二重あごの解消方法を知ろう!表情筋の鍛え方やエクササイズ方法を知ろう!

スポンサーリンク

二重顎について、肥えた人だけでなく、若い方でも二重顎になられる方が、現代は増えてきています。その背景となる原因はどこにあるのでしょうか?様々な事が考えられますが、現在は余り硬いものを食べる習慣が、なくなった為ともいわれています。

はたしてどの様な理由で二重顎の人が増えてきているのか?また、自分でできる解消方法はあるのか見てみたいと思います。

スポンサーリンク

二重顎の原因

二重顎

二重顎になる原因には、体重の増加やむくみ、姿勢の悪さや猫背、また食べ物を噛まない、口で呼吸するなどの原因が上げられます。

また日常生活においての、自分の何気ないクセについても、二重顎になる可能性を秘めていることもあるのです。

また二重顎の原因には大きく分けて、3つに分けられます。

  • 二重顎の原因には、体系が太ってしまって二重顎になりました。
  • 体系が変わらないのに二重顎になりました。
  • その他

体重増加の二重顎

このどちらかに二重顎の場合は相当します。肥満が原因で二重顎になった場合は、体重が減少したら、二重顎も解消されます。

しかしそのまま体重を減少させないと、歳を重ねる事で、二重顎になってしまいます。これは太る事でアゴの下に脂肪がたまるからです。

体系が変わらない二重顎

体系が変わらないのに二重顎になった方は、皮下脂肪が、顎についてしまい、リンパの流れが悪くなり、皮下脂肪を付けたままにしておくと、むくみや、たるみの原因となって、二重顎に変身してしまいます。

その他の二重顎

筋力低下によるものです。顎周辺の筋肉のオトガイ筋の筋力低下により、二重顎になります。

姿勢やかみ合わせが悪い

スマートフォンやパソコンの前で、同じ姿勢の頭を前に出した姿勢でいると、顎周辺の筋肉の動きを妨げます。猫背や、歯のかみ合わせが悪かったり、虫歯など左右の歯を均等に使ってない場合は、二重顎になり易くなっています。

二重顎の改善方法は歯を均等に使って、姿勢を正すことで、解消される可能性もあります。

咀嚼回数

柔らかいものばかりを食べているので、咀嚼回数が減って、顎周りの筋肉低下によりリンパ液の流れが悪くなり、顔全体が浮腫んでしまいます。

表情筋の衰え

表情筋の低下により、表情筋を支えていた頬の脂肪が、顎に流れてあごに脂肪がつきます。

無表情の時間が多いと、表情筋が衰えて、顔の引っ張る力がなくなり、皮膚が下に引っ張られます。現在は表情の無い、喜怒哀楽を表さない人が多いので、表情筋が衰えている方が多いです。

現在は若い方でも、メールやラインでやり取りをしているので、一緒に笑うことがあまりなくなり、表情筋が衰えてきています。またスマホや、パソコンで、首が前に突き出て、姿勢も悪くなっているので、若い方でも二重顎になっている方が、増えてきています。

自分の二重顎の原因を突き止めたら、フェイスラインがすっきりなる為に、どの様な筋トレをやれば良いのか、また食事制限をしてダイエット効果を上げればよいのか、原因を突き止める事で、効果のあるトレーニングをやる事が必要となります。

スポンサーリンク

二重顎解消のための表情筋

man-33151_960_720

二重顎解消するためには、表情筋を鍛える事が大切となります。

表情筋には沢山の筋肉がありますが、特に二重顎を解消するためにはこちらの、筋肉を鍛える事が大切になります。

表情筋

小頬骨筋(しょうきょうこつきん)

頭部の浅頭筋のうち、上唇を後上方に引き上げる働きをする筋肉で、上唇の中心よりで、口元を斜め上に引き上げます。

大頬骨筋(だいきょうこつきん)

口角を頬に向かって強く引っ張る筋肉で、筋肉の一方が皮膚で終わっています。

咬筋(こうきん)

筋肉の一種の骨格筋で、なおかつ咀嚼筋の一つで、浅部と深部に分かれています。

オトガイ筋

唇周辺の唇の下の梅干しの様な、シワができる筋肉です。筋肉の一方が皮膚で終わっています。オトガイ筋が衰えると、フェイスラインがハッキリ決まらなくなり、たるみとなって二重顎になり易いです。

顎二腹筋(がくにふくきん)

前腹と後腹とに分かれ前腹は下あご骨から開始して、舌骨上にある中間腱でていしして、後腹は乳様突起内側から開始して、中間腱で停止しています。

胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)

頸部にある筋肉の一つです。首を曲げたり、回したりする働きがあります。頭を支えている筋肉で、首をひねった時にできる、鎖骨から耳の下に浮き上がる筋肉です。右側と左側にあって首を横に倒す、首をひねるときに使われる筋肉です。

スポンサーリンク

二重顎解消の為顎周りの筋肉を鍛える

健康ライフ

二重顎を解消するには、口の周りから首にかけての、顎周りの筋肉を鍛える事が大切です。短期間であごダイエット方法を見てみます。

二腹筋を鍛える

二腹筋は頸部の筋肉の一つで、筋腹が中間腱で二分された、顎二腹筋があります。主な働きは舌骨を引き上げ、下顎骨下に下げる働きをしています。

二腹筋を鍛える方法としまして、次のようにします。

  1. 背筋を伸ばして上に顔を向けて、天井を見上げ大きく口を広げて5秒間停止します。
  2. 5秒かけて口を閉じながら、顔を下して正面を向きます。

翼突筋

翼突筋には外側翼突筋と内側翼突筋とあります。外側翼突筋は咀嚼筋の一つで、食べ物を歯で噛み砕くときに必要となる筋肉です。

咀嚼筋には咀嚼運動をする際に必要な、閉口筋、開口筋があります。閉口筋には咬筋、外部側頭筋、内部側頭筋があり、開口筋には顎二腹筋があります。

翼突筋を鍛えるトレーニングには次のようなものがあります。

  1. 背筋を伸ばして顔を天井の方に向けて、下あごを前に突き出して5秒停止します。
  2. 5秒かけてゆっくり元に戻しながら正面をむきます。

顎舌骨筋(がくぜんこつきん)

顎舌骨筋は口を開ける時の開口筋の働きをして、舌骨に付着している筋肉です。この顎舌骨筋を鍛える事で、二重顎の解消となります。

▼背筋を伸ばして天井を見上げるように、顔を天井に向け舌をおもっいきり出して5秒停止します。

▼5秒かけてゆっくり舌を引っ込め顔を元に戻し、正面を向きます。

▼唇を閉じたまま背筋を伸ばし前を向きます。舌と前歯と唇の間に強く押し付けて、べろをぐるっと一周回します。また反対方向から一周します。

これを数回ずつ繰り返すと、二重顎解消されます。

首の筋肉を鍛える

首は鍛えすぎると、太くなる可能性がありますので、負荷のかけすぎは逆効果になりますが、適度に行うことで、二重顎の解消になります。

▼仰向けになって、頭だけを首の力で持ち上げます。

▼四つん這いになって、天井を見ながら頭を後ろにそらせます。

▼姿勢は直立で、頭を片手で押しながら、首の力で反発し、強さを加減しながら、前後左右まんべんなく、頭で手を押し返します。

オトガイ筋を鍛える

オトガイ筋を鍛える事で、スッキリしたフェイスラインと、小顔効果も期待できますので、即効小顔マッサージを見てみます。

▼正面を向いて顔を、ゆっくりと天井を見上げるように、顔を天井に向けて、首が伸びきるまで、頭を後ろに倒します。

▼伸びきったところで、下唇を上に突き出したまま、3秒かけてゆっくりと息を吐きだしていきます。頭と唇をゆっくり元に戻します。

▼これを3回繰り返しやる事で、あご周りが引き締まり、即効効果があがりおすすめです。

スポンサーリンク

二重顎解消と予防のエクササイズ

adult-19210_960_720

二重顎を解消するには、どの様なエクササイズがあるのでしょうか?二重顎の原因には、現代は余り硬いものを食べないため、噛まないで食事をすることが多い事が原因となっています。

二重顎解消ダイエット、あごダイエット短期間など、ダイエットと共に二重顎を解消するエクササイズが、ネット上にあふれています。

しかし本当に効果がでた動画は存在しません。しかし良いと言われているエクササイズの多くのサイトが掲載していた、二重顎解消の改善方法を見てみます。

噛むエクササイズ

二重顎のエクササイズに、ガムをかんだり、食事の時に時間をかけてよく噛んで食べる癖をつける事です。

そして食事のときはできるだけ、柔らかいものではなく、固い食物繊維の入ったものをよく噛んで食べる癖をつけると、二重顎解消に繋がります。

噛むことを意識することで、表情筋が鍛えられ、咀嚼回数を増やすだけで、顎の筋肉を鍛える事が出来ます。噛むことで、表情筋トレーニングが行えることになります。

ペットボトルエクササイズ

ほうれい線解消にも役立つ、ペットボトルエクササイズのやり方は、水の入ったベットボトルを口にくわえて10秒キープするだけです。

500mlのペットボトルに少量の水を加え、唇だけでペットボトルを持ち上げるエクササイズです。これを3回取り入れると良いでしょう。この時歯を使用してはいけません。

これを繰り返し、中の空気を吸うように、ほっぺをへっこませて、5秒キープして、その後ゆっくりと息を吐いて、5秒かけてほっぺを膨らませていきます。

首のリンパマッサージエクササイズ

フェイスクリームやマッサージクリームで、首のリンパの線を、上から下へマッサージします。

リンパの流れが悪くなると、余分な水分や老廃物が溜まり、たるみの原因になるので、首の左と右のリンパ節の中心部には、リンパ節の中継点がありますので、左右のリンパの流れを良くすることで、たるみを解消して、二重顎の解消に繋がります。

口とイーとするエクササイズ

口を横にイーとして、首筋の線が出るまで、引き延ばす。これを5秒キープします。1~2回ほど繰り返します。

二重顎簡単エクササイズ

広頚筋を伸ばすエクササイズです。顔を斜め45℃に向けて、上を向き顎を突き出します。顎を突き出したら10秒間キープします。

キープしたらゆっくりと顔を正面に向けます。

ベロ回しエクササイズ

ベロ回し体操をやるには、口を閉じてベロを右から歯にそって強く引っ付けて回します。20回やったら今度は左から同じように20回まわします。

舌を回すことで、口周り、首、顎、肩甲骨まで刺激を受ける事で、全体の顔が小さく見えるようになり、あご下がすっきりしてきます。顔ダイエットが行われた感じです。

ベロ回し体操をすると、目の周りの筋肉も鍛えられますので、目の周りのむくみなども解消されます。また1日100回目標にやっている方もおられます。

あいうえお運動

大きな口をひらき、「あ・い・う・え・お」を声をだしていうと、腹筋も鍛えられますし、顔周りの筋肉も鍛えられて、表情筋が豊かになり、表情筋も鍛える事が出来ます。部分的な筋肉が、顔全体を動かすことになり、何時も使ってない筋肉が鍛えられることになります。

即効小顔マッサージ方法エクササイズ

小顔になると二重顎の解消にもなります。即効の小顔マッサージとはどの様なやり方があるのか見てみました。現代の美人は小顔が第一の条件です。

ウオーミングアップ

まず小顔マッサージのウオーミングアップとして、鎖骨辺りを両手で軽く押さえて、顎を天井に突き出し5秒キープします。首のリンパマッサージを行って、リンパの流れを良くして、老廃物を体外に出しやすくします。

やり方

耳たぶ回しをします。自分の耳たぶを前後にぐるぐる回すだけです。耳たぶを回すことで、首や顔の筋肉がほぐれます。血液の流れが良くなってむくみが解消され、即効性の小顔になるわけです。

やり方は親指と人差し指で耳たぶをもって、ぐるぐる前方に5回、後方に5回行います。口を大きく開けたり閉じたりして運動効果が増す方法も取り入れると、一層即効の小顔になります。

肩甲骨ストレッチ

肩甲骨ストレッチで、肩甲骨を全身の血行が良くなって、顔のむくみが解消されます。肩の力を抜いて腕を前後に回して、背筋をまっすぐにして、肩甲骨をコリを解消する体操をすることで肩から背中のコリが解消され、血の巡りが良くなり、顔のむくみも摂れます。

女性にとって美の追求はどこまでも果てしないもののように思われます。

スポンサーリンク

二重顎を解消するためには

big-1708089_960_720

二重顎を解消するための方法を見てみます。ただ二重顎を解消するために痩せれば良いという考えは間違いです。

二重顎を解消するポイントは、表情筋を鍛える事です。まず手軽に表情筋を鍛えるにはどの様な方法があるでしょうか?

笑う

自然な笑いが、表情筋を鍛えます。無理な笑いは、顔の歪みの原因となります。

笑うことは二重顎を解消するだけでなく、体の免疫細胞を活性化させ、リンパ球のNKキラーのナチュラルキラーが免疫力を高めます。

正しい姿勢

正しい姿勢をすることで、二重顎の解消になります。猫背や首が前に出た状態だと、本来使われるはずの顎周りの表情筋が使われなくなり、二重顎になってしまいます。

姿勢は何時も背筋を伸ばして、正しい姿勢でいると、二重顎解消だけでなく、全体のたるみも少なくなってきます。

パソコンやスマートフォンなどで、少し下向きに同じ姿勢で仕事をするために、顎を引きたるみができる状態で長く姿勢が続くために、そこに不自然に脂肪がたまって二重顎になります。

姿勢や無理な力が加わったことで、二重顎になった方は、姿勢を正すことで、二重顎解消だけでなく、肩こりや頭痛が解消されることもあります。また姿勢が良くなることで、若々しく見られるようになります。

良く噛む

できるだけ硬いものをよく噛んで食べる事が、二重顎を造らない事になります。日常生活の中で二重顎解消する方法は、このように毎日の食事でも、解消されることが出来ます。

よく噛むことで、咬筋、大頬骨筋、小頬骨筋の3つの表情筋を鍛える事になります。毎日噛むことで表情筋が鍛えられますので、食事の時には1回の噛む回数が、30回を目標にして、毎日噛んでいると二重顎が解消されます。

顎の筋力低下

加齢による筋力低下による二重顎になります。現代は硬いものを食べる機会が少なくなって昔のように、スルメや煮干しなど硬いものを食べないので、筋力が低下してきています。顎の周りを動かさないと、リンパの流れが悪くなり、浮腫みやすく、二重顎になってしまいます。

できるだけ硬いものを噛んで、噛む癖をつけるように、毎日の食事で鍛えましょう。

顎関節症・虫歯

食事をするときに、左右の顎に痛みがある顎関節症や、虫歯の場合などどちらかの歯をかばいながら食事をすると、不自然に力が入って、二重顎になることがあります。

口呼吸をやめる

口呼吸をすると、口を閉じたときの顎の筋肉を使うことが出来ません。その為に頬がゆるみ二重顎になりますが、そればかりでなく顔全体の筋肉がたるんでしまい、姿勢を悪くしてしまいます。

鼻呼吸は口を閉じる顔の筋肉が使われ、夜寝ているとき枕が合わないと、気道が圧迫されてリンパの流れが悪くなったり、血液の流れが悪くなったり、顎から首にかけての筋肉が緩んでしまう弊害が出てきます。鼻で呼吸することを何時も心がけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

如何でしたでしょうか?二重顎の解消方法を色々見てみましたが、やり方はどれも余り変わりがないようです。顔の表情筋と、口周りや顎周りの筋肉を鍛える事です。

一度皆様も試してみては如何でしょうか?

関連記事として、

痩せやすい体の作り方を知ろう!痩せにくい体の改善方法と生活習慣を知ろう!

おばさん体型を改善する方法を知ろう!効果的なダイエット方法は?特徴や原因も紹介!

頭がでかいのはなぜ?原因や測定方法を知ろう!小さくする方法はある?

これらの記事も読んでおきましょう。

  
スポンサーリンク
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする