをすると言ってもなかなか難しいでしょう。紳士な人と出会うために狙うべきポイントをご紹介します。

①紳士な人が良ければ年上を狙うべし

恋人の対象として年上や年下、同級生など男性の好みは人それぞれなのですが、圧倒的に人気を誇るのが年上の男性です。

実際紳士な人は年上男性が多く、年上ならではの魅力も多いです。例えば、同級生や年下は子どもっぽくて嫌だと感じる女性は多く、そのような女性からみて年上男性はとても大人びて見え、頼りがいも会ってとても魅力的に感じられます。

実際紳士的な雰囲気はある程度歳をとってから感じるところある大人な雰囲気なため、年上男性の方が紳士な人に出会えるチャンスが多いと言えるでしょう。

②職場やアルバイト先を狙うべし

年上の紳士な男性と出会うのであれば、最もねらい目なのが職場やアルバイト先です。社会人になると、職場には様々な年代の人が混在しています。かなり年上の男性から自分と年齢があまり変わらない男性もいます。自分の恋愛の対象である年齢層に最も出会いやすいのが職場です。

また、学生で年上の彼氏との出会いを求めるのであれば、アルバイトはやはり対象に入ってくるでしょう。アルバイト先には同じような学生だけでなく、正社員として働く社会人男性や同じようにアルバイトをしている年上の学生もいるでしょう。

働いてお金を稼ぎながら、紳士な人との出会いを待つというのも一石二鳥だと言えます。

③合コンでの出会いもおすすめ

紳士な人と出会うのに合コンもおすすめです。合コンはどんな相手とセッティングするのかにもよりますが、友人から合コンの誘いがあった時に紳士な人との出会いが出来そうなものだけ参加するなど工夫するのがおすすめです。

ただ、合コンの場合、それなりに盛り上がれそうな人が選ばれることが多いため、あまり紳士的でない人も多く集まる場合があります。また、年齢も比較的歳の差のあまりない男性との出会いが多くなりがちになるため、歳の差が離れている方が良いという女性にはあまり期待が出来ないと言えます。

④婚活パーティーに参加するのも手

男性との出会いを求めるのであれば、婚活パーティーもおすすめです。少し前だと、婚活パーティーに参加することはガツガツしているような感じがして、あまり気が乗らないと思うかもしれませんが、現在では比較的カジュアルで参加しやすいものになっています。

婚活パーティーには色々な年齢層や職業の男性が集まっているため、比較的紳士な人も集まりやすいという特徴があります。また、結婚願望のある人達が行くパーティーですので、結婚したいと思っている女性にはぴったりだと言えます。

⑤年上の友人から紹介してもらう

合コンや婚活パーティーで気軽に様々な男性と知り合うことができるため、紳士な人との出会いをしやすいところと言えます。しかし、こういった場所で自分好みの男性と出会ってうまくいく確率はあまり高くありません。なぜならライバルの女性も数多くいるからです。さらに年齢や職業などが出ていたとしても、相手がどういう人なのか判断することが難しく、実際に付き合ってみたら紳士でなかったと言う事も多いです。

このような失敗を防いで、確実に紳士な人と出会うのに有効な方法と言えるのが年上男性からの紹介です。知り合いで年上で自分が狙っている年齢層の友人がいれば、「誰か良い人紹介していただけませんか?」などとお願いすると良いでしょう。年上の男性の友人となるとその年代の男性の方が多いでしょう。

しかも、友人の友人ということなので、その友人はその男性の素性を知っているため、どんな人なのかあらかじめ知ってから知り合うことができるのです。そして基本的に1対1で出会うことになるため、ライバルに邪魔されることなく、自分好みの男性を彼氏にすることができる可能性が高いのです。

⑥指導者に的を絞ってみる

紳士な人は頼りがいがあり、優しい男性であることが多く、その多くがリーダーや指導者になっていたりします。そのため、指導者に的を絞ってみることもおすすめです。

例えば、新しく習い事を始めたり、趣味を始めたらそれを指導してくれる人がいるものです。その指導してくれる人が年上の男性で紳士な人であれば、その人に的を絞ってみるのです。このように新しいことを始めることで新しい出会いをすることができます。

ただし、指導者は頼れる存在のため、女性が多い習い事であれば、同じように好意を寄せている女性が多くなると言う事があるため、少なからずライバルがいると言えます。

⑦お客様として出会う

サービス業で働く女性で意外と多いのが、お客様としてお店に来た紳士な人と出会い、お付き合いをするようになったということです。特に飲食店の場合、男女問わず様々な年齢層の男性が来ますから、常連さんとして頻繁にお店に来てくれているうちに付き合い始めるということが良くあります。

中にはコンビニでお会計のときにお客様から連絡先を渡されたなどというパターンです。ただし、接客をしている店員としてお客様との距離を取って淡々とこなして、男性としては見れないという人も少なからずいると言えます。

⑧店員さんにアタックしてみる

女性が働いているお店に男性がお客様として来店して出会うと言う事があるのであれば、その逆も大いにあり得ます。

例えば、カフェやレストランなどのスタッフさんを見てみると、あの人素敵だなぁと思うことはありませんか?そんな男性に対して勇気をもってアプローチをするのです。年上の男性は包容力がありますし、男性としては女性からアプローチをされて嫌がる人はまずいないでしょう。まず軽く話しかけてみてから、常連となり、少しずつ距離を縮めていくと良いでしょう。彼氏との出会いが彼氏がお店の店員さんだったというのはなんだかロマンチックな出会いに感じられます。

もちろんある程度仲良くなれば、男性の方からアプローチをしてくることがあります。そのように仲良くなるには出来るだけ気になる店員さんとコミュニケーションを取れるように工夫をする必要があります。

注文や商品について尋ねるときに、気になる男性に聞いてみたり、話しかけると良いでしょう。ただ、だらだらと話しかけたり、仕事の邪魔になるようなことをするのはやめましょう。

まとめ

grass-2563424_960_720

いかがでしたか?紳士な人は優しく頼りがいがあり、レディーファーストを大切にしているため、付き合ったり、結婚すれば、あなたを大切にしてくれるかけがえのない存在になると言えるでしょう。そのような人と出会うためには本当にその人が紳士な人なのかを見極める眼力を身に付けることが大切です。

また、なかなか出会えないという人は紳士な人と出会えるようにある程度努力が必要だと言えるでしょう。

関連記事として、

第一印象で決まる3つの関係性!見た目で判断する人は何を見ている?

品がある人の21の特徴!上品な女性になるために必要な事とは?参考になる芸能人を知ろう!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする