日焼けを治す方法は?体の外側と内側からの治し方を紹介!注意点はなに?

日焼けはシミやシワの原因となり、肌の老化に繋がります。何らかのケアをし続けていく場合と、継続しない場合では10年後、⒛年後に大きな変化が出るでしょう。

日焼けの対処には、外側からと内側からスキンケアをする方法があります。その他にも注意しなければならない点が多くあります。それぞれをしっかり押さえていきましょう。

スポンサーリンク

体の外側から治す

シャワー

まず、日焼けをして先に行うことは、外側からのケアです。これを怠ると、シミや乾燥、炎症、皮膚の色のムラ、シワの原因につながります。

肌をきれいに保つためにも、ポイントをしっかり押さえておきましょう。

水で冷やす前に行うこと

日焼けした後に、直ぐに冷やすと肌への刺激が強いです。最初は、汗や日焼け止めといった汚れを石鹸できれいに洗い流します。肌が敏感な人は、敏感肌用の低刺激性の物を使用しましょう。クレンジングを使用する時は、ミルクやクリームタイプの物を利用しましょう。

オイルやリキッド、コットンで拭き取るタイプの物は皮膚にストレスを与え、皮膚を傷めたり炎症を引き起こすため、避けましょう。

日焼け部位を冷やす

日焼けの症状を軽減させ、早く美白させるためには、冷却することが先決です。冷却することは、日焼けの治療の基本であり、シミが生じにくい皮膚の基礎作りに必須です。

氷水や極度に冷たい水は、血行を悪くし、皮膚の再生機能を阻害したり、筋肉を硬くしたりしてしまいます。最初に、皮膚を冷やす時は、ぬるめの水で冷やしましょう。水圧が強いと肌への刺激が強いため、弱めにしましょう。

痛みや赤みが引いたらシャワーで冷やすのは中止し、保冷剤や氷をタオルで包んだ物を使って冷やすと、更に効果が得られやすいです。

化粧水で保湿

日焼けした後は、美白ケアをする前に顔や体に低刺激の化粧水を塗って冷やし、保湿します。温泉水がベースの物は、低刺激に作られている物が多いため、オススメです。但し、含まれている成分によっては、刺激が強いものもあるため、注意が必要です。

刺激の強い成分は、アルコール、香料、防腐剤のパラペン、その他パラペン、PEGなどが含まれている物は肌に良いとはあまり言えません。

パック

顔や首、体全体にパックをすることもオススメです。パックをすることで、美白成分が肌の奥まで浸透します。目安、2~3回/週行うと肌のターンオーバーが早くなります。パックは、肌の赤みや熱が引いてから行いましょう。

方法は、低刺激の化粧水をコットンに含ませてする化粧水パックがオススメです。成分は、化粧水で保湿の項目でも述べたように、気を付けましょう。

冷やした後の保湿が重要

ぬるい水や保冷剤などで冷やし、化粧水で冷やした後には、保湿をしっかり施すことが大切です。日焼けをすると、皮膚はとても乾燥し、その後も乾燥しやすい状態になります。

赤みやヒリヒリとした痛み、かゆみなどが軽減したとしても、一度焼けた皮膚は傷ついて過敏な状態になっています。皮膚の痛みは、皮膚が空気に触れることで感覚刺激が入力されて起きます。そのため、しっかりとした保湿が重要となります。

そこで、オススメの保湿剤は、ワセリンです。ワセリンは、低刺激で保湿効果が高い成分です。日焼けを治療する薬ではありませんが、皮膚を保護するという意味での活用は、できます。

使用していき、なかなか痛みが引かない場合は、保湿剤を塗り、その上から更にラップを巻くことでしっかり肌を保湿剤で密閉し、その上から冷却すると効果的です。

ワセリンの他にも、ニベアやアロエのクリーム、オロナイン軟膏、ステロイド軟膏も皮膚の保護に良いとされています。但し、これらの保護剤によって症状が悪化する可能性があります。オロナイン軟膏も、火傷の際に用いますが、日焼けでは用いない場合があります。よって、自己判断で利用せず、まずは薬剤師や皮膚科の医師に相談することをオススメします。

美白ケアのポイント

美白化粧品には、様々な美容成分が配合されており、日焼けでダメージを受けている傷んだ肌には刺激が強いです。

よって、美白ケアは、低刺激の化粧水での保湿ケアの後に行います。シミを防ごうと日焼け後、ヒリヒリとした痛みや、赤み、強いかゆみがある時には、その日に美白化粧品を使うことは避けましょう。

しばらく経過を見て、症状が落ち着いてから使用すると肌への過剰な負担がかからず、美白の成分も浸透しやすく、美白効果が得られやすくなります。美白化粧水や美白成分の濃い美容液を利用すると、高い美白効果を得られるでしょう。

角質のケア

日焼けをすると、肌を保護しようとする機能が働き、これによって皮膚の角質が硬くなる場合があります。角質が硬くなると、皮膚のターンオーバーを妨げ、乾燥やシミ、シワ、くすみなどの原因に繋がります。

よって、皮膚のターンオーバーを補助するために、低刺激性のスクラブで角質ケアをしましょう。角質ケアを施した後には、皮膚が乾燥しやすい状態になるため、化粧水・美容液・乳液などでしっかりと保湿をしましょう。

なお、角質ケアではスクラブで皮膚の汚れを取ったり、皮膚を軟らかくしますが、過剰に行うと刺激が強く、皮膚への負担が大きくなり、肌荒れや炎症の原因となります。目安は、週に1回のペースで行いましょう。

スポンサーリンク

体の内側から治す

水 レモン

早く治すためには体の外側からだけではなく、内側からのケアも必要です。

双方でしっかり対策することで、肌の再生(ターンオーバー)をすることができます。皮膚の健康には、水分やビタミンなどの栄養や、その栄養をしっかり活用するためにも良質な睡眠が必要です。

では、どのように気を付けると良いのか、説明していきます。

水分を摂る

水分は、肌表面からだけでなく、体内にも十分に必要です。人間の体の約60%は水分でできています。

よって、体内が水分不足に陥っていると、体の機能が不十分となり、肌の潤いの保持も難しくなります。日焼けの後には十分に水分補給をするようにしましょう。

ビタミンを摂る

肌の細胞の生成には、ビタミンが必要不可欠です。日焼けを早く治すためにも、ビタミンはしっかり摂取しましょう。但し、過剰摂取すると病気になる可能性があるため、摂取する量には注意が必要です。

摂ると良いビタミンは、ビタミンA、ビタミンE、特に、ビタミンCが挙げられます。特に、ビタミンCは、メラニン色素の生成を抑制する働きがあります。つまり、紫外線を帯びて皮膚の深層にメラニン色素を沈着させてシミになることを予防できる可能性があるということです。

ビタミンCは水溶性のため、不必要な場合は尿として外部に排出されます。ビタミンCが含まれている食べ物は、パプリカ、ブロッコリー、アセロラ、キウイなど、色の濃い緑黄色野菜に含まれています。取り入れやすい方法は、レモン入りのミネラルウォーター、ローズヒップティー等を飲むといった方法です。

食事で外食が多いなど食べ物からの摂取が不十分な場合は、ビタミンが豊富なサプリメントや美白用のサプリメント等を飲むと良いでしょう。サプリメントは食品であり、効果・効能が語れる物ではありませんが、継続して飲むことで何らかの変化が得られる可能性はあります。

十分な睡眠

睡眠中は、良質な睡眠をとるためにも成長ホルモンが分泌されます。日焼けをすると、体力が消耗され、免疫力も低下しますが、成長ホルモンが分泌されて十分な休息を得ることで回復し、肌のターンオーバーも助けます。

成長ホルモンが多く分泌される時間は、午後22時~午前2時とされていますが、近年では個人差があり、必ずしもそうとは限らないとも言われています。

スポンサーリンク

その他の処置

病院へ行く

外側からのケア、内側からのケアを行うのも良いですが、その他におさえておくべき対処法もあります。自己流では知識の面でも限界があります。正しい治療法で処置をするためには病院へ行く必要があります。

では、どういった時に病院に行くと良いのか、治療にかかる期間はどの程度なのかについて説明をします。

皮膚科への受診

日焼けによってヒリヒリとした痛み、赤み、かゆみの他、水ぶくれが生じる場合があります。これは、重度の日焼けにより、肌の炎症や火傷(やけど)をしている可能性があります。

水ぶくれに対して自己流で間違えた対処をすると、水ぶくれが破れて痛みが増幅し、雑菌に感染して感染症や炎症を引き起こす場合があります。自己流で対処せず、皮膚科の専門医に診てもらうようにしましょう。

治癒にかかる期間

日焼けが治癒する期間は、その人の症状の程度に左右されます。また、どれだけ肌の色が元に戻るかも、日焼けの程度により異なります。

皮膚には、ターンオーバーという機能があります。この機能は、皮膚の新しい細胞が古い細胞を押し上げて垢(あか)となり、剥がれ落ち、新しい皮膚が生成される仕組みです。これは、28日間の周期で起きます。つまり、日焼けした皮膚が新しい皮膚に生成される期間は、約1~2ヶ月間は必要ということです。但し、個人差があります。

スポンサーリンク

控えるべき事・注意点

日焼け

体の外側・内側の両方からケアをするだけでなく、気をつけるべき点にも注意をしなければ意味がありません。では、どういった事に注意をすると良いのか、説明していきます。

アルコール・カフェイン

睡眠中には、成長ホルモンの分泌が促進されて質の良い睡眠をとることができます。しかし、アルコールやカフェインの成分により、成長ホルモンの分泌を阻害し、睡眠の質を悪くします。これにより、皮膚の細胞の生成を阻害します。就寝の数時間前であれば、影響は受けにくいですが、就寝する直ぐ前に摂取することは控えましょう。

また、アルコールは血管を拡張させ、血流を促進します。血行を良くするという意味では聞こえは良いですが、これによって日焼けをしやすくするため、注意が必要です。

重ねて日焼けを繰り返さない

日焼けを立て続けに繰り返すことで、メラニン色素をたくさん生成させ、ターンオーバーが間に合わず、メラニン色素が肌に蓄積されていき、シミとなります。

数分外出するとしても、日焼け止めを塗ったり、衣類で肌を隠すなどの対策をする必要があります。外だけでなく、屋内の電気、テレビやパソコンなどから放出されるブルーライト、窓から入る紫外線も日焼けの元となります。

どういったパターンでも冷却をする

遺伝など、生まれつき皮膚に属するメラニン色素が多い人がいます。こういった人の場合は、日焼けをしてみ痛みや赤みなどの症状が生ない、または症状が軽度の状態で、肌が黒くなるだけというパターンがあります。こういったパターンでは、皮膚が傷んでいないと思い込んだり、そのダメージに気づかずにケアをせず放置してしまうことがあります。

しかし、ただ黒くなるだけのパターンであっても、ダメージは受けており、シミやシワ、乾燥の原因に繋がっています。どういったパターンであっても、日焼けをした後は冷却するようにしましょう。

皮膚は剥かない

日焼け後は、皮剥けが起きますが、めくれてくる皮膚を強引に剥いてはいけません。

皮膚を剥いてしまうということは、皮膚がまだ再生していない状態であり、そこに紫外線や外気などの外的刺激が加わるとストレスになり、カサブタができるなど肌荒れやシミの原因となります。

風呂場での注意点

日焼けによって皮膚がダメージを受け、免疫力が低下し、炎症が生じている状態で熱い風呂に浸かることは禁忌です。もし、浸かるのであれば、ぬるめのお湯にしましょう。

ボディーソープや洗顔料も低刺激の物を使用し、泡をしっかり立てて正しい方法で優しく洗いましょう。体を洗う際は、ボディタオルで擦ると更に皮膚へストレスを与え、状態を悪化させる可能性があります。手で優しくなでるように滑らせて洗いましょう。

着用する衣類の注意点

痛みや赤み、かゆみがあるなど、特に水ぶくれなど火傷様の症状が出現している時には、着用する衣類の素材や形状にも配慮する必要があります。上の服は、顔の皮膚を擦らない様な襟元の広い物や、前開きの物で、袖もゆとりのある物にしましょう。また、体幹も日焼けしている場合は、ぴったりとする服は体にも擦れるため、全体的にゆるいシルエットの物にしましょう。

下の服も同様です。腰周りや足周りにぴったりとするような腹は、脱ぎ履きする際に皮膚を摩擦して刺激を与えるため、ゆとりのある物を選びましょう。

下着は、通気性・発汗性が良く、肌に優しいオーガニックコットンなどの天然素材の物がオススメです。

また、気が付きにくい部分では、衣類の縫目が刺激になることがあります。某大手の店などでは下着の縫目が無いシームレスのショーツやブラジャーなども販売されているため、そういった物を利用することもオススメです。そこにお金を使うことが勿体ないという人は、抵抗が無ければ下着を裏表反対にして使用すると縫目の凹凸が皮膚に直接当たらなくなります。

寝具の注意点

衣類と同様で、素材に配慮しましょう。枕カバーや布団シーツの素材をコットンやシルクといった肌に優しい天然素材の物を利用すると、肌触りも良く、皮膚への刺激は少ないです。しかし、カバーを購入しようとすると値段が高くなります。

そこで、枕や布団の上にこういった素材のタオルを1枚敷くことで対応できます。

スポンサーリンク

メイクのポイント

メイク

日焼けをした際には、ノーメイクで家の中で紫外線を多く浴びないような環境で過ごすことが一番良いです。

しかし、仕事がある、他にすることがあるとなると、家に閉じこもっているわけにもいかず、メイクをして外出しなければならないことが多いです。そこで、日焼けをした際のメイクのポイントを3つ!!紹介していきます。

化粧品は清潔に保管する

日焼け後は、特に皮膚が敏感な状態になっています。免疫力が低下し、普段反応しない物にも過敏に反応して炎症反応を引き起こすことがあります。よって、メイク前は必ず手を石鹸で丁寧に洗い、顔も洗い流して皮膚の清潔を保ちましょう。

そして、使用する化粧品のパフや筆、チップやパレットなども清潔に保管し、酸化が進んで劣化している化粧品は使わないようにしましょう。

メイク前は保湿をしっかりとする

日焼け後は、特に乾燥しやすい状態にあるため、化粧を施す前にもしっかりと保湿しましょう。

時間が経過すると皮膚の乾燥が進んで免疫力も低下するため、日中も化粧水のスプレーを吹きかけるなど、保湿を心がけましょう。

化粧品は低刺激の物を利用する

成分が強くない低刺激の化粧品を使うようにしましょう。ファンデーションはパフや筆で伸ばすと肌にストレスを与え、症状を悪化させかねないため、指のお腹を使って伸ばしましょう。肌荒れが重度の場合は、ファンデーションの刺激が強いため、ラメの入っているルースパウダーを軽くのせて光の反射で肌の見栄えをごまかしましょう。

粉類は更に皮膚の乾燥を進行させる可能性があるため、チークや下地などはクリームタイプの物を利用すると良いでしょう。

整髪料の成分も刺激が強いです。整髪料をかけた髪が、なるべく顔や肩などの皮膚に触れないようにしましょう。

唇にはワセリンを使用

ワセリンは保湿クリームです。口紅の下地にも利用でき、塗ると艶も出るため、グロスの代わりにもなります。

唇も紫外線を吸収して乾燥し、炎症を引き起こすため、口紅はしばらく控えて、ワセリンで対応すると良いです。

メイクで気になる部分を隠すポイント

いろんな対応をしても、日焼けによる症状をごまかしきれないことがあります。そういった時は、メイクでごまかしてみましょう。

頬に赤みがある時は、その部位にファンデーションを塗ると刺激になるためメイクを控えます。そして、その赤みをピンクのチークの代わりにして、あたかもチークを塗っている様に見せかけます。

肌荒れに目がつく場合は、眉を濃くしたり、アイメイクに色味をもってくるなど他人の目が付くポイントを変えることをオススメします。

スポンサーリンク

まとめ

海水浴

日焼け対策は、間違えた方法で行うと逆効果となることがあります。気をつけて、正しく行うようにしましょう。

一度、メラニンが沈着してシミになると、なかなか治すことは難しくなります。メラニン色素が蓄積されないように、早い時期から予防・対処をしていくことが大切になります。

関連記事として、

日焼けのかゆみの対処方法を知ろう!原因や症状も知っておこう!

日焼けが痛い時の対処方法は?影響や注意点も紹介!

唇が日焼けした時のケア方法は?予防方法も紹介!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
スポンサーリンク
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする