弱い人間の特徴とは?強い人間になる方法を知ろう!

あなたの周りに弱い人間はいますか?それともあなた自身が弱い人間ですか。肉艇的、精神的関係なく、人間誰しも弱い部分はあります。

しかし、自分が弱いことを理由にして甘えて生きているような人は少ないです。皆自分の弱さを相手に知らせないように生きているのです。

弱い人間の8つの特徴

PAK86_atamawokakaerudansei20131223_TP_V

では弱い人間にはどのような特徴があるのでしょうか。弱い人間の特徴を知ることで、どのような特徴がある人が弱い人間だと思われるのかを知ることができます。

①落ち込みやすい

弱い人間は落ち込みやすいという特徴があります。他の人だったら気にしないようなちょっとした失敗でも、深く落ち込んでしまうところがあります。そのため、精神的にも不安定でうつ状態になってしまったり、統合失調症やうつ病にかかって精神科に受診するような精神疾患にかかりやすいと言えます。

もちろん失敗を反省することはいいのですが、その失敗から学ぼうとすることなくずるずると落ち込んでいると、周囲の人から弱い人間だと思われてしまうのです。

もちろん落ち込むことは誰しもよくあることなので、落ち込んでからどれだけ早く立ち直って対策をすることができるのかがとても大切です。失敗した後に改善策を考えずに、いつまでも落ち込んでいると、解決しませんし、同じ失敗を繰り替えしてしまう可能性があるため、落ち込む時間は出来るだけ短くして、すぐに立ち直れるように気持ちを強く持ちましょう。

②自分に甘い

弱い人間は基本的に自分に甘いです。人間なら誰でも自分に甘いところがありますが、弱い人間は自分への甘さが極端なのです。

気分が乗らないようなことややりたくないことは仕事であってもやりたがりません。周りの同僚が頑張っているのに、マイペースで仕事をするため、協調性が無く、職場では責任感が無い人というイメージがついてしまいます。

また、自分の思い通りにならなかったときに激怒したり、文句を言う人も弱い人間と言えるでしょう。

③自分の意見を持っていない

弱い人間はいつも人任せで自分の意見を持っていません。そのため、意見や考えを求められたときに何も話すことができません。自分の発言に自信が無かったり、責任を負うのが嫌だという気持ちを持っているのです。

誰かに任せれば、何かトラブルが起こった時に、その人の責任にすれば、自分は責任を負う必要がないと考えているので、自分の意見を言わなくなってしまうのです。

プライベートであれば、このような行動をしていても問題はありませんが、会社などでこのような行動をしていると、主体性が無く、能力のない人だと判断されてしまうため、活躍することができなくなってしまうため、いいことはないのです。

④体力がない

弱い人間は体力がなく、運動が苦手だという特徴があります。そのため、階段を昇ったりするだけで息が切れってしまったり、疲れやすいと言えます。激しい運動をする生活をしていなくても、普段の生活に支障が出てしまうくらい体力がないと、周囲の人に迷惑をかけてしまいます。もし体力がないと自覚しているのであれば、体力づくりをしたほうがいいでしょう。

健康な身体づくりはストレスを軽減するだけでなく、生き方をイキイキさせてくれるため無くてはならないものです。年齢と主に体力はどんどんと衰えていくため、そのまま何もしないと、体力が衰えてしまいます。

若いころに運動していたという人であっても年齢とともに体力は衰えてしまいます。毎日の健康と体力づくりのために運動をしておきましょう。

⑤すぐに諦めてしまう

弱い人間はすぐに諦めてしまうところがあります。人と言うものは失敗したり、困難な状況になってしまったときに、改善策を考えるものなのですが、弱い人間は難しいと感じたらすぐに諦めてしまいます。

もちろん時には諦めも肝心なのですが、それはもう何をやっても改善が出来ないとなった時に諦めるのです。何もしていないのに諦めてしまうのは弱い人間がすることがと言えるでしょう。

困難があったとしてもすぐに逃げ出すような考えを持つことなく、どうやって乗り越えればいいのか考えて実行できる人間が強い人間だと言えます。すぐに諦めてしまうと、また同じ困難に直面したときに、対処法を考えることができず、また諦めてしまうと言う事になるのです。

すぐに諦めてしまう人は、諦める前にできることは無いのか考えるようにしましょう。

⑥メンタルが弱い

弱い人間はメンタルが弱いです。例えば、禁酒すると決めたのに三日坊主で終わってしまったり、日記を毎日書こうと決めたのに2,3日もしないうちに書かなくなってしまうなど、メンタルが弱い人は弱い人間だと言えます。

もしこれが仕事で、納期までに間に合わせることができなかったり、締め切りが過ぎているのにも関わらず仕事が終わらない、残業が多いなど、これも仕事に対してメンタルが弱いからだと言えます。

メンタルを強くしない限り、いつまでもこのままです。問題が起こるたびに自分のメンタルの弱さを実感し、自己嫌悪に陥ってしまうのです。

⑦新しい挑戦をしない

弱い人間は新しい挑戦をしようとしません。人は人生の間にいろいろな新しいことを挑戦するものですが、弱い人新しいことに挑戦することに対して大きな不安を感じてしまうため新しく挑戦することをしないのです。

もしチャンスが訪れていたとしても辞めてしまうため、恋愛でも良い出会いに恵まれにくいと言えます。変化のない人生を受け入れるしかないのです。

また、自分でその人生や行動を選んだものの、不満を持っているため、いつも後悔ばかりで愚痴が多いと思われやすいです。自分が弱いから、新しい挑戦をして自分の人生を変えようという勇気が出ないのです。

⑧依存しやすい

弱い人間は何かに依存しやすい傾向があります。弱い人間はちょっとのストレスでも大きな負担になってしまうため、何かに依存してしまいがちになってしまいます。依存の対象としてよくあるのがたばこやお酒などです。たばこやお酒でストレスは一時的に改善されるものの、結局むなしさを感じてしまったり、マイナス思考になってしまいます。

人によっては恋愛依存や買い物依存などになる人もいますが、どの方法にしても身体を壊してしまったり、人間関係でトラブルが怒ったり、お金が無くなったりと、良いことはありません。何かに依存すれば依存するほど、人生も壊れてしまうのです。

強い人間になるために行う6つのこと

YUKA150701558664_TP_V

弱い人間から強い人間になりたい。中にはそのように思う人もいるでしょう。このように思っている人はどうすれば強くなれるのかを考えていると思います。

ここでは強い人間になるための方法をご紹介します。

①相談相手を見つける

強い人間になりたいと思ったときにおすすめ度が高いのが相談相手や指導者、助言をしてくれるコーチを見つけることです。ただし、その対象物は身近にいる人や存在している人ではなく、芸能人や過去の偉人、アニメなどのキャラクターでも良いです。

ただ、困った時や悩みを相談したときにアドバイスやカウンセリングをしてくれるような身近な人が最も好ましいと言えます。師匠と慕えるような人を見つければ、自分が強い人間になるためにその師匠が道を示してくれるでしょう。

②小さな成功を積み重ねていく

どんなことでも理想をただ思い描いているだけではいつまでも実現させることはできません。今の自分にできなくても、将来の自分ができることもあります。先がどうなるのか不安でも、まずは始めてみることがゴールに近づくただ一つの方法なのです。

小さな成功を繰り返していくことで、いつかは大きな成果を得ることができます。成功体験を重ねることで、自信もつきますし、ゴールも見えてくるでしょう。

③失敗を成功の元にする

時には失敗したり挫折してしまうこともあるでしょう。しかし過去の偉人は失敗を何度も繰り返して結果的に成功を収めています。

強い人間になるため失敗をしたらその原因を突き止めて、それを踏まえて挑戦していくことが大切です。弱い人間は失敗をするとすぐに自信失くしてしまいます。すぐに自信を無くして諦めてしまうのではなく、その失敗を次に生かしていきましょう。

④自分磨きをする

強い人間になるために、自分自身のどこが良くて、何が足りないのかを分析して、足りない部分を補えるように自分磨きをする必要があります。

1人で自分自身に向き合っていると、嫌な気持ちになることもあるでしょう。しかし、自分の悪いところと向き合うことに耐えることができなければ、強い人間になることはできません。

自分自身を見つめ直して強い人間になるには誰にも頼ることができないことを心にとどめておきましょう。

⑤挑戦することを恐れない

強い人間は、どんなに困難な事でも挑戦することを恐れません。失敗する覚悟を持って前向きに行っていくという力を持っています。この力を身に着けるために努力をすることは大切なことです。

勉強や仕事、夢などどんなことでも構いませんので、自分にとって厳しい、達成できなさそうだと感じる環境に飛び込んで、その中でひたすら努力をしてみましょう。

そうすれば精神的にも強くなり、成長することができるでしょう。失敗やプレッシャーを恐れていては何もできません。それを覚悟して挑戦するから成長することができるのです。

⑥感情をコントロールする

強い人間はちょっとしたことでは動揺したいしません。人から悪口を言われたり、トラブルがあったとしても、感情に振り回されることがありません。

強い人間になるには感情をコントロールする能力が必要です。ただ、感情をコントロールするのはとても難しいことです。だからこそ、感情をコントロールしていつも冷静にいる人が強くみられるのです。

まとめ

tsuyoshi-2_TP_V

いかがでしたか。弱い人は外見的にも内面的にも弱弱しく周りの人から見ても頼りがいや信用性に欠けてしまいます。打たれ弱くすぐに落ち込んでしまうため、周りの人も余計に気を遣う必要があるため疲れさせてしまいます。

強い人間はいつも先を見て自分の人生をよくしたいという向上心にあふれており、成功するために新しい挑戦や努力を惜しみません。このような強い人間になるには努力が必要ですが、この努力をすれば強い人間になることができるのです。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする