冗談が通じない人の特徴や心理、付き合い方を紹介!

ちょっと緊張してぎごちなくなっている場面で、冗談を言って雰囲気を和ませることがありますよね。クスッと笑うのをきっかけに、会話が弾み出します。でも、中に「冗談の通じない」人がいることがあります。笑うどころか怒り出したり深刻に悩み出したり・・・冗談を言った人は困ってしまいます。

確かに言って良い冗談と悪い冗談がありますが、どんな冗談も通じない人がいるのです。冗談の通じない人の特徴と対処の方法についてお伝えしますね。

冗談が通じないのは、どんな人?

people-2567915_960_720友達と笑う

相手を笑わせようとしたり緊張した雰囲気を和ませようとしたりして、冗談を言います。ところが、世の中には冗談が通じない人がいます。

「何を言っているのか、わからない」という顔をするのならまだしも、冗談を真に受けて怒り出したり深刻に悩み出したりします。

[冗談とは?]

冗談とは、①「ふざけて言う言葉・たわむれに言う話」②「ふざけてすること・たわむれ・いたずら」の意味です。「ユーモアのある嘘・人を楽しませる悪気のない嘘」とも言えます。

冗談の類語・関連語

冗談の類語は「ジョーク(joke)・軽口」です。冗談の関連語は「シャレ(洒落)・駄洒落・ギャグ」です。どれも「人を笑わせようとして言う言葉・話」です。

冗談は悪い意味で遣うこともある

「冗談がすぎる」「冗談にもほどがある」などと言うと、「悪ふざけもいい加減にしろ」という意味です。怒る時に遣います。

[冗談が通じない人の6つの特徴と心理]

冗談が通じない人には、共通した性格的な特徴と心理があります。最も大きな心理的特徴は、心の余裕がないことです。

①真面目すぎて心に余裕がない

冗談が通じない人は、性格が真面目すぎて心に余裕がありません。真面目すぎる人は常に何事にも真正面から取り組みます。仕事には全力投球します。職場では同僚や上司から信頼され、良好な人間関係を築いています。

真面目すぎる人は、たいてい完璧主義者です。何事も完璧にしようとするタイプなので、常に仕事や勉強で頭がいっぱいになっています。ユーモアを解する心の余裕がありません。冗談を真に受けて真剣に考えこみます。「冗談ですよ」と言われると、真剣に考えていただけに怒り出す可能性があります。

話が硬く、親しみにくい

真面目すぎる人は冗談が通じないだけでなく、余計なことを言わないので話が硬くなります。親しみにくい雰囲気で、周りの人たちは冗談を言うこともできません。

悩みや心配事などストレスが大きいと心の余裕がなくなる

真面目な人は物事を真剣に考えるので、悩みや心配事が多くなります。普通の人でも悩みや心配で頭がいっぱいになったりストレス過多になったりすると、心に余裕がなくなります。特に病気など健康に問題があると、冗談を受け入れるゆとりがなくなります。

②コミュニケーション力が低い

冗談が通じない人はコミュニケーション力が低い傾向があります。仕事の打合せなど必要なこと以外は、他人と会話を交わすのが苦手です。その場の雰囲気を感じ取ることも雰囲気になじむことも、心理的に難しいのです。

空気が読めないので、雰囲気を悪くしても気づかない

その場の空気が読めないので、相手が冗談を言って緊張を和らげていることがわかりません。冗談がわからずムッツリしていたり冗談を真に受けて怒り出したりして、自分が雰囲気を悪化させていることに気づきません。

友達と冗談を言い合うことが少ない

コミュニケーション力が低い人は、友達が多くありません。友人や職場の同僚たちと冗談を言い合うことも、冗談を楽しむことも少ないのです。

冗談を言う人についていけない

会話するのが苦手で心に余裕がない人は、明るく冗談を言ったりジョークを連発したりする人のテンションについていけません。周りの人たちが冗談を楽しんでいる心理が理解できず、独りでとまどっています。

人間に興味がない

人間に興味のない人はコミュニケーションが苦手です。積極的に人と付き合う気がないので、コミュニケーションを単なる情報・知識のやり取りと考えています。相手と一緒に楽しく笑おうという気持ちがありませんから、冗談が通じません。

③想像力が豊かで、冗談を真実と信じてしまう

冗談が通じない人は、冗談を真に受けます。冗談は「ユーモアのある楽しい嘘」なのですが、想像力が豊かなので「本当でことだ」と真剣に信じてしまいます。想像力が豊かな人は考え方に柔軟性があるので、あれこれ想像して事実と思い込みます。

同じ冗談が通じない人でも、真面目すぎる人と想像力豊かな人は大いに違います。「あれは冗談だよ。本気にしないでよ」と言えば、驚きはしても怒りません。想像力が豊かな人は心に余裕があるので、冗談を言う相手を受け入れて楽しみます。

④コンプレックスがあり、警戒心が強い

コンプレックス(劣等感)と冗談が通じないことは関係性があります。コンプレックスの強い人は、物事をネガティブに捉える傾向があります。劣等感を持っていることを他者に知られて、傷つけられることを恐れています。劣等感を隠そうとする心理が働きます。警戒心が強いので、心に余裕がありません。

冗談を劣等感に結び付ける

容姿や容貌にコンプレックスを持っている人は、体型や顔に関係する冗談を自分に対する悪口と受け取ります。「私をバカにしている・私を見下している」と思い込みます。冗談を言っている人に悪意は全くないのですが、体型や顔にコンプレックスを持っている人はネガティブに捉えて傷ついてしまいます。

コンプレックスの強い人は「どうせ私なんか」とネガティブに考えるため、冗談を自分の劣等感に結び付ける心理が強く働きます。

自己防衛本能で冗談の真意を探る

コンプレックスを持っている人は警戒心が強く、常に自己防衛本能が働いています。冗談を言われると、「私を試しているのか?」「私に何か言いたいことがあるのか?」などと相手の真意を探ることに熱中し、笑うゆとりがありません。

⑤プライドが高く、冗談のネタにされると傷つく

プライドが高い人は、劣等感を持っていなくても自分を笑いのネタにされることが許せません。また、プライドの高い人の多くが劣等感を抱えています。劣等感を他者に知られたくない心理から、プライドを高くして自己防衛しています。

プライドの高い人は、冗談を見下されているように感じる

冗談で自分のことをいじられると、プライドの高い人は笑って受け流すことができません。「自分をバカにしている。自分を見下している」と感じます。冗談によっては激怒する可能性があります。相手が親しみを表すために冗談を言っていても、自分自身が冗談のネタにされただけでプライドが傷つくのです。

真面目系クズは冗談が通じるようで通じない

ムダにプライドの高い人に真面目系クズがいます。「真面目系クズ」は一見真面目ですが、積極的に努力しないので中身が中途半端な人間です。周りの人に合わせようとしますが、実は人の話を聞いていません。愛想笑いがとても上手なので冗談が通じるように見えますが、実は通じていないことがあります。

⑥冗談を言うほど親しい仲ではない

冗談が通じない理由は、「冗談を言えるほど親しい仲になっていないから」ということもあります。お互いに距離があると、片方の警戒心が解けていない可能性があります。冗談を言っても、笑っていいのか真に受けるべきか迷ってしまいます。

共有する知識が欠けている

親しい仲でないと、冗談にするネタについて共通する知識が欠けている可能性もあります。共有する知識や経験がないと、冗談を言っても相手に通じません。

[冗談が通じない女性]

男性は気のある女性に対して冗談を頻発します。女性を笑わせてリラックスさせ、親しくなりたいのです。しかし、冗談をよく言う男性に対して、女性が好意を持つとは限りません。

男性の冗談が通じないで、女性との間が険悪なムードになる可能性さえあります。

女性は男性よりも真面目?

女性でも男性でも、冗談が通じない人の性格的特徴や心理的特徴は基本的に同じです。真面目すぎる・プライドが高い・コンプレックスがある・友人や付き合う人が少ないなどです。

女性は男性よりも真面目なタイプが多いようです。女性は現在の組織・集団に留まろうとする傾向が強いので、現体制に適応するために真面目になります。男性は他の組織・集団に移る機会が多いので、どのような体制にも適応しようとします。ある意味、いい加減にならないと生きていけません。

女性は男性よりも真面目なので、男性の冗談が通じにくくなります。

過去のトラウマから警戒する

男性は、女性の彼氏になりたいために冗談を言います。でも、中には悪意のある冗談で女性を攻撃する男もいます。女性のコンプレックスを刺激したり、人と接することが苦手な女性がとまどう様子を笑ったりします。悪意に満ちた冗談で傷ついた女性は、冗談を言う男性を警戒するようになります。過去のトラウマが、冗談を受け止める心の余裕を奪います。

「彼女になってほしい」と思っている男性の冗談は、好意から生じるので攻撃性がありません。冗談を言った後で、必ず女性をいたわる言動をします。

冗談が通じない人と付き合うには?

lion-3012515_960_720joke

冗談やジョークは会話の潤滑油です。緊張したぎごちない雰囲気を和らげて、会話がはずむきっかけをつくります。一緒に笑うと、親しみが増します。

でも、冗談の言い方によっては人間関係を壊す可能性があります。冗談が通じない人と付き合う時は、冗談の言い方に気を遣います。

[冗談が通じない人との付き合い方]

冗談が通じない人には、冗談で笑いを取ろうとすることを止めます。冗談を言い続けると、相手の心象を害して人間関係が悪くなる可能性があります。冗談が通じない人との付き合い方のポイントは、相手に無理をさせないことです。冗談が通じない人の心に余裕ができるようにします。

①明るい笑顔で礼儀正しく対応する

冗談が通じない人でも、明るい優しい笑顔には好感を持ちます。わざと面白おかしいことを言うのを止めて、明るい笑顔と礼儀正しい態度で普通の会話をします。明るい笑顔と礼儀正しい態度で、その場の雰囲気を良くすることができます。

心に余裕を持つ

冗談が通じない人は真面目で気難しい傾向があります。何気ないちょっとした言葉に腹を立てる可能性がありますので、気を遣って疲れてしまいます。ムカムカすることもあります。心に余裕を持って「この人はこういう人なのだ」と考えます。心に余裕を持って話しかけます。

②真面目な話を会話の中心にする

冗談の通じない人は真面目すぎるタイプですから、真面目な話には真摯に耳を傾けます。会話の中心を仕事や学業に関する真面目な話にすると、コミュニケーションがスムーズになります。事実だけを明確に要領よく話すようにします。

真面目すぎる人からの信頼が深くなり、良好な人間関係が築けます。無理して冗談を言わなくても、良い雰囲気で話ができます。

③相手を傷つけることは言わない

冗談が通じない人は劣等感を持ち、警戒心が強い可能性が大です。プライドが高い人も、自分を笑いのネタにされることが許せません。傷つけられることを恐れる人は多いのです。

だれかを傷つける否定的な言葉や冗談は言わないようにします。怒らないで根に持つ人もいますから、十分に注意します。冗談を言う時は、だれでも笑ってしまう明るい冗談にします。

プライドが高い人は持ち上げる

プライドが高い人がいて、その場の雰囲気を和ませたい時は、プライドの高い人を持ち上げるようにします。プライドが満足すれば機嫌が良くなり、冗談を解する心の余裕が生まれます。

[冗談が通じない夫や彼氏はどうしたらいい?]

「恋人の関係になりたい・結婚したい」と思う男性は、冗談を連発して女性の気を惹きます。でも、恋人関係が安定したり結婚したりすると、今度は、女性の方が「彼氏に冗談が通じない」「夫は冗談がわからない」と不満を持つようです。

そのような投稿や質問と回答数も少なくありません。冗談が通じない彼氏や夫への対処法は次の3つです。

①仕事などで頭がいっぱいの時は冗談を言わない

彼氏や夫が仕事などで頭がいっぱいの時や多忙な時は、冗談を言わないようにします。笑わせてリラックスさせてあげたいと思っても、冗談を受け止める心の余裕がありません。

②気にしていることを冗談のネタにしない

男性は、女性には思いもつかないようなことを気にしたり劣等感になったりしていることがあります。例えば、頭髪の薄さや体型などです。夫や彼氏が気にしていることや劣等感を冗談のネタにすると、大いに傷つきます。

③冗談を言う時は愛情表現を忘れない

男性は女性よりも繊細で傷つきやすい一面があります。どんな冗談を言う時も、「わたしはあなたの味方だよ。あなたを全面的に応援しているよ」という愛情表現を一緒にします。彼氏も夫も安心して、冗談を受け止めることができます。

[冗談が通じないのは悪いこと?]

欧米のパーティーや晩餐会では、ジョークの上手な人が人気者です。ジョークや冗談を上手に言える人は、その場の雰囲気を盛り上げることができます。

冗談を言い合って楽しむ友達や職場の仲間を眺めながら、冗談が通じない自分に悩む人がいます。「冗談が通じない自分はダメ人間なのか? 」という質問に対する回答は、「冗談が通じないことで自分を責めることはない」です。冗談が通じなくて当然ということがあります。

冗談の条件が整っていない

冗談が通じるには条件があります。友達や職場の同僚のように親しい関係になり、知識や経験を共有していないと、冗談は通じません。アメリカ人に日本語で冗談を言っても通じないのと同じです。英語で言わなければ、何を言っているのかさえわかりません。知識や経験を共有する親しい関係になると、自然に冗談が通じ合うようになります。

また、大きな悩みや心配事を抱えていたり肉親を亡くして悲しんでいたりストレスの負担が多大な人には、心のゆとりがありません。冗談が通じなくて当然です。

冗談で値踏みするのは失礼な行為

冗談が好きな人の中には、冗談によって「自分は相手の心の中にどこまで踏み込んで行けるのか?」を調べる人がいます。冗談で相手を値踏みするのです。これは、「人の心の中に土足でズカズカ踏み込む」ような極めて失礼な行為です。

値踏みする無礼な冗談を受け止める必要など全くありません。「私の心の中へ踏み込むな」と拒絶して当然です。

アスペルガーに冗談は通じない

putin-2847423_960_720プーチン

アスペルガー症候群は発達障害の一つです。略してアスペルガーとかアスペといいます。アスペルガー症候群は知的な発達や言語発達の遅れは見られません。症状は自閉症に似ているところがあります。子どもの頃は「ちょっと変わっている」「親のしつけが悪い」くらいに考えて気づかないことが多く、大人になってからアスペルガーとわかる人が少なくありません。

アスペルガーの大人には冗談は通じません。

[アスペルガーの特徴]

アスペルガー症候群の人は社会の中で多数の人に合わせて行動するのが難しく、自分も生き辛くて悩むとともに周囲の人たちにも大いに迷惑をかけます。しかし、その特異な才能を活かして社会で大活躍する人もいます。アインシュタイン・エジソン・ビル=ゲイツなどの大天才、天然ボケ天然のキャラと言われるジミー大西、そしてロシアのプーチン大統領はアスペルガー症候群と言われています。

アスペルガー症候群の特徴は3つです。

①社会性の欠如

アスペルガーの人は、社会人としてふさわしくない言葉・行動・態度をとります。特異な目立った言動をします。会社などに就職しても職場の人間関係がうまくいきません。アスペルガーの本人自身も悩み苦しみますが、周囲の人たちも迷惑をかけられることが多くなります。

アスペルガーの人は自分に合わない仕事に就くと、大いに苦労します。しかし、特異な才能を持つ人が多いので、その才能を活かして逆に社会で目立った存在になることができます。

②コミュニケーション能力の欠如

アスペルガーは言語発達に遅れはありませんが、言葉の遣い方や話し方は標準的ではありません。アスペルガー言葉です。表情や仕草を交えて会話することは苦手です。

アスペルガーは相手の気持ちや考え・言いたいことを理解したりその場の空気を読んだりすることが苦手です。自分の気持ちや言いたいこと・望んでいることを、相手に伝えることも上手にできません。仲間の輪に入ることが難しくなります。

選択的注意ができない

アスペルガーは多くの情報の中から自分に必要な情報だけを選んで取り出すことができません。多数の人が集まって会話している場所では、自分に必要な言葉だけを選んで聞き取ることができません。

言葉の裏の意味や暗黙のルールがわからない

アスペルガーは言葉の裏の意味や暗黙のルールを理解できません。アスペルガー暗黙です。具体的に明確に指示されないと仕事や作業ができません。「そこは、いつもの通りに」「うまくやっておいて」などというあいまいな言葉を理解できず、「どうすればいいのか?」と真剣に悩みます。

③興味の対象が限定される

アスペルガーは自閉症と似ていて、自分の行動や習慣に対して自分でルールを決めてパターン化する傾向があります。ルールやパターンに外れた行動をとても嫌がります。仕事や作業の手順をきっちり決めていて、順番が違うと対応するのが困難です。また、興味の対象が限定されることも自閉症に似ています。

アスペルガー興味

興味の対象と方向が限定され、興味の対象外には全く無関心です。アスペルガー興味です。

服装が興味対象外となると、服装や着方に無頓着で周囲の人たちが驚くような恰好をします。アスペルガー服装です。

アスペルガーお金

アスペルガー症候群は目に見えないものを管理するのが苦手です。お金を管理することが上手にできません。アスペルガーお金は、お金が興味対象になる人とお金が興味対象外の人とでは雲泥の差があります。お金に興味がある人は、お金に執着してお金を使うことを嫌がります。お金に興味のない人は興味のあることにお金を注ぎ込んでしまい、生活費を借金することもあります。

[アスペな大人は冗談を真に受ける]

アスペルガーの大人は冗談を真に受けてしまいます。何気なく言った冗談を本気にして、悩んだり自分を責めたりします。冗談が全く通じません。

曖昧な指示が理解できません。言われたことを何でも鵜呑みにして、言葉や会話の裏を読むことができません。相手の表情や動作から相手の意図や気持ちを察することができません。想像力に欠けているのです。

「これ、いくら?」と値段を聞いた時、500円を「500万円」と冗談を言うことがよくあります。アスペルガーは本気で「エエッ、そんなに高いの?!」と驚きます。「食べ過ぎてお腹が破裂しそう」と言われると、真剣な顔で病院へ連れて行こうとします。

「バカだなあ」と笑われると、「そうか、自分はバカなんだ」と本気で受け取ります。

[アスペルガーと付き合う方法]

アスペルガー症候群の人には、原則として「冗談は通じない」と考えます。こちらが笑えると思うことでも、アスペルガーは本気にして傷つく可能性があります。アスペルガー症候群との付き合い方は、細かい事まではっきりした言葉にして伝えることです。

アスペルガーの人には、できるだけ具体的に言いたいことの内容を伝えます。曖昧な表現をやめて、明確にします。ダジャレやギャグはやめます。他者の気持ちや思いを察知することが苦手なので、はっきり言葉に出して伝えます。また、アスペルガーは自分の考えや気持ちを伝えることが上手にできないので、相手の立場になって思いやるようにします。

まとめ 心に余裕がないと冗談は通じない

冗談とは「ふざけて言う言葉や話」「ユーモアのある嘘」「ふざけること」です。冗談は人を楽しませるものです。緊張したぎごちない雰囲気を和らげたり、落ち込んでいる人を元気づけたりできます。

でも、世の中には冗談が通じない人がいます。冗談が通じない人に冗談を言うと、真に受けて怒り出したり相手を恨んだり悩んだりします。

冗談が通じない人は心に余裕がありません。真面目すぎる人は仕事でも何でも真剣に取り組むので、頭がいっぱいです。コミュニケーション力が低いと、人と会話することが難しく冗談を解する心の余裕がありません。コンプレックスが強い人やプライドの高い人は、他者から傷つけられたり見下されたりすることを恐れ、心に余裕がありません。

いつもは冗談のわかる人でも、心配や悩みで頭がいっぱいになっている時は冗談が通じなくなります。心に余裕があっても、想像力豊かな人は冗談を事実と思い込みます。また、親しい関係にならないと、冗談が通じません。

冗談が通じない人には、明るい笑顔で礼儀正しく接します。冗談を言わず、事実だけを明確に話します。真面目な話を会話の中心にすると信頼関係を築くことができます。人を傷つけるような冗談を言わないようにします。だれでも笑える明るい冗談は、冗談が通じない人の心まで和ませることができます。

関連記事として、

生真面目な性格とは?特徴や短所、注意したい症状を紹介!改善方法は?

頭が固い人の特徴とは?治す方法や付き合い方を紹介!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする