表皮剥離とは?原因・症状・治療法・予防法を紹介!

表皮剥離についてご存知でしょうか?表皮剥離は高齢社会ではおろそかにできない問題です。高齢者は皮膚の皮が薄く弱くなっていますので、少しの刺激でも剥離を起こしてしまいます。

介護をする中で、ちょっとした圧力や、力の入れ過ぎ、爪等で簡単に皮膚が剥がれてしまい、表皮剥離を起こさせてしまいます。

介護しているはずが両親や高齢者に、傷をつけてしまう事になってしまいます。また看護師さん等も忙しい中看護をする中で、ちょっとした力の入れ過ぎで、高齢者の表皮剥離を起こしてしまいます。

一体どの様な点に注意をしたら表皮剥離を防げるか?表皮剥離について、色々と予防対策などをみていきたいと思います。

スポンサーリンク

表皮剥離とは

hand-357890_960_720

◆表皮剥離とは肌の皮膚が剥がれる症状を言います。高齢者は皮膚が薄く弱くなっていますので、ちょっとした刺激で表皮が剥がれる事があります。

表皮が剥がれると、だんだんと皮膚が剥がれ落ちる様に、皮膚の深い所まで剥がれて、血腫ができて血腫が膨れて盛り上がります。

スポンサーリンク

表皮剥離の原因

giraffe-937622_960_720

◆表皮剥離の原因は高齢になると、表皮の細胞が減少し代謝機能が低下する事で、肌の皮膚の皮が薄くなり、免疫細胞も衰えて表皮解離が、治りにくくなってきます。

◆表皮解離の原因になるものは、表皮解離を起こさせる高齢者と、介護者による原因があります。表皮解離を起こさせる皮膚の人は、できるだけ栄養を取ってもらい、皮膚を丈夫にする肌ケアーや、補助食品等を利用して、皮膚を丈夫にする事が大切です。

しかし病院などで寝たっきりの人達には、栄養補給ができないかも知れませんが、皮膚を丈夫にする栄養食を、食べてもらう事がたいせつです。

◆介護をする人たちは、自分の爪が伸びてないか?力を入れ過ぎてないか?等チェックが必要となります。表皮剥離は少しの傷でもできてしまいます。爪が伸びていると傷をつけようと思っていなくても、何かの拍子に高齢者に傷をつける事があります。

また介護をする時、ベッド移動や、トイレ、入浴等患者を介助する際は、力の入れ過ぎに注意を払わなければいけません。また表皮剥離を起こさせるような場所はないか?あればそこへの手当をする事が大切に思います。

スポンサーリンク

表皮剥離ができてマイナスな事

hands-578918_960_720

◆表皮剥離ができて一番困る事は、本人の痛みは勿論ですが、表皮剥離したところから細菌が侵入して、感染症等を引き起こす事になります。

また表皮剥離で傷口が痛む事から睡眠不足がおこり、食欲がなくなり益々表皮が衰えて、剥がれやすくなります。

◆病気を持っている例えば血液を、さらさらにする薬(抗凝固剤)を飲んでいる人、ステロイド剤を使用している人等は、表皮剥離が起こる事で出血量が多くなり、皮膚の深い処で血腫ができます。

また糖尿病の人などは傷が治りにくいので、二次的被害が起こる事もあります。つまり皮下出血が起こると皮膚の結合や再生が弱く成って、皮膚剥離が起きやすい状態になります。つまり血腫ができて、血腫が盛り上がる事により、皮膚が剥がれやすくなるのです。

スポンサーリンク

表皮剥離の治療

syringe-957260_960_720

◆表皮剥離が起こった場合は、患部を水で良く洗い、汚れを良く落とします。表皮剥離の表皮がまだ残っている場合は、表皮を元に綺麗に戻して、固着しないサージカルパットを張ります。

表皮を元通りにすることで、まだ生きている細胞を利用して、傷跡(医学用語では創部)を適当な湿った環境にすることで、傷口を早く治す事ができます。

表皮が完全に剥離した場合は、傷口を乾かさない様にして、サージカルパットをはります。治療の時は患部に軟膏やパウダーを付けない方が良いです。何故なら傷の固定をしないといけませんが軟膏やパウダーを付けると、固定ができなくなるからです。

◆表皮剥離を起こした時はできるだけ早く、病院に行って治療をしてもらって下さい。素人でやっていて傷口から細菌が入り、細菌感染が起こる事がありますので、応急処置として表皮剥離ができた時は、患部を乾かさないようにして、皮膚がまだある場合はそれをできるだけ元どおりにしてサージカルパットをはって、病院に診察に行ってください。

スポンサーリンク

表皮剥離の予防

cream-194116_960_720

表皮剥離の患者の予防策

◆表皮の剥離の予防策として、ボディー用クリームや、マッサージオイル、乳液等をつけて、毎日マッサージを軽く行うと、皮膚が再生され少しずつ丈夫になります。

◆また補助食品で、体質改善をしてもらい、すぐには効果が出ませんが、ある程度の年月が経つと表皮剥離が無くなる事があります。

皮膚剥離の予防は肌のケアーや、栄養の改善などが、皮膚剥離の予防に成ります。

◆先日私は自分の手の皮膚をみてビックリしました。まさに皮膚解離が起こる様な皮膚の薄さを感じたからです。顔はケアーしているので、歳よりは若くみられますが、手は余りケアーしてなかったのでとても驚きました。

それから意識して栄養のあるもの、またコラーゲンを多く服用していましたら、いつの間にか皮膚の薄さが、余り気にならなくなりました。

身体は正直です。やはり栄養のあるものを食べる事で、皮膚もよみがえるのだと思います。高齢になると幾ら栄養のある物をとっても、そのまま栄養効果が期待できないかも知れません。

でも今は高齢者向けの、色々な栄養の補助食が売り出されていますので、それらを活用するのも、予防になるのではないでしょうか?

◆皮膚の免疫機能や代謝機能を向上させる、栄養効果のある食生活をおくる事で、皮膚が蘇り皮膚剥離を防ぐことに繋がるのだと思います。

◆生きる事は食べる事だと思います。その食べる事をおろそかにすると、身体の細胞の破壊が進むのだと思います。バランスの良い栄養価のある物を食べて、高齢者に合った体操をして、みんなと笑って会話をすることで、免疫力も強くなるのではないでしょうか?

◆表皮解離が起きる原因は、皮下出血を起こす事で、血腫ができ血腫がもり上がる事で、表皮剥離が起きやすい状態になるので、血管を強くする事がだいじですが、これは高齢者にとっては難しい問題だと思います。

肌ケアの仕方

◆皮膚剥離を起こさせない、肌ケアーの仕方は、ぬるめのお湯で短時間で入浴し、身体をゴシゴシ擦らない。多量の泡を使わない方が良いそうです。

が私の場合泡だてて、手で泡を身体に乗せて、手で泡をクッションにして洗い、シャワーで泡を落としたら、かゆみが一度に無くなったのですが、専門的には多量の泡を、使わない方が良いとあります。

私も以前はとても酷い乾燥肌でした。フェィスケアーの洗顔を知る事で、ボディーも同じ要領でやってみたらどうかと思い、この方法を試しましたが、それからは痒みは全く消えました。保湿クリームも使っていませんが、肌は乾燥していません。

人によっても違うと思いますが、やはり泡立てた方が良いかどうかは、一度経験してやられた方が良い様に思いますね。ごしごし擦るのはやめた方が良いです。それは何故かと言うと、余分な皮脂まで洗い流すので、乾燥肌になってしまうからです。

入浴後はべたつかない保湿クリームを使って、身体全体を保湿してあげて下さい。そうする事で少しでも肌が乾燥しなく成り、痒みもなくなって、表皮剥離が減少できます。

◆室内は乾燥しない様に、保湿を保てる環境作りをしてあげる事が大切です。また紫外線で肌の皮膚を老化させない為に、長そでの化学繊維でなく、天然繊維の衣服を着る事が大切です。

また身体がかゆくて掻いた場合に、表皮剥離が起こらない様に、爪を短く切ってあげる事も大切です。

表皮剥離の起こるケアする側の注意

◆表皮剥離が起こる原因は衣服がこすれたり、移動するときに同じ箇所をぶつけて剥離を起こす場合など、原因をみつけて予防対策をすることが大切です。

例えば車いすに移動するときに、同じ箇所に剥離を起こす場合などは、角にスポンジの様なクッションを取り付けたり、衣服がこすれる場合はこすれる箇所に、手袋やウオーマーを利用するなどしたら、良いのではないでしょうか?

◆表皮剥離を起こさせる患者さんは、長袖の衣服をできるだけ着用する方が予防になります。長袖の衣服なら少しこすっても、傷に成らない時があります。しかし衣服の上から擦ると皮膚解離を起こす事もありますので、できるだけ力の入れ過ぎに注意を払う事が大切です。

◆表皮剥離は皮下出血を起こす事が原因なので、皮下出血を起こさせない方法が予防となります。点滴なども注意をして、皮下出血を起こさせない工夫が大切です。

◆表皮剥離を起こさせる患者さんの衣類は、やはり着せ替えが楽な物を選ぶのが大切ですね。看護師さん任せにするのではなく、家庭でも自分で一度体験して、やりにくい衣服はどれか経験して、衣服を購入してあげる事も大切ですね。

スポンサーリンク

看護師さんの体験から学ぶこと

wheelchair-952183_960_720

看護婦さんの体験談

◆看護婦さんの体験談を掻い摘んで書いてみます。その中から学び取る事がある様にもおもいます。

・皮膚解離の多い患者さんのお世話をして、朝の身体拭きをする時の体験談をみました。その看護婦さんは慎重に慎重に服を脱がせて、身体をタオルで優しく抑える感覚で拭いて、保湿用のクリームを塗って、こんどは服を着せるのですが、この保湿用のクリームがべたべたして、衣服に引っかかり、表皮剥離をさせてしまったそうです。

その後病院は患者さんに、表皮剥離をさせたいきさつを家族に連絡し、本人は異常報告書のようなものをかいたそうです。

▲看護婦さんも大変ですね。上に書きましたが保湿用のクリームは、肌を乾燥させないので、少しは違うそうです。しかし現場でやってられる看護婦さん達は、この保湿用のクリームがべたつくので、それで衣服がスムーズに着せられないそうです。

べたつかない保湿クリームを選ばないといけませんね。経費の問題もありますから、そううまくは行かないのかも知れませんが、看護婦さんが幾ら気を付けても、皮膚剥離を起こしてしまう事が有るようです。

スポンサーリンク

まとめ

如何でしたでしょうか?表皮剥離が起こらない様に、介護する人たちはとても苦労しています。その為にもできるだけ高齢者の方も、表皮解離を起こさせない対策をとり、また介護する方も表皮解離を起こさせない対策が必要に成ります。

それだけ注意しても高齢者になると、血管が弱くなるので皮下出血を起こしやすく、表皮解離を起こす事になりますが、しかし今以上に表皮剥離の回数が減る事で、お互い気持ちよく生活できるようにも思われます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする