処女膜強靭症の症状や手術について!指が入る場合もあるの?

性交渉というのは将来自分の子供を産むうえで欠かせない行為です。ですが、その性交渉の時に毎回痛みが伴ってしまい幸せである時間が苦痛でしかないと感じてしまう事になってしまうかもしれません。

毎回痛いとなってしまうと性交渉を行うのが怖くなってしまったり、妊娠しても難産になる可能性もあるのです。その原因について見てみましょう。

スポンサーリンク

処女膜とは

uterus-1089344_960_720

処女膜とは膣の入り口付近にあるヒダの事です。よく処女膜を破るという表現をする人がいて、膣内に膜が張っていると思っている人が多いですが、形はその人によって変わり、一般的に膣の入り口を狭めているように位置しているだけなので膜を張っているというわけではありません

稀に膜を張っている人がいますが、そういう場合でも小さな穴が開いているので、月経の血やおりものが排出されます。しかし、処女膜が膣を完全にふさいでいる処女膜閉鎖症という状態のものがあり、これは女性の体に危険なものです。

処女膜の穴は小指1本分の大きさですので、男性器が挿入される事によって処女膜が広がって損傷してしまう事で出血してしまうのです。また、処女膜の穴が大きい人もいるのでそれほど出血する事が無い人もいらっしゃます。

スポンサーリンク

処女膜強靭症

family-78710_960_720

処女膜強靭症について知っておきましょう。

どんな病気なのか?

処女膜強靭症とは、処女膜が通常より厚くなりリング状に硬くなってしまう事を言います。本来の処女膜は厚さ1ミリほどでとても柔らかい粘膜ですので、性交渉の際に伸び縮みしやすくなっています。

そして性交渉の回数を重ねる事に処女膜が馴染み、出血や痛みなどを感じなくなります。日常生活では特に不便な事は無いのですが、性交渉の際に痛みが伴い辛い思いをしてしまうのです。

症状

普段の生活では違和感や痛みなどはありませんが、性交渉の際に激しい痛みを感じ出血していまします。また、酷い場合ですと挿入すら出来ないという状態にもなります。

性交渉の場合だけでなく出産する場合も難産の原因となります。処女膜強靭症の人でなりがちなのが、性交恐怖症・不妊症になる場合があります。

原因

この処女膜強靭症の原因は生まれつきなのもありますが、心理的なものであると言われています。

治療

性に関する病気は人に相談することも恥ずかしく、自分でなんとか解決しようとする人が多いのですが、何か普通と違うかも?と思ったら自分の為にもすぐ産婦人科を受診しましょう。精神的な事が原因の場合もあるので、まずはカウンセリングを受けて様子を見ます。

また、挿入辞にローションやゼリーなどを使用すると改善される場合もあります。どうしても改善しない場合は、処女膜切開手術を受けます。

――手術――

基本的に局所麻酔を行い手術をしますが、人によっては静脈麻酔を行う場合があります。不安や心配が強い人は静脈麻酔ですと眠っている間に手術が終わるので安心出来ます。麻酔をした後処女膜の厚くなっている部分を切開し終わりです。手術時間はわずか20分と短く、日帰りも可能です。

●処女膜切開手術後の注意

・手術後は数日出血があります。

・シャワーは手術を受けた日でも可能ですがお風呂は避けて下さい。元々デリケートな部分な上に手術をしているので、万が一何等かの菌感染してしまうと大変です。

・性交は1ヶ月間避けなければいけません。これも感染予防です。

手術費用は10万円~30万円となっています。保険は適用外になっています。

スポンサーリンク

その他処女膜の病気

pain-1015573_960_720

その他処女膜に関する病気を紹介します。

処女膜閉鎖症

処女膜は先ほど記述した通り完全に膜で覆われているわけでは無いのですが、処女膜が完全に塞がっている場合がこの処女膜閉鎖症と言います。主な原因は先天的な異常と考えられています。

――症状――

通常であれば処女膜に穴が開いており、そこにおりものや月経血などが通りますが、この処女膜閉鎖症の場合外に排出できないので、子宮に血液や液体が溜まってしまい下腹部に痛みが起こります。

18歳になっても初潮が来ない無月経の原因にもなりますし、膀胱が刺激されたり排便痛を引き起こす場合もあります。

――診察や治療――

まず超音波検査やCT検査で子宮内に液体が溜まってないかを確認します。処女膜閉鎖症でも処女膜切開手術を行います。また閉鎖してしまう恐れもあるので、周囲を縫合してしまいます。

処女膜裂傷

性交渉などにより処女膜に裂傷が起きる事を処女膜裂傷と言います。

――症状――

性交渉中に処女膜が傷付いてしまうと痛みと出血があります。しかし傷付いた部分は自然治癒ですぐ治るのでそこまで気にする事はありません。まれに裂傷の度合が酷過ぎて自然治癒では治らない場合があるので、病院に行く必要があります。

――原因――

主に挿入時激しい行為をしてしまうと傷がついてしまいます。女性の気持ちとは裏腹に無理に挿入された場合や、膣内が濡れていない時に挿入してしまった場合に比較的なりやすいです。また、普段と同じ挿入の仕方でも女性の膣状態によっては突然裂傷を起こしてしまいます。

女性の膣内は肉体的にも精神的にも影響も受けやすいとてもデリケートな場所です。いつ何時膣内が弱っているかわからないので、普段から無理をしないようにする事が大事です。

スポンサーリンク

処女膜は自然に再生しない

japanese-1206509_960_720

処女膜は暫く性交渉をしていないと自然に再生するという説が出回っており、勘違いされている人が多いのですが実際は、一度拡がった処女膜は手術をしないと再生する事はありません

暫く性交渉を行っていない人で、久しぶりに性交渉を行った際にきつくなったという人がいると思いますが、それは単に広がっていた膣内が元の膣の大きさに戻っただけで、処女膜が再生したわけではありません。

また、再び初めての性交渉と同じような痛みや出血が起こるケースがあるので、処女膜が再生したと勘違いしてしまう人が多いようです。

スポンサーリンク

処女膜再生手術

処女膜は自然再生がしないという事がわかっているので、処女膜再生手術というものが存在します。なぜそんな手術が存在するの?処女膜を再生させる意味はあるの?と思う人が多いと思います。

処女膜を再生するメリットは?

・マンネリ化した性生活を改善

膣の形は強い刺激が無い限り同じ形をしており、付き合っている男性のペニスの形で形成されます。ですので、いつもと違った形で刺激をしてあげたいという人にオススメです。

・男性に初めてだと証明したい

処女膜は性交渉以外に、スポーツや生理用品のタンポン使用でも処女膜が縮まる場合があります。でも行為はまだなので相手の男性に初めてという事を証明したい為に手術する人もいます。やはり男性の中には性交渉の時に「処女膜の感覚が無い+出血が無い=初めてでは無い」と思う人が多いようです。

・望まない性交渉をしたのを忘れたい

何かしらの望まない性交渉や事故で処女膜を損傷してしまった場合、それを忘れたいが為に手術をする人がいるようです。

・処女膜再生で若返り

処女膜を再生する事によって、精神面の若返りを図りたい女性がいるそうです。実際処女膜を再生すると気持ちがまったく変わるそうで、それが見た目にも現れるようです。

手術内容

手術は主に整形外科で行われます。種類は3種類あり「プチ再生術」「縫合再生術」「レーザー再生術」になります。

――プチ再生術――

膣に残っている膜を数か所、糸で縫い止める方法になります。性交渉の時に挿入される事で糸で止めている部分が切れて出血するので、まるで処女を奪ったかのような感覚を味あわせる事が出来ます。手術を行った当日はお風呂は禁止でシャワーでしたら当日から大丈夫です。

手術費用は15万円と、処女膜再生手術の中で一番安くなっています。しかしこのプチ再生術は1週間以内で糸が溶けてしまうので計画を立てて性交渉まで持っていかないと、意味が無くなってしまいます。

――縫合再生術――

膣に残っている膜を全て集めて処女膜を元の形に縫い合わせる方法です。とても高度なテクニックが必要でダウンタイムも1週間から1ヵ月と長いので、その間に性交渉が出来ないのが難点です。

ですが処女膜が失われないのでプチ再生術より長期間楽しめるというのが利点です。手術費用は20万円ほどです。

――レーザー再生術――

膣に残っている膜にレーザーの熱を当て、膜をくっつけ縫い止める方法です。ダウンタイムが短めで処女膜も再生します。この手術方法が一番高めで手術費用は25万円ほどです。

これらの手術は麻酔をしてから開始するので、麻酔時のちょっとした痛みのみで膣内の痛みに関しては不安になる事はありません。手術後は2.3日ほど出血があるのでナプキンを着用します。タンポンですと施術部分に負担を掛けてしまうと共に、感染症などを引き起こす場合があるので避けて下さい。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?今まで性交渉の痛みで悩んでいた方、あまり気にしていなかった方、もう一度見つめ直してみて下さい。ちょっとの痛みでも処女膜強靭症の可能性があるかもしれません。今はちょっとの痛みかもしれませんが、徐々に酷くなったり現在のパートナーの大きさよりも大きい人の相手が出来なくなってしまうかもしれません。更に不妊や難産の原因になってしまう危険性もあるので、恥ずかしがらずに受診して見てはいかがでしょうか。また、精神面の変化で今まで痛くなかったものが処女膜強靭症になり痛みと出血が伴う場合もありますので、カウンセリングをオススメします。

処女膜の関連で再生手術に関してもご紹介しましたが、人工的に再生出来るという事がビックリですね。女性にとって処女を奉げるというのは人生に1度きりになりますが、また味わう事が出来る素晴らしい現代の医療技術ですね。

関連記事として、

陰部の痛みの原因は?女性に多い病気や対処について!

性交の後に出血が起きる原因は?症状や対処方法を紹介!

処女の特徴って?見た目や行動、仕草でわかっちゃう?

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする