スキンタッグの切除方法は?原因・症状・治療方法を知ろう!手術方法も紹介!

スキンタッグとは老化現象の一つで、イボの事です。中高年の女性に多い様ですが20代からできる人も居るそうです。

1㎜~3㎜ぐらいの疣で茶褐色や肌色をしています。皮膚は色々な刺激をうけて、老化していきます。老化する事でスキンタッグができる事になりますが、これも肌の手入れをすることで、防ぐことができます。

スキンタッグは良性の腫瘍ですので、痛くも痒くもありません。スキンタッグが目立つところにできてどうしても気になる人に、どの様な治療方法があるか?みていきたいと思います。

貴女ならどれを選びますか?

スポンサーリンク

スキンタッグとは

schnakenstiche-59775_960_720

スキンタッグは老化現象の一つで、1㎜~3㎜の疣の事です。これより小さいのがアクロコルドンと呼ばれます。これ以上の1㎝の大きさになると軟性繊維腫と呼ばれています。それ以上になると懸垂性繊維腫と呼ばれています。

スキンタッグは良性の腫瘍で、放置していても害にはなりませんが、できる場所で邪魔になったり、見た目が悪くなったりするので、取り除きたい人もいるそうです。

スキンタッグは良性の腫瘍ですので放置していても良いですが、大きさが短期の内に大きく成る様でしたら、悪性のがんも考えられるので、短期に大きくなる分については注意をしてください。

スポンサーリンク

スキンタッグが出来る原因

加齢

スキンタッグの原因は良く分かっていません。ただ年齢を重ねると数が増えてくるようで老化による皮膚疾患の一つではないかと言われています。

皮膚の軟らかい所にできるので脇の下や胸など、摩擦により起こる事もあります。また首などは日光の紫外線の,老化現象により起きる事もあります。

皮膚の軟らかい特に摩擦の多い箇所にできやすいです。できるだけ摩擦を防ぐことが大切です。

老化による原因

加齢による皮膚の老化により起こります。また生活環境などによっても違いが出てきます。皮膚が乾燥する事で、シミやスキンタッグができ安くなりますので、日ごろから肌の保湿をすることで、スキンタッグ等を予防する事ができます。

紫外線による原因

肌は紫外線に当たると、老化現象を起こします。紫外線があたる事で、皮膚の老化が進むだけでなく、乾燥肌にもなります。乾燥肌になると摩擦によるダメージが受けやすく、スキンタッグの出来やすい肌の状態に変化します。

UVカットをぬる事は、肌を保護する事なので、予防対策になります。

摩擦による原因

衣服やアクセサリーなどの摩擦においても、できてきます。ネックレスなどはスキンタッグに引っかかって、炎症を起こす場合があるので、できるだけやらない方が良いでしょう。

色の白い方で、皮膚の軟らかい人、皮膚の刺激を受けやすい人が特にできやすいです。また肥満により、肌と肌がすれ摩擦が起こる事で、スキンタッグができます。

洋服などのタートルネックや襟のついたブラース等は、余り着用しない方が首の摩擦の原因を取り除く事になります。どうしても着用したい場合は、首など十分保湿をして、摩擦を極力抑える対策が必要となるでしょう。

また下着などの締め付けのあるものや、身体をゴシゴシ洗うなどは、スキンタッグができる原因になりますので、下着のサイズはゆるめにして、身体は優しく洗い肌を乾燥させない事が大切になります。

ターンオーバーによる原因

ターンオーバーによって肌は生まれ変わりますが、年齢が行くにつれて、ターンオーバーが遅くなり、その過程で肌の細胞が、正常に作用しなくなります。肌の細胞の正常化がなされないのが原因で、スキンタッグができてしまいます。

ターンオーバーを早めるのは、やはり肌の保湿を十分にする事です。加齢になってターンオーバーが遅くなるのはやむ追えない事ですが、乾燥肌にしているとターンオーバーが、だんだんと遅くなります。

肌を保湿する事は、しみやスキンタッグの様な物を作らないだけでなく、ターンオーバーを既定の周期に近づける事にもなるのです。

遺伝

遺伝などでスキンタッグの、出来やすい体質の人もいます。ですから20代からでも、できる人はいますので年齢的には色々です。40代以降の中高年の女性に多いと言われますが、遺伝的に疣の出来やすい人も居ますので、20代30代の人が、スキンタッグにならないとはいえません。

スポンサーリンク

スキンタッグの症状

gold-chain-5933_960_720

スキンタッグの症状は、加齢によって皮膚の代謝が悪くなったことから、できる良性の腫瘍ですので、気にならなければ放置するのもよいです。

ですから本来なら痛みも痒みもありません。しかしネックレスや衣類の摩擦で、炎症を起こす部分にできた場合は、炎症を起こして痛みがでるばあい、あるいは痒みを伴う場合もあります。

スキンタッグで痛みやかゆみが出た場合は、治療を試みた方が良いでしょう。その場合はできるだけ小さなうち、数の少ないうちに治療する方が、痛みもなく跡も残らないし、治療費も余りかからないので大きくなる前に、治療をした方が良いでしょう。

スポンサーリンク

スキンタッグの治療方法

レーザー

治療方法にはメス、レーザー、ハサミ等があります。スキンタッグと思っても、伝染性の腫瘍も時にはあります。自分で処置するよりも、どうしても気になる方は、病院で処置された方が間違いはないと思います。

ハサミで除去

スキンタッグ等の様なものは、皮膚が飛び出てきているので、ハサミで切る方法はとても原始的方法ですが、ハサミで切る事で、痛みも少なく、跡が残らない方法として、小さなスキンタッグ等の、治療方法として用いられています。

しかしこれを自分でやるとなると問題があります。例えば悪性腫瘍や、またウイルス性疣などの場合自分でやる事で、症状を悪化させる事になります。

また自分でやって雑菌が入ったりしますので、そこから化膿する事も考えられます。病院では保険が適用されますので、一か所1000円前後でやってもらえます。

数千円で症状を悪化させる事を思うと、病院で間違いなくスキンタッグと確認してからやる方が安心できます。またこの方法はとても簡単で、傷も残らない方法などで、小さなスキンタッグならこの方法が一番良い様にも思います。

炭酸ガスレーザー

スキンタッグの部分の盛り上がった、部分をCO2で焼き切ります。幹部には部分麻酔をします。治療部分を蒸散させるので、出血もなくメスを入れないので、仕上がりはとてもきれいにできます。

手術をする部分にもよりますが30分程度で、炭酸ガスレーザーの照射は5分程度です。照射後数日で、白血球の細胞成分が多く含まれている、滲出液(しんしゅつえき)がでて、かさぶたができて1~2週間で剥がれ落ちます。

跡もきれいで目立つ部分は、この方法も良いと思いますが、治療費の保険が効かない分、高額に成ります。これは美容整形の一種の方法を取り入れています。顔や首など跡が残らない部分等やる場合は、これはとても良いかもしれません。

治療費は病院によって様々です。1か所で30,000円~ 50,000だそうです。

液体窒素療法

液体窒素療法は盛り上がったスキンタッグを、マイナス190℃~200℃の液体窒素で、凍らせて施術します。数日から数週間で、剥がれ落ちます。保険がききます。

この方法は保険を適用する為、麻酔は掛けません。多少痛みが出る様です。痛みは個人差がありますので、痛くないと言う人もいますし、余りの痛さに断念したひともいる様です。

液体窒素療法はスキンタッグのみでなく、周りの皮膚にも影響を及ぼす事があって、多少シミが残る事がある様です。大きなスキンタッグや深いスキンタッグの場合は、肌の色素沈着が残る場合があるので、先生とよく相談して、行う方が良いでしょう。

保険適用で診療代別で合計で、薬代含めて3000円~4000円ぐらいだそうです。

メスで治療する

メスで治療する場合は、1㎝以上の垂れ下がっている、ハサミやレーザー、液体窒素療法等で治療できない場合に行います。

いわゆるスキンタッグでなくて、軟性繊維腫か懸垂性繊維腫の場合に、前者の方法でどうしても治療が無理な場合は、メスで切り取る方法をします。

メスで切り取るので、跡は残ります。抜糸した所が跡として残るので、ケロイド上になる人はメスで切り取る方法をする前の段階で、治療した方が良いでしょう。

保険適用で5,000円ぐらいだそうです。

スポンサーリンク

スキンタッグの予防

保湿効果

スキンタッグの予防は肌の保湿が一番です。肌を保湿し潤いをもたせると、シミや疣などは出来にくい肌になります。

UVカットをして紫外線を防ぐことは、スキンタッグを作らない肌の予防になります。またローションやボデークリームを塗って、何時もボディーに潤いを持たせていると、スキンタッグの出来ない肌になります。

ヨクイニンを配合したスポットクリームは、疣専用に開発されたクリームです。これは保湿力も高く、抗菌性があり様々な美容成分も入っていて、疣を確実に改善・予防できる化粧品です。

オイル系でマッサージすると取れやすいそうです。理由は皮膚が乾燥して、新陳代謝が滞る為起こるので、余分な角質が溜まってしまうのが原因です。オイルでマッサージする事で、取りやすくなります。

肌は保湿が大切だと言われています。肌が乾燥する事で色々なトラブルが出てきます。昔スキンタッグが脇の下にありましたが、それが何かわからないまま、肌を乾燥から守る様に、ボディークリーム等をぬっていたら、いつの間にか無くなっています。

自然になくなる事は有るのでしょうか?以前はとても気になって触っていましたが、今は何もできてないのです。

スキンタッグと言う名前も知りませんでしたが、自然になくなる事はないと言われています。私は実際今脇の下になにもありません。以前は乾燥肌でバリバリ書いていましたが、今は保湿に心がけて、ボディーケアーをしています。それだけでも違う様にもおもいます。

スポンサーリンク

まとめ

child-868569_960_720

如何でしたでしょうか?スキンタッグ等と言う名前も知りませんでしたが、疣だと言われるとあ~あれだったのか?と思われる方もおられると思います。

でも余り私の周りで、そのように沢山スキンタッグができて、悩んでいる人を見かけたことがないので、名前も今まで知りませんでした。

できてる人にとって見れば悩めますよね。色々治療の方法もありますので、自分に合った治療を試みてください。

また急がない人はヨクイニン配合の化粧品をつかうとか、またボディーの保湿を心がけるだけでも違ってきますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする