貧血による頭痛の対策を紹介!予防方法や症状について

歩いていると急に、ふらふらしたり気分が悪くなってしまったりという経験のある人は多くいると思います。

それは、もしかすると貧血による症状だという可能性があります。同時に、頭痛や吐き気を感じてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

貧血が原因で頭痛を感じている場合があります!貧血といえば、立ちくらみやめまいなどの症状が有名ですが、頭痛が発生してしまう場合もあります。

今回は、貧血による頭痛の記事を書いています。貧血と頭痛に悩んでいる人や、頭痛の原因が何かわかっていない人などはぜひ読んでみてください!

スポンサーリンク

貧血とは!?

血の気が引く

そもそも貧血とは、どういった状態のことを指すのでしょうか?

症状について

貧血が起きた時は、どのような症状が現れるのでしょうか?症状を紹介するので、心当たりのある人は注意しましょう。

・動悸が激しくなり、息がしづらい

・体全体の気だるさ

・めまいや立ちくらみ

・疲れがとれない

・顔や爪が白っぽく黄色っぽくなる

・抜け毛や枝毛が増えやすくなる

・舌の痺れ

・手足のしびれ

・歯茎からの出血が増える、口内炎が増える

・血尿、血便

・自律神経失調症などの神経障害

などの自覚症状が挙げられます。血が足りていないので、生活に活気がなくなり活力が薄れていきます。

貧血と頭痛の関係

貧血によって頭痛が起きる関係性は、貧血が起こることで脳に十分な血液が行き届かなくなることによる酸欠が大きな原因です。血流が悪くなり脳へ十分な血液が送られないと、血液不足により酸素不足が引き起こります。

血液中のヘモグロビンやタンパク質が酸素を含み、脳内に酸素を供給していますがこれらの物質が供給されないことで酸欠状態になります。結果脳が酸欠状態を引き起こし、めまい、吐き気、頭痛などの症状を引き起こすのです。

また同時に酸欠状態に陥ったことで脳が脳を休ませるために、頭がボーッとしたり眠気の症状も出てきます。これらの症状は貧血になることで引き起こされますが、普段からの呼吸が浅いことも脳の酸欠になる可能性があります。

腹式呼吸を意識して、深い呼吸をすることも意識してみましょう。

貧血になりやすい人の特徴

生理が起こることもあり、女性に起こりやすい傾向があります。男性に比べて女性が摂取しなくてはいけない2〜3倍の鉄分を摂取する必要がります。

特に9〜18歳までの時期は成長が行われるので、筋肉や骨の成長のためにも鉄が使われるので大量の血液が必要になります。この時期にダイエットを行うことや、食事制限を行うことが多いことも貧血になりやすい原因でもあります。

20代を超えた女性でも同じことで、ダイエットや食事制限、生理の影響で貧血になりやすくなります。成人女性全体での貧血の発症確率は1割になっており、女子学生での貧血の割合は2割になっています。

また妊娠中もお腹の赤ちゃんに血が送られるので貧血になりやすいです。女性は男性に比べて生理があることもそうですが、赤血球の数が少ないことも貧血になりやすい原因です。

なので逆に男性に貧血の症状が現れた時は消化管での出血など何かしらの内蔵内での出血が起こっている可能性が考えられます。注意しましょう。

糖尿病にかかっている人も貧血になりやすいです、しかし糖尿病の患者の場合は腎性貧血という貧血でその原因は少し異なります。病院に通い医師との相談の上適切な処置が必要です。

貧血の種類

貧血には鉄分が不足することや、出血によって起こる鉄欠乏性貧血

血液を作る骨髄の異常が起こり、血液が作られなくなる再生不良性貧血

赤血球が壊れやすくなることで発生する溶血性貧血

鉄分ではなくビタミンB12が不足することで起きる悪性貧血

感染症や肝臓や腎臓の病気によって二次的に引き起こる二次性貧血続発性貧血)。

などがあります。この内、悪性貧血と鉄欠乏貧血は原因がわかれば、不足しているビタミンや栄養素を補給することで改善できます。その他の貧血については、病気が潜んでいる可能性も考えられ詳しい検査が必要な上に入院での治療や医師により処方してもらった薬での治療が必要になります。

貧血の症状は軽い症状のように捉えがちですが、身体のSOSのサインでもあります。大きな病気や深刻な症状に発展する可能性がありますので、しっかり対策して問題を解決していきましょ。

スポンサーリンク

貧血になる原因について

血色素量

貧血を起こしたことがない人も多いと思いますが、いったいどういったことが原因で貧血を引き起こすのか知っておきましょう。

栄養不足

偏食や無理なダイエットを行ったことにより、栄養のバランスが崩れてしまうと貧血が起きてしまいます。

人間は体内の鉄分によって、ヘモグロビンを作り全身に運んでいます。なので体から鉄分が不足してしまうと、貧血が起きてしまいます。

また、ビタミンCは鉄分が体に吸収されるのを促進させる効果があります。ビタミンCが体から不足することも貧血を発生させてしまうとになります。

普通の生活をしていれば、体から鉄分やビタミンCが不足することは滅多にありませんが、無理なダイエットなどを行って不足させてしまう女性は少なくありません。バランスの良い食事を心がけましょう。

食事などから摂取する鉄分の量が減ることで発生する貧血を「鉄欠乏性貧血」といいます。

生理

女性の方は、生理時に出血が起きます。その際に、出血量が多い人は貧血を起こしやすいといえます。

一般的な生理での出血量は、30ml〜60mlといわれており、この程度であれば貧血を起こすということはありません。しかし、中にはこれ以上の量を出血してしまう人もいるので、そういった人は鉄分が不足しないように注意する必要があります。

また通常の量の人でも、ダイエットなどの栄養不足が重なってしまうと貧血になる場合があります。生理の時期は、無理なダイエットは避けてください。

このため、男性に比べると女性の方が貧血を起こしやすいと言われており、5人に1人は貧血予備軍なのです。さらに男性ホルモンは、血液を積極的に生産しようと促してくれます。そのため男性は貧血になる人が少ないのです。

生理などの出血により貧血になることを「失血性貧血」といいます。

体の変化

成長期や激しいスポーツをする人、妊娠中などの人は普段よりも必要な鉄分の量が増えるために、貧血がおきてしまうことがあります。

妊娠中の人は、赤ちゃんの分まで栄養必要になるので体の血液量を増やさなければなりません。そのために、鉄分の摂取量を増やさないと貧血になってしまう場合があるのです。

さらに、スポーツを行っている人は、赤血球の破壊や再生が頻繁に行われるために貧血を起こしやすいのです。

自分の体質が変化した場合は、それに合った鉄分を摂取しないと貧血を起こしてしまう場合があるということですね。

スポンサーリンク

貧血による頭痛を抑えるために

低血圧 原因

貧血を予防する必要があります。普段の生活で行える予防方法を紹介します。

食事で予防

貧血を予防するためには、バランスの良い食事を行うのが必要不可欠です!貧血を起こさないように是非とも摂取したい成分は、ヘングロビンをつくる「鉄分」鉄分の吸収率をあげる「ビタミンC」血液をつくる「タンパク質」の3つの成分です!

(鉄分)     レバー・にぼし・ひじき・ほうれん草etc

(ビタミンC)  レモン・キャベツ・ピーマン・パセリetc

(タンパク質)    卵・チーズ・豆腐・あさり・さんまetc

以上が3つの成分を含む食材です!これらをバランスよくとることで、貧血が起きるのを予防できます。特に、生理の時期や激しい運動を行う人は、より多く摂取するようにしてください!よく噛むことで、栄養分の吸収率をあげることができます。

また、鉄製の器具を使って調理を行うと自然と鉄分を摂取することができます。鉄が自然と料理に混ざるので、自炊を行う人は意識して鉄製の器具を使用してみましょう!

注意点としてコーヒーや緑茶んどに含まれているタンニンは、鉄の吸収効率を低下させてしまいます。貧血気味の人は避けたほうがよいでしょう。

鉄をバランスよく摂る

鉄分には動物性食品に含まれるヘム鉄と、野菜などから摂れる非ヘム鉄の2種類があります。ヘム鉄は吸収が早く、非ヘム鉄は吸収が遅い特徴があります。しかし非ヘム鉄はビタミンCと一緒に摂取すればヘム鉄に変化する特性を持っています。

この2種類の鉄をバランスよく摂り、貧血を防ぎましょう。

ヘム鉄が多く含まれる食材と、非ヘム鉄が多く含まれる食材を紹介します。

ヘム鉄・・・まぐろ、カツオ、ひじき、あさり、かき、豚肉、牛肉、レバー

非ヘム鉄・・・ほうれん草、小松菜、大豆食品、レーズン、プレーン、いちじく

特にこれらの食品を摂取しましょう。さらに生で摂取することが最も鉄を吸収できるので鉄分を多く摂りたい時は刺し身を献立に含めると即効性があるので良いでしょう。

これらの食品をバランスよく取って鉄不足を解消しましょう。

生活習慣の見直し

生活習慣が悪いと、貧血を起こしやすくなるので生活習慣を正しく見直してみましょう。

不規則な生活はストレスが溜まる要因になります。ストレスを感じてしまうと、胃腸が正常に働かなくなってしまうので、鉄分やタンパク質を積極的に摂取しても上手く吸収されない可能性があります。

またヘビースモーカーの人は注意してください。喫煙をすると体のビタミンCが減少してしまうので、鉄分の吸収を妨げてしまいます。

入浴や睡眠は、体の血行を促進する効果があります。体全体を血液が巡りやすくなれば、貧血になる可能性も低くなります。詳しくは、

血行を促進するための7つの方法!今日から健康な生活を!

こちらの記事を参考にしていただけると良いでしょう。

スポンサーリンク

貧血になった時の対処方法

血圧計

では、実際に貧血が原因で頭痛を感じた時はどのような対処法をとれば良いのでしょうか。

まずは休める場所の確保

貧血になって気分が悪くなっているので、まずは安静にする必要があります。広いスペースがあれば体を横にして休むようにしましょう。横にすることで、頭の方にも血が届きやすくなります。もしくは椅子などに座り倒れることのないように休ませましょう。

さらに、ベルトやボタンなどを外してあげることで体の血の巡りをよくすることができます。苦しいと感じている場合は、衣服をゆるめましょう。

このようにすることで、一時的に貧血状態を脱することができます。しかし、体内に鉄分が不足しているうとは貧血を起こしやすい状態になっているので、鉄分やタンパク質などを積極的に摂取して貧血が起きにくい体をつくる必要があります。

暖かくする

貧血で血液量が減っているので体温が下がる傾向がります。洋服を掛けてあげたり、温かい飲み物などを飲んで身体を冷まさないようにしましょう。また、貧血で精神が落ち込みやすくなるので気分が優れなくなります。

温かい言葉や飲み物を与えることで気分を落ち着かせて、リラックスさせてあげましょう。夏場などは熱中症の可能性も考えられるので涼しい日陰の場所に避難させ本人の楽な状態にしてあげましょう。

スポンサーリンク

貧血による頭痛の対処方法

貧血 倒れる

貧血による頭痛の詳しいことは未だに解明されておりませんが、血行不良によることが主な原因とされています。そのため貧血による頭痛は二種類に分けられることがあります。

偏頭痛

脳内に十分な酸素を届けることができなくなっているために、引き起こされるのが偏頭痛です。

偏頭痛は、ズキッズキッと脈打つような痛みを感じるのが特徴で、慢性的に偏頭痛を抱えている人も少なくありません。

対処方法としては、痛みを感じている部分を冷やしてあげるようにしましょう。間違って温めてしまうと症状が悪化するので気をつけてください。さらに、光と音を断ち切って安静にすると症状が緩和されます。暗い静かな部屋で安静にしてください。

偏頭痛は「偏頭痛持ち」と呼ばれる一ヶ月に何度も偏頭痛が発生するという人がいます。薬を飲んでも効果を得ることができずに悩んでいるという人は、専門的なサプリメントを試してみるのも良いでしょう。



ズキズキとお困りの方へおすすめのサプリ【ズキラック】

8種類の自然系素材を配合したサプリメントです。頭痛の原因でもある血管の収縮は、ストレスや生活リズムの乱れにより発生します。そういった方にオススメであり、美容成分も含まれているので女性には嬉しいですね。また、1粒あたり99円と値段もそんなに高くないのもメリットです。

ずきしらずの実
『ずきしらずの実』

夏白菊・にがり・オオイタドリの3つの成分を配合した商品です。頭痛が発生する頻度を抑え、頭痛がきても軽度の痛みしか感じないようにする効果が期待できるサプリメントです。頭痛が頻繁に起きるという方にはオススメです。

これらは偏頭痛のために開発されたサプリメントなので、高い効果を得ることが出来ます。

緊張型頭痛

貧血による血行不良により、肩や首がこってしまうことで発生するのが緊張型頭痛です。

緊張型頭痛は、全体的に締め付けるような痛みを感じるのが特徴です。あまり強い痛みではありませんが、痛みが長時間続く場合もあります。

対処方法としては、頭を温めるようにしてください。温めることで、血管が膨張して血行不良が解消されるので症状が緩和されることがあります。間違って冷やしてしまうと、なかなか症状が緩和されません。

また、入浴や睡眠で普段から血行を促進しておくと緊張型頭痛を引き起こしにくくなります。

このように、頭の痛み方によって対処方法が変わってくるので正しい処置を施しすことが大切です。

スポンサーリンク

まとめ

貧血を引き起こす原因

・偏食やダイエットが原因の鉄分不足による鉄欠乏性貧血

・生理などによる出血で体内の鉄分が不足する失血性貧血

・妊娠や激しいスポーツなどで、必要な鉄分が足りていない

貧血の予防方法

・鉄分・タンパク質・ビタミンCをバランス良く摂取する

・生活習慣を見直してストレスをためないようにする

貧血による頭痛

①偏頭痛

②緊張型頭痛

以上が今回の記事のまとめになります。

貧血による頭痛は、貧血を解消しないと慢性的に起こるので普段の生活を見直すようにしましょう。特に女性の人は貧血になりやすいので食事などを考えて摂取しましょう!貧血が起きると、体に様々な悪影響を及ぼしてしまうので、なるべく起こさないようにすることが大切です。

また頭痛の種類によっては対応方法が変わってくるので、間違った処置をしないようにしましょう。

貧血が起きない、健康的な生活を送るようにしましょう!

関連記事として

雨で気圧が変化すると頭痛が生じる原因とは!改善方法も紹介します!

肩こりによる頭痛を解消する方法を紹介!ツボや食事など

生理前に頭痛や吐き気を感じる原因と対策方法の紹介!

鼻づまりによる頭痛の原因とは!?鼻水の対策方法を紹介!

こちらの記事も合わせてお読みください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする