舌が白い原因を紹介!治す方法はあるの?

口臭が気になったり、口の中がなんだかネバネバとして気持ちが悪いことってありますよね。そんな時、鏡で口の中を見てみたら”舌が白くなっていた”という経験はありませんか?

歯ブラシで落とそうと思ってもなかなか落ちにくいこの白い正体は何なのでしょうか。今回は舌が白くなる原因やどうして白くなるのか、その解消方法等についてまとめてみました。

人と接する時に多くの人が気にする、お口の悩みを解決するヒントになれば幸いです。

スポンサーリンク

舌に付着する”舌苔”

e8bca09afb52f53c02419eac7e9617e4_s

舌が白く見えるものの正体は”舌苔(ぜったい)”です。舌苔とは何なのでしょうか?

舌苔とは

舌苔とは、その名の通り舌の表面に苔(こけ)が生えたように見えるものです。

体調や唾液の分泌量、唾液の状態、口腔内の菌、自律神経や内臓神経、胃粘膜等…様々な影響を受けて発生します。

原因となるそれ等の状態が悪い程厚い舌苔が出来ますが、これは舌苔によって味覚を低下させ、食べる量を減らすことにより胃腸を保護する機能だと言われています。

健康でも舌苔はある

健康な時でも普通は薄い舌苔があるのでご安心下さい。

舌苔には水分を保持したり、口腔内に健康な細菌を築いて味を感じる器官である味蕾(みらい)や細胞を保護する機能がある為です。

ちなみに健康な状態の舌というのは、全体がピンク色で舌の奥の部分に薄く白い舌苔がついている状態を言います。

異常がある時の舌苔

何か異常がある時に現れる舌苔は、原因によってその状態は変わります。

後に詳しく説明しますがよく見られるのが厚い白色の舌苔。そして一部が黄褐色になっているものです。

また、茶色っぽかったり黒色に見える舌苔もあります。

スポンサーリンク

舌苔の発生原因

e97568c8b1759339c3081782f55d623c_s

それでは舌苔が見られる主な原因を幾つかご紹介していきましょう。

自律神経の乱れ

ストレスや疲労、更年期障害等によって自律神経が乱れると、唾液の分泌量が減ってしまうことがあります。

唾液は口の中を洗浄する効果があるのですが、この分泌量が減ることで汚れや菌が舌に溜まってしまい、舌苔が発生するのです。

自律神経の乱れによって発生する舌苔は白色で厚みのあるものや、赤いポツポツしたものが出来る”木苺舌”と呼ばれる状態になることがあります。

免疫力の低下

風邪で体調が悪い時、インフルエンザで高熱が出ている時、口内炎が出来た後等、体調が悪く免疫力が低下している時にも舌の代謝が悪くなり、白色で厚みのある舌苔が出来ます。

このような時には充分安静にし、体力を回復させることに努めて下さい。

口の中の乾燥

口呼吸の人にも舌苔がよく見られます。通常は唾液によって常に口の中は濡れており、汚れもすぐに取れる状態にあります。

しかし口呼吸の人は口の中が乾燥しているので、一度ついた汚れが取れにくくなっています。

食事の後のお皿を思い出して下さい。汚れたお皿はすぐに水につけておかないと、汚れがこびりついて落としにくくなりますよね。それと同じ状態が舌にも起こっているのです。

そして取れずに残ってしまった汚れから舌苔が発生してしまいます。

また、乾燥状態は細菌にとって非常に良い環境ですので、細菌が大量に増殖することになります。細菌が増えることにより汚れも更に付着しやすくなり、更には口臭のリスクも高まる原因となります。

胃腸が悪い

”胃腸が悪い時、舌が気持ち悪い。口臭がする。”という経験は多くの人がしていると思います。

胃腸の状態はそのまま舌苔に反映されます。

暴飲暴食やアルコール、喫煙等によって胃腸が悪くなると消化機能が落ちてガスが溜まります。そのガスが肺を通して口臭となって出てきます。と同時に、先に挙げた自律神経も乱れて唾液が減少する為に、口臭とあわせて舌苔も発生します。

この時出来る舌苔は黄色がかっているものが多いです。

食べかすが溜まっている

食べかすが溜まって舌の細胞間に入り舌苔になることがあります。

単純に歯磨きを怠っている場合は勿論ですが、舌の動きが悪かったり舌の位置が悪い場合も食べかすが溜まりやすいようです。

舌の動きが悪いというのは、寝ている間や加齢によって動きの機能が低下する等で、あまり舌を動かさない状態のことを言います。

また、舌の位置ですが上顎に舌がついている状態が正しい位置です。上顎と舌が常にこすれる為、汚れが落とされているのです。

しかし受け口や口呼吸の人は舌の位置が低く、歯磨き以外で汚れが落とされにくい為に舌苔が発生しやすくなるようです。

抗生物質を飲んでいる

抗生物質を長期間服用し続けていると、”黒毛舌”と呼ばれる黒っぽい舌苔が発生することがあります。黒く毛が生えているように見えることから黒毛舌と呼ばれています。

これは抗生物質によって舌にいる菌の種類が変化し、カビの一種であるカンジダ菌が増殖してそこから発生する硫黄化合物が血中ヘモグロビンと結びついて黒く変色するようです。

この硫黄化合物は臭いもある為、口臭の原因にもなります。

しかし、病気の治療の為に服用している抗生物質ですから、勝手にやめず辛い場合は医師に相談してみましょう。

コーヒーの飲み過ぎ

コーヒーを飲み過ぎると舌がネバネバしたり口臭が気になることがよくあります。

これにはちゃんとした理由があり、コーヒーは体内の水分を尿として排出する利尿作用があり、脱水が起こってしまうことが原因です。

脱水が起こると口の中も同様に乾燥してくる為、先に説明をした通り細菌が増えて汚れが付着しやすくなり、更に一度ついた汚れが取れにくくなることから舌苔が発生しやすくなります。

とはいえコーヒー好きの人にとっては、飲まないというのは辛いですよね。

そこでコーヒーを飲んだ後は、ミネラルウォーターやスポーツドリンクを飲んで水分補給をするようにしてみて下さい。脱水を防ぐことでコーヒーによる舌苔のリスクは減少します。

(緑茶や紅茶等は同様に利尿作用がある為避けて下さい。)

ただし、コーヒーの飲み過ぎは胃腸を悪くすることがありますので、いずれにしても飲み過ぎは要注意です。

スポンサーリンク

舌苔の取り方

db01e91a858f922bbf6e05f73fe729d0_s

舌苔があるとネバネバとして気持ち悪いですし、口臭の原因となってしまう為できるだけ綺麗に取り除きたいものですよね。

しかし無理矢理歯ブラシでゴシゴシ擦ったりしてしまうと舌を痛めてしまうので良くありません。

それでは正しい舌苔の取り方をご紹介していきたいと思います。

舌ブラシを使用する

普通の歯ブラシではなく、舌を磨く専用の舌ブラシというものが売られています。

多くの場合、扇形のような形をしており、歯ブラシよりも傷つけにくい柔らかな毛で作られています。

舌ブラシでの磨き方は以下になります。

1.鏡を見ながら舌を思い切り前に突き出す。

2.水に浸した舌ブラシを舌の奥に軽くあて、手前に引く。

※この時、絶対に力を入れ過ぎないように優しく引いて下さい。また、奥にブラシをあてて嘔吐反射が出てしまう人は、少しの間を息を止めながら行うと出にくくなります。

3.一度引いたら舌ブラシを水でよく洗う。これを汚れがなくなるまで繰り返す。

毎回の歯磨きの際に行うのではなく、1日1回、最も舌苔の溜まっている起床時に行うと良いでしょう。

磨きすぎは舌の粘膜を傷つけてしまいますので、1回で十分です。また、既に舌に傷がある場合はブラッシングはお休みして下さい。

はちみつを舐める

意外かも知れませんが、はちみつには絶対を取り除く効果があるようです。

はちみつには”プロテアーゼ”という舌苔を分解し、殺菌する効果のある酵素が含まれているからです。

方法は、市販されているもので構いませんので、小さじ1杯程のはちみつを舌にのせ、舌の上で転がすだけです。

非常に簡単で手に入りやすいものですし、はちみつは砂糖とは違って血糖値を上げることもなく、栄養価の高い健康食です。舌苔が気になった時に気軽に取り入れることが出来る方法ですね。

ただし、はちみつと似ているメープルシロップでは舌苔を取り除く効果はありませんので注意して下さい。

上顎に押し付ける

舌の位置についての説明で述べましたが、舌を上顎に擦ることで舌苔を取り除くことが出来ます。まず舌を上顎に押し当て、表面をゴシゴシと擦りつけるように数回動かしてみて下さい。

これなら何の道具も必要なく、舌を傷つけることもなく、思い立った時にすぐ出来ますのでお勧めの方法です。

重曹でうがいをする

重曹はアルカリ性なのでタンパク質を溶かす作用があります。

舌苔の原因となっている食べかすや細菌はタンパク質の汚れである為、この重曹が効果を発揮してくれるのです。

重曹でのうがい方法は以下となります。

  1. コップ半分の水に対し、重曹を小さじ半分溶かし入れる。
  2. くちゅくちゅと舌や歯の隙間に行きわたるよう10秒程口をゆすぐ。

重曹は薬品ではなく食品ですので、体に入れても安心です。

また、虫歯や歯周病の予防、歯を白くする効果もある為、わざわざ洗口液を買わなくてもこの重曹水で代用することが出来てお勧めです。

取り過ぎには注意

先に述べた通り、健康な状態でも薄い舌苔があるのは普通であり、むしろ適度な量の舌苔は、舌の保護の為に必要なものです。

舌苔を取り始めると全部取り除こうとしてしまいがちですが、舌苔が全く無くなってしまうと唾液をとどめておく機能が低下し、舌が乾燥してしまいます。

舌が乾燥すると、もうお分かりの通り口腔内全体が乾燥し、細菌が繁殖したり汚れが付着しやすくなり、結果的に普通の状態よりも舌苔が多く発生しやすくなってしまうのです。

こうして舌苔が厚くなり口臭も悪化してしまいますので、舌苔のお掃除はほどほどにするよう注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

舌が白くなっている正体は”舌苔”というもので、主に唾液の分泌量が減り、口の中が乾燥していることが原因で発生することが分かりました。

唾液の分泌量が減っているということは、何等かの原因で体に不調が起こっているサインにもなります。

日頃から舌の状態をチェックをして、舌苔が出来ている時には体調を回復させ、取り除く時には無理してこすらずにご紹介した方法で優しく取るように心掛けましょう。

関連記事として、

舌が黒い原因は?口臭や倦怠感に要注意!

舌の痛みの原因を紹介!病気の場合の対処方法とは?

舌がピリピリ痛いのは病気?原因や対処方法を紹介!

これらの記事も合わせてお読みください!

  
スポンサーリンク
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする