日焼け止めの正しい塗り方を紹介!塗る際の注意点って?

みなさんは日焼け止めを正しく使えていますか?もうすぐ夏も終わりに近づいていますが、紫外線は一年中降り注いでいます。

夏が終わったからと言って日焼け止めを塗るのを止めてしまうと、肌にダメージが蓄積されてしまいます。

今回は日焼け止めについて記事を書いています。一年中透明感溢れる美しい素肌を目指して、
是非正しい日焼け止めの使い方をマスターしましょう!

スポンサーリンク

日焼け止めを使う理由について

まずは、どうして日焼け止めを使うべきなのかを書いていきたいと思います。

日焼け止めが防いでいるのは紫外線です。紫外線を素肌のまま受け続けていると、肌には様々な影響が出てきます。

日焼けのデメリット

冷やけ

ではまずは、日焼けすることのデメリットを紹介します。

1、しみやしわ、そばかすが出来やすくなる

2、お肌がたるみやすくなる

3、お肌の乾燥・肌荒れを引き起こす

4、皮膚がんへの影響

5、白内障など網膜の細胞への影響

など、数えたらキリがないほど紫外線の悪影響はあります。確かに紫外線は身体への負担も影響も大きく、あまり良いイメージはありませんよね。

女性の方はしみ・しわ・そばかす・たるみと、お肌にとって大ダメージです。また、お肌のトラブルだけでなく、皮膚がんや白内障など身体自体へのダメージもありますので、過度な紫外線は避けたほうが賢明だといえます。

日焼けのメリット

日焼け メリット

夏になるとテレビで、『絶対、紫外線を防ぐ!』や、『シミ・そばかすを作らない!』といった、日焼け止めのコマーシャルを多く目にすると思います。日焼けは身体に悪いと、紫外線に敏感になっている方もたくさんいると思いますが、実は日焼けをすることのメリットもあります。

1、適度な日焼けは健康的に見える

2、免疫力を高める効果がある

3、紫外線はビタミンDを合成する

紫外線を浴びることで合成されるビタミンDは、カルシウムを吸収するのに必要な成分です。カルシウムだけ摂取していても、身体への吸収はあまり効果がありません。発育期の子供や妊娠授乳期の女性の方は、適度に太陽にあたるように心がけましょう。

毎日15分ほど太陽にあたれば必要な紫外線は吸収されます。あくまで過度になりすぎないよう、適度に紫外線と付き合うことをオススメします。

スポンサーリンク

日焼け止めに書いてあるSPFとPAについて

次に日焼け止めの内容についてご紹介したいと思います。

みなさんは日焼け止めを購入する際、何を目安に購入されていますか?商品には必ずSPF○○やPA○○と言った表示がされていますよね。SPFやPAの違いについて書いていきたいと思います。

◆SPF

日焼け止め
出典:http://www.sodahead.com

・SPF・・・Sun Protection Factorの頭文字を取ってSPFと言います。

SPFとは、肌が黒くなるUVB波を防御する指数です。

SPF20やSPF30など、日焼け止めには紫外線防御指数が記載してありますが、みなさんは、高ければ高いほど日差しから守る力が強い。と、思ってはいませんか?実は、この数値は「日差しの強さ」に対抗する値ではありません。

何も着けていない素肌の状態と比べて日焼けが始まる時間をどれだけ伸ばせるか、という『時間』の目安です。20分程度何もつけていない肌に、SPF20の日焼け止めで考えると、

20分×SPF20=400分=約6時間40分

つまり、約6時間40分の間は日焼けを防ぐことが出来ます。目安はあくまでも紫外線を浴びる時間ではありますが、アウトドアレジャーなど野外で長時間過ごす場合はSPFが高いものを選んでおいて間違いはありません。

しかし、SPFの高いものは効果が高いだけに肌に対して負担になってしまいます。肌荒れや肌の乾燥を引き起こしてしまいますので、普段の日常生活で使用するなら、SPF20や30で十分だと言えます。

◆PA

日焼け止め
出典:http://www.abeautyclub.com

・PA・・・Protection Grade Of UVAの略がPAです。

先ほど書いたSPFは気にするけれど、PAはあまり気にしない方もいると思いますが、PAは、しみ・しわ・たるみの原因になるUVA波を防御する働きがあります。

UVA波はそこまで強いエネルギーはありませんが、浸透率は高く肌の内側へダメージが蓄積されてしまいます。PAは数字ではなく『+』の表示の多さで強さを表しています。

「++++」が最も効果が高く、「+++」「++」「+」の順に強さの表示が下がっています。

アウトドアやレジャーの場合はSPF同様に表示が高いものをオススメしますが、日常生活ではPA++位で効果を発揮します。

スポンサーリンク

正しい日焼け止めの塗り方

せっかくの日焼け止めも正しい塗り方をしなければ、効果も半減してしまいます。では次に正しい日焼け止めの塗り方を、4つのPOINTに分けてご紹介していきます。

①塗る順番

日焼け止め 塗る順番
出典:http://www.oceanreefmyrtlebeach.com

みなさんは日焼け止めをどのタイミングで塗っていますか?
日焼け止めは、洗顔をし化粧水や美容液でお肌を整えてベースメイクの前に塗るのがベストのタイミングです。

・洗顔→化粧水・美容液→日焼け止め→下地→ファンデーション

の順番で塗って頂くと、効果が長持ちします。

②ムラ無く伸ばす

日焼け止めを伸ばす
出典:http://makeupandbeauty.com

日焼け止めは、多すぎても少なすぎても効果が持続しません。目安は手のひらに対して500円玉と同じ大きさの量を塗るようにします。

500円玉と言われると多いように感じますが、一度に塗りきれない場合は、2回に分けて塗るようにすることをオススメします。

ムラ無く塗るコツは、5点置きと言われる塗り方がオススメです。額・眉間・両頬・顎の5箇所に点々と日焼け止めを置き、内側から外側に向けて伸ばしていきます。

首を塗る際も、上から下に手のひらで包み込むように塗りましょう。2回に分けて塗る際は、一度目はしっかり丁寧に5点置きで塗り、2回目も同じ量を重ねて塗るようにします。

③強く塗りこまない

日焼け止め 塗る
出典:http://porcelainfacespa.com

日焼け止めは肌への負担も大きく、肌荒れの原因にもなります。

決して強い力でゴシゴシと塗りこむのではなく、優しく手のひらで広げるように塗りましょう。

④2~3時間毎に塗りなおす

塗り直し
出典:http://www.sheknows.com

SPFが高いものでも、長時間塗り直しをしないと汗や皮脂で落ちやすくなってしまいます。

特にアウトドアレジャーの場合は落ちやすいので、SPFの指数に関係なく、2時間~3時間毎に塗りなおすことをオススメします。塗りなおす際は汗や皮脂が残っていると、せっかく塗りなおしても落ちやすくなってしまいますので汗や皮脂をふき取ってから塗りなおすように心がけます。

スポンサーリンク

日焼け止めの注意点

では、次に日焼け止めの注意したい使い方をご紹介します。

◆乾燥した肌には塗らない

化粧水などで保湿した肌に塗らずに、乾燥した素肌に直接日焼け止めを塗ると更に乾燥してしまいます。

乾燥を防ぐために、必ず化粧水の後で使用しましょう。

◆薄く伸ばして使わない

量の目安は500円玉の大きさです。

量を少なめに、薄く伸ばして使ってしまってはきちんとした効果が発揮できない可能性があります。たっぷりの量をムラ無く使うことをオススメします。

3、去年のものは使用しない

保管方法にもよりますが、品質が劣化してしまったり雑菌が繁殖している場合もあります。

日焼け止め、毎年新しいものを購入して使用するようにしましょう。

4、紫外線にあたる直前に塗る

直前に塗っても、効果が出るまでには時間がかかる場合があります。太陽の下に立つ20分~30分前までには塗り終えるようにします。

時間に余裕を持って日焼け止めを塗ることが大切です。

5、寝る前には必ず落とす

先ほども書きましたが、日焼け止めを塗ると肌に負担がかかっています。

日焼け止めをつけたまま寝てしまわないように、毎日必ず落としてから就寝するようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?今回は日焼け止めについて記事を書いています。
みなさんは紫外線を一年中浴びています。夏だけのシーズンではなく、正しく日焼け止めを塗りしみ・しわ・そばかすのない透き通った美肌を作りませんか?

関連記事として、

頭皮の日焼けの対策方法とは?抜け毛や薄毛を予防するために!

日焼け対策と肌への負担について!正しい知識で紫外線を予防!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする