既婚者ばかり好きになる人の心理や特徴とは?デメリットは何?

近年、浮気や不倫が話題に上ることが多いですよね。仲には、W不倫を起こしたり、離婚するケースもあります。いくら本気の恋であっても、自分自身が不倫や浮気相手になってしまっては、世間からの目は厳しいものになります。恋愛相談も難しくなりますし、夫婦関係に亀裂を生じさせる根源になってしまうのは避けたいところです。

しかし独身女性の中には、好きになった人は既婚者ばかり…という人もいるのではないでしょうか?それが偶然であっても意図的なものであっても、既婚者を好きになることには弊害がつきものです。幸せな恋愛をしたいなら、避けた方がよい恋の道と言えるでしょう。

では、なぜいけないと知りながら既婚者に惹かれてしまうのでしょうか?

既婚者に惹かれる理由

snow-3062774_1280

年下好きや年上好きなど、好きになるタイプは人によって違って当然ですし、恋愛観は人それぞれですから、どんな恋愛をしようと基本的には自由です。とは言え、相手に家庭がある場合にはそうも言っていられません。奥さんや子供がいる場合、それは不倫になりますし、裁判沙汰にもなりかねない危険な行為です。

それでも既婚者に惹かれてしまうのは、一体なぜなのでしょうか。その理由を見ていきましょう。

既婚者特有の余裕

既婚者はすでに家庭を持っているので、独身男性に比べ、恋愛に対してガツガツしているところがありません。また、結婚しているということは経済力もある程度あるということになります。

特に男性ならば、一家を支えていかなくてはなりませんから、大人の落ち着きと経済力が魅力的に見えることもあるかも知れませんね。

家庭を大切にする姿に惹かれる

これも危険な傾向ですが、既婚者を好きになる女性の中には、家庭を大切にしている姿に惹かれてしまう人もいます。特に、子どもの話をしたり、世話を焼いたりしている姿を見ると、その姿は非常に魅力手に見えてしまいます。仕事だけでなく家庭も重んじている姿は男性として素敵ですが、

だからこそ、そういった相手と恋に落ちてしまうと計り知れないリスクを負うことにもなります。家庭を壊してしまうかも知れない関係に発展しかねない恋なのに、相手のそういう姿勢に惹かれるというのは、とてもリスキーな特徴ですね。

女性の扱いが上手い

もちろん、既婚者の中には女性の扱いが下手な人もいます。結婚したからと言って女性の扱いが上手くなるとは限りません。

すでに家庭を持っているので、女性に対して前のめりになりませんし、年齢的な余裕や知識から、女性をエスコートしてくれる場面もあるかも知れません。そういうことができる男性は、女性にとって魅力的ですよね。

既婚者を好きになる人の特徴

infidelity-379565_1280

では、既婚者を好きになってしまう人の特徴を見ていきましょう。既婚者に惹かれる理由や傾向が分かりますよ。もしかすると「あるある!」と共感できることもあるかも知れませんね。

ファザコンである

ファザコン女性の場合、理想の男性が父親であることから、年上男性を好みます。同い年に対しては恋愛感情が沸かない!というくらい、年上男性ばかり恋愛対象になるのです。しかし、年齢が上の男性は、高確率で結婚しています。それでも、男性に父親的な要素を感じると、ファザコン女性は強く惹かれて行き、結果的に道ならぬ恋に足を踏み入れてしまうのです。

年上男性には、若い男性にはない余裕や包容力があり、大人の男という意味で非常に魅力的なのです。経験も知識も豊富なので頼りがいものありますし、安心感や安定感、落ち着きが同年代の男性とはまったく違いますから、惹かれてしまうのも無理はないでしょう。

恋愛に免疫がない

恋愛経験が薄く、免疫のない人は、少し優しくされたり、既婚男性ならではの大人っぽさに簡単に落ちてしまう可能性があります。恋愛に慣れていないので、よくも悪くも惚れっぽいわけですね。

ですから、既婚男性との恋愛は危険だとか、大変なリスクがあると考える前に、相手に夢中になってしまう可能性が高いのです。

受け身で優しい性格

恋愛において受け身な女性は、相手に求められると断り切れず、ずるずるといけない関係に至ってしまうことがあります。既婚男性の場合、真剣な恋愛というよりは遊びの恋である可能性も十分に考えられます。

しかし、押しが弱いので、本人にその気がなくても、言い寄られると断れない…ということになりかねません。遊ばれて終わってしまう可能性も高いので、注意が必要です。

スリリングな恋が好き

反対に、積極的に危険な恋に首を突っ込んでしまうタイプの女性もいます。普通の恋愛では飽き足らず、恋にスリルを求めてしまう女性にとっては、既婚者との恋愛は非常に魅力的に見えるでしょう。相手の家庭にも、自分の家族や友達、同僚にバレても大変なことになるというスリルが、恋を燃え上がらせるのですね。非常に厄介です。

こいうう女性は、意図的に既婚者を求めていなくても、知らず知らずの内に危険な恋を引き寄せてしまいます。だから結果的に、不倫に走りやすく、綱渡りのような危険な恋にハマってしまう可能性が高いのです。

 人のものをほしがる

また、人の持っているものが無性にほしくなる女性も、既婚者との恋愛にハマってしまう可能性大です。こういう女性は、既婚者の余裕や経済力ではなく「他人のもの」というところに強く惹かれます。初めから自分のものにできてしまったら意味がなく、他人のものだから燃えるのです。

他人の彼氏を取ったり、既婚者男性に言い寄って不倫に導く女性は、こうしたタイプでしょう。本人は好きでやっているのでよいですが、手を出された方は家庭崩壊や人間関係の崩壊など、破滅的な未来を迎える可能性もあり、危険です。

既婚者を好きになるデメリット

angry-2191104_1280

このように、既婚者を好きになってしまうのには、いくつか理由があります。その理由は個性的で、周りからすると理解できないものもあれば、「わかる」と言いたくなるような者まで様々です。

しかし、相手に家庭がある以上、既婚者と恋をするのにはデメリットも多くあります。

結ばれない

相手が既婚者である以上、どんなに燃え上がっても、相手と将来的に結ばれるという可能性は極めて低いと考えた方がよいでしょう。

交際していることを公にはできないので、いつも隠れるようにして会うことしかできず、家庭との兼ね合いもあって、連絡は彼待ちになることが多いでしょう。さらに、相手には本妻がいるので、不倫相手としては弱い立場です。会う約束をしていても、急に家の用事が入って会えなくなることもあるでしょうし、待つ、耐える姿勢はどうしても求められます。

家庭を捨てて不倫相手との結婚を取ってくれる場合もあるかも知れませんが、割合としては低いでしょうし、不倫関係からの結婚にもリスクがありますよね。ですから、将来的に自分のためになるかと言うと、ならないと言えるでしょう。

職を失う

社内不倫だった場合、2人の関係が会社や相手の家庭にバレた時、世間の目は厳しいものです。不倫相手の妻ともめるなどの事態に発展せずとも、不貞行為が明るみに出ただけで、会社にはいづらくなります。不倫に対しての風当たりが強い昨今、不倫に伴うリスクはより高いものになっていると言えるでしょう。

仮に同じ会社の相手でなかったとしても、不倫という負のイメージが会社に与える損害は大きな者ですから、結果的に職を失うことにもなりかねません。一陣の幸福感を求めて不倫を続けるには、バレた時の代償は計り知れないのです。

危険な恋にハマってしまう

不倫は、許されない恋です。簡単に人に言えることでもないため、悩みがあっても、恋愛相談などを気軽に友達にすることもできません。しかし、いけないことをしているという感覚は、かえって恋を燃え上がらせるものでもあります。そして、1度不倫を経験してしまうと、綱渡りのような不安定さ、危なっかしさが持つ魅力に取り憑かれ、普通の恋では物足りなくなってしまう可能性があります。

場合によっては、不倫のドキドキ感にハマってしまい、何度も不倫を繰り返すことにもなりかねません。アブノーマルな恋は刺激的で楽しいですが、アブノーマルを求めすぎると、何もかも失うことになってしまうかも知れませんよ。

リスクが大きい

職を失うのもそうですが、夫婦関係を悪化させ、場合によっては離婚にまで追い込んでしまうケースもあります。その場合、妻の標的は夫ではなく、相手女性に向くことはしばしばありますよね。恨みを買ったり、慰謝料を請求されたりすることもあるでしょう。

そうなると、周囲目も大きく変わり、人間関係にも悪影響があります。生活環境も様変わりするでしょう。その上、自業自得なのですから、味方になってくれる人も少なく、孤立してしまう可能性も十分にありますから、非常にリスクが大きいと言えるのです。

都合のいい女にされてしまう

既婚者を好きになると言うことは、普通の恋愛とは違い、自分を最優先西手もらえないということです。

家庭ある相手を好きになった時点でそれは理解し、覚悟していることとは言え、既婚者と付き合う時には、気をつけないとただの都合のよい女にされてしまう危険もありますよ。

ギリギリの連絡に合わせてしまう

既婚者でも、妻とは別に女性と遊びたいと考えているだけの男性もいます。そういった男性は遊び慣れているので、家庭は家庭、恋人は恋人と割り切って不倫関係を続ける可能性があります。もちろん、そういう人はリスクは侵したくないですから、会社や家庭にバレないように上手に不倫をするわけです。

この時、家庭があるが故に連絡はギリギリでキャンセルされることもしばしばあり、それでも相手に合わせていそいそと出かけていってしまうなら要注意です。相手の都合に振り回されていると、相手にとってただの都合のよい女にされてしまうかも知れません。

ギリギリで連絡を取ることで、自分のペースに持ち込んでしまうわけです。イクラ相手が好きでも、自分の予定はきちんと優先させ、相手にいいように使われないようにしましょう。

相手の要求をすべて飲んでしまう

好きな相手からのお願いは、ついつい聞いてあげたくなるものですよね。しかし、相手の要望にすべて応えていると、いつの間にかただの都合のよい女になってしまいます。

特に既婚男性は女性の扱いに慣れています。遊びで付き合う男性ほどその傾向は強いでしょうし、自分の都合で振り回す可能性は高いですから、時には断る勇気も身につけておきましょう。

尽くすのと都合のいい女を取り違えてしまう

相手が好きだからこそ、どこまでも尽くしてあげたい…そう考える女性もいるでしょう。しかし、相手に尽くすことと都合のよい女になることは別です。くれぐれも、相手にとって都合のよい女になってしまわないよう、自分をしっかりと保っておかないと、あとで辛い思いをするのは自分自身です。

まとめ

desktop-background-3061483_1280

背徳的な恋は、普通の恋よりもずっと刺激的です。また、スリルを求めていない人でも、既婚者男性のよいところにばかり目が向き、ついつい危険な恋に手を出してしまうこともあります。好きな男の人ができて舞い上がってしまう気持ちは抑えがたいものがありますし、恋愛において、自分の気持ちに素直になることは大切です。

しかし、感情のままに動いてしまうと、とんでもない結末を迎えることにもなりかねません。片思いをしているだけならよいですが、愛のままに行動を起こしてしまうと、あとあと追い詰められ、泥沼状態になることもあります。

本気だと言ってくれた言葉を鵜呑みにして泣きを見ないよう、既婚者男性を好きになってしまった時には、普通の恋愛以上に慎重になり、あらゆるリスクを考慮することが求められます。軽い気持ちで行動して大きな後悔をしないよう、自分としっかり向き合っていきましょう。

関連記事として、

独身女性が寂しいと感じる5つの瞬間!独身人生を謳歌するポイントは?

【幸せになりたい】幸せになるのに必要な10の条件!こんな人は不幸になるかも

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする