色素沈着の改善方法とは!食べ物や化粧品成分を紹介!

真っ白で透明感のある素肌は女性の永遠の願いです。

日焼けも極力せず、保湿もきちんとしてきてキレイな素肌だったはずなのに。白いお肌に色素沈着があるだけで、
なんだか肌全体がくすんでみえませんか?ここでは、改善方法をご紹介します。

スポンサーリンク

シミと色素沈着の違い

色素沈着
出典:http://pixshark.com

シミは、皮膚の内側にメラニンがどんどん蓄積されていき、通常は時間の経過とともに消えていきますが、様々な刺激を受ける事でメラニン細胞が活性化され、紫外線を浴びたりする事により、『シミ』となります。

このようにシミは『自然的』に出来ます。シミとは対象的に、色素沈着は『人工的』に出来ます。紫外線等からではなく、洗顔や身体を洗う時に必要以上にこすったり、肌に合わない化粧品の使用や、ホルモンバランスの乱れ、下着の締め付けや摩擦を生じて、肌への刺激が強くなる事で色素沈着が起こるといわれています。

肌に刺激を与えてしまう事で、メラニンが沈殿しやすくなり色素沈着へ繋がります。

スポンサーリンク

肌に負担をかけないケアを心がけましょう

スキンケア

・アイメイクをばっちり、毎日全部落としきれているか自信がない方へ。

残念ながら、目の周りの色素沈着に繋がってしまうようです!毎日の積み重ねが大事なんですね。

最近は、お湯で簡単OFFという、アイライン、アイライナー等もありますよ♪

・チークの塗りすぎに注意してください。

普段は、使用せずにここぞという時のメイクアップにしてみてはいかがでしょうか。

・洗顔はたっぷりの泡でつつみこむように洗いましょう。

すすぎはしっかり行いましょう。洗い落としがあると、肌に不純物が蓄積してしまい、肌にとって負担になます。

・お風呂で脱毛処理をされる方は、なるべく負担をかけないように、泡などを沢山つけて行って下さい。

・洗顔後や入浴後のタオルドライは、優しくこすらず抑えるようにふき取りましょう

・化粧水や美容液も刺激が少なく肌に合ったものを選びましょう。

・虫にさされた後、かいてしまわないように・・・痒み止めを塗りましょう。

スポンサーリンク

色素沈着に効く化粧品成分♪

化粧品成分

お顔のお手入れになりますが、洗顔で、お肌を清潔にした後に化粧水でたっぷり保湿した後に、美容液・乳液を重ね、お肌の水分が蒸発するのに蓋をする、というのが毎日の手順です。

この毎日使用するものに、美白配合された商品を使用してみましょう♪ピーリングジェルを使用する場合は、刺激の少ないものを選びましょう。

1.ビタミンC

ニキビ跡の赤みや色素沈着の予防、シミの予防、美白効果などがあり、色素沈着には非常に効果的だといえます。

2.アスタキサンチン

天然の色素で、活性酸素を減少させる。抗菌作用もあります。メラニンの生産を抑える効果があり、色素沈着の再発を防いでくれます。

3.ヒアルロン酸

色素沈着に直接効果があるわけではありませんが、年齢と共に減少する水分を保持する効果があるので、肌の質を高めるためには必要な成分です。

3.ローズエキス

ニキビ・肌荒れ・アンチエイジング・ヒアルロン酸やコラーゲンなどの生成の働きを高める効果があります。

4.ハイドロキノン

メラノ細胞に直接働きかけ美白する効果があります。化粧品だと4%もありますが、肌が弱い方はまず1~3%をピリピリしないか試して下さい。

スポンサーリンク

色素沈着にきくサプリや食品に含まれる成分

ビタミン

では次に、食品やサプリメントに含まれる成分で色素沈着に有効なのは、どのような成分なのかを紹介します。

・ビタミンC

コラーゲン生成・メラニン色素を薄くする効果があります。すでにできてしまった色素沈着には効果は薄いですが、色素沈着が作成されるのを防ぐことができます。紫外線を浴びた日などに摂取しましょう。

(いちご・レモンなどの果物・柑橘類)

・ビタミンB群

細胞の再生・血行をよくする効果があります。また、肌の代謝を活性化する働きがあるので、他の成分と合わせてとる必要があります。

(豚肉・えのき・ブロッコリーなど)

・ビタミンE

抗菌作用、酸化を防ぐ効果があります。色素沈着が発生するのを防ぐためには、ぜひとも摂取したい成分になります。

(落花生・モロヘイヤ・赤いピーマン・ニラなど)

・ビタミンA

皮膚の粘膜の保持、免疫力UPの効果あり。こちらも色素沈着の予防には欠かせない成分です。毎日の食事に取り入れて、色素沈着が発生しにくい体を作りましょう。

(鶏肉(レバー)・豚肉(レバー)人参など)

・亜鉛

角質層が作られるスピードを早める作用があります。デトックス効果があるので、肌の老廃物を排出しやすくなります。

・プラセンタ

炎症反応を抑制。細胞を活性化させ、皮膚を健康に保つ。メラニン色素をつくるチロシナーゼを抑制し、色素沈着を改善する効果があります。

・Lシステイン

薬局でもよくみますが、メラニンを抑制し、ビタミンと一緒に摂取する事で、黒いメラニンを無色に変えていきます。角質を柔らかくする効果もあります。

スポンサーリンク

クリニックへ来院する方法も!

クリニック

どうしても色素沈着が気になる人は、クリニックで治療するのも一つの手です。どのような治療方法があるか知っておきましょう。

•トレチノイン、ハイドロキノン

塗り薬をもらって、ホームケアする方法です。

『トレチノイン』でピーリング効果、ミラニン色素を排出し、『ハイドロキノン』で強力美白していきます。この方法は、いつものお手入れにプラスして塗るだけで簡単です。だいたい、ワンクールが二ヶ月になってます。

•レーザー治療

来院して、Qスイッチレーザーなどを受ける方法です。皮膚の中のメラニンだけを破壊していきます。
色素沈着に効果が期待できますが、カサブタがとれた後(約一週間後)、一時的にシミが濃くなったりする場合もあります。

1ヶ月程度たつと、段々と薄くなっていくようです。また、毛穴の引き締めや、くすみにも効果があります。

クリニックだとレーザーで即効性あり、アフターケアも徹底されているので、お値段は高くなりますが
安心感もありますね。

スポンサーリンク

まとめ

色素沈着のまとめです。

・下着の締め付けや、摩擦を減らしましょう

・毎日のメイク落としは念入りに優しく洗いましょう
チークはここぞという時以外は、あまり塗らないように・・・。

・ビタミンは全般的に効果的

・アスタキサンチン・ヒアルロン酸等配合されている化粧品で肌に合ってるものを選びましょう

・クリニックは、レーザーで即効性をだしたい方に!

以上が今回のまとめです。毎日こつこつケアして紫外線が強い夏ものり越え、白い肌を一緒に目指していきましょう!

関連記事として

肝班(かんぱん)の原因と3つの治療方法

スキンケアで使う基礎化粧品の正しい順番を紹介!

可愛い憧れの桃色に!黒ずみ乳首をピンク色にする方法

こちらも合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする