情緒不安定の対策方法を知ろう!女性の方がなりやすい原因は?

子供の頃から日常生活でよく不安を感じたり、ストレスのあまり、パニック障害などを発症してしまい、親によく心配を書けてしまったという方もいるのではないでしょうか。こういった精神の緊張は、自分自身で対処法を見つけるのも大変ですよね。

しかし、一人暮らしなどもできずに、普段の生活で気分に左右されてしまい、人間関係や、仕事が上手く行かないと言う方もいるのではないでしょうか。大人になってから改善方法や治療法を探している方も多いかと思います。

この記事では、そんパニックや緊張になりやすい人の状態はどういったものが原因で引き起こされるのか、そして、それらを生活改善するためにはどうすればいいのかについて見ていきたいとおもいます。

日常生活に支障をきたす情緒不安定の症状ってどういったものがあるの?

zyoutyohuantei

感情の起伏が激しかったり、すぐにイライラしてしまう人がいますよね。気持ちが自分でコントロールできずに、心と体のバランスが上手くいかずに環境に対して自分を合わせることができないと言う方は、全般性不安障害であると考えられています。

全般性不安障害は一般的に冗長不安定だと考えられています。精神状態が安定せず、不安障害や機能不全、睡眠不足などを起こし、精神症状が見られることもあります。しかし、これらは原因を追求して対処していけば改善していきます。

まずは、全般性不安障害の特徴とは一体どういったものがあるのかについて見ていきましょう。

心配や、不安が強く何度も繰り返してしまう

何かに集中するべき時に、幼少期から他のことに気を取られて集中力が切れてしまったという方はいないでしょうか。特に、自分や友達が少し危ない行動をしている時に、その危険性ばかりが気になってしまい、遊びを素直に楽しむことが出来ません。

普通の人間からしてみれば、気にするようなことでもないことに対して異常に影響を与えられてしまい、不安や心配で家から出るのも怖いという状態になることもあります。

また、心配や不安が強いあまりに、新しいことに挑戦するのが怖く、引きこもりになってしまったり、絶対に安全なことしかしたくないと非常に保守的な人間になってしまうこともあります。

大げさだったり、合理的ではない心配をしてしまう

何かと不安を煽る人っていますよね。そういった方は、何事にも大げさに考えてしまう傾向があると考えられます。本来は合理的に判断することが出来るはずの事でも、どうしても頭のなかで妄想をしてしまいます。

妄想癖が強いだけなら問題がないのですが、その大げさな心配や、非合理的な論理を勝手に膨らませて、心配性になってしまうことが問題です。周りがどんなに説得したとしても、本人からしてみれば可能性がある限り、不安は払拭されません。

また、この心配にはマイルールがあり、それらに当てはまるものだけに不安があるので、車は乗れるけれども飛行機は絶対に駄目だなどの決まりを自分で持っていることが多くあります。

異常に完璧であることに固執している

不安や心配が強いだけではなく、完璧主義者であるのも特徴の1つだと言われています。完璧であるということは、何か失敗が起こりうることがないということであり、非常に極端な完成形であると言えます。

もちろん失敗することによって学ぶことはあるのですが、それについては考えていません。自分や、自分の周りの環境が異常に完璧であることに固執しているため、それを達成するためには様々な努力をすることができます。

ただ、完璧であることに固執しすぎてしまうせいで、かえってストレスを感じてしまい、情緒不安定になってしまうこともあるようですよ。

曖昧さや中途半端なことをゆるすことが出来ない

最後に見ていきたいのは、正義感が強く、曖昧さや中途半端な事を許すことが出来ない方の事です。もちろん曖昧であったり、中途半端であることは良くないのですが、これに対して、排除しようとする考えを持っている人の場合には、様々な事にストレスを抱いてしまいます。

また、それだけではなく、ほかの人が出来るような妥協や、手を抜くことが出来ません。だからこそ最後まで努力をするのですが、本当であったらそこまでしないでいいことをすることは、肉体的にも疲れてしまいます。

そのため、よく情緒不安定になってしまったりするのですが、周りから見ればもっと許容できるようになれば改善されるはずなのにと思われてしまっていることもあるようですよ。

情緒不安定になってしまう原因ってどういったものがあるの?

zyoutyohuantei2

情緒不安定になりやすい自覚がある方や、周りの大切な家族や恋人が情緒不安定になりやすいといった場合、何か悪い病気なのではないかと非常に不安になってしまいますよね。また、原因が分かりにくいので、どう対処すればいいのかも分からないかと思います。

原因が分かると、それに対してどのように普段の生活も改善していけばいいのか分かりますし、少し安心することが出来ますよね。そのため、まずは何が原因なのかを知ることが重要です。

ただ、情緒不安定の原因はなかなかセルフチェックでは断定できないことが多いので、ぜひ病院で検査をしてみて原因を追求してみてくださいね。

大脳と前頭のセロトニンの不足による不安症状

脳には様々な物質が存在しており、これらが脳機能を支えてくれています。その1つに、脳内セロトニンという物質があります。セロトニンとは、大脳と、前頭葉の間を繋いでくれる物質であり、その間を走っています。

しかし、セロトニン不足が起こると、その分バランスが崩れてしまいます。それによって起こるのが、脳の不安定な状態です。何も困ることがないのに、脳に底知れぬ不安だったり、普段はそこまで感じないはずの不安が押し寄せたりします。

ただ、セロトニン不足であると考えられる時には、セロトニンを意識的に増やすために治療を行うことで改善する可能性があると考えられています。

神経伝達物質の不均衡によるネガティブな心配

興奮したり、目が覚めている時に優勢である自律神経ですが、神経の中で様々な機能の為に働いている機能性物質のバランスがおかしくなってしまうと、機能不全になってしまいます。

神経伝達物質のバランスがおかしくなってしまうと、ネガティブな気持ちになりやすいと考えられています。特に、ネガティブな不安や、緊張につながります。また、神経伝達物質が多すぎてもいけないし、少なすぎても起こるようです。

ただ、神経伝達物質が不均衡になるのには様々な理由があるので、その理由を解明してきちんと対処することが非常に大切であると言うことができます。

脳の前帯状回の過剰な活動による心配を止めることが出来ない

脳の帯状回というのは、大脳の内側面で脳梁の辺縁を前後方向に走っている脳回のことを言います。大脳の各部位を結びつける働きを持っているため、感情を作って処理したり、学習や記録にも関わると言われています。

しかし、帯状回が活動をしすぎると、感情が暴走してしまいます。どういうことかというと、本来は1レベルの心配でいいのに、5レベルの心配になってしまいます。また、それを止めることが出来ません。

自分のコントロールができなくなってしまっているので、感情がどんどんエスカレートしてしまうことがありますが、その場合は帯状回の過剰な活動による感情の変化だと考えられることが多いと言われています。

眼窩前頭皮質の機能不全による不適切な行動のコントロールが不可能

眼窩前頭皮質とは、前頭葉の一部を言います。前頭葉の中でも特に眼窩の上にあることからそう呼ばれています。この領域は、意思決定などに携わっていると言われています。

情緒不安定になる際に、気持ちが収まらないと言うよりも、自分が行ってしまうヒステリーなどのコントロールを行うことが出来ないと言う場合はもしかすると、眼窩前頭皮質の機能不全の可能性があります。

機能が十分に制御できず、意思決定が上手く出来ないので、自分がしたくないことや、しよううと思っていない行動をしてしまったりということが多いようです。もちろん自分がやっている間のことは覚えていても、それを止めることが難しいようです。

女性が情緒不安定になりやすいのってホルモンバランスが関係しているの?

zyoutyohuantei3

男性と女性だと、女性の方が情緒不安定になりやすいイメージが強いですよね。これは実はホルモンバランスが関係している場合が多いと言われています。

また、女性は生理や出産などにより、ホルモンバランスが変動することが多くあります。そのため、どんなに冷静な性格の人であってもどうしても情緒不安定になりやすい期間があります。

ぜひ男性の方は、どうするべきなのか、どうしてそうなるのかを理解して接してあげてくださいね。

女性は毎月ホルモンバランスがコロコロ変わる

女性ホルモンは、40日の周期の中でかなりの変化を遂げています。これらは生理などに関係性があり、排卵を1つの基準として、ホルモンのバランスは増えたり減ったりすると言われています。男性と違い、女性はホルモンバランスの変化が激しいため、感情的になる特徴があると言われています。

しかし、ホルモンバランスが原因で情緒不安定になりやすい場合には、それらをサポートするピルや、漢方薬を飲むことによって改善する場合もあります。ただ注意しておきたいのはこれらは個人差があるということです。

生理前のPMSを把握することが大切

生理前になると、腸内環境があれてしまい、食事や睡眠なども十分にとれなかったり、栄養バランスが崩れてしまいますよね。ついつい機能性食品を食べてしまい、PMSやその後の生理痛に苦しまされている方も多いのではないでしょうか。

もちろん生理痛は病気ではないので、薬を飲んだり治療方法を試すのに抵抗がある方もいるかと思います。しかし、運動をしたり、専門家に相談することで本来の機能を取り戻し、改善する可能性があります。

また、心とも関係があるので、自分が心細いと感じているとそれらが影響を与えることもあります。一つ自分の中で効果がある解決方法を決めてみるのもいいかもしれませんよ。

妊娠中はどうしても弱気になったり情緒不安定になりがち

妊娠中は生理がとまりますが、生理が止まった場合には、ホルモンバランスは崩れないと思う方も多いのではないでしょうか。しかし、妊娠中は普通よりも情緒不安定になりやすいと言われています。

特に、味覚が変わったり、自分自身の体が辛いので、どうしても他の人に対して上手く接することが出来ません。また、弱気になったり、楽しくなったり気分の起伏も激しくなります。

しかし、そういう時には無理に制御するのではなく、ストレスを抱えないように、自分が好きなことをしたり、周りの人の優しさに甘えるなどして、少しリラックスして過ごすことが重要ですよ。

情緒不安定の対処方法って一体どういったものがあるの?

zyoutyohuantei4

様々な情緒不安定の原因について見ていきましたが、情緒不安定の対処方法は一体どういったものがあるのか疑問に思った方も多いのではないでしょうか。何よりも自分が情緒不安定になりやすいと言う方は気になる所ですよね。

もちろん医学的に治療をすることも重要ですが、自分の内面を整えたり、環境を変えてみるだけで効果がある場合もあります。最初は大変かもしれませんが、ぜひ挑戦してみてくださいね。

不安になった時にはゆっくりと深呼吸をする習慣をつける

日々の生活で、情緒不安定にまではいかなくても、不安に思うことがありますよね。しかしその時に、底知れぬ不安を忘れようとしたり、どうにか対処することは大変かと思います。

まずは、不安を感じたらゆっくりと深呼吸をするようにしましょう。深呼吸をする事によって、今何をすればいいのかを理解することが出来、目の前の事を頑張ることが出来ます。不安になることでパニックになってしまうと、ヒステリーなどにつながってしまいます。

不安になってしまっても、そこから落ち着いて対処することができるようになるために、まずはゆっくりと深呼吸をする習慣をつけるようにしましょう。

考えていることや、行動などをノートに記録するようにする

日々の考えていることや行動などを日記につけているでしょうか。もちろん全てをノートに書くのは大変かもしれませんが、気になっていることや、書いておきたいことをメモ程度にまとめてみましょう。

自分が今何を考えているのか分からずにいると、どうしても不安や緊張を感じやすくなってしまいます。しかし、それらを知ることで、今どのようにすればいいのか、何を頑張ればいいのかを理解できます。

また、自分の気持ちを書くことによって整理することが出来るので、自分の感情がコントロールしやすくなりますよ。

仕事や趣味などに没頭するようにする

仕事や趣味などに対して、何だか夢中になれないと言う方は、仕事や趣味に没頭してみるのもいいかもしれませんよ。特に、自分がそこまで魅力的だと思っていなかったとしても、実は仕事なども自分に向いているかもしれません。

あまり他のことが考える事が出来ないほどに夢中になることが出来れば、気持ちが振り回されることも少なくなります。また、ストレスなどもそこで発散することが出来るので、そこまで情緒不安定になる理由がなくなると考える事が出来ますよ。

ヨガや瞑想などを取り入れてみる

ヨガや瞑想などをしたことがない方は、それをすることにそこまで意味がないとおもうかもしれません。しかし、ヨガや瞑想などをすることで、その時間でこれまでの様々な感情を整理することが出来ます。

また、体を動かしたりすることで、やはりリフレッシュになりますよね。情緒不安定になりそうな時に自宅で簡単にセルフで行うことが出来るのも大きなポイントの1つです。これ以外にもヨガなどをすることで体も柔らかくなるなどの良い点がたくさんありますよ。

何をしても改善されないようなら勇気を出して病院に行ってみる

最後に見ていきたいのは、情緒不安定は決して性格などではありません。そのため、これらのことをすることで良くなる人もいれば、よくならない人もいます。また、何か大きな原因があるのであれば、それをどうにかしなければ改善されません。

特に精神症状というのは、それに対して向き合わない限りどうにもなりません。最初は怖いかもしれませんが、病院に一度いってみることもしてみてくださいね。

まとめ

zyoutyohuantei5

情緒不安定になる人からしてみれば、どのように対処すればいいのか分からずにいたと思います。しかし、自分の内面を整理することで、これまで自分で気づいていなかった感情などを知り、それらに対して対処することが出来ます。

また、どうしても難しい場合には、きちんと病院にいってみましょう。もしかすると、自分が気づいていない事も知ることが出来るかもしれません。

関連記事として、

環境の変化に弱いのは発達障害かも!7つのチェック方法と改善方法を紹介!

神経質とは?意味や特徴、改善する方法について!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする