口囲皮膚炎とは?症状や原因、治療方法を知って予防しよう!

口囲皮膚炎と言う病気を聞いた事ありますか?10歳代から60歳代の女性に起きる皮膚病で、閉経前の40歳代に一番多くみられる病気です。

小丘疹(しょうきゅうしん)と言う、口の周りに粒々の湿疹ができて、小膿疱と言う小さな膿を持ったおうとつのつぶで、鱗屑(りんせつ)の薄皮がむける状態の、紅斑ができる皮膚病です。

口囲皮膚炎に気がついたら、出来るだけ早く皮膚科にいかれる方が良いです。化粧や合わない薬をぬったりすると、余計酷くなります。原因の多くは副腎皮質ステロイド薬を長期使用した結果にできる事が多いですが、その他にも沢山の原因があります。

症状によっては入院も必要となります。症状を知って早めの処置をしませんか?

  
   続きを読む
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする