萎縮性胃炎の症状や原因、治療方法を紹介!完治は薬が必要?

人が健康でハツラツと生きるバロメーターに一つとして「美味しく食事を摂る」ことがあると思います。

食事が美味しいと感じる理由には、味付けや嗜好品もありますが、まずは身体が健康であることが第一です。特に、食べ物の栄養分を吸収し、消化する胃の健康状態は食欲との関係性が強いものです。

胃は病変などの異常があるときだけでなく、ストレスや過労などの影響を受けやすい臓器でもあります。ストレス社会の近年、胃に異常を感じて検査をしてみると「萎縮性胃炎」と診断される方も多くあるようです。

萎縮性胃炎とはどのような病気なのでしょうか?ここでは、「萎縮性胃炎」の原因や症状、検査方法、治療方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

健康な胃の状態

胃がムカムカする

健康な状態の胃はきれいなピンク色で粘膜の表面はなめらかです。大きさは拳に2個分ほどの袋状でその形はアルファベットの「J」の形に似ています。

胃に食物が入っていないときは、袋はぺっちゃんこですが、伸縮性があるため食べ物が口から胃に入ると2L程度まで拡がります。

胃に食べ物が入ると、一旦、食べ物をそこに留め、栄養分を吸収します。栄養素を吸収された食べ物は身体には不要なものとなるので、細かく刻まれ消化されていきます。

健康な胃の働き

胃は、ゴムのように自由に伸び縮みできる性質を上手く使い蠕動運動(押し出すようなうねりのある動き)や攪拌運動(かき混ぜるような動き)をするこにより、栄養分を吸収され不要になった食べ物を、小さくし胃液を分泌し、消化していくのです。

健康な胃であれば一日に2~3Lの胃液を分泌するそうです。

胃液の成分であるペプシン(消化酵素)と塩酸でタンパク質を分解し、小腸での更なる消化をスムーズにできるようにします。

また、胃液に含まれる塩酸で、細菌が増殖しないように胃の中を酸性に保ちます。

胃が健康な状態でないと食事が美味しくないのは、胃は食べ物の栄養を吸収し、消化を助ける働きをしているため、これらのことがうまく行われていないと、食欲がなくなったり、食事が美味しくなくなったりするのです。

スポンサーリンク

縮性胃炎とはどんな病気?

drunk-1013902_960_720

胃の不調を感じ、病院に検査に行くと「慢性胃炎」や「萎縮性胃炎」と診断される方もいらっしゃると思います。萎縮性胃炎とは、疾患名だけ聞くと胃が小さく縮むイメージですが、どのような病気で、身体にどのような影響がある病気なのでしょうか?

慢性胃炎と萎縮性胃炎の違いを比較してみましょう。

慢性胃炎とはどんな病気?

慢性胃炎とは、常に胃に鈍い痛みや違和感がある状態が続く病気です。

その原因は主に加齢や過剰な喫煙・飲酒によるものだと言われていましたが、最近になってピロリ菌の長期感染状態が続くことが大きな原因であると判明しました。

慢性的に胃の粘膜が炎症を起こしていることによって、胃の粘膜は常に刺激が加わった状態になるため、徐々に粘膜の状態が悪化していきます。

その悪化の進行具合によって、表層性胃炎(粘膜の表面の炎症が軽い状態)→びらん性胃炎(粘膜の表面がえぐれている状態)→萎縮性胃炎(粘膜が凸凹になり、血管が透けるほど薄くなっている状態)、肥厚性胃炎(萎縮性胃炎が進行し粘膜の凸凹がひどくなり粘膜表面が分厚くなっている状態)に分けられます。

萎縮性胃炎とはどんな病気?

先に述べたように、萎縮性胃炎とは、進行した慢性胃炎です。

長期にわたり、胃が炎症している状態が続いたため、胃の粘膜が萎縮し、健康であればきれいなピンク色で表面もなめらかな胃の粘膜も、血管が透けるほど色あせ、粘膜の表面も小腸の粘膜のように凸凹になります。

このことを「腸上皮化生」といい、この状態が進行すると胃がんになるリスクが高まると見られています。

スポンサーリンク

萎縮性胃炎の症状と原因

stomach-293928_960_720

上記のことからわかるように、萎縮性胃炎とは、慢性胃炎を長期にわたり患った結果とも言えます。

胃の粘膜が萎縮すると将来的にガンを発症するリスクが高まると言われています。

そのようなリスクを軽減するためにも、慢性胃炎の早期発見、治療やケアは大切になります。

「萎縮性胃炎」の症状

  • 胃の不快感が常にある。
  • 胸焼け・吐き気・胃の膨満感がある。
  • 胃酸の刺激により空腹時に胃の痛みがある。
  • 食欲がなくなる。

などが挙げられます。

「萎縮性胃炎」になる原因

これまでは、ストレスや過剰な喫煙、飲酒、加齢により胃の粘膜の状態が徐々に悪くなり、長期にわたり胃の粘膜の炎症が続いた結果だと見られていました。

確かに上記のようことが原因で胃の粘膜がダメージを受け、慢性胃炎が進行し「萎縮性胃炎」となる方や、自己免疫疾患により、自らの抗体が自分の胃の細胞を破壊してしまい「萎縮性胃炎」となるケースもあります。

しかし、一番の原因はピロリ菌の感染ということがわかっています。

通常、胃壁は粘膜で保護されていて、食べ物を溶かし消化する力のある胃酸からも胃の内部を保護してくれています。

しかし、ピロリ菌は胃を保護する粘膜を破壊してしまうのです。このため、ピロリ菌に感染すると胃の粘膜が破壊され、表面はなめらかさを失い、萎縮性胃炎となるのです。

スポンサーリンク

ピロリ菌ってどんなもの?

nyuugan2

萎縮性胃炎を引き起こす大きな原因の一つのピロリ菌。

胃の内部は強い酸性に保たれることで、細菌の繁殖を防いでいるはずですが、なぜピロリ菌は胃の中で活動し、胃の粘膜の破壊するのでしょう。

ピロリ菌は胃酸の影響は受けないの?

ピロリ菌は胃の粘膜の中に入り込み活動するので、直接的に胃酸の影響を受けにくいこともありますが、一番の理由は、ピロリ菌が自ら出している「ウレアーゼ」という酵素にあります。

ウレアーゼは胃の中の尿素を分解して、アンモニアに変える働きがあります。アンモニアはアルカリ性なので、ウレアーゼを分泌することによってピロリ菌の周りは強い酸性をアルカリ性よりへと中和させるのです。

また、ピロリ菌には数本の鞭毛が生えていて、この鞭毛でより酸性の薄いところを探して、少しでも活動しやすいところを見つけているのではないかと言われています。

ピロリ菌にはどうして感染するの?

ピロリ菌の感染経路は現時点でははっきりと分かっていません。

しかし、ピロリ菌の発見者が自らピロリ菌を経口摂取したことにより、口から胃に入りこむことが原因であることはわかっています。

飲み物の回し飲みやキスなどでは、感染しないと言われています。

この菌への感染は5歳以下の幼児の時点で感染することがほとんどで、親が小さく噛み砕いた食べ物や、口移しで食べ物を与えることは控えるように言われています。

ピロリ菌の感染検査方法

ピロリ菌の検査はいくつかあって、内視鏡を使う検査と使わない検査の二つに分けられます。

  • 尿素呼気試験法 最も精度が高く、検査を受ける方の負担も少ない方法です。
  • 抗体測定法 血中や尿中の抗体から感染の検査をする方法です。採血や採尿をします。
  • 糞便中抗原測定法 糞便中にピロリ菌の抗原がないかを調べる方法です。検便を必要としま           す。
  • 培養法 内視鏡により胃の粘膜を採取して、採取した粘膜を培養し感染の検査をする方法です。
  • 迅速ウレアーゼ試験 内視鏡を使い粘膜を採取し、ピロリ菌のもつ酵素の有無を調べ検査する方法です。
  • 組織鏡検査 内視鏡により粘膜を採取し、粘膜に特殊な染色をし顕微鏡で診断する方法です。

ピロリ菌に感染したらどうすればいいの?

ピロリ菌が原因で胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの病気を引き起こします。これに対しては、健康保険の対象となっていました。しかし、2013年より慢性胃炎の治療も健康保険の対象となり、治療を受けやすくなりました。

ピロリ菌に感染していることがわかったら、内服により除菌する治療法が一般的です。

内服を正しく行うことにより約90%の確率で除菌に成功すると言われています。

しかし、体質などにより一度で除菌できない場合もあります。このような場合、再度、同じように内服による除菌を行います。再除菌により一度目の除菌で成功しなかった患者さんの8割は除菌に成功すると言われていますが、これでも全て除菌できなかった場合は専門医に相談しましょう。

スポンサーリンク

萎縮性胃炎の治療法

空腹になるとアドレナリンが出る

慢性的な胃炎を長期にわたり治療せずにいると、常に胃の粘膜が炎症状態が続き胃粘膜にダメージが大きく、徐々に粘膜の状態が悪化し、萎縮性胃炎へと進行していきます。

萎縮性胃炎を引き起こす原因のピロリ菌は一度感染したら、除去しない限り胃の中に存在し続けます。

感染は幼少期が多く、感染に気づかないまま過ごし、時間をかけて状態が悪化していきます。驚くことに50歳以上の日本人の8割以上がピロリ菌に感染していると言われています。

ピロリ菌の感染者が必ずしも萎縮性胃炎を発症するわけではなく、ストレスや暴飲暴食などの生活習慣も発症の原因となっています。

萎縮性胃炎と診断されたら

内服による治療がおもになります。

ダメージを受けた胃の粘膜を保護するために、胃酸の分泌を抑える薬や胃酸を中和する薬、胃粘膜を保護する薬、胃の活動を活発にする薬などの服用が中心になります。

これらのお薬を飲むことは、あくまで対症療法であり、萎縮性胃炎を元から治す治療法ではありません。

胃粘膜の状態を健康な状態に近づけるよう治療しつつ、ピロリ菌の除去をし、生活習慣の見直しをすることが大切になります。

また、定期的な胃の検査をすることも忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ここまででわかるようにピロリ菌に感染し、慢性的な胃粘膜の炎症が続き萎縮性胃炎と診断されたら、胃粘膜の状態を健康な色、表面にすることはできません。

退色し、表面が凸凹となった胃粘膜を胃酸の刺激から保護するための治療をします。

感染から発症まで時間がかかり、慢性的に炎症を繰り返していても胸焼けや胃もたれなどとか軽く考えてしまい、市販薬や、食事の仕方を工夫するなどしてやり過ごしてしまいがちです。

早めの診断で、少しでも胃粘膜のダメージを小さく止められることが望ましいので、胃の不調を感じやすい方は、是非一度、病院で検査してみましょう。

また、ストレコントロールや生活習慣の見直しも胃の状態を健康に保つ鍵になりますので、今一度、日頃の生活習慣を見直してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする