アメリカ人の性格や特徴を男女別に紹介!仕事も凄い?

あなたはアメリカ人に対して、どんな印象を持っていますか?誰に対してもフレンドリーで明るく、ノリのよいイメージでしょうか。それとも、好き嫌いをはっきり言う、少々キツいイメージでしょうか。

アメリカ人は日本人からすると文化も考え方も全く違うため、そのギャップに驚いてしまうこともたくさんあるでしょう。しかし、日本にも外国人は増えていますし、ビジネスの面でもかかわる機会は増えていくでしょうから、アメリカ人について知っておくことは重要です。

もしもアメリカに留学する時が来ても、違いを知っておけば戸惑いは少なくて済みますよ。

アメリカ人の心理的特徴

smile-2072908_960_720

アメリカ人は、島国で育った日本人と違い、多様な人種や多様な文化の中で生きています。そんなアメリカ人ならではの特徴を見ていきましょう。

自己主張が強い

アメリカは個人主義で、自己主張が強いのが特徴です。日本では自分の意見を通すよりも協調や同調を重んじるので、アメリカ人の主義主張の強さに驚く人は多いかも知れませんね。しかし、その分、相手が何を言いたいのか、何を考えているのかはわかりやすく、日本のように本音と建前のような煩わしさはないと言えるでしょう。

そのため、好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとはっきり言います。日本ではより多くの意見に寄り添う傾向がありますし、1人だけ違う意見を出すと浮いてしまったり、時にはいじめられたりすることもありますが、自己主張が当たり前のアメリカではそうしたことはあまりないようです。

競争心が強い

アメリカはもともと、原住民のインディアンを侵略して作り上げられた国であり、多くの移民で成り立っています。そのため、異なる人種や宗教を持つ人たちが共存しているわけですね。そうした文化や歴史があるため、何かと競争して勝利することにこだわりを持つ人が多いのです。

日本では同調し、争いを避ける傾向にありますが、アメリカ人は勝負して白黒はっきりさせる、ということですね。勝敗にこだわるというのは、日本人との大きな違いと言えるでしょう。

負けず嫌い

競争心の強さにも関係するでしょうが、何事においても負けることが嫌いです。やはり、戦いに勝利して国を築いてきたという歴史に根付いた国民性もあるのでしょう。

ただし、勝つためには手段を選ばないという人より、正々堂々と戦う人が多いようですね。

考え方が自由

アメリカ人は、自分がやりたいと思ったことに忠実に行動する傾向にあります。もちろん法律に触れない範囲内でのことですが、細かいことをうじうじ考えて行動に移せないということはあまりないようです。その分、柔軟な考え方ができ、新しい発想が生まれやすい文化だとも言えるでしょう。

また、自由であるということは、マイペースということにもつながります。日本人でもマイペースな人はいますが、個人の性格であるのに対して、アメリカは国民性としてマイペースを挙げることができるでしょう。

アメリカ人は縛られることが嫌いなため、約束も簡単にドタキャンしますし、その日の気分に忠実に過ごしているのです。ある意味うらやましいとも言えますね。日本ではドタキャンは信頼関係を失うことにもなりかねませんが、アメリカ人の場合は悪意なくこれをやってしまうのです。

縛られることが嫌い

自由の国と言われるだけあり、アメリカ人は自由を愛します。その分、縛られることは嫌いで、一般人でも銃を所持しているのも、こうした考えに基づいたものと言えるかも知れません。日本ではことあるごとに制限がかけられ、決まりを1つ変えるのにも時間がかかりますから、大きな違いがあります。

また、日本の場合は個人的な理由で会社を休めば白い目で見られることもありますが、アメリカでは抗議運動などを理由に会社を休むこともあるようです。

イベントやパーティーが好き

アメリカ人は社交的な人が多いため、イベントやパーティーが好きだという人も多いです。

こうした催しは身内や友達だけでなく、近所の人や、知らない人とでもわいわいと楽しめてしまうのが特徴です。交友関係の広さも、アメリカ人の特徴と言えそうですね。

フレンドリー

初めての人とでも楽しく盛り上がれてしまう国民性からも分かるように、アメリカ人はフレンドリーな人が多いようです。面白そうなことには積極的に参加したり挑戦したりしますし、初対面の人にも積極的に話しかけ、コミニュケーションを取ろうとします。

フレンドリーなアメリカ人は、話し方も非常に砕けています。仕事の上司などに対しては多少畏まることはありますが、日本のように謙譲語や尊敬語などを使い分け、硬い会話をすることは少ないようです。

よく下の名前で呼びあっているのをドラマなどでも見ますが、アメリカ人の場合には、いわゆるタメ口のような雰囲気で会話することが多いようですね。

気持ちを素直に表現する

また、アメリカ人は主義主張をはっきり言うことから分かるように、自分の気持ちを素直に表現します。日本人の場合には周りの様子や顔色をうかがい、空気を読んで会話しますが、アメリカ人にはそのようなことはあまりないようですね。

言いたいことをはっきり言いすぎてしまうため、トラブルになることもありますが、内に抱え込むストレスはありません。

明るい

自由さやフレンドリーさ、社交性などから、多くのアメリカ人は、日本人からすると「明るい」と映るようですね。もちろん個人差や地域差はありますが、基本的にオープンな人が多いので、明るい雰囲気になるのでしょう。

オーバーリアクションをする

アメリカ人はジェスチャーなどを交え、身振り手振りで、かなり大げさに感情表現をしますよね。眉毛もよく動きますし、コミカルな印象があるのもそのためでしょう。

泣くにしても怒るにしても、感情をストレートに出すので、感情を押し殺す文化のある日本人から見ると、大げさに表現しているように見えるのです。

すぐに裁判を起こす

また、些細なことで裁判を起こすのもアメリカ人の特徴と言えるでしょう。内容も重大なこととは限らず、日本では考えられないような理由で裁判が起こります。

ではなぜ、アメリカでは頻繁に裁判が行われるかと言うと、日本と違い、裁判を起こすのにお金がかからないためです。弁護士に金銭を支払うのは勝訴した時のみなので、ただ裁判を起こすだけならタダでできてしまうわけですね。タダでできるならとりあえず起こしておこう、というところでしょうか?

愛国心が強い

アメリカ人は愛国心も非常に強いです。

日本では戦前こそ愛国心が叫ばれていましたが、今や愛国心という言葉自体を聞きませんよね。アメリカ人にとっては愛国心は誇りですから、日本人は不思議な人種に見えるかも知れません。

宗教を重要視する

これも日本と大きく異なる点です。アメリカ人の多くは何かしらの宗教を信仰していますから、宗教を非常に重要視しているのです。

日本は無宗教の人が多いですから、宗教と言うと勧誘やトラブルなど、あまり良くないイメージを抱く人が多いかも知れませんが、アメリカでは無宗教の方がおかしいのです。

ファーストフード大好き

これもアメリカ人のイメージですよね。アメリカ人はファーストフードが大好きで、需要も非常に高いため、あちらこちらにファーストフード店があります。

ファーストフードはアメリカ人にとって普通の食事と同じなので、朝食でも食べられるそうですね。安価で手早く食べられるのも人気の理由かも知れません。

アメリカ人男性の特徴

male-801987_960_720

アメリカ人男性は、日本男性と比べて勝負ごとが好きだったり、愛情表現がはっきりしていたりと、豪快で積極的な面が見られます。

勝負事が好き

競争とは違いますが、アメリカ人は勝負事も好きです。アメフトやアイスホッケー、野球にバスケットボールなど、多くの対戦スポーツに熱狂する文化なのです。日本ではワールドカップやクライマックスシリーズなど、決まったタイミングで盛り上がる以外には、一部のファンのみで盛り上がるだけですが、アメリカは国民的に熱狂するのですね。

また、ディベートやプレゼンテーションなど、議論すること自体も好きです。相手の意見も尊重しますが、理論を通じて自分の意見や考えを通したいという思いがあるのですね。

細かいことにこだわらない

アメリカ人は自分の意見をはっきり言うため、ぶつかることも多いように思えます。しかし、それを元に関係がこじれたりすることはあまりないようですね。はっきりと意見をぶつけることで納得し、あとは引きずらないのがアメリカ人男性の特徴なようです。

というのも、アメリカ人男性は豪快である反面、ストレスに弱いという一面を持っているようで、細かいことをいちいち気にしていると精神が持たない、という理由もあるのかも知れません。

家庭を優先する

日本では、男は家庭よりも仕事優先、という考え方が根強く、家事は女性がメインになりがちですよね。しかしアメリカ人男性は、家庭をとても大切にします。

週末はもちろんですが、平日でも家庭を大切にし、何かあれば家に戻るということもあります。日本の企業では余程のことがない限り仕事を置いて家に戻るなどできませんが、アメリカでは責められることもなく、家庭を優先できるのです。

育児には協力的

日本では、共働きが増えた今でも、家のことは女性がやる、というイメージが根強いですよね。そのため、育児はどうしても女性に任されがちです。しかし、アメリカ人男性は、共働きが多い文化から、子育ても家事も、積極的に手伝ってくれる傾向にあるようです。

また、女性が働くことに対する理解も深いようですから、日本人女性にとっては魅力的かも知れません。

愛情表現がはっきりしている

日本人男性は愛情表現が下手で、あまり言葉で伝えることは少ないですよね。「言わなくても分かるだろう」という感覚も根強く、女性は「言ってくれなければ分からない」とストレスを抱えてしまいがちです。

しかしアメリカ人男性は、ボディタッチやハグを始め、言葉での愛情表現にも慣れています。「愛してるよ」などと言った、日本人なら恥ずかしくて言えないような言葉も、さらりと言えてしまうのがアメリカ人男性なのです。

意見ははっきりと

また、愛情表現だけでなく、気持ちを伝えるのも得意です。アメリカ人自体がそうですが、日本人のように曖昧な返答をせず、イエスかノーかで伝えるので、気持ちが伝わりやすいのですね。物事をはっきりとさせたい女性にはぴったりと言えるのではないでしょうか。

自立した女性を好む

日本でも自立した女性は増えていますが、頼られることに喜びを感じたり、少し頼りないくらいが可愛らしいと感じる男性もいるでしょう。しかし、アメリカ人男性は頼られるよりも対等な関係を求めるため、自立した女性を好むのです。

日本ではかわいげがないと思われることもあるしっかり女性は、アメリカ人男性にとっては魅力的に映るのかも知れませんね。

恋愛における特徴

アメリカ人男性は、恋愛においても日本人男性とは大きく異なります。

複数の女性とデート

恋愛に関しては、そのギャップに驚く日本人も多いのではないでしょうか?日本ならばデートといえば特定の相手とするのが当然ですが、アメリカ人男性は複数の女性とデートします。

これは浮気などではなく、デーティングというお試し期間なので、怒ってはいけません。この期間に複数の女性とデートし、最もふさわしいと思った人と正式に付き合うのがアメリカの常識です。

あまり好きとは言わない

アメリカ人は日本人と比べて愛情表現をはっきりしてくれると言いましたが、アイ・ラブ・ユーという言葉は軽々しく使いません。

オープンなアメリカ人にとっても、アイ・ラブ・ユーという言葉はとても大切なものですから、軽々しく口にしないのですね。英語の好きにはLOVEとLIKEがありますから、場に応じて使い分けているようですね。アイ・ラブ・ユーと言うのは、結婚してから、という男性もいるようです。

告白しない

アメリカの場合、互いが好きになって付き合うわけではなく、デーティングというお試し期間を通して、最も相性の良い人と付き合う習慣があります。そのため、デーティングを経てもカップルにならないこともあり、告白して付き合うという習慣がないのです。

さらに、顔や性格で相手を選ぶ日本と違い、アメリカ人男性はフィーリングを大切にします。ですから、顔だけで選ぶということはありません。

華奢な女性を好まない

日本では、細すぎるくらいの人がもてはやされることが多いですが、アメリカ人男性は細すぎる女性を好みません。ほどよく筋肉がつき、脂肪がある女性の方が健康的だと思われるのです。メタボではいけませんが、日本のように過度なダイエットは必要ありません。

徹底したレディーファースト

アメリカ人男性は、子どもの頃からレディーファーストについてしつけされます。そのため、何事においても女性を優先させることが身に染みついているのですね。恋愛関係にかかわらず、女性に対しては常に優先し、エレベーターに優先的に乗せてくれたり、ドアを開けてくれたりするので、女性にとっては嬉しい文化と言えるでしょう。

もちろん、レディーファーストはアメリカ人男性にとって常識であって特別な意味はないので、優しくされたからと言って勘違いしないようにしましょう。

言葉の壁を気にしない

日本人の場合、言葉の通じない国の人を好きになってしまった場合、ひどく悩むでしょう。いくら好きでも、なかなか恋愛関係に踏み出すには勇気が要ることと思います。言葉が分からなければ意思の疎通ができませんから、不安になりますよね。

しかし、アメリカ人は言語の壁を気にしません。非常に社交的で高いコミュニケーション能力を活かして、たとえ言葉が通じなくておジェスチャーやイラストなどで積極的に意思疎通を図ろうとするのです。この積極性は見習いたいものですね。

アメリカ人女性の特徴

blur-2594000_960_720

アメリカ人女性も、やはり日本女性とはまったく違います。違いを分かっておかないと、思わぬところで相手とすれ違ってしまったり、不快な思いをさせてしまったりするかも知れませんよ。

筋肉質な男性が好き

日本人女性でも、マッチョな男性が好きな人もいますが、やはり華奢で中性的な男性が好まれる傾向にありますよね。

しかしアメリカ人女性は、筋肉質でがっちりとした男性を好むようです。逆に、日本で人気のある華奢な男性は、弱そうに見られて、あまり好まれないようですね。

付き合うには親の同意が必須

日本でも、厳しい家系ならば親の同意を得てからでなくては交際できない、ということもあるかも知れませんが、ほとんどの場合、結婚以前の関係ならば自由に付き合っていますよね。むしろ、親に紹介するとなれば結婚を前提とした、かなり本気のお付き合いとうことが多いです。

しかしアメリカでは、付き合う時に親の同意を得るのが当たり前となっています。逆を言えば、親の同意が得られなければ付き合うこともできないので、彼女を好きになったら、きちんと親を敬い、挨拶に行くことが欠かせないということですね。

自由なアメリカにしては厳しいような気もしますが、これがアメリカの常識と心得ておきましょう。言い換えれば、家族との絆が強いということでもありますから、彼女だけでなく、家族とのつながりも慎重に築いていかなくてはなりません。

付き合う前から距離が近い

アメリカ人女性の場合、まだ付き合っていない男性でも、あまり距離を取られることを好みません。

アメリカ人は社交的ですし、正式に付き合う前でも気軽に接したい想いがあるようですね。

絶対的な「好き」はない

日本の場合、付き合うからにはその人でなくては、という思いが強いでしょう。しかし、アメリカ人女性の場合、絶対にこの人が好き、という感覚はないようです。

価値観も宗教も多様なので、付き合う前には彼女の宗教もきちんと知っておくことが大切です。宗教によっても好き嫌いが左右されるため、宗教観は重要なポイントになります。

レディーファーストができない男性は受け付けない

基本的に自由で許容範囲が広そうな気がするアメリカ人女性ですが、レディーファーストだけは譲れません。アメリカ人男性がレディーファーストについて幼い頃からしつけされるように、アメリカ人女性は、レディーファーストができない男性とは付き合いません。

日本であれば、レディーファーストができる方がモテる、程度ですが、アメリカでは付き合う対象になるか否かという、非常に大きな問題なのですね。

身体目的はあり得ない

日本の場合、少数ではあるかも知れませんが、身体目的で付き合っていることもあるでしょう。しかし、アメリカ人女性にとって、それはあり得ません。

日常的にスキンシップやハグなどをする文化でありながら、肉体関係となると別物なのですね。

記念日を大切にする

日本人女性も記念日を大切にする人はいますが、アメリカ人女性は特にその傾向が強いようです。記念日には何かしなくてはならないため、忘れたなどということにならないように注意しましょう。

日本人女性以上に、記念日を忘れる男性に対してシビアであると考えた方がよいでしょう。最悪、それが原因で別れるということにもなりかねません。

キスやハグはオープン

肉体関係を目的とした付き合いはしないと言いましたが、キスやハグは別です。こちらは恋人に限らず、誰とでも日常的にするので、嫉妬してはいけません。

なぜなら、キスやハグは日本人にとっての挨拶と変わらないものだからです。

仕事面での特徴

workplace-1245776_960_720

アメリカは、働き方においても日本とは大きく違います。日本の社会に慣れていると新鮮に感じるかも知れませんが、アメリカの特徴を知っておくと、将来的にアメリカに住んだり、仕事で訪れたりすることになった時、役に立つかも知れません。

実力重視

日本では、働き方が徐々に変わってきたとは言え、年功序列という考えが根強く残っています。年齢が上がれば上がるほど、役職も待遇もよくなる、という日本と違い、アメリカは実力がすべてと言ってもよいでしょう。

仕事の評価は、基本的に年齢ではなく実力で計られると覚えておきましょう。

転職は当たり前

今や、転職はかなり一般的なものとして広まりつつありますが、アメリカほどではありません。昔のように1つの会社で定年まで勤める、と言う考え方は変わってきましたが、それでもアメリカほど広まってはいないでしょう。

アメリカでは、転職は何も特別なことではなく、至極当然のものとして受け止められています。アメリカ社会は実力で評価されるため、自分の実力を計る意味でも、次々と転職を繰り返す人が多いのです。

仕事でも競争する

アメリカ人は競争が好きです。それは仕事でも同じで、競争することで実力を高めていけるという考えがあるようですね。

競争すれば、勝者と敗者が生まれますが、それさえも、互いを高めていく上で必要なことだと考えているのですね。

決断が早い

日本人は協調性や周りとの同調、そして責任逃れなど、様々な要素が絡み合い、決断を出すまでに時間を要する特徴があります。1人が責任を持って発言したり、決断したりするのではなく、複数人で、時間をかけて最終決定にこぎ着けるからですね。

一方、アメリカ人は決断が早いのが特徴です。重要な事項にはそれなりに時間をかけますが、それでも日本に比べればかなり迅速な意思決定ができていると言えるでしょう。

違いを認め合う

日本では、人と違うことはおかしいという考えが浸透しているため、できるだけ周りに合わせるのが普通ですよね。

しかし、アメリカは自由のくにであり、人種も様々、宗教や文化も多種多様です。そのせいか、人それぞれ違っていることに対しておかしいとは思いません。違っていて当然、という考えが根付いているのです。

失敗してもへこまない

失敗というものは、誰しも嫌なものですし、できれば避けて通りたいですよね。もしも大きなポカをしたら、意気消沈することもあるでしょう。真面目でストレスを抱え込みやすい人は、何日も引きずってしまうかも知れません。

しかし、アメリカ人は失敗してもへこみません。なぜなら、失敗は誰でもするもの、という考えがあるためです。失敗に打ちひしがれるよりも、失敗を乗り越えようとする力の方が強いのですね。

仕事は男女平等

日本と違い、アメリカは男女で仕事内容に区別がありません。日本も女性の社会進出が進みつつありますが、それでも政治の中心は男性であることが多いですし、仕事に関しても、未だに男性中心という感覚が残っていることは否めないでしょう。

しかしアメリカは自由を尊重する国ですから、男女で優劣はつけないのです。政治であっても、男女問わず参加し、活躍している点が日本との大きな違いでしょう。

まとめ

taxi-cab-381233_960_720

いかがだったでしょうか?アメリカは、考え方も文化も、日本とはまるで違います。そこには国が生まれたきっかけや育った環境など、あらゆることがかかわっているわけですね。日本は島国で他方からの侵略もないため、国民性は穏やかで競争を好まず、同調を求めます。一方のアメリカは常に戦いや競争にさらされているため、人と争って勝つことに意味を感じますし考え方も非常に自由ですよね。

また、恋愛に関しても、日本でよしとされていることがマイナス評価になることも多々ありますから、日本ではモテテクでも、アメリカでその恋愛テクは使えない、ということもたくさんあります。日本と同じ感覚で接してしまうと痛い失敗にもつながり兼ねませんから、十分に注意しましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする