品がある人の21の特徴!上品な女性になるために必要な事とは?参考になる芸能人を知ろう!

品がある女性は年齢性別を問わず人気があり、人に好かれる重要な資質の一つです。

落ち着いた大人の魅力と色気があり、発信する言動やSNSなどでの情報にも影響力が増します。

品格が高い人の生活は、仕事もプライベートも充実している様に感じられたり、どんな状況にも動じない余裕が感じられます。

そんな品のある女性の魅力の秘密、共通する特徴について紹介していきます。

品のいい女性から滲み出る雰囲気はどこから出ているのでしょうか?

品があるとは?

VER88_sumafonayamu15150207_TP_V

まず「品がある」とはどういうものなのかについて紹介していきます。

言葉の語源やその意味について見ていきましょう。

「品がある」の意味

(読み方)ひんがある

または気品がある、気高い、高貴な、凛とした、上品な、品格があるという表現も同義語として存在します。

「品がある」という表現は女性に対する言葉として使用され、男性の場合には威厳がある、風格がある、オーラがある、存在感がる、貫禄がある、重みがあるという様な表現に置き換えられます。

意味としては、物事の言動・所作・装い・雰囲気・佇まいに対して優雅で高貴で洗練された印象を受けること。そういった資質を持ち合わせている人・モノに対して用いられます。

対義語には下品、品が悪い、品がないという表現になります。

「品がある」の語源

古代の中国、三国志の時代「魏」の国の制度の中に九品官人法(きゅうひんかんじんほう)と呼ばれる制度がありました。

国(中央政府)から派遣された中正官(ちゅうせいかん)という役職の人物が各所に赴き9つの品(日本で言う位(くらい))に分けて役職を与える制度がありました。

この制度で信頼のおける人物に地域を任せ、より良い国づくりをしていこうという考えです。

このような言葉があります。

「上品(じょうひん)に寒門(かんもん:栄えていない一族)無く,下品(かひん)に勢族(せいぞく:栄えている一族)無し」

出典:篠ノ目くぬぎ_CNS 放送局

つまり、上品とは九品中正の制度のもと富と地位を獲得した上級階級の人たちのことを品格者と位置づけたところから来ている言葉であると言うことがわかります。

品がある人の21の特徴

上昇志向

品がある人にはどんな特徴があるのでしょうか?

無意識の内にあの人は品がある人だと感じているその中身について見ていきましょう。人はどんな特徴を見た時に品があると思っているのでしょうか?

見た目・言葉・行動・考え方の4つの項目に分けてそれぞれ見ていきましょう。

品がある人の見た目の特徴5つ

品がある人の見た目にはどんな特徴があるのかについて紹介します。

ファッションが落ち着いている

ファッションでは個性を強調したものではなく清潔感やシンプルで自分のスタイルバランスに合った服装を心がけている人が多いです。

背伸びをしたり、合わない服装は好きでも自分では着用していません。

服装ではなく、小物で個性や趣味をアピールしているところが特徴です。

周囲の人に不快感を与えないよう、景観を乱すことにならないようにしながら配慮しつつも自分の楽しみを両立させているところがポイントでしょう。

笑顔が素敵

笑い顔も素敵な女性というのが品のある女性の特徴です。

歯並びが良い・歯が白い・下品に笑わないというところが重要です。どんなに品があって素敵な女性でも笑い方が汚いとその瞬間、上品な印象は著しく損なわれるでしょう。

姿勢・歩き方がキレイ

普段椅子に座っている姿勢、立っている姿勢、歩いている姿がきれいな女性はそれだけで品があるように見えます。

常に人に見られることを意識し気を抜かない、そうでなくても背筋が伸びている姿は外見だけの綺麗さではなく、内面的な美しさも同時に感じることが出来ます。

外見も内面も美しくあろうと努力しないと姿勢の美しさは体現できないのでこれは重要なポイントでしょう。

髪の毛がキレイ

髪の毛に関しても姿勢と同じことがいえます。

女性の命とも言われる髪の毛、手入れにも手間がかかり非常に労力がかかる部分です。

髪の毛がキレイだと生活習慣が整っていたり、毎日ケアをしている女性らしさが感じられます。清潔感も非常に高く感じますし、印象がグッと良くなります。

メイクが自然

品がある女性はメイクにも清潔感をしっかり保たせています。

化粧の濃さも全体のバランスによっては上品な品のある女性を演出することが出来ます。

化粧崩れなどは無く、素材をゆく見せるためのポイントを押さえています。

リップを濃くしすぎたり、チークを強めに載せる事はせずに目元と眉をしっかり見せて全体のバランスを整えてメイクしている事がポイントです。

重要なことは時と場所を考えてメイクを変えているということ。

品がある人の言葉の特徴5つ

品のある人の言葉の特徴について紹介します。

若者言葉・下品な言葉を使わない

若者の間では意思疎通が図りやすく、情報の伝達速度が早い若者言葉ですが、自分の気持をそのままストレートに言葉に乗せて意味だけを伝えるとどうしても下品な印象になってしまいます。

上品で品のある人はどんな人にも言葉も選んで情報を整理して話すという特徴があります。

心を開いていないということでは一切なく、常に丁寧に言葉を発しているというところがポイントです。

マイナスな言葉・愚痴を言わない

「眠い」「疲れた」「無理」というマイナスな言葉は相手にも堕落した気分を誘発させます。

「上司がムカつく」「あの人嫌い」という愚痴も上品な人は絶対に口にしません。

疲れたときこそプラスな言葉で自分の気持ちを高めて取り組み、嫌なことが合ったときは問題解決を優先し愚痴は吐かない。というところが上品な人の特徴です。

常に前向きに考えている思考が言動にも現れ、ポジティブな印象を与えやすいところが上品な人特有の個性でしょう。

敬語を使用する

しっかりと敬語が使えると普段やんちゃな性格の人でも上品に見えるものです。

プライベートと仕事や外での使い分けがしっかり出来ているとそれだけで品があるんだなと感じられます。

相手にあわせた言葉遣いが出来る人。それが品がある人の特徴です。

正しい日本語で話す

意味は通じるけど日本語の使い方が間違っている。

という人は品がない人と見られているでしょう。これも意識の問題でもあります。

誰に言われたでもなく、指摘されるわけでもないのに正しい日本語を使用しようと努力している、勉強している。そういう姿が品の良さにつながっています。

語彙力がある

語彙力があると、教養がある人という印象が強くなり品が高く感じられます。

「みたいな感じです」と表現できない言葉を雰囲気で伝えるのではなく、具体的に語彙力と整理された言葉の羅列で相手に伝えることが出来る人は品があるという印象を与えます。

スラングと言われる言葉や話し言葉は使用しないところがポイントです。

語彙力がある人は本を読んでいる量に比例するので、知識が豊富である事も伺えて憧れと敬意を表して品格のある人という印象に変わるのです。

品がある人の言動の特徴5つ

品格のある人の言動について紹介します。

大声で笑わない

笑顔が素敵にも通じますが、笑顔だけでなく声を挙げて笑う場合の声量や、声の出し方に品の良さが表れる問題です。

引き笑い、手を叩いて笑う、大きな声で笑うという行為はどうしても品格を損なう行為になります。

どんなにツボに入っても品を保ちながら笑う。これが品のある人の特徴です。

立ち振舞が落ち着いている

常に冷静沈着、慌てない、落ち着いた所作でテキパキ問題を解決する理路整然とした様には気品を感じずにはいられません。

落ち着きの中には経験の多さを物語っている物もあります。

どんな状況にの狼狽えない姿は経験と危機予測なくして体現できるものではありません。そんな滲み出る人生経験から格式の高さと応用力のスペックの高さを感じずにはいられません。

マナーが身についている

食事中の食べ方がキレイ、音を立てない、靴を揃える、座る位置、口元を隠す、コップを使うなどのマナーや女子力の高さが伺えるところが品のある女性の特徴。

ふとした瞬間にそういったマナーやこなれた手さばき、鼻につかない所作は一朝一夕では身につきません。

自然とそういったマナーが出来る女性は普段の生活から意識の高い生活を送っていることが想像され、腑抜けた私生活を送っている人からは尊敬の眼差しが向けられるでしょう。

礼儀正しい

目上の人に対して正しい礼儀作法を重んじた言動を取ることが出来る。と言うのは品格のある女性には必須の条件でしょう。

決して奢らず、相手に対して敬意を払い、順序立てて物事を進める。

これが礼儀正しい人が持ち合わせている品格です。決して長いものに巻かれろ精神でそうしている訳ではありません。

ハンカチを使用する

ズボンやスカートで手を拭く、手を洗わない、自然乾燥なんてことは品のある女性は絶対にしません。

毎日ハンカチを持ち歩き、自分の手をふいたり、怪我をした男性に差し出したりします←

毎日ハンカチは洗濯されているのかいい匂いがするというのが定番です。ハンカチを持ち歩くこと、それが品のある女性の第一歩でもあります。

字が綺麗

顔のわからない女性から字が綺麗な文章の整ったラブレターや手紙が届くとどう思うでしょうか?

きっと品がある人なんだろうなあ、と妄想が膨らむはずです。

一文字一文字がキレイに書かれた字には心が篭り、人の感情を動かします。字の綺麗さには著者の心の綺麗さが連想されるという関係性があるので字の綺麗さは非常に重要なのです。

品がある人の考え方の特徴6つ

品がある人の考え方について紹介します。

人と比べない

自分は自分、他人は他人という考え方で決して他者に流されたりはしません。自分を卑しめることもなく、他者を否定したりもしません。

なので本当に品がいい人、品格が高い人は周囲の人がどんなに下品で低俗な会話をしている人ばかりでも変わらずに品が高いままなのです。

どんな状況や環境でも品の高さが消えない。自分の意思で品の高さを維持している。これが品の高い人の持っている資質です。

自分の意見を持っている

はっきりと述べる自分の意見を持っているので、芯が強くぶれない心を持っています。

自分の考え方をしっかり持っている人にこそ品のよさは身につきます。

人の意見に左右されず、どんな意見や情報にも簡単に流されること無く自分で考える。それが格式の高さを維持しているのです。

自分の失敗や過ちを認める

人は誰しもが失敗をするもの。品のある人は自分にそれが当てはまることも知っています。

なので、自分の考えや行動が過ちを犯すことに対して客観的に審判し、間違っているときは過ちを認めます。

それに対して言い訳したり、誤魔化したり、否定するということはしないことが特徴です。

もしそうしてしまった場合は格式の高さは失われ、ただのわがままで自分勝手な人間になってしまいます。

常に対等な立場で挑む姿勢が品の高さにつながっています。

他人に感謝出来る

「ありがとう」という言葉が素直に相手に伝えられる人には品の良さが感じられます。

どんなに高貴な家庭で育っても、横暴で傲慢な態度や言動には品の良さは感じられません。

逆にどんなに貧相でも精神的に他者への敬意や感謝が出来る人間には品格が宿ります。見た目だけでも真に品のいい人であるかどうかということは判断できないでしょう。

人をいやしめる

品格のある人は他者をいやしめたりはしません。

他者をいやしめる人の心にはその人の幼少期の愛情不足や人間性の歪みを感じさせ、恐怖や嫌悪感の対象となります。

そういう人には人間的な品の良さは感じられないでしょう。

参考になる女性芸能人は?

仕事女性

品がある人のイメージが湧くように、参考として芸能人から何人か品のある女性を紹介します。

皆さんはどんな人が品のある女性だと感じているのでしょうか?

吉永小百合さん

現在も現役で役者活動をしている女優さんです。日本の女性らしい品のある女性として真っ先に名前が上がる方でしょう。

八千草薫さん

昔の姿を知る人は少ないでしょうが、宝塚出身の女優さんです。

穏やかな外見と役所から品のある女性というイメージが強い方でしょう。

松下奈緒さん

透明感のあるルックスと、キャラクターで演技やCMでのキャラクターからは品の良さが感じられます。

若手の中では頭が一つ抜けて品があるという意見もありましたが、内面は知性を感じない言葉遣いや発現が指摘されているところもあります。

木下優樹菜さん

「うるせーよ」などと汚い言葉を吐いていても筋を通る意見と、行動は本当に汚い人とは異なる品の良さのようなものを感じるという意見がありました。

高橋真麻さん

父親が高橋英樹さんで芸能界の二世タレント的な存在でもあり、自身もアナウンサーということもあり品の良さが備わっています。

いじられる事が多いですがその対応に品の良さを感じるという回答に共感が寄せられています。

小林麻耶さん

ぶりっ子でおちゃらけたキャラを演じているが、根の真面目さと物事に取り組むひたむきさが感じられるということで品のある女性に数えられています。

まとめ

品格はそう簡単に身につくものではありません。

生まれ持った容姿や、生活の中で身につく佇まいや所作などが無意識に出た時に感じられるものです。

自分から積極的に主張するものではなく、滲み出るオーラや内面から他者が勝手に印象や好感を持ってくれるので気づく人にしか気づかれません。

色気と感じる人もいれば、ただただ控えめな人、固い人などと捉えられることもあるでしょう。

品は年齢を重ねるほど深みを増す性質があります。若さでちやほやされる時代を超えれば品格が物を云うようになります。

若いうちから意識を変えていかないと身につかないものでもありますので、外見的な魅力だけでなく品格や内面的な魅力も若いうちから磨いていきましょう。

関連記事としてこちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

清楚系ビッチの特徴は?見分け方とホントに清楚な女性の特徴を知ろう!

小悪魔女子の特徴について知ろう!11個のモテテクニックを紹介!

腹黒いとは?15の特徴や付き合い方を知ろう!

短髪の女性が海外で急増中!美しいベリーショートの女性画像まとめ!

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする