人生をやり直したい人が今すぐやるべき10の対策法!

一般的には35歳までには手に職をつけたり、潰しの効くスキルを身につけておかないと人生を劇的に変えることは難しいと言われています。

しかし40代・50代になっても人生をリセットしてやり直したいと考えている人や20代にして希望の光を失って、精神的にも大きく傷つき初めからやり直したい・・・

と考えている人も少なくありません。

人生をやり直したい!というほどの問題は色々あるでしょう。自分は負け組だ・借金・失恋・離婚・犯罪・事故・病気・信用の喪失・独身で結婚できなかったなどなど、きっと成功者であれば人生をやり直したいとは思わないはずです。

しかし死ぬわけにはきません!なんとかしてここから這い上がるために今一度心の炎を燃やして人生を豊かなものに変えていきましょう。

人生をやり直したい人がやるべき対策方法

bedroom-2591255_960_720

まず人生に悩み、苦しみ、初めからやり直したいと考えている人が行うべき10の対策方法について紹介します。

今の生活習慣と行動、思考回路を入れ替えて、中身を入れえて己の力で人生を変えてみましょう。

1・問題を全て書き出す

まず現在人生をやり直したいと考えるに至った原因を全て書き出してください。

そしてそれをどのようにしたら解決したことになるのかを自分の中で答えを出し、それを書き出します。

例えば「一度も結婚できず婚期を逃し、ホスト通いをして500万円の借金を抱えてしまった。親にも顔向けでないし老後の面倒を見ることもできない」という問題を抱えている40歳の女性がいるとします。

その女性の解決案を出すためには

  • まず本当に結婚をしたいのか?
  • どんな結婚生活を送りたいのか
  • どんな人と結婚したいのか
  • 借金を返すためにはどれくらいの期間どれくらいのペースで働く必要があるのか
  • 両親にどのように打ち明けるのか
  • その他にやりたいことは何があるか

を自分の現在置かれている状況や、スキルの条件、親との関係を考慮しながら具体的に書き出して行く必要があります。

まずは問題を冷静に具体的に書き出し、その問題がどのようにすれば解決するのかを冷静に理解しましょう。

2・計画を立てる

上記で書き出した問題を重要度の高い順番をつけて、上から順番にもしくは効率のいいように同時並行で解決して行くことが重要です。

問題が多ければ多いほど重要になりますが、複数の問題を解決するための計画を立てるのは非常に嫌になる作業です。

しかし絶対にやる!と決意して人生を変えるために取り組んでください。ここでの計画がより理論的に達成可能なレベルで組まれていれば、かなり高い確率で人生を豊かなものにすることができるでしょう。

3・プライベートの時間を確保する

どんなに困難な問題を解決するにしても無理をしすぎると絶対に体を壊します。

精神的にも問題を抱えてしまうといよいよ自分の力だけでは問題を解決することが困難になります。必ず自分の好きなことができるプライベートな時間を生活の中に組み込んで遊ぶことや、仕事や問題解決には関係ないことを思いっきりやるようにしましょう。

お金と時間の管理だけしっかりおこなった上で遊ぶ分にはなんの問題もありません。

むしろまだ遊べるうちにしっかり遊ぶことも忘れないことが重要です。過去の問題解決のための奴隷になってはいけません。

今を楽しみながら問題を解決して行くことを忘れないようにしましょう!

4・早寝早起きをする

もし問題解決をするために転職を考えているのであれば日中に働いてしっかり夜に眠れる仕事にすることをオススメします。

しっかり昼間に太陽の光を浴びて、夜には静かな闇の中眠る。このサイクルが自然と人間のポジティブな思考を引き寄せて病気や体の不調、精神の不調なども発生しづらくなります。

休みの日でも早く起きる、寝すぎて時間を無駄にしないという生活習慣を整えることが重要です。

5・ランニング

有酸素運動を始めてみましょう。

運動の中でもっともストレス発散効果が高く、体を丈夫にする運動が有酸素運動です。実際に精神的にポジティブな考え方に変わったという意見や、走ることで体力がついて精力的に活動することができるようになったという人が増えるということが研究でも明らかにあっています。

肥満体型や虚弱体質の人は特にランニングで自分の資本である肉体を改善することを強くオススメします。

6・まだ行ったことのないところへ行く

現時点で人生をやり直したいと考えている価値観は、今まであなたが生活してきた環境の範囲内で培われたものです。

まだ行ったことのない環境で生活をしてみたり、触れたことのない価値観に触れて見ることなどを経験して見るだけでガラッと人生観が変わってしまうことがあります。

今まで自分が悩んでいた問題なんて小さく感じられるくらいになった時、自分は一回りもふた回りも大きくなっているでしょう。

7・問題を持ち越さない

問題を解決している間にもどんどん新たな問題が次から次にのしかかってきます。

初めのうちにゆとりある計画にして置くことや、できるうちに前倒しして計画を早めて行くことも必要です。

ですので、すでにある問題もここまででいいやとノルマぶんだけをこなして後に持ち越すのではなくて、どんどん先に解決して行く癖をつけましょう。

新しく発生した問題も後回しにせずにすぐに解決して行くことが重要です。

8・付き合っている人間関係を整理する

人間関係で惰性で付き合っている人はいませんか?その人はあなたの問題解決のために必要な人ですか?

どうしても付き合いが多くなると出費も多くなりますし、付き合いの関係で時間も減ってしまいます。色々と力になってくれる人でればいいですが、そうでない場合はしばらくそう行った人とのお付き合いは辞めにして今の問題解決に集中した方がいいかもしれません。

しかし孤独に戦えと行っているわけではありません。しっかり相談に乗ってくれる人、自分の生活の力になってくれる人、支えになってくれる人を周りに置いて、まずは問題解決に集中した方が誘惑も少なく、計画的に問題を解消することができるでしょう。

問題が解消できる目処が立てばまた関係を再開して友人関係を築けばいいのです。

9・アイデアを文章にする

自分が閃いたアイデアや発想や名言は自分のノートやメモに書き記しておきましょう。

記憶の中だけにしまっておくと必ず忘れてしまいます。もし辛い時、負けそうな時、行き詰まった時にそれらを読み返すと、当時の言葉とともに当時の記憶も蘇ってきて自分に助けてもらうことができます。

もう一人の自分とは脳の中で会話するのではなく文章で対話をすることをオススメします。そしてまた、未来の自分に言葉を送って前に前に進んでいきましょう。

10・自分との約束を守る

以上決めたことは必ず守るということも必ず誓いましょう。

自分との約束は心の緩みがあれば簡単に破棄できてしまいます。それではまた、後悔の人生を歩むことになります。

ですのでオススメの約束を守る方法としては毎日目に見える形で努力を記して行くことです。

例えばカレンダーに毎日印をつけることや、日記を書くなどして過去に遡って自分の努力を確認できるようにしておくと、過去数日間の自分の努力の積み重ねを見ることができて、中途半端な形で簡単に投げ出せなくなります。

必ず何か小さな日課を作ってそれだけでも毎日続ける。これが結果的に大きな目標を達成するために重要なポイントです。

習慣が人間の人生を変える

ライフスタイルとは性格によって形成されているものであり、ライフスタイルを変えることで性格を形作るものでもあります。

上記のように、今までの生活から全くかけ離れた180度異なる生活習慣を送ることで、結果的に自分の性格まで変わって、人生を大きく変えることに繋がります。

その要因は毎日の小さなことの積み重ねによって生まれています。

今までの悪い問題も、全ては生活の中の悪い癖が影響して発生していたことであることにいつか気がつくでしょう。

「性格や運命はすでに決まっているものではなくいつでも変えることが可能だ」ということに気づきましょう。そしてそれは生活習慣を変えるという誰にでも簡単にできる解決方法によってです。

人生をやり直したい人に送る言葉

自分を出せない

今から人生をやり直したいと思っている人にいくつかの言葉を送ります。

少しでも人生を変える”力”に変換して、いつでも思い出せるように心に留めて置いてください。

もし今日が最後だとしたら

今や世界中の人の生活を変えて、ビジネスの市場まで大きく変えてしまった商品スマートフォンを作ったApple社を創業したスティーブ・ジョブズの言葉です。

「もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?」

それはビジョンではない

iPS細胞の発見でノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥さんの言葉です。

「それはビジョンじゃない。ゴールだ。本当のビジョンは何だ?」

何かを成し遂げようとする時、必ず人はゴールを想像します。そしてそこに向かって突き進みます。しかし大事なのはゴールではなく、そのゴールに到達した後に広がる世界のイメージです。

「成し遂げた後に広がる世界」それが山中氏の云う”ビジョン”です。

あなたは人生をやり直すことができた世界で何をやりたいですか?それが明確でなければ、問題をどれだけ解決しても充実感や、次の取り組みを探すことはできないでしょう。

まずは得意なことを見つけなさい

コメディアンであり司会者でもある萩本欽一さんの言葉です。

「得意なこと」と「やりたいこと」は一致しないんだよ。だから、まずは「得意なこと」を見つけなさい。それが成功すれば「やりたいこと」はできるようになってくるから。

やりたいことを仕事にして一生食べて行く。これほど幸せなことはありません。

しかし本当にやりたいことはなかなか見つけられなかったり、見つけたとしてもそれを本業にするにはかなりの苦労が必要になります。

その分得意なことは人一倍の苦労は要さずとも、元のセンスがいいので比較的簡単に結果に繋げることができます。

得意なことをとことん伸ばして結果を出してそれから好きなことをする。この順番が最適だとアドバイスしています。

他人のために

第1回ものづくり日本大賞内閣総理大臣賞を受賞した片山象三さんの言葉です。

「自分のためでなく、他人(ひと)のために働け」

片山象三さんは兵庫に産まれ繊維機械商社につとめ現在54歳。中小企業の現役経営代表者で大幅にコストダウンして作れる糸作り機械を製作した方です。

自分のために働く視点ではなく、他人のためという目線で物作りをする視点に切り替えて失敗を重ね作り上げたのが日本大賞を受賞した大幅コストダウンを可能にした糸作りの機械でした。

地元で衰退している繊維業、そこで働く若い人たちを救うために自分が出来る以上の力を発揮しようと奮闘したことが結果に繋がったのではないでしょうか。

求めるのではなく与える側に回ることが人生を豊かにする思考の転換かもしれません。

まとめ

人生を変えるには、何かをやろう!と意気込むことも大事ですが実は生活習慣を変えて地道に積み重ねて行くことの方が大事だったりします。

コツコツ毎日目標に向かって進んで行くことが重要です。

あまり初めから張り切りすぎると途中で緊張の糸が切れてしまいますので注意しましょう。

人生を変えることに早いも遅いもありません。”今”この瞬間が新しい人生の幕開けなのです。生活習慣を変え、性格を変え、行動を変え、人生を変えられることを祈っています。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にして見てください。

お金を貯めるにはどうすればいい?まずは整理整頓が大事!

努力家の人の特徴を知ろう!努力家になる方法も紹介!

チャラい男の7つの特徴と見分け方!引っかからないための注意点とは?

相手と話が噛み合わない人の5つの特徴!〜知的障害の可能性も〜

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする