燃え尽き症候群のチェック方法は?対処方法を知っておこう!

燃え尽き症候群という言葉を聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。

自分には関係ないと思っている人も多いですが、気がつくと燃え尽き症候群になっていたという場合も多くあります。

燃え尽き症候群がどういったものかを知っておいて、対処出来るようにしておきましょう!

スポンサーリンク

「燃え尽き症候群」とはどういう状態?

燃え尽き症候群とは、「自分が一生懸命に努力し、打ち込んできた仕事・人間関係・生き方などに対して、思うような結果を得ることができなかった。そして、期待がはずれてしまったことで、疲労・失望・不満などを強く感じた。その結果、意欲を失ってしまって、社会的な活動をすることができなくなっている状態のこと。」を指します。

「無気力症候群」とも呼ばれ、アメリカの精神分析学者であるH・フロイデンバーガー氏によって命名された病名です。

燃え尽き1

スポンサーリンク

どんな時に「燃え尽き症候群」になるの?

では、具体的に、どんな時に燃え尽き症候群になってしまうのでしょうか?一般的によくあるパターンを2つ、挙げてみました。

大きな目標を達成したとき

一つ目は、目標を達成した直後に訪れるものです。

何かしらの大きな目標があって、それを達成することが人生の全てになっていた。そして、実際にその目標を達成できてしまったとき、生きる目的を失ったような感覚が訪れてしまうことがあります。

スポーツだとイメージしやすいかと思いますが、例えば、プロスポーツ選手が、オリンピックで金メダルを取るために人生の全てをかけてやってきた。そして、努力が実って金メダルを取るという夢を叶えることができた。

けれど、そのあとに、急激な喪失感に襲われて意欲を失ってしまった、というような状態が、これに当てはまります。

燃え尽き3

頑張る方向を間違えたとき

もうひとつのパターンとしては、頑張る方向を間違えてしまったときです。

もう少しわかりやすく説明すると、自分の心が「本当は望んでいない」ことに気づかずに

  • お金をたくさん稼げるから
  • 人に凄いと言われたいから
  • 人に評価されたいから

などの理由で、本当はやりたくないことに、時間と労力をかけて、必死に頑張ってしまったときにも「燃え尽き症候群」は起こります。

自分の本心に目を向けることなく、「やりたくない」という心の声を無視して頑張り続けることで、気づかないうちに、毎日ジリジリと自分を追い込んでいるのです。

そしていつか必ず、コップの水があふれるように限界を超えてしまう日が訪れます。そうすると、突然「もうこれ以上、頑張れない」状態がやってくるのです。

燃え尽き2

スポンサーリンク

「燃え尽き症候群」のチェックポイント

では、「燃え尽き症候群」になっているとき、どんな特徴があるのでしょうか?具体的なチェックポイントを「心」と「体」の両面から、まとめてみました。

 精神面でのポイント

精神的な(心の)面について、以前と比べて、このような変化はありませんか?

  1. 今までやってきたこと(仕事、家事、スポーツ、勉強)への意欲がなくなった。
  2. 何もしたくないし、何かをしてもすぐに飽きてしまう
  3. 自分のことを否定したり責めたりしてしまう
  4. 他人に対して恨みや怒りや批判する感情ばかりが浮かぶ
  5. 人と関わることが億劫で、一人でいたいと感じる
  6. 将来に対してネガティブな感情ばかりが浮かぶ

肉体面でのポイント

続いて、肉体的な(体の)面でのチェックポイントをご紹介します。

  1. とても疲れやすくなった
  2. 長時間の睡眠を取らないと動けないようになった
  3. 体の不調(風邪、腰痛、頭痛など)を感じやすくなった
  4. お腹の調子が悪くなった(下痢、胃痛など)

いくつ当てはまりましたか?

上記でご紹介した合計10個のチェックポイント。「燃え尽き症候群」の方によくある症状です。そのため、当てはまる数が多ければ多いほど、「燃え尽き症候群」である可能性が高いです。

「心」と「体」はつながっていて、支え合っていて、補い合っています。そのため、目に見えにく心の不調を、体が痛みや不調や疲労感を通じて、気づかせてくれることがあります。

なので、心がつらいときは、体にも何らかの不調が起こりやすいのです。

燃え尽き4

スポンサーリンク

「燃え尽き症候群」になってしまったら

では、もし「どうやら自分は燃え尽き症候群のようだ・・・」と気づいてしまったら、どうしたらいいのでしょうか?このままずっと「燃え尽き症候群」のままでい続けたくはないですよね。

そこで、「燃え尽き症候群から抜け出す方法」を3つ、ご紹介します。

頑張らないこと

「燃え尽き症候群」のときに一番してはいけないのは、「もっとちゃんと頑張れ!」と自分を叱咤激励してしまうことです。

燃え尽き症候群になる人は、真面目な人がとても多いです。そのため、弱って意欲を失っている状況に「このままじゃいけない」と焦ってしまい、「何かしなければ」「どうにかしなければ」と自分を追い込んでしまうのです。

でも、「燃え尽き症候群」になったということは、それまでもう十分すぎるほど頑張ってきたということ。なので、今必要なのは、休息であり、自分を癒すこと、なのです。

これ以上頑張る必要なんて、まったくないのです。

燃え尽き5

自分を責めないこと

「燃え尽き症候群」になると、意欲がわかない自分や、イキイキと活躍できていない自分を責めてしまいがちですが、そんなことをする必要はありません。

また、心がネガティブな考えや感情に支配されやすく、他人に対しても、恨みや怒りや許せないという思いがどんどん湧いてきたりします。

でも、心に余裕がないときは、そうなってしまって当たり前なのです。そして、ここで大切なのは、心に湧いてくる黒い感情を抑えることなく、ちゃんと感じて、出し切ることです。

少しずつでも出していくことで、不思議と落ち着きを取り戻していきます。そして、いつしか「ま、いっか」と思えたり、感謝の気持ちが湧いてきたり、自然と穏やかな心を取り戻せるようになるのです。

好きなことをすること

最後にご紹介するのは、「自分が本当に好きなこと」をたくさんさせてあげるということです。

「人に喜ばれるから」とか「人から感謝されるから」とか「人の役に立つから」とか、そういう理由で選ぶ必要はありません。

純粋に自分が「好きなこと」「やりたいこと」をできるだけ優先するのです。

ひたすら寝る、お散歩する、映画を観る、音楽を聴く、旅行をする、マンガを読む、カフェでお茶をする・・・など、なんでもいいです。

自分が「あぁ、癒されるな」「あぁ、幸せだな」と感じる機会をたくさん作ってあげてください。そうすると、自分の中に、少しずつ少しずつ、エネルギーが湧いてくるのを感じられるはずです。

燃え尽き6

スポンサーリンク

「燃え尽き症候群」になっても大丈夫

「燃え尽き症候群」は、誰もがなる可能性のある症状です。そして、必ず克服することができるので、心配したり、焦ったりする必要はありません。

しっかり休み、自分を癒すことが、元気になる一番の近道。なので、今までたくさん頑張ってきた自分へのご褒美として、のんびり過ごさせてあげましょう。

「燃え尽き症候群」は、自分が本当に幸せに生きられる道に気づくことができる貴重なチャンスです。

立ち直ったあとには、より幸せな毎日が待っているのです。

関連記事として、

潔癖症の原因とは?治療方法も合わせて紹介!

先端恐怖症になる原因とは?チェック方法や克服する方法について

独り言は病気なの?危ない独り言のチェック方法とは!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする