煩わしいってどういう意味?煩わしい人間関係の対処方法を知ろう!

人間には様々なタイプの人がいますが、時として人との関わりを「煩わしい」と思ってしまう人も少なくないと思います。

そもそも人間が社会的動物であって共同体や社会を作って生活を営む以上は、人間関係を私達の生活から切り離すことは難しいでしょう。しかしながら、人間関係が生活と切り離せない一方で、その人間関係が私達を苦しめ精神的ストレスをもたらす存在であることも事実です。

もちろん人との関わりが楽しくてストレスなど感じないという人もいるかもしれませんが、現代日本にあっては、人間関係が「煩わしい」と感じる人も増えてきているのです。

そこで今回は、「煩わしい」という言葉の意味を再確認した上で、人間関係を煩わしく感じる理由、煩わしい人間関係への対処方法などについて、ご紹介したいと思いますので参考にしていただければ幸いです。

「煩わしい」の意味

child-1121178_960_720

そもそも「煩わしい」という言葉は、どのような意味を有しているのでしょうか?また、似たような意味の「面倒くさい」との違いについて、意識したことがあるでしょうか?そこで、まずは「煩わしい」の意味を再確認して、「煩わしい」と「面倒くさい」との違いについても簡単に触れておきたいと思います。

「煩わしい」の意味

「煩わしい」という言葉の意味について、いくつかの国語辞典を調べてみると、概ね次のような意味を持っている形容詞であることが分かります。

  • 心を悩ますことが多い。気が重い。うんざりする。
  • 込み入って複雑である。
  • 気をつかわせられる。
  • からだの具合が悪い。

このうち「気をつかわせられる」と「からだの具合が悪い」という意味は、いずれも古語の意味であり「源氏物語」や「徒然草」などで用いられたものです。それゆえ、現代においては主に上二つの意味で用いられます。

そして、「込み入って複雑である」という意味は、主に事務手続きが煩わしいといった形で物事の複雑さを形容する意味です。ですから、人間関係が煩わしいといった形で用いる場合は、「心を悩ますことが多い・気が重い・うんざりする」といった意味の形容詞となります。

「煩わしい」と「面倒くさい」の違い

「煩わしい」と「面倒くさい」は、いずれも「気が重い・うんざりする」といった意味で用いられ、加えて「複雑だから・手間がかかるから・気を遣うから」といったニュアンスも含む点で共通します。

ただし、敢えて「煩わしい」と「面倒くさい」の違いを挙げるとすれば、それは「気が重い・うんざりする」対象が明確か否かという点にあるでしょう。煩わしい人間関係という場合は、対象となる人間関係が比較的漠然としています。一方で、面倒くさい人間関係という場合は、対象となる人間関係が比較的明確なときに用いられます。

そのため、特定の人との人間関係にうんざりしている場合は、面倒くさい人間関係と表現するのが一般的です。煩わしい人間関係と表現する場合は、誰か特定の人との関係性ではなく、学校の友達や会社の同僚といった集団との関係性や一般論としての人間関係などを対象とするのです。

人間関係を煩わしく感じる理由

workplace-1245776_960_720

それでは、このような「煩わしい」という言葉の意味を踏まえた上で、どうして人間関係を煩わしく感じてしまうのでしょうか?人間関係が煩わしいと感じてしまう理由には、環境的な要因、本人に関する要因、周囲の人に関する要因、など様々なものが考えられます。

そこで、人間関係を煩わしく感じる主な理由について、ご紹介したいと思います。

社会構造と家庭環境の変化

人間関係を煩わしく感じる人が多くなった理由の一つは、社会構造が変化して核家族化が進んだことにあるでしょう。

人間関係を煩わしく感じるか否かに大きな影響を与えるのが、幼少時の家庭環境だとされます。幼少時の家庭環境において兄弟姉妹や祖父母など家族が多いほど、成育環境は賑やかになりますので、性格形成や人間関係の形成・捉え方もそれがベースとなります。それゆえ、戦後の団塊の世代の多くは、大家族の下で幼少期を過ごしているので、多数の人が入り乱れる人間関係の煩わしさに対する耐性が大きいと言えるのです。

一方で、平成の時代に入ってから生まれた人たちは、基本的に親と子供だけの家庭環境で、しかも兄弟姉妹も少ないため、成育環境が賑やかなケースはほとんどないと言えるでしょう。加えて、両親が共働きのケースもあり、子供が一人で親の帰りを待つこともあります。このような成育環境の下では、必然的に少ない人間との関係性が性格形成や人間関係の形成・捉え方の基盤となります。ですから、最近の人たちは、多数の人が入り乱れる人間関係に煩わしさを感じやすくなっているのです。

イジメや虐待などのトラウマ

人間関係を煩わしく感じる理由には、本人のイジメを受けた経験や幼少時の虐待などのトラウマも挙げらます。

イジメを受けた経験や幼少時の虐待を受けた経験は、その後の他者との交わりにおいて、緊張・不安・恐怖といった感情をもたらすことがあります。中には、周りに知らない人がいるだけで、精神的な落ち着きがなくなり、発汗や震えなどの身体症状が現れるケースもあります。

このようなイジメや虐待などのトラウマを抱える人にとっては、無意識的に緊張・不安・恐怖といった感情が生じるので、人間関係が煩わしいと感じてしまう可能性が大きいでしょう。

精神障害や精神疾患の可能性

人間関係が煩わしいと感じてしまう理由の一つに、本人の精神障害や精神疾患の可能性も考えられます。

例えば、社交不安障害やうつ病などの患者は、その精神障害や精神疾患ゆえに人との関わりを煩わしく感じてしまう可能性があるのです。

社交不安障害は、他人との関わりに不安や恐怖を感じることによって、動悸・下痢・腹痛・発汗・パニック発作などの身体症状が現れ、日常生活に支障をきたす精神障害のことです。また、うつ病は、気分が落ち込んで様々な意欲が低下する精神障害です。

目的以外のコミュニケーションの存在

人間関係が煩わしいと感じる原因として、周囲の人から本来の目的以外のコミュニケーションを強いられることが挙げられるでしょう。

例えば、会社での人間関係は、仕事でつながった人と人との関係性です。本来は仕事の利害関係だけを共有していれば良いはずですが、人が多く集まると派閥ができたり、親睦と称する飲み会など仕事以外のコミュニケーションを強いられることがあります。また、上司や同僚らによる部署の支配を目的とした威圧・イジメ・陰口の存在があれば、自分がそれらの対象とされないために意に反する同調をせざるを得ないケースもあるでしょう。

このように本来の目的以外のコミュニケーションを強いられると、人間関係が煩わしいと感じてしまいます。

適切なコミュニケーションがとれない

人間関係が煩わしいと感じてしまう理由の一つとして、そもそも適切なコミュニケーションをとることができない人たちが周囲に複数いる場合も挙げられるかもしれません。

例えば、人が多い組織になると1人や2人はいるのが、全く自己主張をせずに周りの人に物事の判断や決定を委ねて依存するタイプの人です。また、中には強烈な固定観念や偏見を持っている人もいて、議論が噛み合わないケースもあるでしょう。さらには、仕事など同じ方向性に進まないといけないのにもかかわらず、なぜか同僚に敵対心や対抗心を剥き出しにして足を引っ張るタイプの人もいます。

このような適切なコミュニケーションを図ることができない人たちがいると、時として人間関係が煩わしいと感じてしまうかもしれません。

煩わしい人間関係への対処方法

women-1586480_960_720

このように人間関係を煩わしいと感じてしまう理由は、多岐にわたることを理解いただけたのではないでしょうか。それでは、人間関係を煩わしく感じた場合、どのように対象すればよいのでしょうか?そこで、煩わしい人間関係への対処法について、ご紹介したいと思います。

人間関係のダウンサイズ

人間関係を煩わしく感じてしまう場合の最も簡単な対処法は、やはり関わる人の範囲を小さく狭くする人間関係のダウンサイズだと言えるでしょう。

苦手な人、価値観が異なる人、付き合っていて自分がストレスを感じる人とは、思い切って連絡を絶ってしまうのです。メールや電話がきても、こちらから返信しないようにすると、意外と自然消滅していくケースは少なくありません。

もちろん最初は罪悪感を感じるかもしれませんし、連絡を絶つことに勇気も必要かもしれませんが、人間関係に煩わしさを感じるのであれば検討してみても良いのではないでしょうか。

客観的でビジネスライクに判断する

煩わしい人間関係の対処法としては、人間関係をダウンサイズすることが最も簡単ですが、会社など仕事関係では難しいかもしれません。その場合は、それこそ人間関係をビジネスライクに判断しましょう。

具体的には、関わりのある人を付き合う必要性があるのか、付き合う目的は何なのか、冷静かつ客観的に分析した上で、目的達成に必要な範囲で付き合い、必要以上に関係を深めず距離を置くのです。

もちろんビジネスライクな対応をすることで、周りに冷たく思われることもあるかもしれませんが、全ての人に良く思われる必要性もないのです。

精神障害・精神疾患は治療が必要

過去のトラウマや精神疾患の可能性がある場合は、当然ですが医師による治療が必要です。精神科や心療内科などの病院へ行って、まずは診療やカウンセリングを受けましょう。

まとめ

いかがでしたか?「煩わしい」という言葉の意味を再確認した上で、人間関係を煩わしく感じる理由、煩わしい人間関係への対処方法などについて説明してみましたが、ご理解いただけたでしょうか?

人間関係は、私達を苦しめ精神的ストレスをもたらすことがありますので、時として煩わしく感じることがあるでしょう。しかしながら、人間関係は、私達人間が社会的動物である以上、完全に生活から切り離すことはできません。

ですから、人間関係を煩わしく感じてしまう場合は、人間関係を煩わしく感じる理由を把握した上で、自分で適切に人間関係をコントロールする必要があるのです。本記事が、人間関係の煩わしさを考えるきっかけになれば幸いです。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする