水疱瘡が大人に現れたらどんな症状?予防方法を紹介!

大人の水疱瘡は重症化しやすく、最悪の場合は死に至ることもあります。一度も水疱瘡にかかったことがない人はワクチンなどの対処が必要です。特に妊婦は胎児に影響します。

また水疱瘡は一度かかれば二度とかからないと言われていますが、免疫力が下がると大人でも水疱瘡のヘルペスウイルスによる帯状発疹を発症する場合があります。

加齢により免疫は低下し、ストレスで免疫低下に拍車がかかります。水疱瘡や靭帯発疹を治す抗ヘルペスウイルス薬はあるものの、保険を使っても高額です。治療より事前に水痘ワクチンを打つほうが楽です。

帯状発疹は神経や角膜を侵される病で重症化すると神経痛、難聴、失明、脳卒中などを起こし、重い後遺症を残すリスクがあります。水疱瘡、帯状発疹になったら仕事を休んですぐにでも病院にいくべきです。発疹に特徴がありますので見分け方もご紹介します。

スポンサーリンク

大人もかかる水疱瘡について

herpes-simplex-virus-type-i-1186534_960_720

水疱瘡とはヘルペスウイルスが原因によって起こる皮膚病です。

水疱瘡は通常子供のころに感染して自己免疫により抗体が生成されたり、ヘルペスウイルスに対する水痘ワクチンを接種することでウイルスに対する免疫があることがほとんどです。そのため大人が水疱瘡にかかることは稀です。

しかし感染したことがない人、ワクチンを受けたことがない人、ホジキンリンパ腫や白血病やガンなどで免疫に障害を起こす病気の人、過度のストレスで免疫力低下している人など、免疫を持っていない人は大人でも水疱瘡になってしまいます。

また帯状発疹は水疱瘡とは区別されていますが、同じヘルペスウイルスが原因です。こちらは体内に残ったヘルペスウイルスが再発することで起こります。一度水疱瘡にかかっても、ストレス、加齢による免疫低下で発症します。水疱瘡と違い神経を侵されるのが特徴です。

水疱瘡について

通常10歳未満の子どもが感染することがほとんどです。

発熱があり、全身や口内に発疹がでて激しい痒みがおこり、1日くらいで水ぶくれになり、水ぶくれが破れてかさぶたになっていく独特の症状が見られます。この症状は3週間ぐらい続きます。

感染ルートは空気感染と接触感染です。ありふれたウイルスですが、感染者のそばにいると大量のウイルスを体内に取り込むため、最初に発症した人より後で感染した人のほうが重くなります。

また季節にも特徴があり、夏にかかりやすい病気です。インフルエンザの活性化が起こる季節は冬ですが、ヘルペスウイルスの活性化は夏に起こります。

感染したら医師の指示を仰いで学校や仕事を休み、特に小さいお子さんや妊婦さんには近寄らないようにしましょう。

妊婦が感染すると胎児に影響し後遺症、死亡のリスクが上がります。

大人が水疱瘡にかかると死亡率が上がります

子どもより25倍も致死率が高いといわれています。死亡率は10万人に2人です。抗ウイルス薬、治療法があってこの数値ですから、危険性が高いと思ってください。

症状も子どもより重くなるといわれますが、医学的にはハッキリ判明していません。痒みのほかにも発熱と筋肉痛で動けないほどぐったりして寝込む羽目になり、口内が痛んで食事がつらくなります。合併症として脱水症状を起こすリスクがあります。

早めに抗ヘルペスウイルス薬を投薬されると症状が緩和されることが多いようです。

加齢や病気で免疫力が低い人の場合、破れた皮膚から他の細菌が入り込んで合併症を起こすリスクがあります。

水疱瘡の治療法

原因となるヘルペスウイルスに効果のある、ファムビル、バルトレックス、アシクロビルや塩酸バラシクロビルなどの抗ヘルペスウイルス薬が存在します。ウイルスの繁殖を抑えるため治りが早くなり、合併症、後遺症を防いでくれます。

約2日で効果が表れるので、医師の指示通りに薬を飲みましょう。点滴用の薬品と内服薬に関しては医師から処方され、日本では市販はされていません。病院で処方してもらいましょう。

抗ヘルペスウイルス薬は保険がききますが、それでも高額といわれています。感染する前にワクチンを打つほうがおすすめです。

水疱瘡にかかってしまったら

biohazard-98660_960_720

死に至ることもあるので皮膚科にいって治療してください。免疫低下が問題だとしたら、規則正しい生活をし、ストレスを避けて安静にしましょう。

また感染症ですので医師の指示を受けて学業や仕事を休みましょう。小さいお子さんには感染しやすいので、子どもと接触するときは注意が必要です。

帯状発疹について

brain-114067_960_720

水疱瘡と同様のヘルペスウイルスによって発症します。

水疱瘡が治った人の神経節にはヘルペスウイルスが潜伏します。通常は発症せずおとなしくしているのですが、過労、過度のストレス、免疫低下を起こす病気などで免疫力が低下すると再発してしまいます。神経が走っている経路をたどって皮膚に症状を起こします。

皮膚症状がでる2、3日前から、発熱、下痢、吐き気、排尿障害、悪寒が現れることもあります。

神経を侵されるので水疱瘡と異なり神経痛を引き起こすことがあります。

帯状発疹の後遺症

若い方は神経痛の回復は早いですが、お年を召された方の場合治りが遅く、帯状発疹が治療された後も神経痛が長きにわたって残ることがあります。悪化が酷い場合は10年以上の激痛にさいなまれ、仕事を辞めざるを得ないほどの痛みが続くことがあるようです。

適切な治療をすれば軽度で済みますが、まれに神経性の顔面麻痺、聴力障害、目や視神経、角膜が侵されると失明の恐れがあり、重い後遺症を残すリスクがあります。合併症として血管が詰まり、脳炎、脳卒中になるリスクも上昇します。糖尿病と併発すると約3倍のリスクがかかります。

後遺症は皮膚症状がでてから72時間以内に治療するとリスクが低下します。

帯状発疹の疑いがあれば、仕事を休んででもすぐ皮膚科に行きましょう。

「仕事忙しいし、土日病院行けばいいや」なんて対応をすると取り返しがつかなくなりますよ。

帯状発疹とその他の発疹の見分け方

despair-513529_960_720

水疱瘡特有の症状以外には神経付近に発疹がでることが特徴です。

通常の発疹は赤みやかぶれがでている表面に痒みや痛みを感じますが、帯状発疹の場合、神経のある皮膚の奥から痛みを感じます。痛みはヒリヒリ、ビリビリ、ピリピリ、チクチクした痛みを感じるようです。

脊髄の近くの胸や腹に発疹が現れやすいです。三叉神経節からのウイルスが再活性化した場合、頭に症状がでます。三叉神経節に沿った特徴的な発疹がでます。

また左右どちらかだけに発疹がでるという特徴があります。

また発疹以外にも、皮膚症状がでる2、3日前から、発熱、下痢、吐き気、排尿障害、悪寒を起こすこともあります。自覚症状がでない場合もありますので特徴的な発疹がでたら病院にいきましょう。

帯状発疹の治療法

水疱瘡同様、抗ヘルペスウイルス薬を処方されます。顔に症状がでた場合、失明を防ぐために軟膏を出されることもあります。

水疱瘡と異なるのは神経痛へ対処する薬が処方されることです。

帯状発疹にかかってしまったら

後遺症が残るリスクがあり、合併症で死に至ることもあるので皮膚科にいって治療してください。

帯状発作は免疫低下が原因です。規則正しい生活をしてストレスを避けて安静にして治療し、お年寄りは発症する前にワクチンを受けて免疫を高めて予防しましょう。

他白血病などの病気による免疫低下の可能性があります。

また大人は殆どの人が免疫を持っているとはいえ、感染症ですので学業や仕事を休みましょう。小さいお子さんには感染しやすく水疱瘡を引き起こさせる可能性が上がります。

発症と感染では感染のほうが症状がひどくなることが多いです。子どもと接触するときは注意が必要です。

顔に水疱ができたときにウイルスのついた手で目をこすったりしないほうが良いです。

抗ヘルペスウイルス薬って高いの?

保険を効かせてジェネリックにしても一錠500円ほどが相場のようです。7日間処方されると7000円~10000円かかります。(高額なので保険適用が7日分しかでないようです。)

しかし帯状発疹が起こす後遺症のリスクを考えると素直に服用したほうが良いです。

水痘ワクチンが1万円で10年間免疫が回復します。後遺症のリスクや診察料や休暇分の損失をを考えると水痘ワクチンを打ったほうが良いですね。

スポンサーリンク

大人の水疱瘡、帯状発疹の予防

syringe-435809_960_720

一度水疱瘡にかかっている人ワクチンを受けた人が発症する場合、原因は免疫低下です。

免疫低下の原因を知れば、予防が可能です。

免疫低下の原因

免疫はストレスや過労、バランスの悪い食生活、運動不足、冷え性、睡眠不足、加齢によって低下します。

ビタミンを摂取し、体を温め、適度に運動し、適度に睡眠をとり、ストレスをためず、衛生に気を付ければ予防ができます。

またガンや白血病などの病気によって免疫力が低下することもあります。

年齢による抗体の減少~水痘ワクチンのすすめ

水疱瘡は一度かかれば二度とかからないといわれますが、子どものころ水疱瘡にかかったという人も約20年ほどで免疫力が低下します。ワクチンの場合はさらに短く10年で低下するようです。

免疫力は20歳が最も高く、その後右肩下がりに落ちていきます。高齢になればなるほど免疫力は低下します。

帯状発疹は50歳から発症する確率が上がります。50歳になったらヘルペスウイルスに対抗する抗体を増やす「水痘ワクチン」を受けましょう。アメリカではこの話は常識で、国費で50歳以上の方に水痘ワクチンを受けさせているようです。

日本では特別保証はおりませんが50歳になったら水痘ワクチン、と覚えておきましょう。費用は1万円ほどですが、後遺症のリスクを10年防げるなら安いものです。抗ヘルペスウイルス薬も高額ですしね。

スポンサーリンク

まとめ

大人が水疱瘡にかかる確率は少ないですが、発症経験がなくワクチンを受けたこともない場合、免疫の低下した場合、水疱瘡にかかることがあります。

大人が水疱瘡にかかると子どもの25倍に致死率が上がります。大人が水疱瘡になると適切な治療をしなければ危険です。

水疱瘡と同じウイルスのヘルペスウイルスが免疫低下によって活性化し帯状発疹という病名で再発症する場合があります。この場合は子どものころに水疱瘡を発症していても免疫が低下すればだれでも発症する可能性があります。

帯状発疹は神経がウイルスに侵されることが特徴で、神経性の後遺症のリスクがある点と発疹のでき方が水疱瘡と異なります。身体の左右どちらかに発疹が偏りますのでこの兆候があったら72時間以内に病院へ行きましょう。

起こりうる後遺症は、長期にわたる神経痛、顔面麻痺、聴力傷害、失明、脳卒中などがあり、しっかり治療しないと危険です。脳卒中は糖尿病と併発するとなお危険です。

ヘルペスウイルスによる病気は抗ヘルペスウイルス薬による治療が有効で、後遺症のリスクを減らし病状も和らげてくれます。

一度水疱瘡にかかっている人ワクチンを受けた人が発症する場合、原因は免疫低下です。ビタミンを摂取し、体を温め、適度に運動し、適度に睡眠をとり、ストレスをためず、衛生に気を付ければ予防ができます。

また50歳を超えると抗体数が低下してきます。50歳になったら水痘ワクチンを打ちましょう。

関連記事として、

水疱瘡の時のお風呂はどうしたらいい?対処方法について紹介!

りんご病が大人に発症するとどんな症状?治療法を紹介!

溶連菌感染症が大人に発症した時の症状は?対処方法も紹介!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする