世渡り上手になるには?その方法や特徴を知ってみよう!

自分の周りを見渡せば、少なくとも一人や二人は「世渡り上手」と呼ばれるような処世術に長けた人が存在すると思います。世渡りが下手で不器用な人からすると、そんな世渡り上手な人たちは、なんだかんだとトラブルを上手く避けて、いつの間にか社会的に有利なポジションに立っているので、羨ましく思ってしまうこともあるでしょう。

たしかに、生まれながらにして世渡りに長けた天賦の才能を持つ人もいます。しかしながら、実はコミュニケーション能力を磨いて、いくつかのポイントを押さえれば、誰でも処世術に長けた「世渡り上手」になれるのです。

そこで今回は、今後の自分の人生をより良いものにするためにも、世渡り上手な人の特徴を知り、世渡り上手になるための方法・ポイントについて、ご紹介したいと思いますので参考にしていただければ幸いです。

世渡り上手とは?

agreement-2548139_960_720

そもそも「世渡り上手」とは、どのような人のことを言うのでしょうか?世の中には世渡り上手な人について、小賢しいと否定的に捉える人もいれば、人付き合いが上手いと肯定的に捉える人もいます。

そこで、まずは「世渡り上手」の意味を再確認して、世渡り上手な人の定義を明確にしたいと思います。

「世渡り上手」の意味

「世渡り上手」という言葉について、複数の国語辞典にあたってみると、概ね次のような意味を有していることが分かります。

  • 上手く世間の中を立ち回っている人、あるいはその様子。
  • 有利な人間関係を築くことで恵まれた生活を実現する人、あるいはその様子。
  • 処世術に長けた人。

世渡り上手な人とは?

このように世渡り上手な人とは、有利な人間関係を築くことによって、巧みに世の中を立ち回り、他人よりも恵まれた状況や生活を実現することができる人のことを言います。

そして、巧みに世の中を立ち回るために自分に有利な人間関係を築くには、コミュニケーション能力が必要になります。「世渡り上手」の類義語・同意語として「八方美人」・「人付き合いが良い」・「立ち回りが上手い」・「お世辞がうまい」といった言葉が挙げられますが、良い意味にしても悪い意味にしても対人関係スキルが高いことを意味する言葉です。それゆえ、世渡り上手な人とはコミュニケーション能力に優れた人と言い換えることもできるかもしれません。

ちなみに、世渡り上手な人についてネガティブに捉えるかポジティブに捉えるかは、究極的には個人の価値観の問題ですから結論を出すことはできませんが、人間が社会的な生き物である以上は人付き合いが良いことに越したことはないでしょう。

世渡り上手な人の特徴

people-2557410_960_720

このような世渡り上手な人の定義を踏まえた上で、世渡り上手な人たちに共通してみることができる特徴はあるのでしょうか?

世渡り上手になるには、世渡り上手な人の特徴を参考にするのが一番です。そこで、世渡り上手な人の特徴について、ご紹介したいと思います。

コミュニケーション能力が高い

世渡り上手な人の最大の特徴は、そのコミュニケーション能力の高さにあると言えるでしょう。

人間は社会的な生き物ですから、人との関係性の中で生きていかねばなりません。例えば、子供は家庭や学校という社会で他人と共存していくことを学び、大人は社会人として会社などの組織で仕事をすることによって生活の糧を得なければなりません。

そのような組織・社会で良好な人間関係を築くには、なんと言ってもコミュニケーションを図ることに尽きます。コミュニケーション能力というと、どうしても話し上手な人をイメージしがちですが、会話は話すことと聞くことによって成立するので、聞き上手であることもコミュニケーション能力に必須の要素です。また、会話の際の話し方や聞く態度・表情なども、コミュニケーションにおける大切な要素です。さらに、相手によって興味や関心の対象が異なりますから、相手の話題に合わせられるだけの情報や知識も必要になるでしょう。

このようなコミュニケーション能力の高さによって良好な人間関係を形成することが、世渡り上手な人に多く見られる特徴なのです。

明るく可愛げのある人柄

世渡り上手な人に見られる特徴の一つとして、周りの人に好感をもたれる明るくて可愛げのある人柄も挙げられるでしょう。

良好な人間関係を築く取っ掛かりとして、相手に良い印象を抱かせる必要があります。そのために、世渡り上手な人は明るい性格だと思われるような笑顔や愛嬌に溢れています。また、深層心理として褒められて嬉しくない人はいませんから、世渡り上手な人は相手のプライドをくすぐって気持ち良くなるような褒め方や気遣いができるのです。その結果として、世渡り上手な人は相手から明るくて可愛げのあるタイプだと評価されるわけです。

ちなみに、相手が年上世代・年長者や上司である場合、このような言動は媚びを売っているように見えるかもしれません。しかしながら、相手が年下世代や後輩である場合には、そのように見られませんから、媚びを売っているか否かは周囲の見方でしかなく、気にしてもしょうがないのかもしれません。

信頼できる人柄

世渡り上手な人に見られる特徴の一つに、相手に信頼される人柄であることも挙げられるでしょう。

良好な人間関係の土台には、必ず信頼関係が存在しています。例えば、約束を守れない人や他人の悪口を平気で口走る人は、信頼できませんよね。また、社会的なルールやマナーを守れない人も、同様に信頼できません。

それゆえ、世渡り上手な人というのは、一見するとお調子者のように見えるものの、実は約束を守り、他人の悪口を言うこともなく、ルールやマナーを守るなど人として信頼できる行動ができる人なのです。

人に甘えることができる

周囲の人に甘えたり、助けを求めることができることも、世渡り上手な人に多く見られる心理的特徴の一つと言えるでしょう。

不器用で世渡りが下手な人は、他人に頼ることに抵抗感があります。というのも、他人に頼るということは自分の弱みをさらけ出すことであり、ときにプライドを捨て去る必要があるからです。しかしながら、世渡り上手な人は変なプライドもなく、自分に難しい物事は得意な人に頼ってしまったほうが合理的と考えているわけです。

そもそも人は相手から頼られると自分自身が信頼されていると思い、自尊心が満たされます。その結果として、頼られた人は頼ってきた人に対して、好感を持つのです。

このように世渡り上手な人は、周囲の人に甘えることで合理的に成果をあげることに加え、甘えた相手からも好感をもたれる、という二つの果実を得ているのです。

世渡り上手になるための方法・ポイント

businessman-1492563_960_720

このように世渡り上手な人には様々な特徴が見られますが、はっきりとしているのは世渡り上手な人は世間が思う以上にしっかり者だと言うことです。それでは、世渡り上手な人になるためには、どうすれば良いのでしょうか?

そこで、これらの特徴を踏まえて、世渡り上手になるための方法やポイントについて、ご紹介したいと思います。

コミュニケーション能力を磨く

世渡り上手になるには、男性女性関係なく人とのコミュニケーションを避けることはできません。それゆえ、コミュニケーション能力を磨くことが、世渡り上手になるためのポイントの一つと言えるでしょう。

コミュニケーション能力を磨くには、顔の表情や清潔感のある服装などからの第一印象を良くすること、相手の話に耳を傾けること、相手の話題に合わせられるだけの情報や知識を得る努力をすること、などを意識すると良いでしょう。

笑顔を心掛ける

世渡り上手になるための第一歩は、笑顔を心掛けることです。笑顔を向けられれば、誰であっても笑顔の相手に対して悪い感情を持つことはないでしょう。

自分が楽しく機嫌が良いときに笑顔でいるのは当然ですが、自分が厳しい状況にあるときにも笑顔を見せられることが重要です。なかなか難しいことですが、笑顔を意識し続けると次第に笑顔が板についてくるでしょう。

それができたら、謙虚な姿勢で相手を尊重して気遣いをできるように心掛けましょう。そうすることで、周囲の人に好感をもたれる魅力が身についてくるのです。

人として信頼される行動を心掛ける

世渡り上手になるためには、周囲の人から信頼されることも必要不可欠です。約束を守る、他人の悪口を言わない、社会的なルールやマナーを守る、マメな連絡や報告をする、といった人として当たり前のことをできるように心掛けましょう。

信頼は、ちょっとした油断で脆くも崩れ去ります。地道に当たり前のことを積み重ねた先に、信頼が生まれるのです。

人に頼み事をしてみる

世渡り上手になるためには、周りの人に何か頼み事をしてみるのも良いかもしれません。人へ甘えることは意外と難しいもので、いわゆる末っ子タイプのように自然と甘えることができる人は多くないでしょう。

ですから、まずは自分の中に存在する助けを求めることに対する抵抗感をなくすために、自分の仕事が大変な時などに、ちょっとしたことを周囲の人に頼んでみることから始めてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?世渡り上手な人の特徴を知り、世渡り上手になるための方法・ポイントについて、ご理解いただけたでしょうか?

世渡りが下手で不器用な人からしてみれば、世渡り上手な人は生まれながらの天賦の才だと思いがちです。たしかに、末っ子タイプのように人への甘え方が天才的に上手な人はいます。しかしながら、実はコミュニケーション能力を磨いて、笑顔と謙虚な姿勢を心掛け、周囲の人に信頼される行動をすれば、誰でも天才的とまではいかなくとも、ある程度の処世術を身につけ「世渡り上手」になれる可能性があるのです。

とはいえ、もともとネガティブで人付き合いが苦手な人が、一足飛びに世渡り上手になれるわけではありません。世渡り上手になるには、日々地道に諦めずにコミュニケーション能力などを磨く努力が必要なのです。その努力ができれば、誰でも世渡り上手と呼ばれることができるはずです。

関連記事として、

「人たらし」はどういう意味?特徴とビジネスで生かす方法を知ろう!

八方美人の意味とは?性格や特徴、デメリットや改善方法を紹介!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする