ピアスの腫れの処置方法は?予防方法も紹介!

年齢、性別に関わらず、今は日本でも多くの人がピアスを楽しんでいます。しかし、何かしらのトラブルを経験している人も多いのではないでしょうか。

「お気に入りのピアスを買っていざつけてみたら耳たぶが腫れてきた…」これはよくあるトラブルの一つですが、そのままピアスをつけ続けるのは危険です!

今回はピアスをつけた際に起こった”腫れ”について考えられる原因とその他の症状、そして対処法と予防策についてまとめました。悪化してピアスがつけられなくなってしまう前に、ぜひチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

ピアスによる腫れの原因

スマイル

ピアスによる腫れに関して考えられる主な原因と症状をみていきましょう。

金属アレルギー

最も多いピアストラブルが、金属アレルギーです。

ピアスをつけて初めて金属アレルギーを持っていることを知る、あるいはピアスをつけることによって発症してしまうことも少なくないようです。

ピアスは皮膚に穴を開け、金属を傷口に直接触れさせることになります。そこにアレルギー反応を起こす金属があった場合、溶けだしてアレルギー反応を起こしてしまいます。

症状としては赤く腫れあがり、痒みや痛みを伴います。火傷のようにただれることもあります。

一度金属アレルギーを発症すると、ピアスだけではなく指輪やネックレス、ボタンや腕時計等、他の金属でもアレルギーを起こすようになりますので注意が必要です。

細菌感染

こちらも多く見られるトラブルです。消毒していないピアスをつけたり、ピアスホールが完成する前に何度もピアスのつけ替えを行うことで、細菌が付着し感染してしまいます。

その他につけ替えの際、本来の穴とは別の位置にピアスを突き破ってしまうことでも発症します。症状は金属アレルギーとよく似ていて、腫れや痒み、痛みが出ます。また、が出てくる場合もあります。

肉芽(にくが/にくげ)

”腫れ”と思われる一つですが、固くなって”しこり”のようになってしまうのが肉芽です。

主に軟骨部分にピアスを開けた時や重いピアスをつけていると起こりやすいと言われています。

肉芽の実態は、残ってしまった細胞や、新しい皮膚が形成される時にできる良性の腫瘍です。

皮下埋没

長時間ピアスをつけっぱなしにしていて、その間に細菌感染等を起こしたり、ピアスのキャッチをきつく締めすぎて血流が悪くなるなると、耳たぶがただれてきます。それを放置しただれが悪化しますと、腫れてピアスヘッドやキャッチ部分が皮膚の中に埋まってしまうことがあるのです。

酷い場合は自力で取り外すことができなくなり、病院で切開が必要となってしまいます。

スポンサーリンク

腫れの対処法

ピアス

ピアスが腫れてしまった時の対処法についてご紹介します。

ピアスを外す

腫れが起こった場合、そのままピアスをつけているとほとんどの場合炎症が悪化します。まずは速やかにピアスを外しましょう。軽症であればそのまま自然治癒します。

ピアスホールが塞がってしまった場合は無理矢理ピアスを入れず、完治してから再びピアスを開け直すことをお勧めします。

ホットソークをする

聞きなれない言葉かと思いますが、「ホットソーク」は体の治癒力を高めて腫れや炎症を治す方法です。

準備する物は、

・36~40度のお湯

・コップは深皿等の容器

・塩

・スプーン(かき混ぜる用)

・清潔なタオル

です。次にやり方です。

1.お湯100ccに対し、塩を0.9グラムを加えよくかき混ぜて食塩水を作ります。

※食塩の分量(お湯に対して0.9%)を必ず守るよう注意して下さい。

2.食塩水に患部を10~15分浸します。

3.シャワーでよく洗い流し、清潔なタオルで拭き取ります。

これを朝晩二回、一週間程続けてみて下さい。

ホットソークはピアスをつけたままでも出来ますし、膿が出ている場合や肉芽にも効果があります。一週間続けても改善がみられない場合は、病院を受診しましょう。

抗生物質を飲む

ピアスを外してもなかなか腫れが治まらなかったり炎症がひどい場合は、病院を受診しましょう。

抗生物質を飲むことで、細菌感染によって起こった症状が治癒していきます。症状によっては炎症を治す軟膏等を処方される場合もあります。

埋没している場合は切開

先に挙げましたが、皮下埋没を起こし自分でピアスを取り外せなくなってしまった場合は病院で切開手術が必要となります。

通常、局所麻酔を行い埋没している一部の皮膚を切開して取り出します。多くはピアスホールが塞がってしまうケースがほとんどかと思いますが、ピアスホールを残したい場合は医師に相談しましょう。症状によってはシリコンチューブ等を入れて残すことができる場合もあるようです。

スポンサーリンク

ピアスのトラブル予防策

ピアス少女

それではトラブルが起こる前に気を付けたい予防策はあるのでしょうか。

アレルギーフリーの素材を選ぶ

元々金属アレルギーをもっている方やピアスでアレルギーを起こしてしまった方は、アレルギー反応が出にくい素材のピアスを選びましょう。

一般的に以下の素材のものがアレルギーが起こりにくいと言われています。

  • チタン
  • セラミック
  • ステンレス
  • シリコン(樹脂)
  • ジルコニウム
  • プラチナ

とはいえ、これらの素材でもアレルギーが出てしまう方もいます。

特に汗をかくと金属が溶けだしやすい為、夏場や運動、入浴中は注意が必要です。また、サウナの場合は汗だけでなく、ピアスが熱くなり火傷をしてしまう可能性もありますので必ず外しましょう。

せっかく気に入って買ったのにつけたらやはりダメだった!ということにならない為に、病院で金属アレルギー検査を行うことをお勧めします。

事前に自分がどの素材でアレルギー反応を起こすかを知っておけば、安心してピアスを選ぶことができますね。

何度もつけ変えない/つけ続けない

対極の予防策ですが、どちらも過度な場合はトラブルの原因となります。

例えばその日つけるピアスを決めたら、日中はつけ続けておきましょう。そして帰宅後に外した方が良いでしょう。理由は衣類の着脱、寝具によってピアスを引っ掛けてピアスホールを傷つけてしまい炎症を起こすことがよくある為です。また、細菌が付着している場合、つけ続けることで感染してしまう可能性もあります。

ただしファーストピアスの場合は、ピアスホールが安定するまで(約4~6週間)は外さないようにします。

キャッチを締め過ぎない

キャッチをきつく締め過ぎると血流が悪くなり、炎症を起こしやすくなることは先に挙げました。

大切なピアスを落としてしまう不安はあるかと思いますが、耳たぶの厚い方の場合は無理にきつく締めるのではなく、ピアスの軸が長いタイプのピアスを選ぶようにしましょう。

ピアスホールは清潔に

清潔にすることはトラブル予防の基本ですが、実は消毒のし過ぎは余計にただれやトラブルを引き起こす原因となってしまうと言われています。

ピアスホールのまわりをタオルや綿棒で優しく拭き取ったり、ピアスホールが完成している場合は入浴の際に石鹸で優しくなで洗いする程度で大丈夫です。

通常、毎日のケアに消毒液を使う必要はありません。

スポンサーリンク

まとめ

ピアスによる腫れは、多くの方に起こる”よくあるトラブル”ですが、気になる方は見た目で分かってしまいますし、せっかくのピアスを楽しめない辛い症状ですよね。

放置すると悪化してしまう場合も多い為、日頃からの予防と、腫れや炎症に気付いたら早めの対処を行うことが大切です。

病院を受診することで早い治癒にも繋がります。その場合は皮膚科に行くと良いでしょう。

関連記事として、

耳たぶに粉瘤が出来るのは病気?治療方法など紹介!

耳が臭い4つの原因とは?かゆみや汁は病気の可能性も!

耳の下が痛い原因は?病気やリンパとの関係について

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする