ワレンベルグ症候群は中年に多い病気!症状や原因を知ろう!予後や治療法、診断方法についても紹介!

脳梗塞と聞くと、少し年配の方に起こる病気の印象がありますよね。ところが、ワレンベルグ症候群は、脳梗塞が原因なのに、なぜか働き盛りの男性に多い病気です。ワレンベルグ症候群は延髄の外側に血液を送る椎骨動脈または後下小脳動脈(椎骨動脈の枝)が閉塞することでおこり、多彩な症状を呈します。

今回は、働き盛りの男性を突然襲うワレンベルグ症候群について、気になる症状や治療法、予後や予防法などを詳しくお伝えします。