足の小指が骨折した症状!全治何ヶ月で治療できる?

「タンスの角で足の小指をぶつけてしまった!」こういったことってよくありますよね。

ぶつけた瞬間、痛いやら、情けないやら、悲しくなりますよね。しかも、言葉にできないほどの痛みに苦しんでいるのにも関わらず、周りで見ている人は、ぶつけた場所が足の小指という地味な場所だけにその衝撃が伝わりにくく、慰められるどころか、失笑されたり、「バカだなー」なんて呑気にけなされたりして、あまり同情してはもらえません……。

そうこうしているうちに、ぶつけた小指はどんどん腫れてきて「もしかして骨折してる!?」と不安になるかもしれません。

そこで、足の小指をぶつけてしまう原因やぶつけてしまった場合の対処法などについてご紹介していきしょう。

スポンサーリンク

日本人に多い足の指の骨折

reading-1223518_960_720

「タンスの角に足の小指をぶつけた」「部屋の角を曲がる時に足の小指をぶつけてしまった」という話はよく耳にしますよね。

本来、足は靴がカバーしてくれるため、手の指に比べて骨折する機会は少ないはずなのですが、室内では素足になる文化のある日本では、土足文化の欧米に比べて、足の指の骨折はよく起こってしまうのだそうです。

ちなみに足の指の中で折れやすいのは、やはり外側についている小指と薬指です。

スポンサーリンク

足の小指をぶつけてしまう原因

girl-799518_960_720

では、どうして足の小指をぶつけてしまうのでしょう。「ついうっかりして」という方がほとんどだと思いますが、中には「同じ部屋の同じ角で何度もぶつけてしまう」と悩んでいらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

そうした方は『空間認識能力』が低いため、同じ場所で何度もぶつけてしまうものだと考えられます。『空間認識能力』とは物体の位置や方向、大きさ、形、姿勢、間隔など、目で見た物体の位置関係や状態を、すばやく把握して認識する能力のことをいいます。

タンスのそばを通り過ぎる際、タンスの角と自分の距離感が瞬時に把握できないために、角に足の小指をぶつけてしまうわけです。

この『空間認識能力』は子どもの頃に野山や原っぱなど自然の中で遊ぶことによって身につけられると言われていますので、そうした自然の中で遊んで育った経験が少ない現代の若い世代には『空間認識能力』が足りない人が増えているように思われます。

また『空間認識能力』は高齢になればなるほど、低下していくため、物にぶつかったり、道に迷いやすくなったりします。

スポンサーリンク

『打撲』と『骨折』の見分け方

business-19156_960_720

それでは早速、実際に足の小指をぶつけてしまった場合、どうしたらよいのかについてお話ししていきましょう。

足の小指をぶつけた後、小指がどんどん腫れて紫色に変わっていくのを見て「これは打撲なのか、ひょっとすると骨折してしまったのかもしれない!」と軽いパニック状態になるかと思います。

あらかじめお話ししておきますと、軽い骨折は、打撲の症状ととてもよく似ているので、打撲と骨折を見極めるのは非常に難しく、専門家でもレントゲンを撮ってみないとわからない場合がありますので、骨折した経験のない方は、ぶつけた小指が大きく曲がっていない限り、ご自身で見分けるのはさすがに難しいでしょう。

しかし、病院へ行く前に自己診断しておけば、幾分、不安を和らげることができると思いますので、一般的に言われている打撲と骨折の症状をそれぞれ記しておきますね。

打撲の症状

一週間ほど痛みが続きます。皮膚の色が変色して腫れます。痛みますが、指を動かすことはできます。

骨折の症状

激痛が走り、痛みは数週間も続きます。皮膚の色が変色して腫れます。指を動かすことは難しいでしょう。

スポンサーリンク

足の指をぶつけた場合の応急処置法

first-aid-kit-62643_960_720

すぐに病院へ行けない場合は、痛みを和らげたり、これ以上、症状を悪化させないためにも、応急処置を行っておくことをおすすめします。ぶつけた足の小指が『打撲』をしていたとしても、『骨折』をしていたとしても、応急処置の方法は全く同じです。

  1. まずは氷の入った水などにつけて患部をよく冷やして下さい。冷やすことで腫れもひき、痛みも和らいでいきます。
  2. 小指と薬指の間にスポンジや小さく折りたたんだ布きれなどを挟み、テープで2本の指をぐるぐると巻いて固定します。テーピング用のテープがない場合は、マスキングテープなどでも代用できます。
  3. ぶつけた足の指をなるべく動かさないようにして安静にして下さい。足を高くすると、むくみを避けることができます。
スポンサーリンク

指の骨折は何科へ行けばいい?

doctor-563428_960_720

応急処置をした後は、できるだけ早く病院へ行きましょう。受診する診療科は整形外科です。整形外科は、背骨や手足など全身の運動器官をつくりあげている骨や関節、靭帯、筋肉などの病気、ケガなどによる損傷を治療してくれます。

まれに骨のことだから接骨院に行けばよいだろうと考える方が、いらっしゃいますが、接骨院は柔道整復師さんが施術してくれるところであり、医師が診療してくれるのは整形外科です。お間違えのないようにして下さい。

スポンサーリンク

骨折していた場合の治療法

sandals-323455_960_720

レントゲンを撮って骨折だとわかった場合、治療期間は、骨折した部位や症状、年齢によって異なります。完治するまでに数ヶ月の長期間を要することもありますが、大体3~4週間の固定療法で治ります。

できるだけ早く、しっかり治すためには、なるべく足の指を動かさずに『安静にする』ことが一番大切ですよ。

外出する際は患部に触らないように、ゆるめの靴かサンダルを履くとよいでしょう。ギプスをしている足専用のサンダルもあるそうです。片足分の一つだけ買うことが出来、お値段もお手ごろです。足のサイズは普段履いている靴のサイズではなく、ギプスやテーピングを装着した状態でのサイズのものを選んで下さいね。

スポンサーリンク

骨折を放置してしまうと……

「たかが足の指ぐらい何でもない。痛みもひいてきたし、まぁいいか!」などと軽く考えて、『骨折』を放置してしまうと、大変なことになる場合があります。

皆さんご存知の通り、骨は自然と形成されていくので、放っておいても、ちゃんとくっついてくれるものですが、骨がずれて曲がったままの状態でくっついてしまう場合があるのです。そして曲がった指にはいつまでも鈍い痛みが残ることもあります。

特に、足の指は骨折すると、指が変形するなどの後遺症が残りやすいものなので、必ず病院へ行き、医師にしっかりと角度を治してもらうようにしましょう。

特に注意が必要なのは、成長期のお子さんが骨折した場合です。足の指のみならず、お子さんが手足を骨折してしまった時は、親御さんは注意して下さい。子どもは回復が早く、折れた骨が曲がった状態で、すぐにくっついてしまったり、曲がったままで成長してしまったりして、手術をしなくてはならない大変な事態になることもあります。すぐに整形外科へ連れて行って医師に診てもらうようにして下さい。

スポンサーリンク

足の小指の役割

feet-1176612_960_720

実際に足の小指を骨折してしまうと、日頃は気付かなかった足の小指の大切さに気付くことでしょう。

私たちが普段行っている、立ったり、歩いたりする動作において足の指は大切な役割を担っているのです。特に重要なのは親指と小指で、親指は体を支え、小指は体の左右の動きをコントロールしています。

ですから、骨折で足の小指が曲がったりすると、頭でイメージした通りに動くことができなくなってしまいます。歩いてみても、体の左右の動きを支えることができないために、筋肉に過剰な負担をかけ、足の形が悪くなったりして、運動選手にとっては致命傷になってしまうことでしょう。

いかがですか?普段は「足の小指の骨折ぐらい」なんて思ってしまいますが、動かなくなって初めて足の小指のありがたさに気付かされますよね。ああ、人間は何事も失ってみないと、大切なものが何か気づかないのでしょうか……

さて、ここまで足の小指を骨折したら、どうすればよいのか、お話ししてきました。では、足の小指を骨折しないためにはどうしたらよいのでしょうか。タンスの角に足をぶつけないように注意することはもちろんですが、ぶつけても骨折にまで至らないようにする方法はないのでしょうか。そこで続いては骨折の予防法について、ご紹介していきましょう。

骨折の予防法

chicken-559892_960_720

骨折を防ぐためには強い骨を作ることが大切です。特にご高齢の方は骨粗しょう症になりやすく、ちょっとぶつけただけでも骨折してしまうことがありますので、しっかりと予防をしておきましょう。

強い骨を作るためには、骨を支える筋肉を鍛える運動をすることはもちろん(過度な運動は逆に疲労骨折してしまいますので、年齢や体力にあわせて適度な運動をして下さいね)骨のために必要な栄養素をたくさん含む食事をすることも大切になります。

骨に必要な栄養素

骨を強くするためには、骨の主な成分であるカルシウムと、カルシウムが腸で吸収されるのを助けてくれるビタミンD、骨を形成する働きを促進するビタミンK、カルシウムとともに骨をつくるコラーゲンの材料にもなるたんぱく質をしっかりと摂ることが大切です。

  • カルシウム…乳製品、大豆、緑黄色野菜、魚、海藻、ごまなどに多く含まれています。
  • ビタミンD…魚、卵、きのこなどに多く含まれています。
  • ビタミンK…納豆、緑黄色野菜、海藻などに多く含まれています。
  • たんぱく質…肉、魚、乳製品、大豆などに多く含まれています。

まとめ

toes-701179_960_720

足の小指がいかに大切な存在であるのか、その足の指の骨折を軽く考えて放置すると、いかに怖い目にあうのか、おわかり頂けましたでしょうか?

たかが足の小指、されど足の小指、なのです。

これで足の小指のイメージも、随分と変わったのではないでしょうか?これまで気にもかけていなかった小指に対して、その存在の大きさに気付き、足の小指に関心の目を向けるようになると、タンスの角にぶつけるようなこともなくなるかもしれません。

心臓から最も遠い場所にあるのが、足の小指です。小指を触って冷たいと、血のめぐりが悪くなっているのがわかります。つまり足の小指は健康のバロメーターにもなるのです。足の小指を大切にして快適な毎日をお過ごしになることをお祈りしています。

関連記事として、

疲労骨折の症状とは?治療方法や予防方法も紹介!

骨折を早く治す方法は?食べ物や治療方法を紹介!

足首が痛い原因は?炎症や病気、対処方法について!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする