不器用である人の特徴や長所・短所を知ろう!改善方法は?

世の中には、上手く立ち回って楽に生きている器用な人と、何事にも不器用で、本来の力を発揮できていない人がいます。職場でも「どうしてこんな簡単なことができないの?」と思うような人や、いつまでも1つの仕事にこだわってしまう人などを見ることがあるでしょう。そうした人は、決して悪気があるのではなく、ただ不器用なだけかも知れません。

不器用な人はその不器用さに悩んでいるかも知れませんが、不器用には不器用なりのよさもありますし、克服方法もあります。まずは、不器用な人の特徴を知り、対処方を考えていきましょう。

不器用な人の特徴

mistake-876597_1280

それでは、不器用な人には、一体どのような特徴があるのでしょうか?

特徴を知ることで、そうした人との付き合い方や、改善の仕方が見えてくるかも知れません。

人を信じすぎる

不器用な人は、人の言動1つ取っても軽く考えることができません。強すぎる良心は、時に周りをも巻き込んでしまいます。そして、こうした人を信じすぎる点は結婚して家庭を持っても変わらないので、場合によっては家族となった人に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

いわゆる「きれいごと」を真に受け、真剣に受け止めてしまうため、周りからすると少々厄介です。人生、きれいごとでは割り切れないことばかりですが、人を信じすぎてしまう人は、それを行動にうつしてしまうのです。

手を抜かない

また、不器用な人の特徴は、適当なところで手を抜かない、というところにもあります。何事も100%の力でやろうとするので手を抜くことができません。何かを作り上げるにしても、通常ならばコストとクオリティのバランスを見て進めますが、不器用な人はクオリティを最優先してしてしまいます。質のよいものを提供できると言う意味では素晴らしいですが、仕事となるとコストパフォーマンスが非常に悪くなりますし、労力も大変なものとなるでしょう。

器用な人は、ほどよく手を入れて、そこそこ質のよいものを作って評価を得ますが、それをできない不器用な人は、手柄も横取りされてしまう可能性がありますし、コストが掛かりすぎるので、労力に見合った評価をされにくいのが特徴です。

融通が利かない

融通が利かないというのも、不器用な人の特徴です。真面目で、自身がこうと決めたことは最後まで貫き通す意志の強さを持っていますが、逆を言えば周りの意見に耳を貸さない、と言うことにもなります。

こういった人は、順調に進んでいるうちはよいですが、一度問題が起きると、それに合わせて軌道修正をすることができないので、場合によっては最悪な結果をたどることとなります。理想と現実は違うのですから、問題が起きれば、現実的な方向で軌道修正をかけることも時には必要です。しかし、それができないからこそ苦しんでしまうのです。

また、こうした頑固さや融通の利かなさは本人よりも周りを苛立たせます。「もっと効率的な方法があるのに」と周りが不満を募らせても、本人は自分のやり方に忠実なので、人間関係に亀裂が入ってしまうことにもなりかねません。

断るのが苦手

不器用な人は、できないことや嫌なことをはっきりと断れないのも特徴です。いい人とも言えるかも知れませんが、断れないだけなのですから、本人は苦痛ですよね。

NOと言えない人は、職場でも面倒な仕事を押しつけられがちです。誰しも、やりたくない仕事は何とか逃れたいですから、断らないのをよいことにアテにされてしまうのは、仕方のないこととも言えます。

しかし、面倒なだけならまだしも、能力的にできないものや、不向きな仕事を引き受けてしまうと、本人が疲れるだけでなく、結果的に周りにも迷惑をかけることにもつながります。できないことは「できない」と、はっきり断ることも大切です。

気を遣いすぎ

気遣いのできる人は素敵ですし、自分勝手な人よりも好かれる傾向にあります。優しい人、という評価も得られるかも知れません。

しかし、気を遣うことは本来疲れることでしょう。相手の気持ちをくみ取り、察し、嫌な思いをさせないようにすることはなかなか大変です。

もちろん、円滑な人間関係を築いていく上で、気を遣うことは大切ですが、遣いすぎて本人がストレスを溜め込んでしまっては意味がありません。

いつも気を遣っていると、それが当たり前になって、周りも感謝の気持ちを忘れてしまうかも知れませんし、たまに少し気を抜いただけでもマイナス印象を持たれてしまう可能性もあります。気を遣うのは、時と場合を考え、適度にしておくのがよいでしょう。

作業が遅い

また、不器用な人というのは、往々にして作業が遅いものです。これは、単純に手先が不器用などだけではなく、求められていることに対し、早く行動することができないのです。そのため、周りはイライラして、そのイライラがプレッシャーとなり、さらに時間がかかってしまう、というような悪循環に陥ってしまうケースもあります。

不器用な人は、仕事が遅くても一生懸命に取り組んでいることが多いですから、よい面は受け入れ、仕事は1つずつ丁寧に指示するように心がけるとよいでしょう。

決断するのが遅い

決断が遅いと言うのも、不器用な人によく見られる傾向です。不器用な人は自分に自信がないため、勇気を持って決断することができないため、いつまでも考えてしますのですね。さらに悪いことに、悩んだ結果自分が出した答えについても不安は消えません。

そのため、1度下した決断を覆してしまうこともあり、周りから見ると、「優柔不断な人」「いつまでも結論が出せない人」として、マイナス印象を持たれてしまうのです。

矛盾した行動を取ってしまう

たとえば、ハンバーグが食べたいのにパスタを頼んでしまったり、興味もないのにセミナーに参加してしまったりと、心で思っていることと実際の行動が伴わないことが多いのも特徴です。

こうした人は自分の決断を常に不満に感じているので、周りにもそれが伝わってしまいます。自分の好きなことをして、好きな道を歩んでいる人はキラキラ輝いて見えますよね?不器用な人は、常に自分の思いとは違う方向へ進んでしまいがちなので、毎日に満足感を得にくいのです。

何事も考えすぎる

何事もさくさく決めるだけが脳ではないでしょう。時に熟考し、複数の答えを導き出しながら、最もよい方法を選ぶのがよいでしょうが、不器用な人は少し事情が違います。大切な決断を下す時、誰かの意見を参考にしたり、過去に学んだりすることは大切ですよ。

しかし、誰かと共同作業する場面などでは、決断の遅さはタイミングのズレにもつながりますから、いつまでもダラダラ考えてしまうのはよろしくないでしょう。また、相手が全く違う考え方をしていた場合、方向性がバラバラになってしまい、結局考え直しになることもあります。まずは1人で考えず、人と相談しながら方向性を決めるとよいでしょう。

説明が下手

時分の考えを人に説明するためには、頭の中にあることを整理し、順序立てて伝えることが必要です。また、話を聞いた相手がきちんと理解できるよう、必要な情報はまとめ、言葉も思ったことをそのまま伝えるのではなく、整理しながら話さなくてはなりません。

しかし、不器用な人はこれが苦手なようです。話を聞いていても、結局何が言いたいのか分からなかったり、肝心な部分の説明が抜けていたり、情報量が多すぎたりと、説明が分かりにくい人は不器用であるかも知れませんね。

不器用な人の長所と短所

food-2499717_1280

このように、不器用な人は日常生活でも数々の困難がありますし、損をすることも多いようです。しかし、不器用が悪いということではありませんよ。

では、不器用な人の長所と短所について見ていきましょう。

不器用な人の長所

仕事が丁寧

不器用な人は、仕事の効率を考え、上手く立ち回ることができないので、クオリティの高い仕事をすることができます。

また、コツコツ仕事を突き詰めていけるので、中途半端な仕事ではなく、その道のプロと呼べるほどのレベルにまでスキルを磨き上げることもできるでしょう。

また、真面目な人柄は好感を得やすく、周りの信頼も集めやすいですね。1つの仕事を長く続けている上では、こうしたメリットも多いと言えるでしょう。

諦めない

不器用ということは、それだけ失敗するリスクも高くなります。思っていたようにできずに、何度もやり直すという経験をした人もいるでしょう。

しかし、やり直せるということは、それだけ努力を重ねているということでもあります。1度で成功してしまう人には経験のできないことも体験できるかも知れません。

次に失敗した時、その経験を活かして成功を手にすることもできるのです。ですから、何度も失敗してやり直すということは、決して悪いことではありませんよ。

信頼が厚い

不器用な人は口数も少ないことが多いので、人から誤解を受けることも多いですが、1度信頼を得られれば、それが崩れることはあまりありません。

口が上手くていい加減な人や、デリカシーのない発言をしてしまう人に比べれば、不用意に人を傷つけたり不快な気持ちにさせたりすることがないので、好感を得やすい性格とも言えますね。

不器用な人の短所

短所は、なんと言ってもその愚直さです。1つの方法でしか進めることができないので、急な変更に対応できません。

また、効率を最優先するような職場では、非効率なやり方は反感を買うこともあるでしょうし、仕事のできない人という烙印を押されてしまうかも知れません。

不器用な人の恋愛

heartsickness-428103_1280

不器用な人は、仕事だけでなく恋愛においても不器用さを発揮してしまいます。恋愛とは、相手との駆け引きですかラ、不器用で自分の思いを上手く伝えられないと、叶う恋も失敗に終わってしまう可能性が高くなります。

では、不器用な人の恋愛には、どのような特徴があるのでしょうか?

告白できない

恋は1人でも始めることはできますが、思いを叶えようとしたら、相手に気持ちを伝えなければいけません。しかし、不器用な人な人はこれが非常に苦手なのです。好きだと言う気持ちをどのような言葉で伝えればよいのか分かりませんから、自分から連絡を取るということはほぼないでしょう。

告白はもちろん、仮に付き合い初めても、デートに誘ってくることもないので、付き合っている方としては、相手にどう思われているのか分からず、不安になってしまうかも知れません。

自分の感情をどのように表現すれば良いのか分からないだけなのですが、いつまでも言い出せない自分に嫌気がさして、嫌われるくらいならと行動に出ないことさえあります。そうしている内に、周りにいるもっと恋愛上手な人に好きな相手を取られてしまうこともあるでしょう。

特に相手が女性の場合、告白やデートの誘いは男性から、という傾向にありますから、物足りなさを感じてしまうかも知れませんね。いつまでも待たされている内に、他の男友達と仲良くなってしまう、ということも十分にあり得るのです。

デートはいつも同じ場所で

上手くいって付き合えたとしても、まだ問題はあります。不器用な人は安心できる場所、行き慣れている場所へ行きたがるため、デートの場所がワンパターンになりがちなのです。

もちろん、好きな人といられれば、場所なんてどこでもいい!という人もいるでしょうが、多くの場合、せっかくデートをするなら前とは別の場所に行きたい、という人が多いでしょう。たとえ人気のデートスポットであっても、自分が行ったことのない場所では、自分らしく振る舞うことができないかも・・・という不安から、めったに出向こうとはしません。

こうした人の場合、逆に相手にリードを取られる、というパターンもあるでしょう。知らない場所でも積極的に出向く相手なら、人気のデートスポットに足を運ぶこともあるかも知れません。しかし、せっかく新しい場所に行けたのに、本人は知らない場所でドギマギしてしまい、デートを楽しめないことが多いようです。自分のテリトリーで安心したいので、いつもデートは同じ場所、となってしまうのですね。

愛情表現が少ない

不器用な人は口下手で、自分の思っていることを相手に伝えるのが苦手です。ですから、ちゃんと相手を愛していても、口に出してそれを伝えることはほとんどないでしょう。熟年夫婦などでもよく見られますが、本当は奥さんを大切に思い、感謝しているのに、愛情表現がないために奥さんが不満を溜め込んでしまう、というパターンですね、

これは結婚ではなく、恋愛においても言えることです。本人はちゃんと愛情表現しているつもりでも、相手に全く伝わっていないので、知らず知らずのうちに不安や不満を募らせてしまうのです。

特に付き合いたてや、相手が愛情表現をしっかりしてほしいタイプだと厄介です。場合によっては別れ話にも発展しかねません。もちろん、人によっては控えめなところが可愛い、愛おしいと感じてくれ、恋が上手くいく場合もあるでしょう。

しかし、特に女性の場合は、言葉で言ってくれなければ分からない!という人が多いですから、愛情表現の下手さが恋愛のネックになってしまうことは避けがたいと言えますね。恋愛を上手くいかせるためには、マメな愛情表現を求める相手は避けた方がよいかも知れません。

会話がかみ合わない

不器用な人は口下手ですから、自然と口数も少なくなります。自分の話はせず、聞き役に徹することが多いでしょう。しかし、相手の話題に合わせて上手く話を合わせたり、適切な相づちを打ったりすることができないので、会話がかみ合わなくなってしまうこともよくあります。

相手が望んでいない反応をしたり、トンチンカンな突っ込みをしてしまったりすると、相手も話す気が失せてしまいますよね。特に、自分が詳しくない分野の話であったり、予想もしない話題を振られたりした時には顕著に現れます。

かみ合わない会話というのは気持ちの悪いものですし、相手にとっても想定外の反応をされるわけですから、上手く対応できず、互いに黙り込んでしまうことにもなりかねません。恋人同士の楽しい会話も、かみ合わなければ微妙な時間になってしまい、そこから話が膨らむことは内でしょう。

会話をきっかけに絆が深まったり、次のデートスポットが決まったりすることもないので、せっかくのデートもつまらないものになってしまうかも知れません。「この人と話していると疲れる」と思われてしまい、距離を空けられてしまうこともあり得ますから、それがたとえ雑談でも、会話が与えるストレスはかなり大きいものになりそうですね。

不器用な人の克服方法は?

courses-2318037_1280

このように、不器用な人には長所も短所もあり、やり方次第では仕事で成功することもできるでしょう。しかし、やはりリスクは多いですし、恋愛の失敗も増えてしまいます。

改善できる者なら改善したい、と思っている人も多いのではないでしょうか?そこで、不器用さを克服する方法をご紹介します。

積極的に人と接する

不器用さを克服するためには、短所を直していくしかありません。そこで、まずは苦手な人への接し方から改善していきましょう。感情表現の下手さから、どうしても口数が少なくなってしまいがちですが、積極的に人と関わることで、自分のことを知ってもらう努力が必要です。

もちろん、いきなり長い会話をするのは難しいでしょう。ですから初めは、笑顔で挨拶するところからで構いません。誰だって、笑顔で挨拶されて嫌な気分になる人はいません。

口を利けば、「気難しそう」「話しかけにくい」といった誤解も解け、よりスムーズな人間関係を築くきっかけにもなります。

助けを求める

不器用な人は何でもかんでも1人で抱え込んでしまい、自分を追い詰めてしまいます。しかし、人間助け合いも大切です。

無理をしすぎず、辛いと思ったら助けを求めることも大切ですよ。また、いざとなった時に頼ってもらえると、信用されていると感じることもできますから、良好な人間関係を築くポイントにもなるのです。

物事の優先順位を決める

物事には優先順位というものがあります。何もかもを1度に片付けることは不可能ですから、今最も優先すべきことは何かを考え、順位付けする癖をつけましょう。

不器用な人は、状況に合わせて仕事のやり方を変えるのが苦手ですから、優先順位を付けずに仕事してしまうと、本当に急ぎの仕事が後回しになってしまう可能性もあります。逆に、1つの仕事を集中して行うことは得意なのですから、やり方を少し変えるだけで、活き活きと仕事をすることができますよ。

下準備をする

また、不器用な人は他の人よりも入念な準備が必要ですから、下準備をしっかりとしておくことも大切です。資料などがあるのならばしっかりと目を通しておき、作業の手順を頭に入れておきます。

そして、必要な道具も事前に揃えておくようにしましょう。十分な下準備をせずに挑んでしまうからつまずいてしまうのでって、少しだけ人よりも多く準備をしておくことで、他の人と同じスタートラインに立って仕事に向かうことができますよ。

イメージトレーニングをする

不器用さを克服するためには、イメージトレーニングも重要です。

作業に入る前に資料やマニュアルで手順をしっかりとチェックし、頭の中でイメージトレーニングを繰り返しましょう。

経験を積む

いくら不器用とは言え、経験は宝です。子どもよりも大人の方が何かとできることが多いのも、多くの経験を積んでいるからに他なりません。

苦手意識で避けてばかりではいつまで経ってもできるようになりませんから、積極的に色々なことに挑戦し、経験を積むようにしましょう。最後には経験がものを言うのです。

不器用な人に向いている仕事

broken-1001668_1280

不器用な人は、仕事1つ1つに丁寧に向き合うため、同時進行やスピード重視の職場には向かないでしょう。

しかし、不器用な人が持つ丁寧さや愚直さというのは、時として武器にもなります。そこで、不器用な人に向いている仕事をご紹介しましょう。

教師やインストラクター

不器用な人は、できないことや失敗体験が多いので、人の気持ちがよく分かります。だからこそ、相手の心に寄り添って物事を教えることができるのです。何でもできてしまう人に教わって「なんでできないの?」などと言われ、嫌な思いをした経験はないでしょうか?

できてしまう人は、よほど想像力豊かな人でない限り、自分のレベルに経って物事を考えがちです。だからこそ悪気なく相手を傷つけたり、不快にさせてしまったりすることがあるのですね。

その点、不器用な人は自分ができないので、できない人の気持ちがよく分かるのです。また、丁寧に根気強く、集中して物事に向き合うことが得意であるため、相手が分かるまで、何度も向き合ってくれるでしょう。相手にとって、非常にありがたい存在であると同時に、そこには信頼関係も生まれやすいのです。

営業などの接客業

こちらは、向いているというよりは、お客様の信頼を得やすいという意味でおすすめです。営業などの接客業は、相手の要望をくみ取り、観察し、瞬時に判断することが求められますから、不器用な人の特徴からすると向かないでしょう。

しかしその分、丁寧に商品説明をしたり、相手の気持ちをよく考えながら話をすることができるので、効率や成績ではなく、相手の心を掴むという意味では、むしろ有利と言えるでしょう。

特に営業では、口が上手くても調子がよいばかりで、顧客の話を大して聞いていない人もいます。商品説明が早口で、素人からすると何のことやらさっぱり分からない内に契約させられてしまう、ということもあるでしょう。

そんな時、不器用な人は相手が分かるように根気強く説明できるので、好感を得やすいのです。また、心から相手を思って話を進める分、時間はかかっても「次もこの人に頼みたい」と信頼を得ることもできます、

特に家などの大きな買い物の場合、額が大きいですから、納得するまで購入には踏み切れませんよね。だからこそ、親身になって話を聞いてくれる人がよいのです。本来向いていない仕事でも、自分の長所を最大限に活かすことで、思わぬ結果を手に入れることもできますよ。

政治家や議員

また、臨機応変な判断や対応が求められる政治家や議員にも、不器用な人はいます。そうした人は、不器用故に失敗したり時間がかかったりすることもあるでしょうが、義理人情の厚さで人からの信頼を得ることはできるでしょう。

また、田原総一朗さんによれば、政治家は器用な人よりも少し不器用な方が成功すると言うのです。意外かも知れませんが、器用な人は上を追いかけることが上手いため、信用されにくいという一面もあるようです。不器用さこそが成功の秘訣になることもあるのですね。

まとめ

cheers-839865_1280

いかがでしょうか?不器用と言うと、マイナスのイメージが強いですが、不器用には不器用なりのよさもあります。不器用な恋愛を描いた「不器用なサイレント」というマンガもあるくらいですから、不器用さは一種の魅力とも言えるのかも知れませんね。不器用で感情表現の苦手な少年・遠野が、憧れの同級生・田宮に告白をされるという純愛を描いた作品です。

また、3人の複雑な恋愛関係を描いた「不器用なトライアド」という小説もあります。どちらもスマートフォンで利用できる無料アプリで提供されています。気になる人は読んでみてはいかがでしょうか?

不器用さを自分の武器に変えることで、器用な人にはない強みを手に入れることもできます。不器用だから諦めるのではなく、積極的にトライアンドエラーを繰り返し、経験を積んでいきましょう。

関連記事として、

無愛想とは?特徴や男女別の心理、接し方を知ろう!

口下手とは?種類や問題点、メリットを知ろう!治すにはどうすればいい?

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする