1日1食の効果を紹介!健康や美容に効果があるのは何故?

最近話題になっている1日1食生活。お医者さんもお勧めする健康法で、タモリさんやGACKTさんなど多数の有名芸能人が実践中とのこと。

やり方は至ってシンプルで1日の食事回数を1回にするだけ。食事の回数を1度にすることで内臓を休め、若々しい体が手に入ると言われています。もちろん、ダイエット効果も期待できます。

ですが、やり方を間違えると逆に不健康になってしますこともあるので、正しいやり方を覚えて健康でキレイな体を手に入れましょう!!

スポンサーリンク

なぜ、1日1食が健康にいいと言われるのか?

image

現代人はカロリーを取りすぎと言われています。現在では1日3食が当たり前になっていますが江戸時代の頃は1日2食だったことはご存知でしょうか?1日3食になったのはエジソンが開発したトースターを流行らせる為だといわれています。

1日3食食べることにより、人間の内臓は24時間休むことなく活動しています。果たして人は24時間マラソンでひと時も休むことなく走り続けることができるでしょうか?答えはできません!途中で倒れてしまうでしょう。

そう!1日3食生活をしていることでそれだけ内臓を酷使しているということです。それを1日1食に変えることで内臓を休ませ、内臓自体の機能を回復させてあげることで健康になるのです。

スポンサーリンク

ダイエット効果

image

1日1食にすることで、ダイエット効果も期待できます。

摂取カロリーが少なくなる

当たり前ですが、1日3食食べる人に比べて1日1食の人は1日当たりの摂取カロリーを大幅に減らすことが出来ます。この1日1食生活には無理な食事制限はありません。1食は食べたい物を量を気にせず食べれるのです。

好きなものを好きなだけ食べていいよ!と言われても3食分の量を一気に食べることはフードファイターでもない限り到底無理です。ということは自然と量が少なくなり摂取カロリーに繋がるのです。

脂肪や糖質を燃焼させる

人間の体は何にもしていなくても日々エネルギーを必要としています。もちろん寝ている時や本を読んでいる時も気づかないうちにエネルギーを使っています。

1日1食しか食べていない場合、それ以上のエネルギーを必要とし、体がエネルギーが足りない!と脳に信号を発信し、蓄積された脂肪や糖質をエネルギーに変える働きをします。

それによって自然と蓄積された脂肪や糖質が燃え体重が落ちていくのです。

お腹が空かない!?

1食しか食べないなんてお腹が空いて耐えられない!と思うと思います。実はそれ、最初のうちだけなんです。

確かに始めて数日は空腹に耐えられなくて眠くなったり、やる気がなくなったりして仕事の効率が落ちたりします。空腹からイライラしてしまうこともあります。では、なぜ、その現象が起きるかというと人間の体はその人の習慣を記録しています。

その習慣とは違う行動をすると体は異変と察知しその人の体を休めようとし、もっと栄養が必要だー!っていうシグナルをだすんです。でも、そのシグナルを無視してほんの数日我慢すると体は新しい習慣を記録しそのリズムに対応できるようになるのです。それにより1日1食でもお腹が空かなくなるのです。

逆に、その習慣さえ手に入れてしまえば1日3食食べるほうが辛いと感じるのです。

スポンサーリンク

美容にもいい

1日1食は美容にも非常に効果的です。

睡眠の質があがる

これは意外かもしれませんが、1日1食にすることで短時間の睡眠でも疲れがしっかりとれ、毎朝スッキリ起きられるのです。なぜ、スッキリ起きられるのか?それは、1食にすることにより内臓を休ませることができるからです。

休ませることで体力を温存することが出来るので、睡眠の質をあげることができるのです。3食食べている場合、内臓を24時間酷使しているので知らず知らずのうちに体に疲労が溜まっています。

なので、3食食べている人は1食の人に比べて疲れやすく、寝ても寝ても疲れが取れないのです。

肌がキレイになる

1日1食にすることによって肌がキレイになるんです。

その理由は食事の回数を減らすことにより、蓄積していた脂肪や糖質が燃焼し余分なものがなくなるので血液循環がよくなるからです。血液循環がよくなると新しい血液が体の隅々まで行き渡るようになります。それにより新陳代謝があがるので肌がキレイになるということです。

肌荒れは女性にとっては大問題です。実はその肌荒れ、食べ過ぎから来ているのかもしれません。お腹が空いてないけど朝だからという理由で無理に食べてませんか?無理に食べることで更に内臓に負担をかけ、対応しきれない消化物を外に出そうと体は必死になっています。それにより肌荒れを起こすのです。

スポンサーリンク

1日1食の正しいやり方とは

間違った方法を行ってしまうと不健康になるので、正しい1日1食のやり方を紹介します。

野菜やフルーツをたくさんとる

image


野菜やフルーツには健康やダイエットに必要な栄養素がたくさん含まれていて、少ない食事でうまく栄養素を摂り入れるには必要不可欠と言っていいでしょう。では、オススメの野菜とフルーツを紹介します。

・りんご

りんごには食物繊維が豊富に含まれています。現代人は普段から食物繊維が不足しています。食物繊維が足りないと上手く排泄ができませんので、積極的に食べたいフルーツの一つです。

・キウイ

キウイにはビタミンCが豊富に含まれています。1日たった1個で1日の7割のビタミンCがとれてしまいます。栄養不足による肌荒れを防止してくれます。

・バナナ

バナナには様々な栄養素が含まれています。フルーツの中では糖質が多いので最近流行りの糖質制限をされてる方は避けているかもしれません。

ですが、この糖質はブドウ糖、ショ糖、果糖、でんぷんと色々な要素が入っているのです。特にブドウ糖はすぐに吸収、消化されるので運動前に食べると効果的です。

・ブロッコリー

ブロッコリーにはクロミニウムというミネラルが多く脂肪の燃焼や筋肉をつくる働きをしてくれます。しかも、1日たった100gで十分な働きををしてくれるのでサイドメニューとして食べて欲しい物です。

・トマト

トマトにはリコピンが豊富です。このリコピンには抗酸化作用があり生活習慣病やガンなどの予防効果があります。更には美肌効果も期待できるので、健康と美肌を手に入れられる一石二鳥の食材です。

・キャベツ

キャベツにはビタミンUという珍しい成分が入っています。このビタミンUはキャベジンと言われています。キャベジンは弱った胃腸の粘膜を修復してくれます。なんか胃腸の調子が悪いな。と思ったらキャベツを食べましょう。

ゆっくり噛んで食べる

1日1食しか食べないので最初はお腹が空いて早食いになるかもしれません。ですが、早食いをしてしまっては1食の意味がありません。ほとんど何も食べていない胃にいきなり大量の食べ物を入れたら胃が荒れてしまいます。

ですので、食べる時はゆっくり噛んで食べてください。ゆっくり噛んで食べることで満腹中枢も少ない量で得られ、胃腸にも負担をかけないので一石二鳥です。

バランスのいい食事を心掛ける

1日1食生活をする上でもっとも大事なことです。先ほど好きな物を好きなだけ食べていいといいましたが、だからと言って毎日同じ物やジャンクフードでは健康を手に入れるどころか体を壊してしまします。野菜やフルーツ、それからお肉などバランスよく摂る必要があります。

特に1日1食だと水分不足になりやすいので、最低1日2リットルの水分補給をしてください。

もし、うまく栄養が取れないな。と思ったらサプリメントを一緒にとるといいかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

実は筆者も1日1食実践している者の1人です。確かに最初は空腹が辛いのですが慣れると1食の時の方が体も軽くて体調がいい日が多いのです。この生活を始めてから風邪を引くこともなくなりました。

さて、いいことだらけの1日1食ですが、間違ったやり方は逆に危険であると言うことを理解して頂けたでしょうか?正しいやり方で健康でキレイな人を目指してください。

関連記事として、

クエン酸の効果を紹介!ダイエットや美容にいいの?

風邪にカレーが効果的な理由は?必要なスパイスを紹介!

断食の効果を紹介!見た目よりも中身が変わる?

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする