ロキソニンを使用中にアルコールは飲んではダメ?注意点を紹介!

「頭が痛くて我慢ができない!」そんな時に、頭痛薬を飲んでいる方は意外と多いですよね。常備薬として、常にバックの中に入れているという人もいるのではないでしょうか?

ロキソニンという薬を聞いたことはありませんか?最近、テレビで副作用について取り上げられていたので記憶にあると思います。ロキソニンは頭痛に良く効く薬として有名ですので、服用している方も多いと思います。

では、もし頭痛の原因が二日酔いなどのアルコールだとしたらどうでしょう?ロキソニンは、果たしてアルコールが原因の頭痛に効果はあるのでしょうか?副作用などの心配はないのでしょうか?

ここでは、ロキソニンについて効果や副作用について、また、ロキソニンとアルコールの関係について詳しく解説します。

スポンサーリンク

「頭が痛い!」に良く効く薬!ロキソニンとは?

痛み

ロキソニンは、本来は医師の処方が必要な薬でした。現在は、解熱鎮痛薬として第1類医療薬品として、処方がなくてもドラッグストアなどで一般に広く販売されています。

第1類医療薬品とは、薬剤師が販売し、他の医療品の使用状況などを確認しなければならない薬のことです。

最近は、頭痛や生理痛、片頭痛と言った痛みに良く効く薬として広まっています。

ロキソニンの特徴

ロキソニンは、関節痛や生理痛、頭痛、発熱などの症状の改善に使用される解熱鎮痛剤です。

  • 即効性があり、早く効く。
  • 胃や肝臓に負担が少ない。
  • 眠くならない。

などの特徴があります。

これまで、販売されていた消炎鎮痛薬のインドメタシンや、ジクロフェナクナトリウムイブプロフェンなどと比べてみても、痛みを抑える効果がはるかに高いと言う臨床実験結果もあるほどです。

さらに高い鎮静作用を促す成分や、胃腸を守る成分である酸化マグネシウムを新たに配合した新しいロキソニンが開発され、販売されています。

ロキソニン即効!その効き目について

ロキソニンは即効性があると言う事ですが、服用後すぐに胃から吸収されて30分から1時間で、血液中の濃度が最も高くなります。

ロキソニンを服用後15分以内に50%の人が、30分で80%の人の痛みが減少したと言う報告もあります。ただし、ロキソニンは痛みそのものというより、痛みを抑える薬であると言うことを知っておくべきです。

頭痛と言っても原因は様々です。例えば肩こりや目の疲れのような緊張性頭痛の場合、その原因になる首や肩、目の疲れを解消するような治療をすることが必要となります。

したがって、頭痛が長く続くようであれば、その原因を突き止めることが大切であり、ロキソニンを、効き目があるまで漫然と飲み続けることは良くありません。

ただし、医師から処方されるロキソニンの中には、長期で使用すべき、関節リュウマチなどの変形性関節症があります。この場合は肝機能や腎機能、血液の副作用に気を付けることが大切であり、定期的な血液検査により異常がないかを確認すべきです。

しかし、ゆっくりと休むことができない人や無理に堪えたりする人にとっては、痛みがあることは精神的にもつらい事と思われます。そんな時に役立つのが、ロキソニンなどの解熱鎮痛剤です。

ロキソニンの副作用について

特に胃の弱い人や、消化性潰瘍になったことがある人がロキソニンを服用すると、比較的消化器の副作用が出やすいと言えます。症状が進むと再発したり、悪化したりということになりかねません。

気管支喘息の人も、服用には注意が必要です。喘息の発作や鼻づまりなどの症状が強く出ることがあります。特にアスピリン喘息の人は、服用することはできません。

ロキソニンを飲んで何かおかしい、痛いなどの症状があれば、すぐにロキソニンの服用をやめて、薬剤師か医師に相談することをお勧めします。

スポンサーリンク

二日酔いの頭痛!どうして起きる?その仕組みを解説!

ワイングラス

二日酔いの症状がひどい時、特にズキンズキンと来る頭痛は我慢できませんよね。朝から職場に行くのも嫌になり、何をするにも億劫になりがちです。

そして二日酔いはお酒の強い人弱い人によっても、その時の体調によっても症状の現れ方は違ってきますが、意外とその原因については知られていないことが多いのです。

以下で一般的な、二日酔いが起きる原因と治るまでついて解説します。

二日酔いで頭痛が起きる原因

血管が拡張することが原因

アルコールには、血管を膨張させる作用があります。

血管が膨張することにより、頭の神経を圧迫して頭痛を感じます。

脱水症状による原因

アルコールには、抗利尿ホルモンの活動を抑える効果があります。

抗利尿ホルモンとは利尿を抑えるホルモンで、これが働くことにより尿の量を調節し、体内の水分量を調節しているのです。

つまり、アルコールを大量に摂取すると、必要以上に尿を出してしまうということが起きます。トイレが近くなり脱水状態となり、ひどくなるとだるさや吐き気、頭痛を引き起こします。

アセトアルデヒドによる原因

アルコールの分解は肝臓で行われます。アルコールを分解している途中で、アセトアルデヒドという体内に有害な物質が発生します。

このアセトアルデヒドが体内に大量に残ることにより、頭痛やだるさ、吐き気を引き起こします。

低血糖になることが原因

アルコールを肝臓で分解するにあたって、肝臓が働きすぎることによって糖分が不足し、低血糖になります。だるさや筋肉痛、頭痛を引き起こします。

メタノールの分解が原因

メタノールはブランデーやワインに多く含まれており、これを分解する時には、アルコールよりも多くの時間がかかるために、体内に残りやすいと言われています。

また、肝臓でメタノールが分解されるときにホルムアルデヒドなどの有害物質が発生することが分かっています。それによって、めまいや吐き気、頭痛を引き起こします。

二日酔いによる頭痛が治るのにどれくらいかかる?

ところで、アルコールによる頭痛、つまり二日酔いは治るまでにどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

1、2時間で、吐き気や頭痛は解消されることが多ようです。通常ゆっくりと休むことができれば、大抵の症状は比較的短時間で治ります。

しかし実際、アセトアルデヒドが分解されるまでの時間は、丸1日ほどかかります。次の日にお酒が残ると言う状態ならば、かなりの量を摂取したと言う事なのかもしれません。

また、頭痛が1日以上続くことがあれば、二日酔いというよりも片頭痛などの他の病気を疑うべきでしょう。

スポンサーリンク

二日酔いの頭痛に、ロキソニンの効果は期待できる?

笑顔

100歳を超える長寿の方が、実は「毎日お酒をコップ1杯飲んでいます!」と言うようなことをテレビで観たことがあります。これは、アルコールが人体にとって「百薬の長」と言われているように、適量の摂取であれば、健康にとって素晴らしいまさに”薬”であるということを意味しています。

しかし、それぞれの体に合う量以上のアルコールを摂取すると、頭痛を引き起こしたり、胃や肝臓に負担をかけることは良く知られている事です。もし、二日酔いのようにアルコールが原因の頭痛を治したい時、即効性がある薬があれば助かるのではないでしょうか?

そこで、頭痛に即効性のあるロキソニンは、アルコールによる頭痛には効き目はあるのでしょうか?それでは、アルコールと頭痛の関係を詳しく解説し、効果や考えられる副作用について述べていきます。

アルコールが原因の頭痛に、ロキソニンは危険?

アルコールを摂取すると、肝臓がアルコールを分解するために働きます。

そこに、二日酔いの頭痛を解消するためにロキソニンを服用すると、ロキソニンの分解も、アルコールの分解で忙しい肝臓が行うことになります。したがって、ロキソニンの分解がうまくいかず、体内にロキソニンが過剰に効いてしまうということが起きます。

ロキソニンが過剰に効くということは、副作用にもあったように胃や肝臓に負担をかけ、もともとあった症状を悪化させる可能性があります。もしかすると、予想もつかない副作用を引き起こす可能性もありますので、アルコールを飲んだ時のロキソニンの服用は避けるべきです。

アルコールが原因の頭痛に、ロキソニンは有効?

一方で、アルコールを摂取する前にロキソニンを服用すると言う方法で、二日酔いによる頭痛を予防できていると言う人がいます。これは、ロキソニンに、頭痛の元になるアセトアルデヒドをおさえる働きがあることや、鎮静効果により頭痛を感じなくなるとことがその理由のようです。

しかしながらロキソニンに関わらず、薬はすべての人に同じように効くとは限らないと言う事を忘れてはいけません。体内にアルコールがある状態で、ロキソニンを服用して頭痛が解消されても、その人のその時の体調での効き目であると言えます。

すべての人が同じ体格、体調とは限りません。全く健康な人もいれば、風邪をひいている人、昨日退院したばかりの人など様々です。

体調が悪い人が服用することで、どのような副作用が出るか予測不可能ということが、とても危険なのです!

スポンサーリンク

まとめ

結論から言うと、アルコール摂取時はロキソニンは避けるべきということです。

もちろん、説明書にも「薬の服用前後は、飲酒をおやめください。」と明記されているので、どのような状況でも避けるべきです。

厚労省が2016年3月22日に注意喚起された事は、報道されていたので知っている方も多いでしょう。

これは、医療用でロキソニンを服用後に、小腸、大腸が潰瘍して、狭窄、閉塞が現れた患者が3年間で6例あったそうです。死亡例はなかったもののロキソニンとの因果関係が疑われるものが5例あったようです。

これにより、厚労省が一般用のロキソニンにも、大きな副作用として「小腸・大腸の狭窄・閉塞」を説明書に追記するように製薬会社に指示したと言うことで話題になりました。

このことは、ロキソニンだけではなく世の中の薬というものすべてに対して、大なり小なり副作用があることを、改めて認識した出来事でした。

つまり、二日酔いの解消方法として最も安心なのは、水分を多くとる、シジミ汁を飲む、ウコンを含むドリンクを飲む、ゆっくり休むと言う事であり、もっと言うならば「アルコールを飲みすぎない!」これに敵う対処法は無いのです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする