金縛りによる耳鳴りの原因は?対処法や治し方を紹介!

金縛りと聞くと、幽霊など怖いイメージしかありませんよね。実は金縛りの原因は幽霊などによる現象ではなく、体の面白い仕組みやもしかしたら病気の原因でなっている可能性があるのです。それについて詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

金縛り

paranormal-84193_960_720

金縛りとは?

金縛りとは、寝ている際に意識がはっきりとしているのにも関わらず、体が動かすことが出来なかったり声がでなかったりする状態のことを言います。他にも体が締め付けられる感覚もある。主に金縛り最中に起きる現象としては以下の通通りになります。

  • 意識があるのに体が固まって動かせない。けど、目だけは動く。
  • なぜか息苦しい感じで呼吸ができなくなる。
  • 声がうまく出せない。
  • 近くに何かを感じてしまう。
  • 耳鳴りがする。たまに変な幻聴のようなものが聞こえてくる。
  • 黒い影が見えたりする。

これを見るととても怖くなってしまいますね。金縛りにあった人はわかると思いますが、毎回その現象が違うので本当に幽霊のせいなんじゃないか!?と怖くなりますよね。

金縛りには前兆がある?

金縛りには必ず前触れがあり、いきなり起こるものではありません。まず、耳鳴りがするのです。「キーン」という高い音の耳鳴りや「ザーザー」といったテレビの砂嵐のような音です。

その他にも体がズシッと重くなる感覚があり、金縛りのプロになると「あ、これは金縛りになる」とわかるようになるのです。この時点でなんとか金縛り回避することも出来るのですがそれがなかなか難しいのです。

実は金縛りには種類があった

金縛りになる人のほとんどが閉眼型です。実際の体は目を閉じているのに、金縛りに合う前に見た部屋の風景や普段見慣れている部屋の記憶が脳に残っていて、あたかも目が明いているかのような感覚で夢として映し出されているのです。

よく、「霊を見た!」「変な幻覚を見た!」「近くに何かいる感じがする!」という人はこの閉眼型になります。開眼型の場合そういった幻覚などの現象はなく、臭いが分かったり、その時の音が聞こえたり、目で周りが見えます。ですが、目が開いているのか開いていないのか他人から見ないとわかりません。閉眼型でも幻覚のせいで自分の中では目が開いている様な感覚になっていますので。

スポンサーリンク

金縛りの原因は何?

bed-945881_960_720

霊の仕業ではないとしたら、原因は何なのでしょうか。

レム睡眠とノンレム睡眠

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。レム睡眠とは浅い眠りの事で、よく夢を見る状態です。レム睡眠の間は脳の活動が活発ですが体の筋肉などは力が入りません。ノンレム睡眠とはその逆で眠りが深い状態のことです。

そして金縛りはレム睡眠の時に起こります。レム睡眠の時に何かが原因で意識がはっきりすると、体は活動停止している状態なのに脳が起きているので、動かそうと脳が指令しても勿論体が動くことはありません。これが金縛りの正体なのです。

睡眠のリズムが崩れている

普段の生活で睡眠不足ですと、とレム睡眠から眠りに付きます。そうすると脳が活動しているのにも関わらず体は緩み、動かないので金縛りを引き起こしやすくなるのです。

特になりやすいのが昼間と夜間の活動をバラバラに行っている人です。生活リズムがしっかりしている人は大体眠りにつく時間が決まっているので、体がそれを記憶しそれに合わせてレム睡眠・ノンレム睡眠が決まってきます。

しかし寝る時間がバラバラになると体がいつ睡眠につくか把握できず、レム睡眠・ノンレム睡眠の感覚が定まらずレム睡眠から眠りについてしまう場合があるのです。こうなってしまうと脳が起きているのに体が眠った状態ですので、金縛りに合う確率が高くなります。そして幻覚についてはレム睡眠時に起こる夢ですので、金縛りは幽霊や心霊といった物が原因ではないので、安心してください。

仰向けで寝る

実は仰向けで寝る事は、睡眠バランスを崩しやすくするので金縛りを起こしてしまいがちな体制です。

仰向けで寝ると体が緩みやすく、レム睡眠になりやすいのです。人は普通ノンレム睡眠から入るのですが、レム睡眠から入ってしまうと睡眠バランスが崩れ睡眠麻痺を起こしてしまいます。

ストレスと疲労

この2つは睡眠にとても関係していて、溜まりすぎると睡眠リズムを崩す原因になります。ストレスが溜まっていたり悩み事をしているとなかなか寝付けないという人が多いと思います。

ストレスや疲労は脳で感じ取る物で、睡眠は脳から指令が出る物。脳に与えるダメージが大きいと崩れやすい環境を作ってしまうのです。

興奮したまま眠りにつく

脳が興奮した状態で眠りについてしまうと、睡眠バランスが崩れます。脳からはまだ活動しようという命令が体に出ているのに対し、無理に体を寝かせようとするとレム睡眠から入ってしまいます。

特に脳に興奮状態にさせるのは、旅行先であったり次の日に何か特別な事があると楽しみですので、脳ではそれを考えてしまいますよね。

胸の上に手や物を乗せたまま寝る

よく寝る際に自分の胸に手を組んで寝る人がいらっしゃいますが、この寝方はあまりオススメできません。胸には大事な心臓があります。そこに手や物を乗せたまま寝てしまうと心臓に圧迫感を与え、睡眠中でも「苦しい」というサインを脳に与えてしまうのです。

このサインはストレスとして受け取られてしまい、睡眠リズムが崩れます。更にレム睡眠になり夢を見る時に「苦しい」というサインが影響し、楽しい夢ではなく怖い夢や嫌な夢が見やすくなるのです。

スポンサーリンク

金縛りの対処法

原因が分ったところで、次に金縛りに合わない様に対策をして気を付けましょう。

横向きで睡眠しましょう

睡眠に入るまでは横向きで寝る様にして下さい。これはレム睡眠から入ることを避ける為です。

ノンレム睡眠から入るということが重要なので眠りに付いてからは、仰向けに寝返りを打っても大丈夫です。いつも仰向けで横向きになるのが大変という人は、抱き枕などを使ってみると寝やすいのでオススメです。

うつ伏せ体制については、心臓に負担がかかるので先ほどお伝えした様に脳がストレスを感じる可能性が高いので、できるだけ避けて下さい。

枕を変える

自分に合った枕を使用しないと睡眠バランスを崩しますので、体に合った高さの物に変えましょう。睡眠バランスだけでなく、寝つきの問題解決にもなりますのでオススメです。

寝る前に脳を刺激しない

特別なイベントがなくても、脳を興奮状態にすることはたくさんあります。テレビを見て凄く面白かった!と感じる事や、怖い話を聞いたり、メールで楽しい話をしたり・・・色々あります。

できるだけ眠りに就く1時間前までに済ませておくのがベストです。また、お風呂などでリラックスし、その落ち着いた状態のまま寝るのも良いです。

規則正しい時間を送る

できるだけ夜更かしなどをせず、同じ時間に眠りに就くようにしましょう。バラバラの時間ですと体や脳にストレスを与えてしまいますし、レム睡眠とノンレム睡眠の感覚もおかしくなってしまいます。

仕事などで仕方なく睡眠時間がズレてしまうという人はリラックスできるように心がけましょう。

もし金縛りになったら

以上の事を心がけていても金縛りになってしまう場合もあります。そんな時の対処法をご紹介します。

  • 金縛りは幽霊が原因ではないとわかっていても、恐怖心が出てきてしまうと思います。冷静に考えてこれは夢だと言い聞かせる。
  • 基本体は眠っている状態なので動かないのですが、どこか動かせる部分があればそこからゆっくりと動かし体をほぐしていく
  • 目を動かす(これは開眼法の金縛りの場合のみ有効です)
  • 腹式呼吸でゆっくり深呼吸する

気を付けて欲しいのが、眠っている体を無理矢理起こすというのは想像以上に凄く体力を消費し、体に負担を与えるので注意してください。

スポンサーリンク

もしかしたらナルコレプシーの可能性も・・・?

relax-726992_960_720

頻繁に金縛りになるという人は気を付けて頂きたい。

ナルコレプシーとは

あまり聞きなれない病名だと思います。この病気は昼間に耐えられない程の眠気が襲ってくる病気です。自分の意思とは関係なく、場所や状況を選ばず起きてしまうのです。凄い眠気が来るということで「過眠症」や「居眠り病」とも言われています。もしかしたらこの呼び方の方が聞いたことあるという人が多いかもしれませんね。

寝たくないのに寝てしまうという事は本人にとっては凄く辛い事です。が、周りからは「気持ちがたるんでるだけ」「良い悩みだね」などと理解されず、それすらも精神的に辛い思いをしてしまいます。

ナルコレプシーの原因

残念ながらこの病気の原因は詳しくわかっていません。考えられる原因としては、オレキシンという脳内物質の低下が1つ挙げられます。これは視床下部から分泌されるもので、不足してしまうと神経伝達がうまくコントロールできなくなるのです。

これとは別に、HLA(ヒト白血球抗原)の特定のタイプの人がなりやすいとされています。何らかの体質的な物がこの病気の引き金になっている可能性があるそうです。

ナルコレプシーの症状

1番の症状は睡眠発作です。日中どこでも強い眠気を感じる発作で、毎日起こる症状です。

「昨日いっぱい寝たのに・・・」という人でも関係なく昼間に眠くなります。1回の睡眠発作で約20分くらい眠りに就くのですが、目が覚めるとあれだけの眠気なのに短時間でとてもスッキリした状態になります。

他の症状としては「情動脱力発作」「金縛り」があります。「受動脱力発作」とは、嬉しい、悲しい、笑ったり、怒ったりといった感情の高ぶりにより突然筋肉の力が抜ける発作になります。

軽い症状であれば数十秒、重い症状ですと30分もの間体が動かなくなってしまうのです。「金縛り」については先ほどお伝えした通りです。

ナルコレプシーの治療

この病気の治療法は主に薬物医療です。中枢神経を刺激する「モダフィニル」という薬を服用すると共に生活リズムの見直しが必要になります。

しかし原因がハッキリしていないので、これはあくまで症状を軽くする為の治療になります。ですので根本的な病気の元を治す方法は現在はありません。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?金縛りは霊によるイタズラではなく、脳によるイタズラだということがはっきりしました。ですので怖がらず睡眠リズムを整えることに集中しましょう!

関連記事として、

金縛りの原因を分析!解き方や対策方法を紹介!

耳鳴りが止まらない時の3つの対処法について!病気なの?

耳鳴りと頭痛が起きるのは病気?原因や対処方法を紹介!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする