目立つ二の腕のぶつぶつを治す方法!原因と対策について♪

二の腕のぶつぶつってどうしても目立ってしまいますよね。

特に夏場のシーズンは半袖を着る機会が多くて嫌になってしまいます。どうして自分だけこんなことになるんだろう?とお悩みの方はいませんか?

今からでも遅くありません!夏に向けての二の腕のぶつぶつ対策はすぐに始められます!原因をしっかりと把握して、二の腕のぶつぶつを改善しちゃいましょう!

スポンサーリンク

二の腕にぶつぶつができる原因

まずはどのような理由で二の腕にぶつぶつが出来るのかを知ることが大切です。

触ったとき感触がざらざらして鮫に似ていることから「さめ肌」と呼ばれることもある二の腕のぶつぶつ。これは毛孔性苔癬と呼ばれる症状が原因でぶつぶつになるのですが、どのようなことが原因で毛孔性苔癬が発症するのかを知りましょう。

遺伝によるもの

親子

毛孔性苔癬は遺伝により、なりやすい人となりにくい人がいます。両親のどちらかが毛孔性苔癬になったことがあるかどうか試しに聞いてみてください。

遺伝が原因で毛孔性苔癬を発症した人は年を重ねるうちに自然と治っていくという人も少なくありません。特に女性の方の方が発症しやすいといわれています。

ストレスによるもの

ストレス

ストレスが貯まることによって、肌の毛穴部分に角質が詰まることで毛孔性苔癬が発症してしまうことがあります。ストレスにより、体内のホルモンバランスが崩れてしまうことで皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

二の腕に過剰に分泌された皮脂に角栓が詰まってしまうことで、ぶつぶつとして現れることがさめ肌になってしまう原因なのです。さらにストレスは血行不良を起こすため、詰まった角栓を解消してくれるような栄養分を上手く二の腕に運ぶことができず、いつまでも治りにくくするといったこともあります。

ビタミン不足

ピーマン

偏った食事などをしていると体がビタミン不足に陥り、新陳代謝が悪くなってしまいます。新陳代謝が悪いと古い角質を新しい角質に変える「ターンオーバー」という機能が働きにくくなります。

人間はこのターンオーバーにより肌を新鮮な状態に保っているのですが、ビタミンが不足するとターンオーバーが正常に働かなくなり肌のぶつぶつを生む可能性があります。偏食は控えてバランスの良い食事を心がけましょう。

睡眠不足

あくび

人は寝ている間に肌の再生であるターンオーバーを行なっています。睡眠時間が短いとターンオーバーのサイクルが狂ってしまい、二の腕のぶつぶつを生んでいる可能性があります。さらに疲労が蓄積されてしまい、血行不良も起こしかねません。

そうなると肌を新鮮な状態を保つための栄養が二の腕に十分に行き渡らないため、角質が溜まりやすくなってしまいます。少なくとも6時間は睡眠時間を確保できるようにしましょう。

アレルギーによるもの

アレルギー

こちらは毛孔性苔癬ではなく、アレルギーにより二の腕にぶつぶつができる可能性があります。

アレルギーを持っている人は、アレルゲンというアレルギーを引き起こす成分(花粉や食べ物、金属など)が体に入って来た時に過剰に反応することで、ヒスタミンという成分を分泌します。このヒスタミンという成分が分泌されることで、炎症を起こしブツブツやかゆみを生み出してしまいます。

特に金属アレルギーなどの人は、接触した部分に過剰に反応するため知らない間に二の腕でアレルギーが発症している場合があります。いきなりブツブツが出来た人はアレルギーになってしまった可能性もあるということを覚えておきましょう。

アルコールによるもの

お酒

実はお酒を飲みすぎることも二の腕のぶつぶつには少なからず関係があります。過度な飲酒をすることで、肝臓に負担がかかります。

肝臓には様々な悪いものを除去してくれる解毒剤の様な作用があるのですが、負担がかかりすぎると正常に機能しなくなり、不純物を処理しきれなくなります。お酒を飲みすぎると活性酸素という成分が多く分泌されるようになります。

通常の活性酸素であれば体内で処理しきれるのですが、多く分泌された上に肝臓の機能が低下していれば体内の活性酸素の量が増えてしまい、皮脂を酸化させてしまい、ブツブツができる要因になります。過度な飲酒は避けましょう。

スポンサーリンク

二の腕のブツブツの解消方法

一番知りたいのはやはり解消方法ですよね。どのような対策をすれば二の腕のブツブツを改善できるのかを紹介します。気になっていた人は今日から改善する努力をしましょう!

クリームを塗る

クリーム 塗る
出典:http://beauty-matome.net

しっかりとしたケアをすることでブツブツを改善することはもちろんできます。一度試してほしいのが、「レチノイン酸」という成分が含まれたクリームを塗ることです。このレチノイン酸は、細胞が分解するスピードを速めてくれる効果があるので古い細胞をどんどん排出して、新しい細胞を作り出すことが可能になります。

注意する点としては、クリームを塗ると肌が敏感になるので、外出する際は日焼け止めを塗るなどして紫外線を防止するようにしましょう。
もう一つブツブツを解消できるといわれている「尿素入りクリーム」も試してみるのも良いと思われます。尿素には角質を取り除く効果と保湿効果があります。

選ぶ際にはあまり濃度の高くない10%前後のものを使いましょう。じっくり治したい方にオススメです。もちろん塗る際は、用法・用量を守るようにしてください。

ピーリングをする

エステ
出典:http://www.aromaroads.com

ピーリングというと聞きなれない方も少なくないはずです。ピーリングとは「古い角質を取り除いて、新しい角質へと変える」という作用です。ピーリングはエステで施してもらうと比較的安全で、効果を見込むことができます。

しかし費用が高いのであまりお金を使いたくないという方は、ピーリングができる石鹸やクリームも薬局で購入して試してみましょう。ただし薬局で購入できるクリームなどは、濃度がそんなに高くないので、効果が現れるのに時間がかかってしまいます。

使用する際は、決められた量を使うようにし、ピーリング後に保湿するのを忘れないようにしましょう。

食事で改善する

にんにく

体の中から改善することで治ったあとも再発しにくい体を作ることができます。ブツブツを解消してくれる効果のある成分は、免疫を高める「ビタミンA」新しい肌をつくるための「ビタミンB群」コラーゲンを作り出してくれる「ビタミンC」血の流れを良くし、新陳代謝を促進する「アリシン」の4つの成分です。

  • ビタミンA    しそ・にんじん・ほうれん草・パセリetc
  • ビタミンB群   レバー・納豆・海苔・たまごetc
  • ビタミンC    赤ピーマン・唐辛子・アセロラ・ゆずetc
  • アリシン      長ネギ・にんにく・にら・らっきょうetc

以上が4つの成分を多く含む食品です。もちろん皮脂を過剰につくってしまう動物性脂肪や糖分は控えめにして、バランスの良い食事を心がけましょう。

運動をする

走る

体を動かすことで、血の流れを良くし新陳代謝を良くすることでターンオーバー機能を促進することができます。

そうすることで古い角質が二の腕にたまりにくくなり、新しい角質といれかわることでブツブツの予防にもなります。また血の流れが良くなると、食事で取り入れた肌を良くしてくれる成分を効率よく届けることができるようになります。

ストレス発散や基礎体温の向上など肌にとって良いことがたくさんあるので適度な運動は二の腕のブツブツを解消するのは持ってこいというわけです。

レーザーで治療する

レーザー
出典:http://nagai.hospi.jp

いてもたってもいられない!早くこのブツブツをなんとかしたい!とお考えの方は病院へいってレーザー治療することで治すことが可能になっております。

レーザーによって皮膚にわざと負担をかけることで肌が再生しようと働き、それと同時に古い角質を取り除いてくれるため、二の腕のブツブツが解消されるというわけです。

ただし費用が5万円〜20万円とかなり高額なため、なるべく上記の改善方法を試してみましょう。

専用アイテムの使用

ぶつぶつは、自分の努力ではなかなか時間がかかってしまいます。そこで、専用のケア商品を使ってみるのも良いでしょう。

ワキや二の腕などの肌トラブルには!【薬用アットベリー】

こちらは、肌トラブルに特化した商品になります。なかなか人には言いづらい悩みでもあるので、試してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

二の腕にぶつぶつが出来る原因
・遺伝によるもの
・ストレスにより皮脂が過剰に分泌されてしまったため
・ビタミン不足によりターンオーバーが正常に機能しなくなったため
・睡眠不足によりターンオーバー機能が狂ってしまうため
・アレルギーによりヒスタミンが分泌されたため
・過度な飲酒による肝機能の低下
二の腕のぶつぶつ改善方法
・「レチノイン酸」と「尿素」が入ったクリームを塗る
・ピーリングにより古い角質を取り除く
・肌にとって良いものを摂取する
・運動をする
・病院へ行ってレーザー治療をする

以上が今回の記事のまとめです。一度できてしまったからと諦めず改善する努力をしましょう。誰でも改善することは可能です。日々の生活にすこしづつ改善方法を取り入れ、夏になっても心おきなく半袖が着られる二の腕をゲットしましょう!

関連記事として、

背中のぶつぶつの原因を紹介!治すのに必要なのは薬?

唇にぶつぶつが出来る原因!痛くないのは病気?

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする