高アンモニア血症の原因・症状・治療方法を紹介!注意すべき合併症や、予防するのに必要な食事とは?

血液の中には様々な成分が流れています。例えば酸素を運ぶ赤血球があったり、外敵が侵入した時、体を守る白血球なんかがありますよね。しかし、中には増えすぎると困る成分もあります。

高アンモニア血症とは、その名の通り、血液中のアンモニア値が高くなってしまう状態です。これにより、体には様々な症状を発症することがあります。

では、この高アンモニア血症とはどのような状態なのでしょうか。時として命の危険もあるため、その予防法や治療法についてもみていくことにしましょう。

スポンサーリンク

高アンモニア血症とは?

%e6%8e%a1%e8%a1%80

血液中のアンモニア濃度が高くなっている状態を高アンモニア血症といいます。アンモニアとは理科の実験なんかでやった、独特の匂いを発するあのアンモニアです。鼻につく、刺激臭を今でも覚えているという人もいるのではないしょうか。

アンモニアは体内でタンパク質を代謝した際に産生されます。このアンモニアは通常、肝臓で分解されたあと、尿中に排出され、体外へ出ていきます。

しかし、なんらかの原因でアンモニアがきちんと分解・処理されず、血液中に漏れ出してしまうことがあります。これが高アンモニア血症を招く原因になってしまうのですね。

高アンモニア血症の症状とは?

高アンモニア血症が進行すると、重篤な症状を発症します。具体的には以下のことがみられます。

意識障害

血液中にアンモニアが増えることで、神経に障害を与え始めます。その結果、重篤な意識障害を発症します。意識が朦朧とし、早急な処置が必要です。

呼吸障害

神経侵食により、呼吸機能も低下し始めます。呼吸がしにくくなり、生命の危機に瀕することがあります。意識障害と同様に、早急な治療が必要です。

その他の症状

生命の危険がある意識障害や呼吸障害の他、嘔吐、異常行動などがみられます。血液中のアンモニアが神経を侵していくため、これら症状がみられるようになります。

スポンサーリンク

高アンモニア血症の原因とは?

%e8%82%9d%e8%87%93

重篤な症状を招く可能性がある高アンモニア血症。この状態が起こる原因にはどのようなものがあるのでしょうか?具体的には以下の原因があります。

尿素サイクル異常症

高アンモニア血症の原因は先天的な病気が関わっていることがあります。それが尿素サイクル異常症。尿素の処理に関する先天的に異常がある状態です。

尿素はアンモニアを分解した際に出る無害な成分です。そして、尿ととももに排出され、体に老廃物が溜まるのを防いでいます。体に溜まったゴミを分解して、捨ててくれているのですね。

肝臓はアンモニアを尿素に変える経路があります。これを尿素サイクルと呼びます。このサイクルに異常が起こり、アンモニアがきちんと尿素に変換されない病気を尿素サイクル異常症といいます。

尿素サイクル異常症は高アンモニア血症を招くほか、嘔吐、痙攣、意識障害といった症状を招くことがあります。新生児にみられる場合は、命の危険もあるため、早急な対応が必要です。

尿素サイクル異常症の特徴は遺伝性であるということ。食生活の偏りや運動不足などの生活習慣に依存しません。家族内に病気を発病したことがある人がいる場合は注意が必要でしょう。

尿路感染症

稀なケースではありますが、尿路感染によって高アンモニア血症を発症することがあります。尿路とは腎臓、尿管、膀胱、膀胱の総称。尿が作られ排出されるまでの部分のことです。

ウレアーゼ産生菌という菌に感染することで発症します。この菌は尿素を二酸化炭素とアンモニアに分解するという性質があります。このアンモニアが膀胱静脈から入り込み、高アンモニア血症を招くといわれています。

尿路感染症による高アンモニア血症でも意識障害を発症します。また、高齢者に比較的よく起こります。これは寝たきりや年齢による抵抗力の低下が原因ではないかといわれています。

門脈・体循環シャント

門脈とは消化管に流れた血液が肝臓に注ぐ血管です。これがなんらかの原因で体を循環する血管と結合してしまうと、本来肝臓で解毒・分解されるはずの物質が全身へ回ってしまうことがあります。

これが高アンモニア血症の原因となるのです。ちなみにシャントとは血液が本来のルートとは違う、異なるルートのことです。バイパスといった言葉とも言い換えることができます。

肝硬変

肝臓組織が硬質化してしまう病気です。これにより肝臓機能が低下するとアンモニア分解ができなくなり、高アンモニア血症を発症することがあります。

肝硬変に限らず、肝臓の病気は自覚症状が少ないといわれています。このため、病気に気づくのが遅れ、気付いた時にはかなり進行しているなんてことがあります。

小さな自覚症状として、食欲不振、体重の減少、疲労感、便の異常などがみられます。ただ、これを単に疲れと判断してしまうと発見が遅れてしまうので注意が必要でしょう。

詳しくは、肝硬変の自覚症状を見逃さないように!注意すべき症状は?を読んでおきましょう。

スポンサーリンク

高アンモニア血症の深刻な病気

%e8%84%b3

血液中のアンモニア濃度が高い状態が続くと、その影響は脳にも及びます。脳にも血液が循環していますから、その影響がでてしまうことがあるのですね。

高アンモニア血症が進行することで起こる、脳の異常状態を肝性脳症と言います。肝機能の低下によって引き起こされる高アンモニア血症。それが引き金となって起こる脳の病気です。

肝性脳症とは?

血液中のアンモニアが脳へ到達し、様々な悪影響を与えてしまう病気です。高アンモニア血症を招く、肝機能の低下がみられる人に好発します。

肝性脳症には他にも様々な原因があります。タンパク質の過剰摂取、消化管出血に伴う分解物の血液流出などがあります。どれにしても、血液中の異物が脳に達してしまうことが病気の原因です。

肝性脳症の症状とは?

肝性脳症では以下の症状を発症します。

  • 意識障害
  • 認知機能の低下
  • 論理的思考の欠如
  • 判断力の低下
  • 息がカビくさい、もしくは甘い匂いがする
  • 痙攣
  • 精神的興奮

どの症状も客観的にみて異常だとわかります。肝性脳症と思われる症状が出ているときは、命の危険もあるため早急な治療が必要です。詳しくは、肝性脳症ってなに?症状や原因、治療法を理解しよう!状態で変わる危険度とは?を読んでおきましょう。

肝性脳症の治療

肝性脳症の治療では、病気の原因となるものの除去がポイントです。具体的には以下のことが行われます。

感染症・薬の排除

何かしらの感染症が原因で肝性脳症を発症していることがあります。この原因となっている感染症を取り除くことで、症状が快方に向かうことがあります。薬の場合も同様です。

タンパク質の摂取制限

タンパク質は体内で分解されるとアンモニアを発生させます。そのため、治療中はタンパク質の摂取を制限します。また、動物性タンパク質より、植物性タンパク質を積極的に摂るようにします。

便秘の予防

腸内に蓄積する便がアンモニアを発生させる原因になることがあります。このため、便秘を改善することが治療のポイントです。下剤を飲んだり、食物繊維を意識して摂取するようにします。

肝性脳症の予防

慢性的な肝臓疾患を患っている人ほど、肝性脳症の発症リスクが高まります。そのため、肝臓に負担のかかる生活習慣の改善が予防のポイントになるでしょう。

喫煙、飲酒、暴飲暴食。これらのことを日常的に実践している人は注意が必要です。喫煙や飲酒を控え、なるべく体に良いものを食べる。これだけでも病気を十分予防することができるでしょう。

スポンサーリンク

高アンモニア血症の治療

%e8%96%ac

高アンモニア血症になってしまったとき、どのような治療が行われるのでしょうか?具体的には以下の治療法が行われます。

薬物治療

症状の治療法として薬物治療があげられます。例えば、アンモニアは腸管の酸性度が低いと吸収されやすいという性質があります。このため、腸管内の酸性度を高く薬を服用することで、吸収を抑えることができます。

また、便秘そのものがアンモニア発生の原因となることがあります。そこで、排便を促す便秘薬を飲むこともあります。腸管を綺麗にすることも高アンモニア血症の治療なのです。

血液透析

血液中のアンモニア濃度が高い場合、血液透析を行うことがあります。透析とは血液を一度体外へ排出し、透析機でろ過した後、再び体に戻す治療のことをいいます。

よく糖尿病なんかの治療で人工透析を行うことがありますが、これは腎臓のろ過機能が低下しているため、自身の血液浄化ができないためです。

高アンモニア血症では肝臓機能が低下しているため、血液中のアンモニアを正常に分解できないために起こります。このろ過を機械で行うというのが血液透析です。

肝移植

慢性的な肝臓疾患を患っている場合は、肝移植を行うことがあります。薬物治療、血液透析等でも症状が改善されず、肝性脳症に発展しているケースなどでは移植を検討します。

治療の向き合い方

高アンモニア血症は先天的な要因もありますが、後天的な原因の場合、多くは生活習慣に原因があることが多いです。特に肝臓機能が低下するほどですから、悪い習慣が考えられます。

薬物治療を除いて、高アンモニア血症の治療はなかなか体に負担がかかることがあります。特に肝移植ともなると、心身ともに大きな負担を課すことがあるかもしれませんよね。

病気は必ず原因があって発病します。治療することで高アンモニア血症は改善されますが、その後の生活習慣について一度見直すことも、治療の向き合い方として大切なことだと思います。

スポンサーリンク

高アンモニア血症の予防と食事

%e9%a3%9f%e4%ba%8b

高アンモニア血症になってしまったとき、もしくはその予防のためには食事に気を配る必要があります。体内のアンモニアを発生させないため、症状が悪化しないためにはどのような食事が望ましいのでしょうか。

まずはタンパク質を制限する

三大栄養素の一つであるタンパク質は、人の筋肉や内臓を作る栄養素です。体の土台を司る栄養素といっても過言ではない、とても重要な栄養素です。

しかし、高アンモニア血症ではタンパク質の分解過程で発生するアンモニアが症状の原因となります。そのため、そもそもの原因であるタンパク質の摂取制限をすることが症状回復のポイントといえるでしょう。

あくまで摂取制限なので、全くのゼロにするわけではありません。高アンモニア血症を招く、慢性的な肝臓疾患の場合、1日のタンパク質摂取量を40グラムまで制限します。

40グラムという量は普段から肉を好んで食べる、という人にはかなり少ない量です。ですが、治療のためには守らなければならなりません。きちんと制限していくようにしましょう。

便秘を改善する食物繊維を摂取する

腸内環境は腸内細菌によってバランスが保たれています。腸に良い効果をもたらす善玉菌。腸に悪い効果をもたらす悪玉菌。そして、どちらにも属さない日和見菌が存在します。

例えば便秘症状が長く続いている人は、この腸内環境は悪玉菌に支配されている状態です。便は長く腸内に滞在し、発酵が進みます。より排便が難しくなり、伴ってアンモニアも発生します。便秘も高アンモニア血症を助長してしまうことがあるのです。

このため、腸内環境を良くする必要があります。そこで取りたいのが食物繊維。食物繊維は腸内細菌の餌で、腸内活動を活発化させる効果があります。腸内の掃除を行い、便を流動的にする効果があります。

もう何日も便が出ていない。お腹の張っている。おならが臭い。このような人は腸内環境が悪くなっている可能性があります。意識して食物繊維を取るようにしましょう。

飲酒も厳禁

肝臓機能が低下してしまうことで起こる、高アンモニア血症。当たり前ですが、飲酒は厳禁。病気を起こすほどまで生活習慣に難があったのにもかかわらず、それでも飲んでしまうという人はなかなかいないと思いますが、注意が必要です。

スポンサーリンク

高アンモニア血症の付き合い方

%e3%81%8a%e9%85%92

高アンモニア血症は先天的・後天的にも発病することがあります。先天的な要因で起こる場合は、適宜処置をしていくことで症状を回避することができます。しかし、問題は後天的に発病するケースです。

肝臓機能の低下は不摂生な生活習慣が原因として考えられます。特に飲酒、喫煙、暴飲暴食。これらは肝臓にダメージを与えるには十分な要因です。

飲酒によるアルコールの摂取。アルコールは肝臓で分解され、無害なものになります。しかし、日常的な飲酒があり、その量が多ければ当然肝臓のダメージは大きなものになりますよね。

喫煙もまた、肝臓機能の低下を助長する要因です。タバコの成分は血管を収縮させ、肝臓へ送られる血液量を減らします。有害物質もまた、肝臓に悪影響を与えます。

飲酒・喫煙はしなくても暴飲暴食をしている。こんな人も注意が必要です。動物性たんぱく質、つまりお肉の摂取量が多かったり、食物繊維が少ない食生活は体の健康状態を悪くしていくでしょう。

もし、高アンモニア血症になってしまったとき、その原因に周囲の人は一目でわかるかもしれません。上記のいずれかの問題を生活の中に抱えている可能性があるからです。

では、どう予防する?

病気の予防方法はシンプル。きちんとした生活習慣を送ることです。それは喫煙・飲酒・暴飲暴食と反対のことをするだけですね。なかなか難しいこともありますが、1つ1つ実践していく必要があるでしょう。

長い年月喫煙歴がある人は、いきなり喫煙をするというのは難しいでしょう。ですが、その先にある病気は命の危険があるものです。最近では禁煙外来もありますから、相談してみることをオススメします。

飲酒も同様に病気予防のためには控える必要があります。いきなり量を減らすということは難しいですから、段階的に減らしていくといいかもしれませんね。

暴飲暴食というのはストレスが関わっていることがあります。日常のストレスがついつい食へ向かってしまう。そんなときは、別のストレス発散法を実践してみるといいと思います。

肝臓はとても静かな臓器です。病気があったとしても、自覚症状が少ないことから「沈黙の臓器」とも呼ばれています。詳しい検査をしなければ病気は見つかりませんが、そんな検査はそうそうするものではありません。

病気を引き寄せない、ならないために大切なのはきちんとした生活習慣に他なりません。体に悪いようなことを控え、健康を考えた行動をする。これは病気予防全般に言えることでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

肝性脳症という脳の病気を招くこともある高アンモニア血症。発症すると日常生活にも影響を与えることがあるかもしれません。とても辛い病気の1つといえることができるでしょう。

しかし、病気は日々の生活の中に必ず原因があるもの。1つ習慣を直すだけで、防げる病気もあります。肝臓と大きな関係があるこの病気もその1つでしょう。

体に悪いことをやめること。そして、生活習慣を正すこと。病気にならないために、そして病気から回復するために、これらはとても重要なことだと思います。

最近、健康診断で肝臓について悪い検査値が出た。日常的に喫煙や飲酒をしている。もう高齢になってきている。そんな人は生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする