腰の痛みを右側に感じるのはなぜ?内蔵との関係について!

腰は体の中心です。腰が痛くなってくると、本当にしんどいですよね!

一日のやる気を削がれるうえに、動く=腰に響いてくるのでその日は何にもしたくなくなるほどつらいです。今回は右側だけが痛くなる腰痛をとりあげます!その痛みの後ろには、思いもよらない病気が隠れているかも・・・・?知っておいて損はない情報です!

スポンサーリンク

右側の腰の痛みの原因は4つ!

◆体のゆがみ
◆筋肉の炎症
◆神経の圧迫
◆内臓系の疾患

右側の腰の痛みの原因は大きく分けてこの4つです!神経やら、内臓系やら、字面で見るととっても不安ですよね。それでは順番に見ていきましょう。

◆体のゆがみが原因??

体の歪み
出典:http://impartnow.org

右側の腰痛が慢性的にある場合、体の左右バランスが崩れているために起こっていることがあります。

腰骨の高さは左右そろっていますか?右利きだからといって荷物を右側にばかり持っていたり、頬杖を付いたり、足を組んだりというそういった普段のちょっとした行動が腰痛に繋がってしまうんですね。

いつもはあまり強い痛みではないのに、ひねったり、ちょっと運動したり、疲れが溜ってきたという時に痛みが強く出るのが、体のゆがみが原因の腰痛の特徴です。特に骨盤の歪みによる痛みは、骨盤の高い方が痛みます。なので、右骨盤が上がっている場合に右腰に痛みが出てしまうというわけなんですね。

体のゆがみが原因で起こる腰痛は、根本の体のバランスを整えることで治ります!荷物は左右の肩に均等に持つように心がけ、足を組むのはやめましょう。

そしてオススメのゆがみ改善体操がコチラです!

◆骨盤のゆがみに効くおしり歩き体操◆

①まず三角座りで床に座りましょう。

②背筋をピッと伸ばして、首もまっすぐにし、前を向きます。

③膝をできるだけまっすぐ伸ばしましょう。

④そして、左右に大きくひねりながらお尻で、10歩前へあるきます。そして10歩後ろへ戻ります。

適度に休憩をしながら、これを1日に3セット行うと歪みに効きます!

お尻歩きはしんどいし、ちょっとめんどくさい・・と思ってしまいそうですが、腰回りのダイエット効果もあるので、美容にも良く一石二鳥なんです!むしろ美容目的でやる人も多いので、流行に乗るつもりで気軽に試してみてください!

◆筋肉の炎症が原因?

筋肉 腰痛
出典:http://www.progressiveptinc.com

右の腰に痛みを覚える前に、重いものを持ったり、激しく運動をしたりしていませんか?

筋肉に極度の負担がかかると、それが原因で炎症を起こしてしまい、腰痛が起こります。筋肉の炎症が原因の腰痛は腰痛全体の約9割をしめます。ほとんどの人の腰痛がこれにあたるんですね。

一般的には、しばらく安静にして休養をとることで回復してきます。一時的な場合は心配ありませんが、長期間治らない場合、また腰痛以外にも何か症状が出る場合は念のため医療機関を受診しましょう。筋肉の炎症が原因の腰痛の場合、医療機関に来院すると消炎鎮痛剤を処方するなどの薬物療法がとられます。

神経系、内臓系などが疑われる場合にはそれ以外の検査を行いますが、医師にはなるべく症状を細かく伝えましょう。

◆神経の圧迫が原因?

腰痛 神経
出典:http://www.drkrift.com

腰痛の中でも神経症状を伴うものには、

◎椎間板ヘルニア
◎脊柱管狭窄症
◎坐骨神経痛
◎骨粗しょう症

などがあります。これらには、筋力の低下や感覚障害、同じ姿勢が辛くなってしまうなどの症状が一緒に起こります。その中でも多いのが椎間板ヘルニアです。詳しく見てみましょう。

◆椎間板ヘルニアとは?

腰を前に傾けると痛みが増す場合、椎間板ヘルニアの可能性があります。

椎間板ヘルニアになると、腰の痛みと同時に神経が圧迫されてしまうので、痺れも同時に起きます。一度起こると手術をして完治させるか、痺れを抑えるだけなら手術をしなくても薬物療法で可能なので、そちらを選択している人もいます。

右の腰に症状のある人は、椎間板ヘルニアが右側にあって神経を圧迫していて、右半身に症状が出ているという状況です。神経の炎症は自己判断ではどうにもなりません、いつもとは違う、筋肉じゃない痛み方をする場合は早めにお医者さんへ行きましょう!

内臓が原因?

盲腸 腰痛
出典:http://www.sharecare.com

その腰の痛み、内臓が原因かもしれませんよ!

◎どんなときに痛い??

体を動かして、例えば前かがみになったり、腰をひねったりしたときに出る痛みは、主に筋肉が原因の腰痛の現れ方です。一方原因が内臓にある場合には、このような動きで痛むことはそれほどありません。(一部、姿勢の変化などで内臓が圧迫されて痛みが出ることはあります)

主に何もしていない時、安静にしている時に、痛みがある場合、内臓の機能低下が原因と考えられます。

◆内臓系疾患が原因の右腰の痛み◆

◎いわゆる盲腸

盲腸は、正式には”急性虫垂炎”という炎症になります。

盲腸の場合は、右腰あたり、下腹部あたりに痛みが出ることが多いです。痛みと一緒に発熱だったり、腹痛、嘔吐などの症状があります。

虫垂に、何らかの原因で細菌が増殖することで、感染を起こし炎症が起きます。進行すると、虫垂は壊死を起こして腹膜炎になり、重症化すると死にいたることもあります。

◎肝臓の炎症

肝臓に炎症がある場合、右腰部分に痛みが出ることがあります。

肝臓は、腹膜といわれる臓器を覆っている袋状の中に入っています。実は、肝臓には痛みを感じる神経は通っていません。なので、隣接した筋肉など肝臓近辺が痛むようになり、右腰あたりに痛みが生じる場合があります。

◎腎臓の炎症

腎臓は腹腔の後ろ側に位置するので、腎臓に炎症がある場合は腰に痛みを感じたり、重だるさを感じるという症状が出ます。また、同時に寒気や発熱が出る場合があります。腎臓は左右に1つずつあるので、右側の腎臓に炎症が起こっている場合に右側の腰、腹部周辺に痛みがでます。

◎その他

数を上げれば限りがありませんが、その他泌尿器の炎症では、尿路結石、がん、膀胱炎、消化器の炎症では、胃潰瘍、胆のう炎、また腹部大動脈解難、閉塞性動脈硬化症などの可能性もあります。

◆女性は注意!!婦人科系の病気の危険性も!!◆

◎子宮内膜症が原因?

子宮内膜症は、子宮の内側を覆っている膜が子宮内だけでなく、卵管、卵巣その他に増殖してしまう病気です。

まだ妊娠を経験していない女性に多く、10%の人は子宮内膜症を発症しているといいます。右腰あたりに痛みが出る場合、子宮内膜症が右側に発症している可能性があります。子宮内膜症の場合は、月経過多、生理痛の重症など右腰の痛み以外の症状も出ます。

最低でも年一回婦人科を受診して、定期検診の際に子宮がん検診と一緒に内診、エコーを行いましょう。

スポンサーリンク

まとめ

◆右側の腰の痛みの原因は4つ!

◎体のゆがみ
◎筋肉の炎症
◎神経の圧迫
◎内臓系の疾患

◆”体のゆがみ”が原因?

左右バランスのゆがみによる。バランスを整えよう。骨盤のゆがみにはおしり歩き体操が効く!

◆”筋肉の炎症”が原因?

腰痛全体の9割を占める。しばらく安静にしていれば治るものが多いが、あまり続くようなら病院へ。

◆”神経の圧迫”が原因?

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経賞、骨粗しょう症などが原因の場合がある。

◆”内臓系の疾患”が原因?

いわゆる盲腸、肝臓や腎臓の炎症が原因の場合がある。その他にも様々な原因がある。

◆女性は注意!!婦人科系の病気の可能性も!!◆

子宮内膜症が原因の場合がある。子宮内膜症が右側に発症している場合、右腰に痛みが出たり、月経過多、生理痛の重症などの症状がある。

以上、今回は、右側の腰の痛みの原因について探ってきました!

軽傷のものから重症のものまで様々ありましたが、大事なのはいつもと違う体のちょっとした変化に気づくことなのではないでしょうか??自分の体は自分だけのものなので、大事にケアしながら健康に年を重ねていきたいですね!!

関連記事として、

腰痛と共に感じる足のしびれの原因って?ストレッチの紹介など

かかとの痛みの4つの原因とは!歩けない場合や痛風は要注意!

くるぶしに痛みを感じる原因とは?腫れている場合は要注意!

手首の痛みが起きる3つの原因と3つの対策を紹介!

足がつる原因と病気の可能性について!いったいどんな理由が!

こちらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする