自信がない人の原因は親や環境にもあった!対策方法まとめ!

自信がない、自信を持つことができない。そんな問題に悩んでいる人は多いように感じます。実際のアンケートでも70%の人が自分に対して自信を持てないと回答しています。

自尊心や自己肯定力が低く、自分に自信を持つことができない、自分には自信があるとは言い切れない。そんな人が多い原因はどうしてなのでしょうか?

またその問題の解決方法はあるのか、という問題について今回はまとめましたのでぜひ参考にしてみて自信を持てるようになりましょう。

自信がなくなってしまう原因

自分に厳しい

自信がない人にはいくつかの原因があります。あなたは自分に自信がない原因を答えることができますか?その原因を明確に答えることが自信が持てない状態を克服するためのポイントになります。

自分がまだ気づいていない自信がない原因についても確認していきましょう。

経験が少ない

圧倒的に経験が少ない場合はよっぽどの自信家やビッグマウスの人でないと自信をつけることができないでしょう。

これはあなたの生活の中の行動をみても明らかです。毎日車に乗っている人が運転に自信がない、とは思わないですよね。食事やトイレや入浴でも自信がないなあ、と不安になる人もいないでしょう。

毎日呼吸と同じように繰り返し行うことで、経験値を蓄積し生活の一部になっているので不安感が発生することはありません。

一度やっただけで誰にも負けない自信を持つことはできません。コツコツと積み上げた経験がいつのまにか自信になっているので、どうして自信がない分野と自信がある分野が別れているのかが自分でもわからなくなっているのです。

自信を持ちたい場合はとにかく挑戦して経験を積む以外ありません。

自己評価が低い

自分に対する評価が低い人は自信を持ちづらい傾向にあります。

自分を愛せず、好きになれず、信じることができない。この性格が自信を持ちづらくしている原因の一つです。

自信は自分を信じると書きます。

自己評価が低くなってしまう人は、否定的な言葉が多く、自分に厳しく、人の褒め言葉を受け取らず、勝手に自分には賞賛や名誉は似合わないと決め付けている人が多いです。

また、自分の意見を発言せずいつも人の意見に流されている人も自分への評価が低いです。間違っていても自分の意見を発言しそれを修正しながら行動する人は自己評価が高めです。

まずは自己評価を低くしている原因である、否定的な言葉、褒め言葉の否定などを無くして評価を高くしていきましょう。

謙虚さが逆効果になっている

日本では謙虚に生きるということが美徳の一つでもあります。

その考え方から、常に「いえいえ自分なんてまだまだです」といつも謙遜していると、本当に「自分はできない人間だ」と否定的な思考回路になってしまいます。

自分に対してストイックに、上には上がいると意識し天狗にならないことは重要ですが謙虚になることが自信の喪失に繋がるケースもありますので注意が必要です。

逆に謙虚な心でいることが自分に自信がない証拠だったりもします。失敗をした時の保険のために謙虚を装っている人は自信がないことの現れになってしまうことも覚えておきましょう。

自意識過剰で人の目を気にしすぎている

自信がない影響で自意識過剰になり、さらにその自意識過剰な精神状態が自信を遠ざけている原因になっています。

自意識過剰になると、相手の目線や言葉の内容を過大解釈して妄想の中で否定されていたり嫌われてしまうなどの妄想を引き起こし、消極的になっていきます。

自然とマイナス思考な発想や行動が体に染み付いてしまい自信を持つことができなくなってしまいます。

人の目を気にしすぎて勝手に自分の自信を無くしてしまわないように注意しましょう。

他人と比べてしまう

他人と比較して自分に自信が持てなくなってしまう、落ち込んでしまうという人も多くいます。

より広い社会に足を伸ばせば、自分よりも優れている人がたくさんいることに気づきます。自分よりも可愛い人、かっこいい人、面白い人など自分の得意なジャンルでも敵わない人が現れると今までの絶対的な自信はなくなるでしょう。

他人と比較するときに注意していただきたいのが、過剰に自分を下に評価しすぎてしまうことです。冷静な評価ができずに自分が本来の姿よりももっと小さく見えて惨めになる。というのが自信を喪失してしまう人の典型的なパターンです。

簡単に自分を過小評価して負のスパイラルに陥らないように注意しましょう。

幼少期の環境

過去にいじめられた経験がある、不当に理不尽に立場の上の人から否定される、両親に愛情浅く育てられた、両親から否定されて育った、両親からの暴力や暴言を浴びせられた経験がある。

などの幼少期の環境で成長した人は自己肯定力が低く、自分を愛すことができない人が多い傾向があることがわかっています。

実際に「自分に自信がある・ないの原因は両親の教育が関係している」と感じている人は50%に登り、多くの人が教育が自分の性格的な部分を形成している大きな原因だと回答しています。

必要以上に否定されることや、兄弟と比べられて褒められた経験が少ない人は「自分なんて」「自分はダメな人間」と思い込むことが多く、自信が持てず精神的にも弱くなりやすいでしょう。克服するには人一倍の努力とそれに伴う結果がついてこないと難しいでしょう。

否定的な人が周囲に多い

周囲に否定的で、なんでも否定してしまう人が多いと、卑屈でマイナス思考な性格になってしまうことがあります。

すぐに「お前には無理だ」「そんな夢見たいな話実現するわけないだろ」「また失敗した」「諦めろ」という言葉を吐く人は、本人も過去に挫折して自信を失っていることがほとんどです。その自信を取り戻すために成功する人よりも、失敗している人を周囲に増やして優越感を得たいと思っているのです。

否定的な意見によって、自分が本当にダメな人間なんだという固定概念が邪魔をして自信をつけようと思っても否定的な人の意見が頭に浮かんで、好奇心や挑戦心を邪魔します。

できるだけ応援してくれる人をそばに置いて心の置き所にしましょう。

自信がない人と自信がある人の違いは?

people-2604149_960_720

自信がない人と、自信がある人にはどのような違いがあるのでしょうか?

それぞれの自信がある理由、自信がない理由について見ていきましょう。

自信がない人の理由

自分に自信がない、自信があまりないと控えめに回答した人にその理由を伺って見ました。みなさんにも共通点は見つかるでしょうか?

「外面的にも内面的にも秀でている部分が見つからないから」

「体型・顔・性格においてコンプレックスばかりなので」

「きっと誰にも気に入られたり、好いてもらえないと思うから」

「自信が持てるほどの努力をしていないから」

など自分の自信がない問題に対して、特に対策をせずに過剰に人の目を気にして自信を喪失しているケースが多いようです。

自分に自信を持つためには何が必要なのかを考えて地道に対策していくしか改善策はないでしょう。

自信がある人の理由

自分に自信がある人はどうして自分に自信を持っていると回答しているのか、その理由について見ていきましょう。

「常に努力しているから」

「自分のできる精一杯のことをして毎日を過ごしているから」

「性格も前向きで、馬鹿正直で、騙される事もあるけど、元気一杯の自分を気に入っているから」

「浪人人生を経験してもへこたれずに次の年には受験を成功させて、失敗をしても立ち上がる精神力の強さを体現することができたので、それ以降どんなことがあっても心が折れないという自信ができた」

というふうに、自信を持つために最大限努力しその結果自分が好きになれている。自分に自信を持てている人が多いようです。

自信を持つには1日にしてはならないということが自信を持っている人たちの意見から見て取れます。

自信を持つための克服方法

人懐っこい

自分を好きになって、自分に自信を持つために必要な手段を紹介します。

最低限、自信を持つために必要な項目について紹介しているので、これ以外の必要なことはそれぞれ各人で見つけて対策して見てください。

毎日1時間自習をする

学生であれば、勉強やスポーツの自習。社会人であればそれぞれの分野に特化した知識の集積、本を読むなど何かしら自分独自での訓練を”毎日”行うことが効果的です。

毎日積み重ねられた知識が必ず役になる時がきます。

実際にその訓練や自習で身についたスキルが、結果に結びついた時に大きな自信へと変わります。

無理をして急に何時間もの自習をしても続きません。

短時間でも毎日やることが重要です。1円玉貯金のように、コツコツ積み上げるしかないので地道に始めていきましょう。

失敗を恐れずチャレンジをする

失敗を恐れてチャレンジ精神が失われていませんか?

チャレンジをしないと失敗をすることはありませんが、成功をする事もありません。これではいつまでたっても自信をつけられるチャンスは巡ってこないでしょう。

すでに自信がない状態では、もう失うものはありません。あるのは下克上のみです。失敗しても大したダメージはないのでどんどん挑戦しましょう。

失敗するとさらに自分を卑下してしまうのではないかと考えている人は一度挑戦して見てください。実は恐怖心だけで、特に落ち込むことがないことがわかります。

挑戦しないことがもっとも自信を失っている原因であることを理解しましょう。失敗の経験は必ず自分の糧になります。

意思を主張すると自分が有利になる

自信がないから意思を主張せずに、黙って人のいうことを聞いていませんか?

しかし自分の意思を主張しないと自分を取り巻く環境はどんどん不利になっていきます。

主張が上手い人に引っ張られて、どんどん勝手に物事が進んでいき自由に行動ができなくなるからです。集団の中で生活している上では採用されなくても自分の意思をしっかり主張して置くと、自然とのその意見が行動の中に反映されてきます。

恐れずに自分の主張を持って、それを発言するようにしましょう。

まとめ

自信を持っている人は、簡単にそれを手にしているように見えますが、実際は簡単にそれを手にしている訳ではありません。

簡単に手に入れられる自信はすぐに喪失しやすく、脆いものです。そして、一度自信を持っている状態からその心が折られてしまうと、なかなか立ち上がれないものです。

ですので、地道でも毎日行動を積み重ねて自分に自信を持てるように努力をして、強い土台を作り上げて結果に繋げていけるようにしましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にして見てください。

職場でいじめを受けている時の対処法を知ろう!どんな心構えが必要?

影が薄い人の特徴とは?原因や直すための方法を紹介!

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする