彼氏に好かれる甘えん坊な彼女の特徴は?上手な甘え方を紹介!

普段はツンツンしている人でも好きな彼氏にはとことん甘えたい。いつだってくっ付いて居たい。そんな風に愛情表現をする女性もいるでしょう。

しかし度が過ぎて甘える行動をとってしまうと、さすがに男性も嫌気がさしたり、めんどくさくなって「ウザい」「めんどくさい」と思ってストレスになって最悪の場合破局や喧嘩に発展してしまうことも少なくありません。

今日は好きな彼氏にとことん甘えたい女性のために、上手に男性に甘える方法のポイントと、彼氏がかわいいなあと思う彼女の特徴について紹介します。

彼氏を上手にキュンとさせて甘え上手な女性になりましょう。

男が好きな甘えん坊女性の特徴!

SEP_329915201730_TP_V

まず男性が好きな甘えん坊な女性の特徴について紹介します。

男性の心理や、男性心をくすぐるポイントを押さえて上手に愛情表現をしていきましょう。

外ではツンツン家ではデレデレ

家の外では全然甘えてこないのに、家で他の人が誰も居ない時にはめちゃくちゃ甘えてくる。そんな女性を好きな男性の意見が多くありました。

「仕事から帰って元気に『おかえり〜』と言われて抱きしめられると、ストレスが吹っ飛ぶ」

「家の中で尻尾フリフリしてくる姿は自分しか知らないのだと思うと愛おしく思う」

などなど、いつまでも甘えてもらえるような存在になるために頑張ろうという男性のやる気にも繋がっているようです。

家の中と家の外でのギャップも男性心をくすぐるポイントです。二人の時だけ甘えるというところがポイントです。

くっついてくる

ベットで横になっている時やソファーに座っている時にくっついてくる行為にキュンとする男性が多いようです。

「外では特に目立ってモテることのない自分でも恋人に甘えられている時だけはモテ男の気分になれる」

「猫みたいで可愛いから」

「子供みたいで可愛い」

自分ではくっ付いていかないけど、くっつかれることはまんざらではないという男性が多いのでしょう。

名前を呼ばれながらくっ付いたり、肌をくっつけてボディタッチをする。この行為はなかなか男性側から行うことができないので、女性から甘えられると素直に嬉しいと言う男性が多いようです。

簡単なわがままで甘える

「帰りにアイスクリーム買ってきて〜」と抱きつきながら言ったり、「アイドルばっかり見るな!私を見ろ!」と可愛く抱きつきながら嫉妬するなど、ちょうどよくわがままや嫉妬心を見せて甘えてくる末っ子系女子を好きな男性に人気の甘え方です。

年下の女性を好きな男性に特に人気があります。

「甘え上手な人は人間関係を円滑に進めやすいイメージがある」

「素直に相手に甘えられる人の方がこっちも甘えやすいし、気を使わなくて済むから一緒にいて楽そう」

という意見があります。

男性は本音では甘えたいと思って居ても、なかなか自分からは甘えられないので、女性がそのきっかけを作ってあげられると距離が縮まりやすくなるでしょう。

若い女の子

若い女の子に甘えられると嬉しいという声が圧倒的に多いでしょう。

自分よりも年下の女の子に上目遣いでお願いされると断れない男性が多く、若いハリのある肌と若さ特有の明るさが男性の心まで若返らせるという意見があります。

若さは女性の武器とも言いますが、実年齢だけでなく話し方や雰囲気的な若さでも影響が大きくあるようです。

男性に上手に甘えるポイントについて

shinjyuku_tocyou20140921220547_TP_V

男性が好きな甘え方について紹介しましたが、なかなかそれをそのまま実行に移すのは難しもの。自分のキャラもありますし、素直に甘えられないという人も多いはず。

男性に甘える時の重要なポイントについて紹介します。

笑顔で甘えよう

甘える時は笑顔を忘れないようにしましょう。

自分が幸せなことや、いい気分になっている雰囲気は相手にも伝播します。甘えて喜んでいる姿や、幸せそうにしている顔が男性にとっての報酬になります。

明るい雰囲気で甘えを行うことで効果も上がりますし、相手も受け入れやすくなるので重要なポイントになります。

相手を否定しない

相手の意見を否定したり、反論するような関係性になってしまうと相手に甘えられなくなります。

最初から信頼できる人や尊敬する人をパートナーとして選ぶことも重要ですが、それができなかった場合でも相手の意見や考え方を受け入れるようにすることが大切。

心の距離をまず縮めることから始めないと相手に甘えることができないので、できるだけ肯定する形で相手を認めて甘え上手になりましょう。

甘えられる関係性になってから意見交換をした方がお互いに意見をすり合わせやすく、関係性においてもメリットとなります。

たまに甘える

いっつも甘えてしまうと甘えていることが普通になってしまい、しっかり甘えて居てもマンネリ化してしまいます。

同じ甘え方でなくて異なる甘え方をすることや、たまに甘えることで特別感を維持することも重要です。

しっかりしている一面を見せることで、甘えている時のギャップで効果が倍増します。甘える時は甘える、甘えない時は甘えないというメリハリを持つようにしましょう。

要注意!男性がウザいと思う甘え方

PAK86_atamawokakaerudansei20131223_TP_V

女性の甘えに対して男性が「ウザい」と感じて喧嘩に発展してしまったり、男性の機嫌がどんどん悪くなって不機嫌になってしまうこともあります。

そんなNGな甘え方について紹介します。

集中している時に甘える

集中して細かい作業をしている。仕事の連絡で文章を打っている。料理をしている。ゲームをしている。趣味に没頭している。今日までに終わらせなければいけないことをやっている。

こんな時に甘えてしまうと男性はほぼ確実に怒ります。イライラが蓄積されること間違いありません。

女性からすると真剣な顔で頑張っている男性を見るとどうしてもキュンとしてしまうので、甘えたくなる気持ちは非常にわかります。

しかしここはグッと我慢です。絶対に彼の邪魔をしてはいけません。暇そうにしている時や終わりかけの時に甘えるようにしましょう。タイミングが重要です。

人目のあるところで甘える

男性は威厳やプライドを守るために、デレデレしている姿を人に見せたくない生き物です。

なので、人前ではあまり甘えられたくないというのが男性の本音。特に彼女や自分の妻などとは特に外面は信頼関係ができている自立した夫婦に装いたいもの。

人前で手をつなぐこともダメな人がいるので、注意しましょう。

しつこく甘える

しつこく何回も甘えてくる女性は嫌われます。

男性は言葉でいう前に行動や目線で、今はやめてほしいことを態度で表します。それに気づかずになんどもくっつこうとしたり、しつこく甘えてしまうと終いには怒られて険悪な空気になってしまうことも・・・

相手が甘えてもOKという雰囲気を出すまでは我慢することも重要です。

男性が意味もない言葉を吐いた時がサインです。「疲れた〜」「暇だな〜」というセリフや態度が出ている時に甘えるといいでしょう。

愚痴などを聞いてと甘える

男性に愚痴ばかり聞いてもらう甘え方はNGです。

甘えることで自分も気分がよくなることを目的にするだけでなく、相手も幸せな気分になってウィンウィンになることが目的ですので、自分だけが気持ちよくなることを目的にしてはいけません。

甘える内容が愚痴やマイナス思考なことばかりだと、甘える=また愚痴かと思われてしまいます。

マイナスな感情やフラストレーションが溜まっている時は愚痴るのではなく「ただ甘えさせて」「抱きしめて」と言って甘えるほうが効果的でしょう。

まとめ:男性は基本的に甘えん坊女子が好き!

稀にウザいと感じることもある甘えん坊女子ですが、うざいうざいいいながらも内心喜んでいる男性がほとんどです。

とあるアンケートでは女性に甘えられて嬉しいですか?と言う質問に男性の90%は嬉しい!と回答していることからも明らかです。

しかし一方で、自分が甘えたいから女性には甘えられたくないという意見や干渉されたくない、自立している関係性が理想という意見もあります。

相手が甘えたい側か甘えられたい側か甘えられたくないのかをしっかり見極めて、人を選んで甘えることも重要でしょう。

甘え上手な女子になって彼氏との関係のマンネリ化を解消したり、会社の上司にも上手に甘えて世渡り上手で仲良しカップルな人間関係を築いていきましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

勘違い女とは?性格や特徴、恋愛の傾向を知ろう!

勘違い男の特徴10選!撃退する方法を知っておこう!

ナルシストな女性の特徴って?意外とモテるって知ってた?悪い部分も知ろう!

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする