汗が臭い原因って?対策方法や予防方法を知っておこう!

これからの季節、汗をたくさんかきやすい時期ですが、汗には臭い汗との臭くない汗の2種類あることをご存じですか?汗というからには多少におうものです。身体の内部の不要物が一緒に出て排出される関係上、においがないということはありません。

これをにおわないようにするには、何か方法があるのでしょうか?逆に汗をかなりかいてもあまりにおわない人もいます。そして、それほど暑くもないのに、汗をだらだらと流している人もいます。これは一体どのような差があるのでしょうか?

今回は汗が臭い時の原因や予防法についてお伝えします。

スポンサーリンク

臭い汗の元

汗かき

普通の汗

汗には2種類あり、暑い時に汗が出て身体を冷やすための汗と、緊張している時に出る汗があります。

体温の調整時に出る汗は、エクリン腺から出る汗で、ほとんどが水分であり、さらっとしていてにおいが少ないのが特徴です。

少しにおう汗

一方、緊張している時、興奮している時に出てくる汗はアポクリン腺から出る汗で、主に脇の下に多く存在します。若干白っぽい色をしていて、脂質などが一緒に流れ出てきます。これは時間が経つと雑菌が繁殖し、においを発します。個人差がありますが、これが臭いという汗となります。

わきがのにおい

体質にもよりますが、脇に下にあるアポクリン腺から多く出る汗がわきがとしてにおいがきつくなるのですが、このアポクリン腺は遺伝により多くある人と少ない人がいます。

におう人の多くは、アポクリン腺が多人となります。汗をかいている時点で拭き取ることでにおいを抑えることができるのですが、このわきがの人は自分でも気づいていないこともあります。

詳しくは、ワキガの原因は?食べ物やストレス、洗い方に注意! を参考にしてください。

スポンサーリンク

臭い汗の原因

gym720

運動不足

普段から運動する習慣のない人は汗をあまりかくことも少なく、汗腺も普段から汗を出していないので、比較的閉じ気味の傾向があります。ですから、その汗腺に老廃物も溜まっています。

汗が流れ出ると、汗腺に少し詰まっているその老廃物も流れるのですが、その際のにおいが若干強く出ることになるのです。それが運動不足による、血管内の老廃物と合わせて汗と一緒に出ることで、普通の人よりも汗のにおいが臭くなるのです。

体質

アポクリン腺の数が人より多いとやはりにおいがきつくなります。ある意味体質や遺伝といった問題となります。そのことは本人も認識することが必要です。その上での対策を考えるのが得策です。

これは、美容外科で簡単に手術で解消できます。ただ、料金がかかり過ぎるのが難点かと思われます。

食生活

食事の内容はもちろん汗のにおいに関係します。特に肉食、揚げ物、乳製品やにおいのきつい刺激物などはなるべく控えます。また、コンビニ弁当やインスタント食品なども、影響します。

これらの食品は、揚げ物が多い上、油も多いこともあり、さらに添加物も多いので、血液が非常に汚れます。人間の体は、このようなものを排出する仕組みになっていて、皮膚が荒れてアトピー状態になるのもこれらが原因ですし、汗もにおいが臭くなるのも、これらが原因と考えられます。

たばこなど外的要素

たばこは血液を汚す要素として最悪です。汗も臭くなりますが、体臭も口臭もきつくなります。血液の流れが極端に悪くなり、他にもいろいろな害がありますので、やめるにこしたことはありません。

スポンサーリンク

汗がくさいのを予防法

汗男0

制汗剤

自分の汗が臭いと感じていたら、制汗剤をつけることをお勧めします。サラッとしてつけると非常に気持ちのいいものです。この制汗剤はタイプもいろいろとあるようで、皮膚にしみこんで汗を抑えるものや、表面を粉状態にしてさらっとさせて、汗が出てもその粉が吸い取るタイプなどがあります。

また、瞬間的に冷やすことで発汗を抑えるものもあります。それぞれのタイプを見極めて、ご利用することをお勧めします。汗は基本的に外の出すことにより、老廃物も体内から排出させないと、いつまでもにおいの元が残ったままです。

汗が出ることがあまり気持ち的によくない感じはありますが、どんどん出してしまう方が、さらっとした汗に変わってくるので、べとべと感やにおいも気にならなくなると思われます。

すぐに拭き取る

汗をかいたあとに、雑菌が発生し、においが出るまでに間があります。つまり汗は流れ出てきた段階ではそれほどにおいません。その流れ出てきた時にこまめに拭き取ることで、かなりのにおいを抑えることができるのです。

ちなみにタオルで汗を拭きとっている時はにおいがあまり感じないと思います。ですが、そのタオルを数時間後、若干乾き気味のときにおいをかいでみると、すごい汗臭くなっていることがわかると思います。

これは、時間が経ったことにより雑菌が繁殖してにおいを発してきたからです。これと同様、汗をかいた時点で、拭き取ることが臭くならないコツです。タオルではなく、市販のボディペーパーやボディシートを使うと制汗作用もあり、さらさらするのでべたつかず、気持ちもいいかと思います。

運動

汗をかきなれることと共通しますが、運動することにより、血液中の老廃物が排出しやすくなります。これは血流がよくなることで、淀んでいるところの老廃物や、代謝がよくなることで、リンパ液の流れがよくなり、老廃物が効果的に流れます。

また、筋肉などの細胞にも溜まっている老廃物も流れやすくなることも確認されています。ただ、理想的なのは運動も短時間ではなく、多少長めが理想です。少なくとも30分ぐらいは続けるのが、一番効果が高いとの統計もでています。

食生活の改善

食生活が、汗のにおいや体臭に影響を及ぼしているのは、もはや疑う余地はありません。これは、なにも汗のにおいだけでなく、体臭にも口臭にも影響します。

一般的に言われているのが、肉食、揚げ物などの油の摂取、アルコールの摂取などです。もちろん、タバコも例外ではありません。

特にここ数十年前から、欧米型の食事が増えたことにより、肉や油の摂取は増加傾向にあります。純粋に肉類だけならいいのですが、肉にはその動物が生きている時点から、病気にならないように、抗生物質やホルモンの類を注射しており、すでに内部にもその不自然なものが入っています。単純に肉だけではないのが問題です。

少々値の張る肉ならばあまり問題視されませんが、やはり金額の安い加工肉はなんら添加物も多いのはやむ得ないことです。水などの漬けて毒抜きをしてから食べるのが理想です。

あわせて、体にとって非常に効果的な酵素が入っている食べ物を摂取します。これは野菜などの生ものや魚の刺身、漬物類、発酵物である納豆などです。これらは、熱を加えていないので、その細胞が生きており、非常に体にいい効果を与えてくれます。

このほかにも白いものが基本的によくないといわれています。最近では「ジョコビッチの生まれ変わる食事」という、ノバク・ジョコビッチ選手の書かれた本ではグルテンフリーの食事で試合にどんどん勝ったということが書かれています。

グルテンは小麦粉などで、いわゆる加工するとパンなどになります。この本によると、小麦粉をとると腸の疾患を起こしやすくなり、アレルギーの元ともなることがかかれていて、他にも『「いつものパン」があなたを殺す』デイビッド・パールマター著にも白いパンの弊害が書かれています。要するの、パンや砂糖など白いものが血液を汚し、老廃物が増え、汗となって出てきた時に、臭くなるのです。

また、発酵物など、酵素が入っていない食べ物ばかりを食べると、体の調子を崩すということが言われています。ある人は、体にいいと野菜を煮込むとしぼんで嵩が減るのでたくさん食べれると、普段から全部の野菜を煮込んで食していたところ、体調不良となったとか、ガンが進行してしまったという報告もあります。

食事というのは毎日取るものであり、ほんの少しでも悪いものを取っていると、その積み重ねが後々に重大な病気を招いてしまうのです。

食事は特に汗のにおいをきつくすると同時に、体への負担も大きいことも認識していただければと思います。

風呂に入る

風呂に入る0

最近は風呂の浴槽に浸からず、シャワーで済ます人も多くなりました。その影響もあってか、やはり汗腺のつまりは改善できず、においが取れない場合もあります。肉食の欧米人が、香水をたくさんつけるのは、体臭や汗ののにおいがきついこともさることながら、シャワーだけなので、きれいに流せてないし汗も流しきれていないということが考えられます。サウナで汗を流せば問題ないのですが、実際にはサウナに入る人は北欧のスウェーデンの人がほとんどのようで、あとはロシアの一部でサウナへ入る人がいるようです。

朝のシャワー

睡眠をしている間は、若干ではありますが、汗をかいています。夜に寝てそのまま出勤いたしますと、夜にかいた汗のにおいが出てしまうこともあります。ですから、朝のシャワーはにおいを取るのに最もよい方法かと思います。汗がにおう人とそうでない人の差は、このこまめに汗に対する対応をしているかしていないかも大きなさになります。

汗腺を鍛える

普段から、汗をかいている人とかいていない人の差もにおうという点では大きな差があります。要は汗をかきなれている人は、老廃物も適度に排出されて、ほとんど汗がにおいません。逆にあまり汗をかかない人は、汗腺に老廃物などが溜まっていますし、血液に中にも排出されていない老廃物が多く残っています。

このような状態が長く続いているので、汗も出にくい状態です。

対応としては、やはり暑いときには汗を流すか、意図的に風呂に長湯するとかサウナに入り汗を定期的に流すことが望ましいと思います。

これは、体内の老廃物を出すことにより体も軽くなることがわかっています。夏に熱いものを食べて体がシャキッとすることがあると思いますが、これと同じ効果が望めます。インドでもタイなどでも暑いときに熱い食べ物を食べますが、これはこれで非常に効果のあることなのです。

抗菌下着の着用

多少、お金がかかりますが、消臭効果のある抗菌下着で対処法もあります。かなり、効果が期待できます。汗をかいた後の雑菌がにおいを発生させるのですが、その雑菌を発生させないことで、においを抑えます。もし、金銭で余裕があれば、お試しください。

スポンサーリンク

まとめ

hana kodomo0

いかかでしたか。汗をかくことは実は、体全体にいい効果が望めることであり、逆に汗を出さないという習慣が、体を悪くしているということが、お解かりになったかと思います。

確かに汗をかくことで、個々の体質もありますが、その汗のにおいがきつかったりすると、あまりいい気持ちはしません。ですが、ある程度は今回お伝えしたような内容で対処すれば、かなり抑えられます。

昔と違って、表面的にはきれい好きの人も増えていることは間違いのないことですが、実は内面的にはきれいでない人が逆に増えているのではないかと思われます。

ただ、ほとんどの人は面倒くさがり屋です。ここに上げた解消法を一つでも実行すれば、多少の救いはあるものの、実行する人はほとんどいないでしょう。

これはやはり、大事な人から「汗が臭い」といわれたと言う仮定で対処しましょう。あなたの大事な人で例えば結婚したい人とか、お付き合いをしたい人から言われたという解釈をして、実行してみてはいかがでしょうか?自ずと、汗対策も真剣になると思われます。

臭いと思われる汗のにおいを是非にでも、解消していただきたいと思う次第です。

関連記事として、

多汗症の治療方法は?原因や症状を紹介!

汗を抑える方法とは?汗をかきやすい人の特徴も紹介!

寝汗がひどい5つの原因とは?ストレスや病気に注意!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする