妊娠中の性行為はいつまで大丈夫?注意点を知っておこう!

妊娠すると、女性の体は女性ホルモンが活発になることでその影響を受けて、体調や精神状態も、赤ちゃんの成長とともに様々な変化がおこりはじめます。しかし、男性の体には何ら変化が起こることはないので、女性の変化に気づいてもらうことは難しいことかもしれません。

夫婦2人の時間は、妊娠しても同じように大切にしていきたいものです。そのためには、妊娠中の性行為について、夫婦共に理解しておくことが大切かもしれませんね。ここでは、妊娠中の性行為について気を付けたいことや、性行為後の注意したい症状についてまとめてみました。

スポンサーリンク

妊娠中の性行為は?

4妊婦

妊娠中の性行為自体は、問題ありません。しかし妊娠中は、女性ホルモンの影響で体調の変化も起こりやすく、性行為によってお腹が張ったり出血したり、子宮に収縮が起こりやすくなります。妊娠前の体ではないことを夫婦でしっかりと自覚したうえで、体の負担にならないように気をつけながら、夫婦生活をおくるようにしましょう。

妊娠初期の性行為

妊娠初期の性行為が直接流産に結びつくことはありません。胎児の状態やママの状態が順調で、医師からの特別な注意もでていなければ、体に負担がかからない程度の性行為は問題ありません。

しかし妊娠初期は、お腹の赤ちゃんもまだ不安定な状態であり、ママの体も妊娠によって増えてくる女性ホルモンの影響で、つわりや倦怠感など体調不良になりやすい時期です。

安定期に入るまでは、妊娠初期のママの気持ちは不安になることが多い時期でもあります。体調不良や不安の中、性行為に対して気分が付いていけなくても無理はないことかもしれません。ママの不安や体調不良をパートナーに話して、理解してもらうことも夫婦の絆を深めることになると思います。

これからの長い妊娠期間を支え合って乗り越えていくためにも、ただ避けるのではなくきちんと話し合うようにしましょう。性行為が難しくても、一緒に寄り添っているだけで、ママの不安も楽になるのではないでしょうか。

妊娠中期の性行為

妊娠中期は胎盤も完成して安定期に入る時期なので、医師からの特別な注意がない限り問題はありません。ママの精神的な面も、安定期に入ったことでかなり気持ちが楽になる時期です。

妊娠中の体はデリケートなので、性行為の後に出血したり、お腹の張りが出てきたりすることもあります。時間が経ってくれば、落ち着いてくることが多いものですが、お腹の張りや出血が続くようなときは、切迫流産や切迫早産の危険もあるので産婦人科を受診するようにしましょう。

妊娠後期の性行為

妊娠後期になってくるとお腹が大きくなって、腰痛や睡眠不足などでママの体調も、様々な変化が起きる時期です。ママにとって無理のないように気をつけ、医師の特別な注意がなければ、妊娠後期の性行為は問題ありません。

しかし、妊娠週数32週~36週の間は特に子宮収縮が起こりやすい時期なので、切迫早産の危険性を考えると避けた方がいいでしょう。37週を過ぎれば正期産なので、切迫早産の危険性もなくなります。

この時期は、ママの出産に対する不安や体調不良で精神的にも不安定になりやすい時期です。夫婦の絆を深めるためにも、ただ性行為を避けるだけではなくパートナーにママの不安も理解してもらい、これからの出産に備えて、より夫婦の絆を深める事も大切にしましょう。

スポンサーリンク

妊娠中の性行為が危険なときは?

臨月 眠い

経過が順調であれば、通常は妊娠中の性行為は問題はないのですが、性行為が何らかの危険を及ぼす可能性があるときは、避けなければいけません。

  • ◆出血症状がある
  • ◆お腹の張りや痛みがある
  • ◆切迫流産や切迫早産の危険性がある
  • ◆前置胎盤の診断がでている
  • ◆流産や早産を経験したことがある

これらの症状がある場合は、医師の注意も出るかと思いますが性行為は避けるようにしましょう。お腹の張りかたや痛みなど自分で判断しにくい時は、医師の診断を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

妊娠中の性行為で気を付けること

pregnancy-775041__180

妊娠中の性行為自体が切迫流産や切迫早産などに直接影響を及ぼすことはありません。しかし、性行為によって起こる感染症は、流産や早産の原因になります。

男性の精液は子宮の収縮を促す作用があり、精液に含まれる細菌などによる感染も流産や早産の原因になります。妊娠中の性行為の際は清潔を心がけ、避妊具を使用するようにして感染の予防を心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク

切迫流産や切迫早産の兆候

妊娠中 便秘

医師からも何も問題がないといわれていて、性行為がきっかけではないとしても、ママの体に不調がおきたときは、早めの対策が重要です。そこで、早めの対策が必要な切迫流産や切迫早産の兆候についてまとめてました。参考にしてみてください。

切迫流産の兆候

切迫流産の兆候は、主な症状として出血や下腹部痛があります。妊娠初期は、まだ胎盤が完成しておらず不安定な状態なので、何らかの原因で出血が起きることがあります。妊娠したことでデリケートになっているママの体は、性行為の後に出血することもあります。

おりものに少し混ざる程度の出血で、すぐに治まるときは様子をみましょう。しかし何回か続くようなら、どこからの出血かわからないので、出血が治まってきても出血の量が少ないからと自己判断せずに、念のために受診するようにしましょう。妊娠初期の出血は、子宮の何らかの異常が原因となって起きることもあるので、早めの受診を心がけましょう。

下腹部痛は、妊娠中を通してよく起こりやすい症状です。そのため、つい見過ごしがちになりますが、長引くような鈍痛が続くときには特に注意が必要です。どちらの場合も、早めの受診で大事に至る前に対処することができるので、気にかけておいてください。

切迫早産の兆候

切迫早産の兆候は、主な症状として下腹部痛、背中の痛み、お腹の張り、出血、などがあります。下腹部痛は、ちょっとした原因でも起きることがあり、痛みも時間がたつとなくなることもあります。

しかし自覚症状がなくても子宮の収縮が起きていることもあるので、いつもと違う下腹部痛だと感じたら、早めに受診をするようにしましょう。

お腹の張りも同様に、妊娠中によく起きる症状なので見過ごしがちですが、お腹の張りが長引いていたり規則的に張ってきたりするときは、切迫早産の危険性が高いので早めに病院を受診するようにしましょう。

妊娠中はデリケートなので性行為の後などは、おりものに混ざる程度の出血はおきやすいものですが、出産前に起きる「おしるし」と呼ばれる出血の場合は、切迫早産の危険が高くなるので、早めに受診するようにしましょう。

どの症状にしても、病院で診察をうければ、切迫早産の可能性のあるものかどうかの判断がつくものなので、大事に至る前に早めの受診を心がけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

love-899227__180

無事に赤ちゃんを出産するまで、妊娠中は何かと不安がつきないものです。10か月という長い期間を乗り越えるためにも夫婦の絆は不可欠ですよね。ママの体に異変があったり、無理をしない限りは、妊娠中の性行為は問題なく、お互いに相手を思いやりながら、妊娠中の注意点に気をつける性行為は、絆を深めるためにも必要なことかもしれません。

普通に生活をしていても、切迫流産や切迫早産になる危険性はあります。過度に性行為に不安を感じることはありませんが、体調に変化がおきたときは、念のためにも早めに受診することを心がけるようにして、早めの対応をとるようにしましょう。

関連記事として、

妊娠中のカフェインの影響を紹介!摂取していい量は?

妊娠初期のつわりの対処方法とは?症状に合わせて対策を!

妊婦は自転車に乗っても良い?リスクを知っておこう!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする