舌下免疫療法って何?治療効果や副作用を詳しく紹介!

花粉症の人が増えています。日本ではおよそ25%以上の人がスギ花粉症になっていると言われています。スギ花粉症に効果的な治療法は、まだ発見されていません。

しかし、スギ花粉の液を舌下投与して、花粉症を治療する舌下免疫療法があります。舌下免疫療法は新しい時代の治療法として期待はされていますが、その本質を正確に理解されているとは言えません。

それでは、スギ花粉症の効果的対策として優れている舌下免疫療法を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

舌下免疫療法とは

舌下免疫療法

免疫療法とは、アレルギーで苦しんでいる人に、その原因となるアレルゲンを少しずつ与えて、免疫を強化する療法です。

主に舌下に投与する方法と、注射によりアレルゲンを体内に送り込む方法があり、注射は痛いですが、舌下免疫療法には痛みはありません。舌下に投与する時は口内にアレルゲンを含ませ、免疫系の働きを強化する方法です。

アレルギー反応に深い関わりがある、首の上部に位置するリンパ節と近接する舌下からアレルゲンを吸収できれば、免疫機能が高まりアレルギー反応が起こりにくくなります。舌下免疫療法は、スギ花粉が飛散する季節に花粉症で悩んでいる人に効果がある手段です。

舌下免疫療法の方法

免疫療法は舌下の場合も注射の場合も、だんだんアレルゲンの濃度を上げながら投与します。決められた濃度に達したら、今度は一ヶ月に一回の割合て投与し、それを何年間か連続して行うことになります。

舌下免疫療法の期間

免疫療法は舌下の時も注射の時も、2年から5年の長期間の連続して行うことが大切です。

とりあえず、舌下免疫療法を2年ほど続けてみて、実際に効果があるかどうかを確かめましょう。もし、効果があった時には、それから数年間この療法を続けてみましょう。

病院でしか注射はできませんが、舌下免疫療法はどこでもてきますから、定期的な通院以外は毎日毎週病院通いをしなくてもよくなります。

厚生労働省のからのお達しで、舌下免疫療法の新薬は2週間分の処方しかできませんので、初めは2週間に1回は必ず病院に行かなければなりません。

また、舌下免疫療法の薬は処方箋薬局で医師が書いた処方箋がないと購入できません。しかし、舌下免疫療法は、自宅で行えるので継続することが容易です。

スポンサーリンク

舌下免疫療法の治療効果

kahun-cure04

スギ花粉が飛散するシーズンにアレルギー症状に対する根本的な予防をしたいなら、舌下免疫療法は症状が現れる数ヶ月以上前からやるのが一般的です。

つまり、シーズンになりスギの花粉が飛散して、アレルギー症状が出る前から舌下免疫療法で免疫力アップを計り、アレルギー症状がおを予防します。

免疫療法は舌下の時でも注射の時でも、スギの花粉が飛散して、遅くともアレルギー症状が出る2〜3前ぐらいから治療を始めます。

皮下注射による免疫療法は約80%が有効であり、舌下免疫療法は70%以上の人に有効だと言われています。舌下免疫療法を続けていると、今、飲んでいる花粉症の症状を緩和する治療薬も少ない量で済むようになるでしょう。

もちろん鼻の花粉症だけでなく、目のかゆみや腫れにも効果的です。

舌下免疫療法の薬の飲み方

舌下免疫療法の薬は、花粉症のアレルゲンであるスギ花粉が含有されたシダトレンというエキスを、処方箋薬局で購入できます。

甘酸っぱい味で、舌下にこのエキスを何滴含みます。舌の下に含んだままで2分間ぐらい待ってから、飲んでください。2週間かけて少しずつ増量していき、3週目からは症状に応じた定量を口内の舌下にいれます。

初めて舌下免疫療法を受ける場合、病院で医師の立ち会いのもとで行い、その後からは自宅で続けて構いません。

舌下免疫療法の始める時期

舌下免疫療法は、スギ花粉が飛び始める3ヶ月以上前から、シダトレンというエキスを口内に含ませ免疫を高めるととても効果的です。

もし始めるならば、6月からが良いのですが、11月末から始めてもギリギリ間に合うでしょう。

スポンサーリンク

舌下免疫療法の副作用

HealthInfo01

免疫療法は舌下の場合も注射の場合もアナフィラキシーという激しいアレルギー反応が起きる場合もあります。

スギ花粉がアレルゲンの人にの体内にスギ花粉が入れば、それにより激しいアレルギー反応が起こるのはしかたがありません。しかし、実際の症例を見ると、舌下免疫療法で副作用が起きることは稀で、注射よりもはるかに安全性が高いと言われています。

スギ花粉が飛散する花粉症のシーズン以外にも、舌下免疫療法を行う場合は、シダトレンエキスの投与を毎日行ないます。もし、途中で中止して、また始めると口内が荒れることもあります。

舌下免疫療法の副作用の種類

舌下免疫療法での副作用には、くしゃみが出る、じんましんが出る、嘔吐する、耳が痒い、目が痒い、喉が炎症をおこして違和感がある、感覚が異常になる、鼻水が出る、鼻が詰まる、喘息、口の中や口唇が痒い、下痢、浮腫、咳、腹痛などがみられます。

初めて舌下免疫療法を受ける人は、シダトレンエキスを口の中に含ませた後、30分ぐらいは副作用が起きるかどうかの観察が必要です。

舌下免疫療法を受けた後しばらくは、激しく体を動かしたり、過度の運動は避けましょう。ご自宅で舌下免疫療法をやる時は、シダトレンエキスの量は支持された通りに従いましょう。

自宅で副作用が出た時でも、軽いものなら自然に治ることがほとんどなので心配はいりません。もし、喘息やじんましんなどの症状が現れた時は、投薬を中止して医師の指示に従ってください。

万が一、喘息やじんましんがなかなか治らず、病状が極端に悪化した場合は、ためらわずに救急車で救急病院に連れて行ってもらってください。

この療法では極端にひどい副作用が起きることは滅多にありませんが、もし重篤な症状が出た場合はすぐに病院に行きましょう。

スポンサーリンク

舌下免疫療法の花粉症に対する効果

花粉症 予防

花粉症の治療に舌下免疫療法を用いた時、完全治癒の確率は10~20%ぐらいと言われています。

この療法でで多少の効き目があると感じる人は20~30%、効き目があると思う人は20~30%で、統計的に舌下免疫療法を受けた人の70~80%の人に有効なことがわかっています。

春になり花粉が飛散する季節には症状を緩和する薬も合わせて飲みましょう。この療法は花粉症の症状を緩和する薬が必要なくなるというわけではなく、より少ない薬で症状を緩和する方法です。

注射よりも舌下免疫療法は多少有効性において劣りますが、病院の処方薬と同じぐらい有効だと考えられています。

また、花粉症の症状を緩和する薬を減らすという意味でも、舌下免疫療法は大変効果がある治療法だと言えます。

舌下免疫療法と一緒に他の薬は飲めないの?

花粉症の症状が出た時、たとえ、この療法をやっていても、症状を改善する為の治療薬は引き続き飲み続ける方がよいでしょう。

しかし、体質改善と免疫力のアップがメインの目的ですから、セレスタミンなどのステロイド剤は飲むのをやめましょう。

ただ、点眼薬や点鼻薬はステロイドを含んでいても大丈夫です。

シダトレンエキスを飲み始めたらすぐ効果が出るの?

舌下免疫療法は体質の改善と免疫力をアップさせる目的の療法なので、花粉症の症状を直接抑える薬ではありません

この療法は、長い時間かけて体質改善を計り、免疫力をアップする方法です。3年間ほどこの療法を続けていると、だんだん効果が出てくるとも言われています。

舌下免疫療法は最低2年間は続け、はっきりとした効果が確認できた場合4-5年続けることをお勧めします。この療法を4-5年ぐらい続けて、そこでやめても、その効果は継続して有効であると言われています。

もし、また花粉症の症状が再発した場合は、その時点から再度舌下免疫療法を始めれば、初めと同じように花粉症の症状に対しての免疫力がアップします。

スポンサーリンク

その他のアレルギー症状に舌下免疫療法は効果的なの?

bam2015042203

日本においては、現在ではスギの花粉症アレルギーに対する舌下免疫療法しか保険の対象として取り扱われていませんので、他のアレルギー症状には有効ではありません。

様々な種類のアレルギー症状を持っている人も、スギの花粉症にしか対応していません。

しかし、ダニのアレルギーに関するテストも行われていますから、これも新しい免疫療法として、近いうちに新薬が発売されるものと思われます。

どんな人に舌下免疫療法は効果的?

スギの花粉が飛散する季節に、花粉症で苦しんでいる人であればどなたにもお勧めですが、特に下記のよう人は是非舌下免疫療法を試してみてもらいたい思います。

  • ◎花粉症のシーズンは花粉症の薬をたくさん使うので、少しでも薬を減らしたいと思っている人。
  • ◎運転や機械の操作などに従事していて、花粉症の薬で眠気などの副作用で悩んでいる人。
  • ◎毎年、スギの花粉が飛散する季節に花粉症で苦しんでいる人で、もう花粉症で悩みたくない人。
  • ◎今は妊娠してなくても、いつか妊娠した時に、花粉症の薬が飲めなくなることを恐れている人。
  • ◎集中して勉強しなければならないのに、花粉症で悩んでいる受験生の人。
  • ◎花粉症の薬の副作用に苦しんでいる人。

舌下免疫療法の適応と適応外は?

まず重要なこととして、アレルゲンがスギ花粉であることを確定しなければなりません。

  • 血液検査でアレルゲンを特定しますが、治療が必要と診断されても、以下の場合は適応外になります。
  • ◎妊娠中の人、あるいは近い将来妊娠を希望している人。
  • ◎喘息の症状がひどい人。
  • ◎重篤な心臓病気にかかっている人。
  • ◎癌にかかっている人。
  • ◎免疫抑制剤服用している人。
  • ◎高血圧の治療薬ベータブロッカーを飲んでいる人。
  • ◎血液検査でもスギの花粉症が判明しない人。
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

免疫療法とは、アレルギーがある人にアレルゲンを少しずつ与えて、免疫をつける方法で、舌下投与と皮下注射があります。

舌下免疫療法は、スギ花粉が飛び始める3ヶ月以上前から、シダトレンというエキスを舌下に含ませ免疫を高め、体質改善を目的とする効果的な方法です。

舌下免疫療法は薬が必要なくなるという方法ではなく、より少ない薬で症状を緩和する方法です。

副作用が出ることもありますが、軽度の場合は直ぐに収まりますが、症状が重くなった時は免疫療法を中断し、医師の診断を仰ぎましょう。

スギの花粉が飛散する季節に、花粉症で苦しんでいる人であればどなたにも舌下免疫療法お勧めです。花粉症でお悩みの方は、是非一度病院を訪ね、医師に舌下免疫療法を詳しく聞いてみることをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする