職場でストレスを感じてしまう原因や心理を紹介!対処方法は?

スポンサーリンク

会社で頑張って働いているのに、自分自身以外の行動や環境が悩みだという人もいるのではないでしょうか。仕事がいくら楽しくても、関係ない人間関係や雇用形態などでストレスを感じるのは勿体無いですよね。

この記事では、そんな職場でストレスを感じる原因は何なのか、そして、今の状況から抜け出すのにはどうすればいいのかを見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

職場で感じるストレスって一体何が原因になっているの?

work-2005640_960_720

休日以外は毎日通う職場ですが、何だか最近職場に行くことに対してストレスを感じてしまっているという方もいるのではないでしょうか。もちろんそれは最近特に残業が多かったりするのが原因かもしれません。

しかし、人によっては仕事内容や仕事量、メンタルヘルスが悪化しているなどの理由により、そういったストレスを感じてしまう傾向があると言われています。

そういったストレスに対して早めに対処法を考えたり、症状として治療していければそこまで悪化することはありませんが、自分は心理的に問題ないと対策を取らなければかえって取り返しがつかないことになってしまう可能性もあります。最近ストレスを感じている人は何が原因なのかを見つめ直す事から始めてみましょう。

上司や同僚などの人間関係がよくないから

企業を転職する人の中で、一番多いと言われているのが、人間関係が悪いからだそうです。もちろんこれは解消方法も少なく、どうしても転職をするのが一番の道だからかもしれません。

人間関係というと、女性特有の距離感などが原因のように思えますが、男性でも変わりません。男女ともに、他の人との距離が上手くつかめなかったり、話が上手く通じ合わない、心が割り切れないなどの理由でストレスを感じます。

管理職なども人なので、どうしても合う合わないというのは存在します。特に日本では昔ながらの体育会系の目的意識や責任感などを要求することもあるので、苦痛に感じる方も多いかと思います。

自分に与えられている仕事の内容が合っていないから

次に、元々の能力が高いのにも関わらず、成果を評価されなかったり、満足できるような内容の仕事をなかなか渡されずにストレスを感じている方もいるかと思います。

これは性格にもよりますが、他の人たちができないような事を任されて、新しい価値を生み出したり、対処する方が自信を持てたり、自身の能力を発揮できるという方も多いのではないでしょうか。

しかし、皆と同じような状態に留められていたり、脳を使わなくても、どうにかなるような商品を任されてしまうと、気持ちとして、劣等感などを感じてしまうこともあるようです。

仕事量が少なかったり多かったりするから

仕事の内容に満足していても、仕事量が自分で対処することが難しいほど多すぎてしまったり、働きたいのに、残業なしですぐに帰らされたりしてしまっていると、どうしても、不満を持ってしまいます。

こればかりは個人によるので、相手に聞くしかないのですが、仕事が多いほうが信頼されていると安心感を感じる人もいれば、少ないほうが計画を組みやすく、サクサクと終わらせていくことが出来る人もいます。

そういった事がきちんと管理職と共有することができていないと、どうしても管理職自体が判断した独りよがりな割り振りになってしまい、結果的に部下が不満を持ってしまいます。

給料や雇用形態などの会社からの待遇に不満を感じているから

自分は他の人よりも結果を残しているのに全く評価をされなかったり、休みを取りたいのに、規定通りに取らせてくれなかったりすると、どうしても不満を感じてしまいます。

会社員は、決して会社のコマではなく、重要な人材です。それなのにも関わらず、人権を考えずに休みを取らせてくれなかったり、制度の活用を邪魔して、本来の働きを要求するのは間違っています。

また、他の人がサボっている中努力しているのにも関わらず評価が変わらないのも大きな問題です。ストレスを感じて我慢するのではなく、上司に相談したり、転職を検討するのがおすすめですよ。

スポンサーリンク

職場でストレスを感じるときに考えておきたい4つのポイントとは?

girl-2386999_960_720

職場でストレスを感じ始めてしまうと、いつもはうまくいくような仕事が順調に進まなかったり、どうしてもイライラして何かに当たってしまいそうになってしまうかもしれません。しかし、そうなってしまうと自分が損をするだけです。

まずは、自分がどのように今の環境を変えることが出来るのかを考えましょう。考え方や、捉え方を変えてみるだけで、驚くほど気が楽になる事もあるかもしれません。もちろんそれによって何か感じてしまうこともあるかもしれませんが、そこは冷静に分析しましょう。

感情的になってしまったら、こちらが悪いことをしていないのに、一方的に損をしてしまうこともあります。そんなのは勿体無いですよね。そうならないためにも、ストレスを感じる時に押さえておきたい考え方をご紹介していきたいと思います。

問題に対して避けてもよいと考えるようにする

上司や同僚などと人間関係が悪いと、これからに良くないから自分が我慢をしてまでいい関係を築こうと努力をする人もいるかもしれません。しかし、それは大きな間違いです。

あなたが努力をしても、相手は何も変わりません。そのため、結果的にあなたがしなくてもいい苦労をするだけで終わってしまいます。会社にいる全ての人間と関係が悪いのならばまだしも、そんなことはないはずです。

どうしても辛い時には、人間関係を良くしようとするのではなく、逃げてしまうのも重要な事です。そこで逃げても、大きな問題はありません。あなたが快適に仕事をするためにも、逃げるという選択肢は忘れないで下さいね。

言動などを見たまま受け取るのではなく、いい方向に解釈する

何かイライラする事を言われたり、どうしてもいいように受け取ることができないと言う方もいるかもしれません。一度悪い印象を持ってしまうと、次からはそういった感情でしか受け止めることが難しくなってしまいますよね。

しかし、それは自分が嫌いな人から言われたのではないと考えたり、言葉の裏を考えるようにしましょう。もちろんどれが本心なのかは分かりません。ただ、相手が言葉選びが苦手で、悪いように捉えられるような言い方しかできないのかもしれません。

まずは、言動に対して見たまま全てを捉えてしまうのではなく、少しでもいい方向に捉えたり、見なかったことにして忘れてしまうようにしましょう。些細な事は、相手はきっと覚えていませんよ。

何を共にしたいかだけを考えて接する

人間関係が悪くなったりすると、無理に飲みに行ったり、食事をしなければと思うかもしれません。しかし、相手は別にそんなことを望んでいない場合もあります。

そもそも、仕事に置いて、仲良くするのではなく、円滑に仕事が進めばどんなに仲が悪くても問題はありません。まずはそこを忘れないようにしましょう。無理に仲良くしないでいいと思えば、かなり楽になるはずです。

共に成し遂げるべきプロジェクトや、問題に対して、どのようにしたらお互いイライラせずに接することができるのかを考えましょう。最初は難しいかもしれませんが、そんな関係のほうが、案外気を使わずにうまくいくかもしれませんよ。

自分が頼れる味方を作るようにする

自分はこうしたいと思っているのに、それは自分だけで、職場の皆から引かれてしまっているという場合もあるかもしれません。どちらが悪いとは一概にはいえませんが、まずは、自分が頼ることができる味方を作るようにしましょう。

誰か一人でも自分が信頼できる相手がいれば、職場で何かがあっても、セーフティネットを張ることができますし、精神的にも安定して仕事をすることができますよね。

もし、職場でだれも頼ることができないのであれば、プライベートでも、自分がなんでも話すことができるような存在を作るようにしましょう。そういった人がいるといないではかなり変わってきます。

スポンサーリンク

職場でどうしてもストレスを感じてしまう心理は?

scream-1819736_960_720

自分がそこまで悪い環境にいるとは思えないのに、何度転職してもストレスを感じてしまうという方もいるかもしれません。そういった方は自分自信を責めてしまうかもしれませんが、あなたが原因ではない場合もあります。

特に、人間の性質上ネガティブに捉えてしまう事はありますし、それに対して悩むのではなく、対策法を考える事が大切です。どうして職場でストレスを感じてしまうのかについて見ていくことで、対策法を考えていきましょう。

人間の性質上ネガティブに捉えてしまうから

人間は、最初からポジティブな人はそこまで多くありません。特に日本人の性質上、自分が悪いのではないかと最初から自分の能力を責めることが多いです。そのため、職場でも無駄に自分にストレスを自分からかけてしまう側面があります。

もちろんこれは悪いことではなく、自分のことを低く見ることができるからこその向上心などにつながるのですが、これが行き過ぎるとネガティブに捉えてしまい、自分ができるパフォーマンスを発揮できない事になってしまいます。

自分がネガティブであることを自覚し、そこから本当にその物事はネガティブに捉えるべきものなのかを考えていきましょう。

自分を守りたいと思っているから

誰しも、自分から傷つきたくないと思っているはずです。そのため、何か合った時に、先に心がまえをして、傷つかないようにしようとします。その防衛反応により、ストレスを感じてしまうことがあるようです。

しかし、本来は感じなくていいことです。ストレスを感じてしまっているのであれば、自分が避けたいことは一体何なのかを見つめ直し、それに対して対策を考えましょう。もしかすると、どう対処すればいいのか事前に考えておくことによって気楽になるかもしれませんよ。

自分がその場に必要ないと思っているから

自分がそこまで能力が高い人間だと思っていなかったり、自分に対しての自己評価が低い人が陥りがちなのが、自分がその場に必要のない人間だと思う事です。自分が役に立っていないと思いこんでしまうあまりに、その場にいたくないと思ってしまいます。

周りから見れば普通に頑張っているはずなのに本人が強いストレスを感じてしまうのは、こういった事が原因でもあります。これは、自分がその場に必要だと感じるように、評価されるようになれば解消することもあります。

まずは、自分はその職場に対して、どういったパフォーマンスをしているのか見つめ直してみましょう。必要以上に自分を卑下する必要はありませんよ。

これまで強いストレスを経験したことがないから

最後に、最近多いと言えるのが、これまで強いストレスを経験したことがないため、些細な事であってもすぐにストレスを感じてしまい、大げさに騒いでしまうということです。特に、教育が変わったゆとり世代は、競争をした時にどのようにすればいいのか分からないなどといった欠点があります。

もちろん他に発揮できる利点もありますが、職場でのピリピリした雰囲気に耐えられなかったり、目上の人と接する事が苦手だったりといった、他の人からみたら些細なことでストレスを感じてしまいます。

そうなると、お互いのためにもよくありません。ストレス耐性を身に着けていくのももちろんですが、自分がストレスにならないような職場を探すなどして対処するようにしましょう。

スポンサーリンク

ストレスを解消するのにはいったいどうすればいいの?

plank-1327256_960_720

ストレスが溜まっていってしまっているけれども、すぐに環境や人間関係は変わりませんし、毎日のために、耐えていかなければ行けない部分もありますよね。

しかし、たまってしまったストレスに対してどのように対処していけばいいのか分からず、結局イライラした毎日を過ごしている方も案外多いのではないでしょうか。まとまった休みなどが取れれば別ですが、そんなことは難しいですよね。

そういった方々の為にも、些細な事から、ライフスタイルを変えるようなことまで、色々な事に挑戦してみたら、ストレスが解消されるかもしれません。また気分転換として新しいことに挑戦してみるのもいいですよね。それでは早速ストレス対処法について見ていきましょう。

相手に望むのではなく自分が変わってみる

ストレスを感じている時に、自分は頑張っているはずだと思うと、どうしても相手が変わっていくことを期待するかと思います。しかし、それではいつまでたっても何も変わりません。まずは、自分が変わってみることを考えるのはどうでしょうか。

連絡方法を変えてみたり、アプリを導入して仕事を勧めやすくしたり、工夫をすることで、これまでのストレスを緩和するかもしれません。また、それの延長線上で他の人と話し合うことによって、もしかするとやりがいなども出てきますよね。

自分が変わってもらうことを待つのではなく、自分から変えてみるのが一番早い解決方法です。ぜひ、挑戦してみてくださいね。

こまめに休憩をとったり、気分転換をするようにする

人間関係が苦痛だと、その場にいても、何だか息苦しかったり、仕事がすすまないかもしれません。そんな方は、こまめに休憩をとるようにしましょう。また、食事なども社外にデてしまうのもいいかもしれません。

何よりも、自分がストレスを受けることによって仕事がすすまないのが一番悪いことです。出来るのであれば、仕事の環境を外に移したり、できるだけストレスがたまらないような時間帯に出社して仕事を片付けてしまうのもいいかもしれません。

色々工夫をしてみることで、違う職場に行ってもすぐに対応できるようにもなるので、ぜひ研究してみてくださいね。

環境を変えるなどしてストレスから遠ざかる

ストレスがかかっているけれども、これを乗り越えることが私の試練であり、途中で逃げ出してはいけないと勘違いしている方もいるかもしれません。無理なストレスは、精神を破壊しますし、健康を害することもあります。

もちろんある程度のストレスに対して向き合うことは非常に大切ですが、ずっとそれに対して耐えていっても、あなた自身が辛いだけで、何にもなりません。まずは、逃げ出すことも検討しておきましょう。

環境を変えたり、他の逃げ出せるようなことを取り入れてみるのもいいかもしれませんね。最初はそれでいいのかどうか悩んでしまうかもしれませんが、どちらも挑戦してみて、自分が一番自分らしく活躍できるような環境を選ぶことがおすすめですよ。

勉強をしたり、趣味を増やしてみる

ストレスを感じている方は、新たなステップアップとして勉強をしてみるのはどうでしょうか。仕事が物足りない方は、新しい知識を持つことで、違ったフィールドで活躍できるようになるかもしれません。

また趣味を増やすことで、気分転換にもなりますよ。

スポンサーリンク

まとめ

学歴コンプレックス

職場でストレスを感じている方は、どうにもならない思いになってしまったり、希望を持てないかもしれません。しかし、正しい対処法をとることで、それも自分の身にすることができます。

ぜひ、自分なりに活躍できるような職場を探したり、自分で作り上げて、充実した生活を送ってくださいね。

関連記事として、

ストレスへの耐性を強くする方法は?強い人と弱い人の違いをチェックしよう!

仕事が遅い人の特徴は?対処方法や叱り方、改善方法を知ろう!

ゆとり世代の特徴とは?仕事や恋愛での特徴を紹介!育成させる方法は?

これらの記事も読んでおきましょう。

  
スポンサーリンク
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする