産後のセックスレスについて!解決方法は?

慣れない育児や、毎日バタバタで疲れてしまったり……。産後セックスレスになってしまう夫婦はとても多いってご存知でしたか? 人には相談しづらい産後のセックスレス。みんなはいったいどうしてるの?

そして、お互いが無理をせずにセックスレスを解消できる方法があれば知りたいですよね。なかなか聞けない産後セックスレスについて、みんなのケースを交えて紹介します。

スポンサーリンク

産後のセックレスについて

ベッド

海外と日本を比べると、日本はとってもセックスの回数などが少ない国といわれていますよね? 大事な愛情表現のひとつと分かってはいても、男性も女性も産後は回数がぐーんと減ってしまう場合も多いとか。体の変化とも上手に付き合って、相手も自分もギクシャクしない、スキンシップの方法を学んじゃいましょう。

女性の体が、産後大きく変化することも理由のひとつ

出産という大きなお仕事をした女性の体は、どんなに安産だったとしても出産前や妊娠前とは変わっているものです。女性のホルモンバランスは急激に変化し、産後は精神的に不安定になりやすい時期なのです。

さらに、育児での疲れや睡眠不足、体の痛み、授乳に伴うトラブルや、肌荒れ、抜け毛など女性の体に現れる変化は多種多様です。また、会陰切開によって、セックスすることへの不安を抱えてしまう女性も多いそうです。こちらは1ヶ月程度で問題ないと言われていますが、体だけでなく、気持ちの不安はなかなか払拭しづらいものですよね。産んだことのない男性にはわからない! と言ってしまえばそれまでですが、そう冷たくあしらってしまっては、パートナーの気持ちも傷つけてしまうかもしれません。

セックスのある関係がすべてOKというわけではないものの、セックスはパートナーとの大切な愛情表現の機会としてきちんと考えてみましょう。赤ちゃんも大切、だけどパートナーとの関係も同じくらい大切なものです。

いつから再開できるのか、目安はあるの?

とはいえ、産んだ直後からいつでもパートナーのお相手OKということはないですよね。

産後一ヶ月検診で、医師から通常通りの生活をして問題ないと言われたら、再開しても良いというざっくりとした目安はありますが、明確に産後○ヶ月で再開して良い。という決まりはないので、自分の体の回復具合や気持ちのバランスををきちんと把握することも大切です。

さまざまなアンケートを見てみると、平均3~4ヶ月程度で再開したカップルが多いようです。その間じっと我慢している男性たち女性の気持ちや体調は大切にしつつ、欲求を抑えてモヤモヤを抱える大切な相手に、赤ちゃんに向けるのと同じくらい愛情を持って接してみましょう。

再開理由も人それぞれ、だけど……

なるべく夫がその気にならないように注意しながら生活している。という人もいるほど女性にとって悩ましい問題になってしまうのがセックスのことです。

そして、先輩ママたちは「夫が求めてきたので仕方なく」「浮気されないように」「セックスレスになりたくない」などなんだか後ろ向きな意見が多いのも事実です、女性は育児がスタートするとあまりその気にならないことが多いものです。その気にならないから。とばっさり断ってしまうだけでなく、女性も少しだけ、産後のセックスのスムーズな再開に向けて努力してみていかがでしょうか?

産後のセックスは痛みを感じることも……

女性として自分を見てくれているのかの不安だったり、会陰切開が傷んだらどうしようという怖さだったり、産後のセックスに不安はつきものかもしれません。

そんな不安から、筋肉が緊張してしまいます。全身の筋肉が緊張すると、膣口の収縮が悪くなってしまうこともあります。それにより、会陰切開の部分に違和感や痛みを感じることもあるようです。

また、授乳時に分泌されるホルモンの影響で、膣の潤いが少なくなってしまうこともあり、痛みを感じることもあります。無理をするのはもちろん禁物ですが、精神的な不安感やストレスも大きな要因ですから、なるべくリラックスできるように、香りや明かりにこだわったり、体をあたためて筋肉の緊張をほぐす、マッサージしてもらうところからはじめてみるのがおすすめですよ。

スポンサーリンク

少しずつのスキンシップからスタートしてみよう

ベッド2

過去、パートナーとはじめてデートした時のことを少しだけ思い出してみましょう。はじめからベッドイン! なんてことはなく、手をつないで、抱き合って、キスをして……とさまざまな段階を経てセックスした人も多いですよね?

子供を産んで新しい家族環境になったのですから、産後もそんなロマンチックな気分を思い出しながら再スタートしてみましょう。

ちょっとのふれあいで愛情を確かめ合おう

いってらっしゃいのハグやキス、お出かけのときは手をつなぐ、赤ちゃんも一緒にみんなでお風呂に入ってみるなど、少しずつスキンシップの機会を増やしていくのも、女性にとっては大切なことです。そんなことをして男性を刺激したくない!と思ってしまうかもしれませんが、自分の口からきちんと説明して、少しずつ再開したいことを伝えればきっとわかってくれるはずです。

自分に置き換えて考えてみてください、何かお願いごとや希望を相手から冷たく断られるよりも、その方がうれしいですよね?

相手がその気にならない。そんなときはどうする?

女性だけでなく、男性も気持ち的な面も含めて産後セックスレスになってしまう場合もあります。そんなときも責めるのはNGですよ。

もちろん体の変化が大きいのは女性ですが、男性も子供を持つことにより、楽しいことはもちろんですが、大変なことだって増えているはずです。ストレスや不安を感じているとセックスをしたいという気持ちが起きづらくなるのは男性も一緒です。

まずは一緒の布団で眠ってみたり、そろそろ2人目は?と相談してみたり、いつもより甘えてみたり……。直接誘うのは恥ずかしい場合でも、日頃から少しずつでもスキンシップをしていればハードルは下がるはずです。

スポンサーリンク

まとめ

kiss

まだまだ小さい子供と一緒にいたら、その子が生活の中心になってしまうものですよね。

でも、その子と出会えたのも、最愛のパートナーがいてこそです。深刻に考えすぎてストレスを感じたら、育児にも支障をきたしてしまうかもしれませんが、せっかく出会えたパートナー、母親としての視点でずっといて、赤ちゃんだけにフォーカスしすぎずないように、妻としての視点にも少しだけ目を向けてみてください。

妊娠・出産前と何もかも一緒というわけにはいかないのは、誰もがわかっていることです。セックスということだけにとらわれず、愛情表現のひとつとして、会話や少しずつのスキンシップでお互いの愛情を上手に伝えあいながら、ストレスフリーな産後のセックスライフを楽しみたいですね。

関連記事として、

産後のうつ症状の原因は?環境やホルモンバランスの変化について

産後の生理はいつから始まるの?出産前との変化はあるの?

産後の悪露はいつ終わる?対処方法や症状を紹介!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする