オーラがある人とは?3つの特徴や性格、オーラがある人になる方法を知ろう!

オーラのある人について、現代では単に人間の雰囲気として、日本では使われています。オーラは誰にでも備わっているものですが、それは色々な経験を積んで、その上で内面から放される、華のようなオーラの気が放されている人の事を、オーラがある人といえるのでは無いでしょうか?

オーラの捉え方も、人それぞれ異なっています。オーラとは人が発する霊的エネルギーといわれていますので、単に人間の雰囲気として使うのは疑義を感じます。

そのオーラが強く出るのは、結局は色々な経験を積んで、それが霊的エネルギーとして出てくるのです。ですから人によってはプラスの霊的エネルギーとなり、また人によってはマイナスの霊的エネルギーとなるのです。

オーラのある人の特徴を見てみたいと思います。

オーラとは

chakra-1079745_960_720

まずオーラという言葉について見てみました。

オーラとは一般的にいわれる言葉の中には、ある人物が発する霊的エネルギーや雰囲気で、独自性の色を持っています。この中には威圧的な、威圧感なども例外ではありません。

オーラの意味

オーラの意味は微風、爽やかな朝の空気、輝き、風などを意味しますが、オーラのある人物というと、その人が存在するだけで、何かの空気が輝きを増す、人を惹きつける独特の魅力や、あるいは自然とお辞儀をしたくなる、そのような人の事ではないでしょうか?

しかしマイナスのオーラを持った人もいます。例えばその人がそばに来るだけで、威圧的ないたたまれない空気が漂う、これもオーラを持つ人です。

オーラがある人の同意語

オーラがある人物とは、同意語をみますと、貫禄がある、風格がある、品格のある、堂々とした、優雅な、気品のある、威圧感のある、凄みがある、迫力を感じるなど、多くの言葉が同意語としてあげられます。

オーラの共通点

そこに共通点を見出すなら、堂々とした雰囲気がある、これがオーラがある人ということになるのです。ポイントは何事にも動じない、雰囲気が漂うことでは、ないでしょうか?

オーラとは人間が持つ、生命エネルギーといっても間違いないですが、人のカラダから放つ波動のことで、魂の波動がオーラといえるのです。

オーラの強い人は体力的なバイタリティもあり、意志も強く自分の信念哲学に基づいて、生きていますから、一見おとなしそうに見えても、意志の強い人は霊的エネルギーの波動を放っています。毎日の習慣がオーラを放つ基礎となっています。

オーラがある人の特徴

zen-434531_960_720

オーラを放つ人は何かを成し遂げたもので、自信として内面からその光が見えてくるのです。ある人にとってはある人物からオーラが見えても、他の人には見えない事もあります。

例えば小沢一郎議員の信念「政治は生活である」この信念は何物にも代えがたい。弟子になって政治家になりたい、という人がいたとします。その人には小沢一郎議員のオーラが見えても、他の人には見えない事もあります。多くの人にこのオーラが見えたときに、日本は変わるのかもしれません。

オーラのある人は気品がある

オーラを兼ね備えている人は、何かを成し遂げたものが、自信として現れ、それは気品のある貴族的な感じが漂う、優雅な雰囲気を漂わせています。

芸能人のオーラ

芸能界の世界にある、周りが一人の芸能人を作り育てた、スター性のある芸能人のオーラとは、また違う意味合いがあると考えられます。

スター性がある

芸能人が放つオーラとは、周りがオーラを作り出して、宣伝することにより、オーラが発しているように見えますが、それはスターというもので、オーラとは考えにくいもです。何かを成し遂げた自信のの現れが、オーラではないでしょうか?

ですから芸能人の中でも苦労に苦労を重ねて、それ一筋に努力して成し遂げた人には、何かしら自信に満ちたオーラが漂っています。

一般にオーラがあるということは、男性でも女性でも人を惹きつける魅力がある人で、自分に自信を持ち、自立している人のことです。また役職がオーラを育てる場合もあります。

小さなうちからオーラーを備えている人も、中にはいるかも知れませんが、オーラとは色々な経験の中から何かをなし得た自信が、その人のエネルギーとなって外に発せられる雰囲気なのです。そこには苦労という2文字があり、それを乗り越えた自信が、霊的エネルギーとなるはずです。

渡辺健さん

渡辺健さんの様な、世界的俳優さんでも、苦労を重ね何十年も努力して、やっと何かを得た感じです。また自分の考えを、自分に不利になる事でも、はっきり口に出して言える自立した人には、渡辺健さんが放つオーラを、多くの人が感じる事ができるはずです。

豊かな経験と実績を備えてる

オーラのある人には豊かな経験と実績を備えています。何かを成し遂げた人たちは、陰で可なりの努力を積み重ね、色々な経験をして、人間的に厚みが増して、凛とした姿勢の姿で、人と接しているので、人間としての余裕が出ています。

オーラのある人の性格

meditation-1384758_960_720

オーラのある人は、どの様な性格の人が多いのでしょう。オーラを放っている人に共通して言える性格はあるのでしょうか?

人望がありおおらかな性格

またオーラのある人は、余り小さなことにこだわりません。小さなことにこだわって、先の見通しを、失うような行動をとらない人です。

ですからおおらかな感じがして、人々もなぜかしらその人のそばに、いざといった時には集まっています。人望は責任感からくるものですが、この人に任していたら、何かやってくれそうと、思わせる印象のある人です。

またおおらかな性格は、色々な苦労を積み重ねる事により、小さな事には拘らなくなり、目標に向かっての先見の明を、見通せるようになったために出てくるものです。

余裕のある話し方

オーラのある人は、話すときにはとても頭で、言葉を選びながら話します。頭の回転も速くゆっくりと話して、余り早口の人はいません。

そして大きな声の人が多いです。ぼそぼそと話す人はいません。詐欺師も頭の回転がある面では速いですが、詐欺師の場合は言葉が後から後から飛び出し、前後のつじつまが合わなくても平気な話し方をしますが、オーラのある人は、自分の発した言葉の筋は必ず通っています。

また顔は笑顔を備えて、周りが気持ちよい状態に心を和ませてくれる人も、オーラを備えた人にはおりますが、オーラを備えた人が全て笑顔のある人かというと、これも疑問符が付くところです。

ユーモアーセンス

オーラのある人にはユーモアセンスがある人もいます。全てのオーラを備えた人がユーモアセンスがあるかというと、これまた考えるところとなります。

ただ頭の回転の速さや、引き出しの多さ、柔軟性、何かしら安心感に似たものがあります。ユーモアセンスも、何かを成し遂げた人には、安心感が漂うことは確かです。

渡辺健さんの大学の講義などを見ていると、とても分かりやすく、またユーモアセンスのある話し方で、全く偉ぶった様子がなくて、説得力があります。そして講義においても眠る人が一人もいない様な、真剣な人を惹きつける空気を漂わせています。

何かを成し遂げた人というのは、話に説得力が増して、相手を惹きつける能力がある様にも感じられます。

集中力のある努力家

オーラのある人は、人には見せない努力家です。そして頭の回転も速く、ここ一番といったところでは、集中力が増して、一つの物を成し遂げる力が備わっています。

それは日頃努力している、みんなのいないところで、努力している賜物なのです。スポーツ界のスポーツ選手の一郎選手などは、良い例ではないでしょうか?

イチロー選手

小学校の頃からオリックスに入ったころは、余り目立ってはいませんでした。しかしアメリカにわたり、数々のタイトルを得て、日本のイチローとなった今、彼には何かしらオーラが漂っているように見えます。

彼は小さいころから努力家で、野球については並大抵の努力をしたはずです。努力して成し遂げた人には、何かしらそのオーラの様なものが漂っています。

ある目標をもって一生懸命努力し、何かを成し遂げた人には、自然とオーラを放つような人間となって、そこには色々な経験を積み重ねた、行動力が自信となって現れているのです。

そして周りの人に、霊的エネルギーとして、強いエネルギーを感じさせる存在となっているのです。

自己分析を備えている

オーラのある人は自分の自己分析を、しっかりしている人が多いです。ですから自分の欠点や長所をきちんと分析し、欠点はできるだけ出さないように、長所を伸ばそうと努力します。

オーラのある人はこのように、自分自身の長所や欠点を、客観的に見れるために、人間的余裕が備わってくるのです。決して感情は表に出さず、おおらかな人間性を備えている、自然体でおられるのです。

でも人間です。オーラを備えている人でも、感情を表に出す時もあります。その時は威圧感も漂う、存在感が出ているのではないでしょうか?

決断が早く行動力がある

オーラのある人は決断が早く、行動力のある人が多いです。この決断は色々な経験から、努力して積み上げたものからできるもので、無鉄砲な決断をするのとは訳が違います。

そして決断したら、どの様な困難にも負けない強さを秘めています。1つ1つの苦労は並大抵の行動を伴うものですが、しかし目標に向かうその姿勢は、困難も困難と思わない何かしら秘めた強さを持っています。

カリスマ

その様なところからカリスマ性を秘めた、魅力ある人物として、周りの人たちが安心感を持つのではないでしょうか?

カリスマとは特別な能力と、資質を持った人の事を言いますが、天才的能力でなくても、苦労してなし得た能力も、カリスマ的存在が深いものとなります。

カリスマを身に着けるには、断言することだそうです。逆に不安を感じさせると、カリスマはなくなります。不安な事でも断言することが、カリスマを身に着けるのに良いそうです。このやり方は私は好きではありません。

自立心が旺盛

オーラのある人は、人を頼りません。自立心が旺盛で、仕事などでもどの様な困難が待ち受けようとも、自分で考え、自分で決断して、人に左右されることはありません。

そしてそれがたとえ失敗に終わったとしても、決して人の性にはしません。自己分析の出来る自分を、客観的に見つめられる性格ですから、失敗した原因を見つめて、前向きに対処していきます。

オーラを出す方法

spiral-1718449_960_720

一口にオーラを出す方法が見つかるとは、決して思えません。しかしオーラを出す人間になりたいのであれば、一番大切な事は何なのかを見れば、オーラを出す人間になれます。

内面的なオーラ

ただ現代の人達が言っている、人間の雰囲気なるものではないはずです。オーラを感じる人というのは、何かを成し遂げなければ、内面からオーラはでてきません。

しかし雰囲気でとらえている人は、すぐそのオーラが身につく方法などを書いていますが、それはメッキでしか、ないのではないでしょうか?

意識してオーラを身に着けても、内面の土台となるものがなければ、オーラの光は余り良い光が出ているように感じられません。

スターとオーラ

表面的なスターをオーラと勘違いしている人もいますが、本当のオーラとは内面的なその人の、苦労を乗り越えたエネルギーであって、ただ単に感じの良い人、ユーモアのある人、友達の多い人という、感覚の物ではないはずです。

ですからオーラを出す方法と言えば、ただ単に一つの事に集中して、努力を重ねる事です。そうする事で、人間磨かれてオーラーを内面から、出せるようになれるはずです。

能力のある人が能力を磨くことは容易いですが、能力のない人でも自分の好きな事1つに集中して、能力を磨けばオーラは自然と備わってきます。

その為には以下の事をやってみては如何でしょうか?

自分の好きな事に集中する

何でも良いのです。小さなうちに自分の好きな事を見つける事です。そしてそれがくだらない事でも、親はけなしてはいけません。好きなことが有ったら、そのことに熱中して取り掛かります。エネルギーをそれに集中させます。

勉強ができなくても良いのです。勉強は読み、書き、計算が一応社会に出て困らない程度やれればそれで良いのです。

そして自分の好きな事を小さなうちからやるのです。親が好きだったことを子供にやらせてはいけません。子供が好きな事をやらせるのです。そして大人に向かうにしたがって、その好きな事が違っていたら、また変えてもよいですが、決して苦労を避けては、オーラは備わってきません。

オーラは苦労を乗り越えた波動から伝わるもので、一つの事に努力している姿は、周囲にも美しく映るものです。

1つの事にエネルギーを注ぎ、何かを極めるには、年齢は関係ありません。子供のころからやるに越したことはありませんが、大人になって気が付いて、自分の好きな事を極める事は、オーラのある人間へ成長していくでしょう。

目標を持つ

オーラを放つ男の人は、目標を持ち、エネルギッシュに活動している人です。夢や目標をもって行動しているので、ぶれる事はありません。

目標をもって努力している姿は、力強い明確さと、人を惹きつける魅力があるのです。それがオーラとなって現れています。

自分自身を知る

まず自分というものを知る事が大事です。そして自分を客観的に捉える事が、できなければいけません。自身を知ることで、自分の欠点や長所が見えてきます。そして欠点はできるだけかくして、長所は伸ばしていくことが大切です。

オーラのある人は自分の強みと魅力を良く知っています。自分の能力を伸ばす方法として、強みをさらに伸ばして、圧倒的な地位に持っていく事ができるのです。

人を惹きつけるオーラのある人になるには、自分の能力を伸ばし、圧倒的な地位にもっていく方法がおすすめです。

一つの事を極めた人

ということで、決してオーラをだす人間が、簡単な努力で出せるとは思われないのですが、人間が出す雰囲気個性を、オーラと思われている人には、可なりの違和感があるかもしれません。本物のオーラとは何度も言いますが、一つの事を極めた人の事をいいます。

オーラを備えた人になりたければ、苦労をして苦労をして、一つのことを極めると、自然とその人の内面にオーラが備わり、それが周りの人に、輝かしい光となって、影響を与えるのです。

まとめ

如何でしたでしょうか?オーラがある人というのは、考え方により違いがありますが、共通して言えることは、目標をもってぶれないで努力している人が、オーラを出せる人かも知れません。

オーラは誰にでも備わっていますが、それを出せる人と出せない人、あるいは良いオーラを出す人と、悪いオーラを出す人がいます。

オーラがある人が決して善人ばかりではないとありましたが、私は努力して極めた人に悪い人はいないと感じています。

オーラがある人の考え方が、色々皆様個人の印象で書いていますが、どれも間違いではありませんが、霊的エネルギーを出す人が、それほど多いとは考えられません。

関連記事として、

純粋な人ってどういう意味?特徴や欠点、モテる理由などを知ろう!

かっこいい女性になる方法は?特徴や性格、外見や職業などを知ろう!

男らしい性格ってどんな?その特徴や男らしくなる方法を紹介!勘違いしている行動はなに?

これらの記事を読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする