子宮頸管のポリープは悪性?治療方法や症状について

女性ならではの病気として「子宮頸管ポリープ」というものがあります。この病気には痛みなどの自覚症状がほとんどなく、見つけることが難しい病気でもあります。ですが場合によっては妊娠などにも影響するため、できるだけ早く治療したいものでもあります。

そんな子宮頸管ポリープの症状、原因や治療法について説明していきます。

スポンサーリンク

子宮頸管ポリープとは

Human colon polyp, illustration

ポリープというのは、粘膜の細胞が増殖することによってできるキノコのような柔らかい突起のことを言います。ガンの腫瘍とは違って悪性ではありませんので転移はなく、大きさも3mm~1cmほどといわれています。ポリープから悪性腫瘍となることはかなりまれで、放置していてもあまり問題はありません。子宮内にできれば子宮内膜ポリープ、子宮頸管の粘膜にできれば子宮頸管ポリープと呼ばれます。

女性ホルモンの影響や細菌の感染が関与しているともいわれていますが、原因ははっきりしておらず、妊娠を希望する場合には切除の方向で治療することが多いようです。

子宮頸管ポリープの原因

先ほども少し触れましたが、子宮頸管ポリープははっきりとした原因がまだ解明されていません。食事や生活習慣が原因となるとは女性ホルモンの影響・細菌の感染による炎症などが指摘されていますが、直接的な原因かどうかは分かりません。予防法がないため、発見したら治療するというのが基本です。

また、30代~40代の多産だった女性や1度妊娠・出産を経験した経産婦の方に多い病気でもあります。

子宮頸管ポリープの症状

ikp0143_LL

主な症状として挙げられるのが不正出血です。子宮頸管ポリープは組織がもろくて柔らかいため、簡単に出血するようになります。ですが出血しても痛みがないため、そのまま気にすることなく放置してしまう方も多いです。

性交時や激しい運動の後などに出血したり、おりものの量が増えて血が混ざることもあります。出血以外にはほとんど症状がなく、日常生活に支障をきたすこともないため、多くの女性がポリープがあっても気づかず生活しているのが現実です。

自覚症状から病院を受診して発見されることはあまりなく、多くの場合は子宮がん検診などの検診で見つかることが多いようです。

スポンサーリンク

ポリープの検査

膣鏡・子宮鏡という医療器具を使い、膣内から器具を挿入して検査が行われます。子宮口は簡単に見える部分なので、検査や診断も簡単にできます。子宮がん検診は子宮口を診察するため、この検診でポリープが見つかることも多いようです。

子宮がん検診でポリープが見つかると驚いて動揺してしまう方も少なくないそうですが、ポリープが悪性腫瘍となるのはかなりまれなことなので、心配しなくても大丈夫です。むしろ妊娠前に治療できれば妊娠に悪影響を及ぼすこともないので、これをきっかけに治療しておくのがおすすめです。

また、これから妊娠を希望されている方は妊娠前に必ず1度は産婦人科で子宮頸管ポリープや子宮がんの検査を受けておくようにしましょう。子宮がん検診であれば対象年齢になると国から案内のハガキが届き、それをもって指定の場所で検診を受ければ費用が助成される制度もありますので、有効に活用しましょう。

子宮頸管ポリープの治療

Doctor and patient

子宮頸管ポリープの治療は基本的に切除するものです。組織を切除して悪性かどうかを検査します。症状がなく、悪性の可能性がない場合には切除せず、経過観察となることもあるようです。切除する場合、ポリープの根元が細いものであれば外来で膣内から器具を入れ、大した痛みもなく簡単に取ることができます。根元が太ければ出血がともなうので手術室での切除になりますがこちらも短時間で終わる簡単なものになります。

妊娠中に子宮頸管ポリープが見つかった場合には、お医者さんによって判断が大きく分かれます。ポリープを切除することによって子宮に影響を与えてしまい、流産や破水を起こす可能性があるという考え方と、ポリープそのものが出血・感染の原因になってしまうので予防のために切除したほうがいいという考え方があるからです。

症状がないポリープであれば流産の危険性が高い妊娠初期の治療を避け、胎盤が完成し安定する妊娠4ヶ月以降に治療することが多いようです。しかし、妊娠に影響を及ぼすような場合には妊娠週数に関わらず治療することもあります。

難しい判断になりますのでポリープの状態、妊娠の状態と影響を理解し、医師としっかり相談して治療について方針を決めることが大切です。

さらに子宮頸管ポリープは再発が多いのも特徴です。1度切除し治療してもしばらくするとまたできているということも少なくないので、1度の治療で安心せず定期的に検診を受けるようにしましょう。

費用

normal (3)

切除手術となると不安なのがそれにかかる費用ですよね。方法によって金額は多少変わりますが、基本的には治療のための手術となるので保険が適用されます。そのため、自己負担は5,000円~10,000円程度とそれほど高額ではありません。

病院によって異なる場合もあるので、事前に連絡して確認しておくことをおすすめします。ポリープがよほどの大きさになっていなければ手術は日帰りでできるため、入院費用の心配もありません。

スポンサーリンク

不妊の可能性

子宮頸管ポリープがあるからと言って直接不妊につながるわけではありません。

ですが、性行為のたびに出血するようになると性行為自体が怖いと感じたり億劫になったりすることもあるので、結果的に妊娠につながらなくなる場合もあります。また、不正出血を気にして気分が落ち込んだりすると月経周期の乱れにもつながります。

悪性のガンとは違って放置していても特に問題が起こる病気ではありませんが、勝手になくなったり自然治癒したりするものでもありませんので、妊娠を考えているなら治療しておくのがいいでしょう。

また、似たような病気に「子宮内膜ポリープ」というのがあります。子宮頸管にできた場合にはあまり不妊に影響しないポリープですが、子宮内膜にできた場合にはポリープが邪魔をして受精卵が着床しづらくなるようです。ポリープそのものが悪さをするわけではありませんが、子宮内膜ポリープは結果的に不妊の可能性を高めてしまいますので、妊娠を考えているのであれば必ず治療しておきましょう。

妊娠中に見つかれば治療が難しいですし、赤ちゃんにも影響が及ぶかもしれません。また、妊娠中にポリープが見つかったが切除せず、出産時に出血や感染が起こってそれが原因で2人目を妊娠しづらくなる…ということも考えられなくもないです。残すリスクよりも切除するメリットを選びましょう。

スポンサーリンク

まとめ

201508170136410c2

ガンと違い、ポリープ自体が悪さをするわけではないということは理解していただけたかと思います。しかし、結果的に妊娠に影響を与えたり、できる場所によっては不妊につながったりとポリープがあることで増える危険性は数多くあります。妊娠中であれば医師と相談し慎重に判断する必要がありますが、妊娠前に発見できればそういったリスクを未然に防げることになります。ですから悪性ではないからといって放置せず見つけたらできるだけ早く治療することをおすすめします。

また、1度妊娠・出産を経験した方に多いともいわれていますので、2人目・3人目を考えている女性は妊娠前に検診を受けてみましょう。

きちんと診断を受けて治療すればなんの問題もない病気ですので、適切な対処で治療しておきたいですね。

関連記事として、

風疹に妊婦が発症した時の影響は?抗体がなくなることも!

無排卵月経の症状とは?治療方法も知っておこう!

子宮筋腫の治療方法は?症状によって変わる対処方法!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする