美白をもたらす食べ物を紹介!ビタミンやリコピンを積極的に!

ああ、私のお肌もあんなに白かったら・・・・なんて人を見て思うこともあるでしょう。美白、美白っていうけど、美白の本当の意味、知ってました??

それから実は食べるだけで美白できる食べ物もたくさんあったんです!あの美人もこれ食べてるかも??今回はそんな美白と、美白できる食べ物を特集します。

スポンサーリンク

知ってた?美白の意味って本当は・・・

美白

北欧の色白美人を見て、「あー、色が白いってなんて美しいんだー」という感想はきっと多くの方が持つことでしょう。日本人でも白人並みに色が白い人もたまに見かけますよね。世の中はいまだに美白ブームで、美白を売りにしている商品がたくさん出ています。

では質問ですが、美白の”意味”ってご存知ですか??ショックなことを書きますと、まず現実的に、黄色人種の日本人が、いくらケアをしても白人のような真っ白な肌になることは出来ません。

「え?!じゃあ美白化粧品や、美白エステってお肌自体の色が白くなるんじゃないの?!」と驚く方も多いでしょう。では美白とは何なのか・・・・。

”美白とは「くすみの改善」「シミの予防」「お肌を明るくする」こと”です。

その人が本来、生まれながらに持っている肌の白さに戻すこと、近づけることが「美白」なんです。「私は元々色が黒いから、それじゃあ美白目指しても意味なかったってこと??」という絶叫も聞こえてきそうですね。

多くの人は、日々の乾燥や荒れによって自分本来のお肌の色よりくすんだり黒くなっている場合が多いのです。1回のエステで肌の表面の酸化による黒ずみを落とすと1トーン、2トーン色が明るくなるということはよくあります。

自分が思っている自分の肌色よりもケアによって白くなることはできます。ちなみに自分の本来の肌の色は、日に焼けていない部分の地肌で確認することができます。

美白とは、”脱色の白さではなく、本人が本来生まれながらに持っている白さを引き出すこと”なんですね。

では、そんな”美白”!自分本来の白さはどうやって引き出すことができるのでしょうか。今回はインナーケアに注目して、美白になれる食べ物をまとめてみました!

スポンサーリンク

●美白になる食べ物その①ビタミンC

ビタミン

ビタミンCは”お肌の救世主”です!お肌のシミの原因になるメラニンの生成を抑え、くすみにくくしてくれます。

ビタミンCは、野菜ではピーマン、パセリ、ブロッコリー、果物ではアセロラ、レモン、キウイ、イチゴに多く含まれています。その他には、たらこ、焼きのり、ハム、ベーコン、お茶っ葉に多く含まれています。

ビタミンCは1日に最低100mgは摂りましょう。美白目的で摂取するなら2000mgを目指すのがおススメです!

ビタミンCは体の中に溜めておけないので、少ない量をこまめに摂ることが理想的です。またビタミンCは熱に弱いのでなるべく生で食べましょう。お野菜を調理する時は、茹でるとビタミンCが逃げてしまうので、蒸し野菜にして丸ごといただきましょう。

またビタミンEと一緒に摂ると吸収量が高まります!ビタミンEは鶏肉、ゴマ、さんま、ほうれん草、ナッツに多く含まれています。

★ビタミンCをビタミンEと一緒に多く摂るレシピ★

朝は、ベーコンと目玉焼きにブロッコリーを添えて食べて、お昼のお弁当に鶏肉とピーマンの炒め物を入れて、間食にナッツ類をつまんで、夜にはご飯にたらこを載せて、夕食後のデザートにイチゴを食べたら完璧ですね!

ぜひビタミンCとビタミンEを一緒にたくさん食べてください!

スポンサーリンク

●美白になる食べ物その②リコピン

トマト

リコピンは抗酸化作用に優れていて、なんとビタミンEの100倍の抗酸化作用を持っています。
体は年齢と共に酸化していき、老化していきます。酸化=老化なので、リコピンはお肌の老化を防いでくれるんですね!

メラニンの生成を抑制する効果もあり、美白・美肌効果、ダイエット効果、がんの予防など、効果が満載です。

リコピンはトマトに多く含まれています。

脂溶性の栄養なので、油に溶けやすい性質があります。また熱に強いので、炒めたり煮込んだりしても成分が壊れません。むしろ吸収率が上がるので、トマト料理をするときは、サラダにするよりは、火を入れて料理しましょう。

リコピンの1日摂取量目安は、15mgです。これは大きなトマト2個分の量です。

リコピンはトマト以外にも、柿、スイカ、グレープフルーツ、ニンジンなどにも含まれています。

★リコピンを多く摂るおすすめレシピ★

朝は野菜たっぷりトマトスープで体を温め、お昼はイタリアンでトマトとベーコンのパスタでリコピン満点!家では夕食後にグレープフルーツを食べればかなりのリコピンが摂れますね。一日の食事の中に少しずつでもリコピンを取り入れていきましょう!

スポンサーリンク

まとめ

●知ってた?美白の意味って本当は??

”美白とは「くすみの改善」「シミの予防」「お肌を明るくする」こと”
その人が本来、生まれながらに持っている肌の白さに戻すこと、近づけること

●美白になる食べ物その①ビタミンC

ピーマン、パセリ、ブロッコリー、アセロラ、レモン、キウイ、イチゴ、たらこ、焼きのり、ハム、ベーコン、お茶っぱ
美白を目指すなら1日に2000mgのビタミンCを摂取しよう!ビタミンEと一緒に摂ろう。

●美白になる食べ物その②リコピン

トマト、柿、スイカ、グレープフルーツ、ニンジン
リコピンを1日15mg摂取しよう!生ではなく火を入れて食べよう。

今回は、美白の本当の意味と、美白できる食べ物について紹介してきました。いかがでしたでしょうか。

くすみが無く、水分をたっぷり含んだお肌は光を反射して白く美しく輝きます。美白に効く食べ物をたくさん食べて他の人にはない、自分だけの美しい肌色を手に入れましょう!

関連記事として

日焼け対策と肌への負担について!正しい知識で紫外線を予防!

肌の手入れ方法をご紹介!誰でも簡単にニキビのない綺麗な肌へ!

スキンケアで使う基礎化粧品の正しい順番を紹介!

可愛い憧れの桃色に!黒ずみ乳首をピンク色にする方法

こちらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする