すぐ泣く女の性格や特徴とは?彼氏や男性はどう対応するのがベスト?

スポンサーリンク

少し怒られたり、都合が悪くなるとすぐに泣く女の人が身近にいると言う方は多いのではないでしょうか。確かに女の涙は武器といいますが、あまりにも泣いているのでは、その先が進みませんし、イライラしてしまいますよね。

しかし、実はすぐ泣く女の人に対処する方法は存在しています。この記事では、すぐ泣く女の原因を見ていき、それに合わせた対処法をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

すぐ泣く女って一体何が原因ですぐに泣いてしまうの?

親子関係

まるで涙を仕込んでいたかのように、怒り出すとすぐに泣き出す女性がいますよね。人によってはそれを見るだけで不思議に思う方もいるのではないでしょうか。確かに反省した涙なら分かりますが、大人になってもすぐに泣くのは何かしらの原因があります。

また、嘘泣きのイメージがあるかもしれませんが、人によっては本当に明確な原因があって泣いている場合もあります。しかし、そういった心理的な物は相手に聞くのも難しいですし原因をあらかじめ知っておきたい所です。

対処方法を知るためにも、まずは一体どういった理由ですぐに泣いてしまうのかを見ていきましょう。

泣けばごまかせると思っているから

小さなときから、女の子は泣いていたら怒られなくなったり、優しくされたりいう経験をしてきた方が多いかと思います。そういった経験が多ければ多いほど、何か怒られたり、失敗をしてしまったときも、泣けば許されると考えている特徴があります。

また泣いている自分が可愛いからモテると勘違いしていたり、自己顕示欲が高い人はわざと人前で泣くこともあるようです。男性たちの本音は別に泣いていることが可愛いと結びつくわけではありませんが、そう考えている女性もいるようです。

特に、社会人になった自覚や、自分自身の責任についてきちんと理解していない場合にはそのように泣けばごまかせると思ってすぐに泣いてしまいます。もちろんそれで全てごまかせているとは本人も思っていませんが、その場しのぎに言い訳をするくらいなら泣けばよいと考えている場合が多いようです。

自分で感情をコントロールできないから

怒られたりすると、悲しくなってしまいますが、その感情を押さえることができずにそのまま涙がこぼれてしまう人もいます。感情豊かな人の場合は、怒られているだけではなく、少し感動するだけでも涙が出てきてしまいます。

感受性が強いと、些細な態度や状況であっても、その場面に感動することがあります。これはデートなどでは非常に印象的になりますが、マイナス思考にもつながります。また、自分の思い通りに感情をコントロールできないので、場所を選ばず泣いてしまいます。

また、自分で感情がよく分かっていない場合もあるので、人前でいつまでも涙が止まらなかったり、涙が出ている理由が自分でもよく理解できていない場合もあるようです。

自分が可愛い為、かわいそうな状況の自分に同情しているから

自分が大好きな人も、実は涙を流しやすいと言われています。これは、自分はそこまで悪いことをしていないと思いこんでいたり、自分は悪いことをしたけれども、そこまで怒られる必要はないと思っている場合には、怒られている自分に同情して涙を流します。

また、そういった人の場合には怒られている理由がわかっていない場合が多いので、何度も同じことを繰り返すこともあります。また、怒られている間も自分に同情しているため、上の空だったりあまり話を聞いたりしていない場合も多くあるようです。

メンタルがあまりにも弱いから

メンタルがあまりに弱いと、他の人にとっては些細な事であっても、それに対して過敏に反応してしまい、泣き出してしまう場合があります。

特に、他の人は何も感じていなくても、過度にストレスが溜まり、なんでもないときに突然泣き出したりということがあります。これは、自分が上手くストレスを感じている環境や物事に対して対処することができないからです。

また、メンタルが弱い人の場合には、慰められても分かり合えない場合があったり、泣いている理由があまりにも些細でさらに傷ついてしまう場合もあります。

スポンサーリンク

すぐ泣く女って一体どんな性格なの?

bed-945881_960_720

少し怒るだけで自分の失敗を棚に上げて、すぐに泣き出す女性が身近にいるという方も多いのではないでしょうか。もちろんこれは人にもよりますが、実は、すぐに泣き出す原因は、性格的なものが関わっている場合もあります。

これまですぐに泣いてしまうことを悩んでいた人は、実は、周りの環境ではなく、自分の性格が原因ですぐに泣いているかもしれません。それでは一体どういった性格がすぐに泣きやすくなるのかを見ていきましょう。

小さい頃から甘やかされた甘えん坊

一人っ子だと、なんでも自分が優先なので、そこまで怒られることがありません。また、怒られたとしても、すぐ泣けば許されることが分かっています。末っ子の場合も同様に、自分が怒られることを兄弟のせいにすることができたり、小さいからとそこまで怒られなかったりという経験をしています。

そのため、小さい頃から甘やかされた結果、自分が泣けば全て許されると思ってしまっている場合があります。また、こういったタイプの場合には否定されることが少ないので、少しでも自分のことに対して否定を受けるとすぐに傷つき、泣いてしまうこともあります。

自分が大人であることをまだ受け入れられず、精神的に幼い

子どもから大人に成長する時に、自分が行う物事は自分がしっかりと責任を持たなければいけないと段々感じてくるかと思います。しかし、人によっては自分が大人であることを受け入れることができていない場合があります。

そうなると、自分がやった仕事に対して責任が持てず、怒られている理由が分からない場合があります。また、自分が怒られるという事実に対して恥ずかしくて泣いてしまうこともあるようです。

他にも、精神的に自分が怖かったり、耐えられないと感じると、泣くことによって現実逃避をし、どうにかして今の状況から逃げ出そうとする場合もあるようです。

自分が大好きで自意識過剰

自分が大好きなナルシストの場合、自己愛が強いため自分がすることは全て正しいと思っていたり、少しくらい間違っていても、周りがフォローしてくれると思いこんでいます。そのため、自分がやったことで怒られると素直に受け入れることができません。

また、人によっては皆の前で怒られることがあまりにも恥ずかしく、プライドをへし折られたと感じて泣いてしまうこともあるようです。もちろん人によっては怒り出す場合もありますが、女性の場合はうまく感情を表すことができず、また、かわいそうな自分に同情して泣き出すことが多いようです。

スポンサーリンク

すぐ泣くのを見た時に考えている男性の考えって?

打たれ強い

身近な人で、すぐに泣き出す人がいるという方も多いのではないでしょうか。すぐに怒っただけで泣いてしまうと、その後の対応も大変ですし、何だか自分が悪者のような気分になってしまいますよね。

しかし、反対に泣いている姿を見て、可愛いと思ったり、守ってあげたいと庇護欲を感じる人もいるようなので、非常に正反対と言うこともできます。

一体周囲の男性は女性が泣いている姿を見てどういうことを感じているのでしょうか。男性心理について早速見ていきましょう。

嘘泣きではないかと疑っている

大人になってすぐに泣いている場合、まず感じるのは嘘泣きをしているのではないかということのようです。子どもでも教室で怒られてすぐに泣くことはありません。その上大人になってもこのように泣いているということは、嘘泣きではないかと感じるようです。

また、男性からすると、泣かれてしまうとその後は中々怒りづらかったり、フォローをしないといけません。それを考えると自分がよい思いができるように、わざと嘘泣きをしているのではないかと考えている人もいるようです。

子どものようだと軽蔑している

泣いてしまうと、メイクが崩れていきますし、その後の職場の雰囲気も最悪になりますよね。恋愛感情を持っていても冷めてしまうこともあるかもしれません。そういったことから、安易に泣くことは子どものようで不愉快に感じている男性もいるようです。

確かに、真剣にやっているのであれば、怒られたり注意された時に、何かしら打開策を提示したりということができます。しかし、それをせずにただ泣いているだけでは何も伝わらないですし、そういった感情を露わにするのもビジネスにそぐわないと感じることもあるようです。

また、泣くという仕草は子どもを連想させるので、特に男からすると子どもっぽく感じられ、軽蔑されることもあるようです。

泣いていては何も解決しないと呆れている

泣いてしまうと、他の事を話すことも難しいですし、発展することもありませんよね。特に、怒ろうと思ったのではなく、どのように改善していくのかを話し合おうかと考えていた男性の場合、泣かれると呆れてぶりっ子だと感じることもあるようです。

女性の場合は感情的に動いてしまう場合が多くありますが、男性からしてみるとその前に論理的にその問題について話し合うことが先決です。そのため、突然泣き出されても問題は解決しませんし、また、泣き止んだり落ち着くまで話が進まないので、呆れてしまうようです。

感情が豊かだなと感心している

否定的な意見が多いかもしれませんが、ビジネスの場であっても、泣くことによって、感情が豊かだなと感心している場合もあります。特に、顧客の立場に寄り添うことを必要としている職場などですと泣いて訴えている姿に感心することもあるようです。

もちろん常に感情的に行動していてはあまりよくありませんが、ここぞというときに自分の責任に対して、どれだけ感情移入しているのかを示しているということでも有るため、あれほど一生懸命普段から仕事をしているのだと見直すこともあるようです。

スポンサーリンク

すぐ泣く彼女に彼氏がしてあげられることって一体どんなことなの?

ストレス

少し喧嘩をしただけで、自分が悪いのにすぐに泣いてしまう彼女に非常に困っているという方もいるのではないでしょうか。泣いてしまったら責めることもできませんし、自分が悪くないのに慰めないといけないのは何だか非常に困りますよね。

また、他のことに対しては不満がないけれど、そこに関しては非常に不満に思っているという方もいるかもしれません。結婚をすることを考えると、より一緒にいるため早い内に気づいておきたいですよね。それでは一体彼女がすぐに泣いてしまう場合どのように対処すればいいのかを見ていきたいと思います。

そばに黙っていてあげる

人によっては、いつもすぐに泣くのではなく、生理の日などはどうしても感情を整理できずに泣いてしまう場合もあるかもしれません。また、泣いている状態で何を言っても彼女はおそらく聞いていません。

そのため、彼女が落ち着くまで隣りに座ってじっと待ってあげましょう。もしかすると、泣いている間に反省して謝ってくれるかもしれません。

少し落ち着いたら優しい言葉をかけてあげる

泣き出してすこし落ち着いたら、ティッシュを差し出したり、背中を擦るなどして優しく接してあげましょう。最初は気持ちが高ぶって泣いてしまったかもしれませんが、落ち着くとたしかに自分の非を冷静に認めることができます。

また、優しい言葉をかけてもらえばかけてもらうほど自分があまりにも身勝手だということに気づき、反省して謝ってくれることもあります。泣き止んだ代わりに自分が怒り出すということがないようにしましょう。

優しくボディタッチをしてあげる

頭を撫でてあげたり、背中をさすってあげるのもいいかもしれません。彼女も自分が悪いことは分かっていますが、職場や人間関係が辛くて、それも合わさって泣いてしまったのかもしれません。

優しくボディタッチをしてもらうことによって、彼氏自身は自分の敵ではなく、しっかりと向き合わないといけないと反省することができます。また、それによって落ち着くことができるので、冷静に話をすることができるようになります。

スポンサーリンク

すぐに泣く女を泣かないようにするにはどうすればいいの?

子供 目をふさぐ

関わらないようにしても、どうしても接さないといけない場合、すぐに泣く女の対応に非常に困っているという方もいるのではないでしょうか。その癖自分が悪くないのにあたかも自分が悪いように扱われ、どうすればいいのか悩んでしまいますよね。

しかし、実は、そういった困ったすぐに泣く女に対処する方法はいくつかあります。こういった方法を使って、ぜひ円滑な人間関係を築いていってくださいね。

直接ではなく、文書などでまずは用件を知らせる

メールなどを見てオフィスで突然泣き出す人はいないのではないでしょうか。大抵の場合、直接上司に怒られると泣き出しますよね。これは、自分が怒られているという事実に加えてその場にいることが恥ずかしいという感情も含まれています。

しかし、注意点を伝えられ、それに対して対処し、反省してもらえるならば別に公の場で起こる必要はありません。そのため、泣かれたくない場合には事前にメールなどで対応をお願いするのもいいかもしれません。対応を事前に考えてもらえますし、何よりも泣かれることはほぼなくなります。

声を荒げずに対等に座って話し合う

男性の大声や怒鳴り声が苦手だという方は多いかと思います。また、それだけではなく、怒られる時はたいてい上司は座って、たったまま怒られる場合があります。しかし、これでは萎縮してしまい、逆効果です。

声を荒げてしまうと、女性の場合はその大きさに怯えるだけで、内容ははいっていない場合のほうが多いですし、そうなるとまた怒られる原因になってしまいます。

そのため、声を荒らげないほうが、女性はきちんと言っている内容を聞き取ることができますし、同じ目線になることで無駄にストレスを感じることがありません。もちろんあまりにも態度が悪いのであるならば対応策が必要ですが、目線や声の大きさなども考えてみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

リフレッシュ 方法

些細な事ですぐに泣くような女が身近にいる場合、どうしてそんなにすぐになくのか理解できないと思っている方もいるかと思います。確かに、子どもであれば所構わず泣きますが、いい大人になっても都合が悪くなると泣くのは呆れてしまいますよね。

しかし、その原因は、その人の性格や、考え方によるものなので、そこを変えることは難しいことです。そうはいっても仕事の関係などで距離を置くことも難しいと言った方にとっては、非常に悩ましい問題なのではないでしょうか。

一番は、関わらないようにすることですが、それが難しい場合には泣くことができないような状況にしましょう。一つ一つ小さなことから指摘していったり、少し工夫をすることで泣く回数は減るかもしれません。

確かに大変なことかもしれませんが、女性は元々感情的な生き物です。全てが悪いわけではなく、その感情的な部分が長所になっていることもあるので、全てを否定するのではなく、仕事が円滑にすすむように工夫して対処していってくださいね。

関連記事として

生理前にイライラする原因は?そのメカニズムと対処方法を紹介!

自分と向き合う方法は?心理やメリット、その意義を知ろう!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
スポンサーリンク
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする