我慢汁で妊娠する確立はある?避妊方法について!

あなたはこんな話を聞いたことがありますか?俗に言う我慢汁で妊娠してしまった!それって本当なのでしょうか?

セックスのときに膣内で射精していないのに、妊娠の可能性があるの?避妊具を使用しないまま性行為をしてしまった場合、どれくらいの確率で妊娠してしまうのか。気になる人は多いでしょう。

女性には妊娠しやすい時期と妊娠しにくい時期がありますので女性の生理のタイミングでも妊娠してしまう確率は変わってきますが、実際に膣内射精しなくとも我慢汁(先走り汁)で妊娠してしまう可能性は十分にあります。

我慢汁と妊娠、避妊についてまとめてみました。あなたの避妊の知識は間違っていませんか?

記事の最後にはコンドームやピルやそれ以外を使用した避妊方法についても紹介していますのであわせて参考にしてみてください。望まない妊娠をしてしまわない様にしっかり妊娠に対する知識と危機感を頭の片隅に起きながら性行為を行いましょう。

我慢汁って?

バナナ

俗に言う、先走り汁や我慢汁といわれているものは、どんなものなのでしょう?男性の性器から出てくる我慢汁は精液とは違うものなのでしょうか?

基本的な知識について紹介していきます。

我慢汁とはどんなもの

先走り汁や我慢汁とは、男性が性的に興奮すると尿道の根元にある尿道球腺(カウパー腺)と言われるところから分泌される体液のことを言います。

このカウパー腺液の役割としては、尿で弱酸性になっている尿道をアルカリ性であるカウパー腺液で中和し、精子が通りやすい状態にすることと言われています。またそのカウパー腺液が性行為の際に、膣内の潤滑油の役割をしてさらに膣内も中和させることによって、より妊娠しやすい状態に整えるとも言われています。

精液とは違うの?

我慢汁自体は精液とは異なる液体になります。基本的には尿が原材料になって生成されている液体で、成分にも精子は含まれていません。しかし精液は性行為中に微量に漏れ出ていることがありますので、その精液が若干我慢汁に含まれている場合もあります。

この微量な精液により妊娠する確率は非常に低くなっていますが、実際に妊娠しないといい切れるわけではありません。

我慢汁に含まれる精子は運動量が低く、それも関係して妊娠が発生しづらくなっています。

色や味や臭いについても精液とは決定的な違いがあります。臭いは無臭で精液のような独特な臭いは発しません。色は透明、味については汗や尿の成分が若干含まれていますので、しょっぱくなっています。

精液は色が白く、臭いは排出された瞬間は無臭に近いですが時間経過とともに酸化して臭いを増し、栗の花に似ている臭いとよく言われます。味については基本的には無味に近いですが、個人差があり、甘い、苦い、しょっぱいの3つの味覚を感じ、生活習慣などによって味が変化します。

我慢汁はどんな時に出て来るの?

女性の場合は性的興奮が高まった場合に、滑りを良くするためのバルトリン腺液という液体が膣の下側の両横から排出されます。

しかし男性の性器にはバルトリン腺は存在せず、女性のようにわかりやすく濡れる事はありません。しかしこの尿道球腺(カウパー腺)が女性のバルトリン腺と似た働きを行います。

女性同様に、性的な興奮が高まった時に分泌されて、その液の分泌はコントロールできるものではありません。男性の性器が勃起していている場合でその勃起が性的な興奮が高まった事により発生している場合に分泌されやすい傾向があります。

サラサラしていますが糸状によく伸びる粘り気のある液体で精液を保護する働きも持っています。

我慢汁で妊娠?

妊娠 貧血

ではこのカウパー腺液が出ている状態で挿入している場合、妊娠する可能性はあるのでしょうか?

我慢汁による妊娠の有無について紹介したいと思います。

我慢汁で妊娠はするのか

カウパー腺液は、性的に興奮すると出るものですが、実は分泌直後である純粋なカウパー腺液には精液、いわゆる精子は入っていません。だから本来は純粋な我慢汁で妊娠する可能性はないのです。

ではなぜ多くの人が我慢汁で妊娠したという錯覚が起きるのでしょう?それは精子がもれている可能性があるからです。

精子は通常、精巣部分から分泌されて精管膨大部という部分に徐々に溜まっていきます。その精子は射精という現象で尿道から外に出されるわけですが、カウパー腺液で妊娠する場合は、挿入中に無意識のうちに尿道へ漏れてしまった精子とカウパー腺液が混じってしまった可能性があります。

なので理論的にも医学的にも確実に妊娠しないという決断を下せないのです。

実際に我慢汁によってどれだけの人が妊娠しているかどうかはデータが無いのでなんとも言えないですが、そこに精子が含まれている以上妊娠しないという事は言えません。

基本的には我慢汁程度の精液では妊娠は望めないと言われています。

カウパー腺液と射精の仕組み

精液を飲む

では、カウパー腺液に精子が混じって入ってしまうのはどうしてなのか?射精の仕組みを見てみましょう。

射精が行われる仕組み

射精は脊髄反射ということを知っていますか?

脊髄反射とは、ひざを叩くと足が無意識のうちに伸びる。というような刺激を受けたことに対して、脳に伝わることなく脊髄に反射してすぐに筋肉などに反応が起こることを言います。脳に伝わらないことで無意識のうちに身体が反応してしまっているように感じます。

射精までの脊髄反射は2つの段階をふみます。

①射精前のカウパー腺液が尿道球腺(カウパー腺)から尿道までに達するとき。

②射精するとき。

男性の性器は性的な興奮が高まると、血液が性器の陰茎に溜まっていき海綿体が膨張し大きく、固くなります。更に睾丸内のぜん動運動が活発になり精液が前立腺に運ばれて射精の準備をします。この働きにあわせて尿道から膀胱に繋がる器官は逆流防止の為に閉じられます。

亀頭や海綿体(男性器の竿の部分)への刺激により骨髄反射が起こって、精子が準備されていた前立腺の内圧が上昇し、カウパー腺に僅かに漏れ出します。

更に刺激を強めることや脳内興奮が高まることで反射的に射精に繋がります。

妊娠する可能性は?

数式

上記のようにカウパー腺液が出るときと射精の時は、脊髄反射であるとどういうことが起きるのでしょう?

脊髄反射によって、自分が思っているよりも早く無意識のうちにカウパー腺液から射精の段階へと進んでいる場合もあるということです。つまり挿入中にカウパー腺液に精子が混じってしまうということが起こるのです。

この反応には個人差がありますので、すべての人のカウパー腺液に精子が入っているというわけではありません。しかし、このような状態になる可能性が誰にでも起こりえるということです。

つまり精子の混じっている可能性のあるカウパー腺液では妊娠する確立はゼロではないのです!

実際の妊娠確率

実際に我慢汁で妊娠している女性の調べて集めたデータが無いので、実際にどのくらいの確率で妊娠してしまうかどうかは紹介することは出来ませんが、通常の膣内射精による妊娠確率から、どれくらいの確率で妊娠が発生してしまうのかを予想していきたいと思います。

妊娠確率は女性の年齢や、男性の精液の状態によっても変わってきますが全体的な通常の性行為での妊娠確率は10%〜30%となっています。

18歳〜20代前半までの女性との性行為で最も妊娠が発生しやすく30%前後となっています。女性の年齢が40歳を超えてくると確率は1桁にまで減少します。

なので、単純にカウパー腺と若干混ざっている精液だけでの妊娠はかなり低くなる事がわかります。しかし、性的興奮が高まっている状態での性行為は着地点がどこに落ち着くかはわかりません。我慢できなかったり、すでに射精していて中に出してしまう可能性もあります。

妊娠を望んでいない場合は避妊しない状態での性行為は避けたほうがいいでうしょう。

女性が特に妊娠しやすい時期は?

女性の生理後何日目であるかの時期によっても妊娠しやすさは変わってきます。具体的にいつの時期が妊娠しやすいのでしょうか?

女性の生理周期は大体28日〜38日ほどの周期で回っています。これが中学生頃から40〜50代の閉経を迎えるまで、卵子を常に新しい物に作り変えて受精できる状態を整えています。

生理の周期は出血が確認された日から1日目とカウントし、最も妊娠が起きやすいのは生理周期1週間目〜16日目程までの期間になります。

この期間は増殖期や排卵日と呼ばれるもので、卵巣が卵胞から排卵され受精が可能になります。この期間に当たる女性の子宮内に精子が生きた状態で存在していると精子と卵巣が受精し、この受精卵が卵管を移動し着床することで妊娠が確定します。

精子は女性の子宮内で1週間前後生きた状態で存在できるので生理周期1日目に性行為に及んだ場合でも妊娠する可能性はあるということになります。

女性の卵子の寿命は短く、排卵されてから約24時間ほどで機能しなくなってしまいます。それ以降は新しい卵子が排卵されるまでは妊娠しなくなります。しかし、この生理周期は生活習慣やストレスなどによって生理周期が長くなったり短くなったり、排卵日がずれることがあるので妊娠しないということを確実に特定することは出来ません。

特に生理周期1週間〜20日程の期間が妊娠しやすいというのが一般的です。

望まない妊娠を避けるためには?

我慢汁 妊娠

我慢汁での妊娠であろうと、そのほかの方法による妊娠であろうと、それが望まない妊娠であるなら女性の身体にとっては辛く悲しいことになります。

そのような事態を防ぐためにも出来るだけ確立の高い避妊方法をとりたいものです。

確実な避妊方法って?

今のところ、100%確実であるという避妊方法はありません。いくつかの避妊方法を同時に複数試していても妊娠したという例はたくさんあります

膣内射精でないにも関わらず、我慢汁で妊娠してしまうというのも、カウパー腺液の中に精子が混じってしまった可能性があるからです。またコンドームなどを装着後でも、精子の混じったカウパー腺液が指についた状態で膣内に挿入された場合などで妊娠する可能性はゼロではありません。

では確実な避妊方法はあるのでしょうか?避妊方法はコンドーム以外にもいくつかあるのを知っていますか?

避妊方法の色々

避妊

コンドームの使用など避妊方法を紹介します。

経口避妊薬(ピル)

きちんと服用することでほぼ100%の避妊率といわれているピルですが、その副作用や毎日一定時間の服用ということ、また医療機関での処方ということでなかなか十分な普及ではないといわれている経口避妊薬です。

方法は、月経の1日目から毎日1錠づつ、できるだけ同じ時間帯に服用するのが決まりです。服用初日から避妊効果が期待できます。

ピルの役割は、主に排卵を抑えることです。ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類が入っています。そのホルモンが卵胞を成熟させるホルモン分泌を抑えます。成熟しない卵胞は排卵することが出来ません。そのため妊娠もしないということです。また子宮頚管の粘液を減少させ、精子が入りにくくする役割もします。

しかし、このピルでも妊娠の確立はゼロではないので、性感染症などの対策としてもコンドームとあわせた避妊方法が良いとされています。

またピルを服用時に気をつけたいことは、飲み忘れです。1日の場合はすぐに服用して次からもきちんと予定通りに服用すれば効果は変わりません。しかし、2日以上の飲み忘れには効果は期待できません。他の避妊方法をとったほうがよいでしょう。ピルの飲み忘れについては、ピルを飲み忘れた時の対処方法は?効果や副作用も紹介!の記事を読んでおきましょう。

ピルのさまざまな効果

ピルには女性特有の辛さを軽減する効果もあります。

  • 月経痛を和らげる
  • 月経不順の改善
  • 月経時の量を少なくする
  • にきびを和らげる
  • 子宮内膜症を和らげる
  • PMS(月経前症候群)などの症状を改善させる

また反対に副作用の面もあります

  • 吐き気や頭痛などの症状がでる
  • 乳房の張りがひどくなる
  • 稀に性器からの不正出血
  • 血栓症など、血液の粘度を高くする。

これらの副作用は時に大きく取られがちですが、メリット・デメリット両方の面を良く見て自分に合った避妊法を選ぶと良いでしょう。

また、乳がんや子宮頸がんなどホルモン依存の疾患にかかっている人や血栓症や心筋梗塞などの疾患がある人、タバコのヘビーユーザーなどはピルの処方が出来ないことがあります。医療機関で相談してみましょう。

コンドーム

コンドームは特性ゴムによって作られている避妊具です。世界各国で使用されているもっとも有名な避妊具でしょう。

避妊のほかにも性感染症の予防にも効果があるとされ、日本では薬事法上の管理医療機器に分類される医療機器です。

使用方法は勃起状態になったペニスに装着することです。気をつけたいのが、女性の膣内に挿入する前に装着することです。避妊目的でも性感染症予防の面でも、いわゆる我慢汁、カウパー腺液のついた我慢汁で挿入してしまった後からの装着では意味がありません。コンドームの装着は勃起後、性器接触前に装着することが大切です。

リング(IUD)

聞きなれない言葉かもしれませんが、経産婦には出産後産婦人科などで説明を受けることがよくある避妊方法です。

リングといわれる合成樹脂で作られた小さな器具を子宮の中に装着させて避妊をする方法です。この方法は出産経験の無い人には装着できません。

リングの特徴として一番なのは、副作用無く、一度装着すると特にメンテナンスなどの必要が無く2年ほど効果が望めるということです。

しかし実はピルほどの避妊効果はないといわれています。なのでより確実な避妊ということであれば、このリングのほかに複数の避妊法を併用するのがよいといわれています。

ペッサリー

ペッサリーとは、精子が子宮内に入らないように子宮の入り口に自分で装着する天然ゴムで出来た蓋のようなものです。

医療機関での処方となり、自分のサイズに合ったペッサリーを処方してもらい、装着方法を教えてもらいます。その方法はペッサリーに殺精子剤をぬり、行為の前に自分で装着し、射精後8時間後に自分で取り出すというものです。

正しい装着や取り出しが面倒であったりするのであまり普及していませんが、このような方法もあります。

避妊手術

手術で避妊をする方法もあります。

避妊手術は、男性側であれば、精子が通る管を縛って切ること、精管切除手術が一般的です。俗に言うパイプカットです。

女性側であれば、卵子が通る卵管の一部を結んで通りを妨げる手術、卵管結さつ手術というのが一般的です。

この避妊法は、手術後に妊娠を望んでも確立が低いため、すでに出産を終えた方や生涯にわたって子供の必要を感じていない方向きです。

この手術を希望する場合は、双方できちんと話し合い、慎重に決断することをオススメします。

まとめ

いかがでしたか?

純粋な我慢汁で妊娠はしません。しかし、我慢汁だと思っていたものが実は精子が入っている可能性もあることがわかりました。

本来はお互いを思いやる行為である性行為の後に悲しい後悔の無いように、男性側、女性側の両方から避妊について正しい理解をして話せる環境であることが一番です。

関連記事として、

性交の後に出血が起きる原因は?症状や対処方法を紹介!

コンジローマは完治する?症状や治療方法を紹介!

不正出血が茶色なのは病気なの?原因を知って対処しよう!

射精により頭痛が起きる原因は?対処方法も紹介!

これらの記事も合わせてお読みください!

  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする