重い女性の特徴とは?男性が重いと感じる原因や対処方法を知ろう!

「重い女」とは「男に心理的な重い負担をかける女」です。男性が「重い」「面倒くさい」「依存しすぎ」と思う女性です。

恋愛中の女性の何気ない言動を、男性は「重い」と感じてしまうようです。「重い女」と思われてしまうと、片思いは進展せず、彼氏は去って行き、恋愛が成功して結婚に到達する可能性はほとんどなくなります。でも、女性自身は自分が重い女であることに気づいていません。なぜ恋愛がうまくいかないのか、不思議に思うばかりです。

重い女の特徴と重い女にならない方法についてお伝えしますね。

「重い女」とはどんな女性?

people-2569222_960_720女を背負う

「重い女」とは「男性の心に重くのしかかる女」「男性の心理的負担が大きい女」「男の重荷になる女」という意味です。「重い女」を、男性は「ウザい」「面倒くさい」「束縛されて意気が詰まる」「男に依存しすぎる」と感じています。

重い女は自分が重いことに気づかないことが多いようです。恋愛している女性には当然と思われる言動が、男性心理には重く感じられてしまうのです。

重い女の言動には共通点があります。重い女の特徴は6つです。

①男を束縛し、頻繁に連絡してくる

重い女の第一の特徴は「男を束縛したがる」ことです。重い女は男を好きになると、「男が何をしているのか?」がとても気にかかります。彼氏と一緒にいないと不安でなりません。男性(彼氏)を自分の傍に置いておきたいという気持ちが強くなり、束縛するようになります。

女性が男性を束縛したがると、男性はとても窮屈に感じます。恋人が重荷になってきます。

1日に何度も電話やメールをする

重い女は、彼氏(男性)の行動を逐一知りたがります。電話やメールで頻繁に連絡してきます。「今何をしているの?」「今、どこにいるの?」などと、しつこく聞きます。

電話に出なかったりメールやLINEの返信が遅れたりすると、重い女は怒って不機嫌になります。LINEで深夜に長時間のトークを強制したり、LINEの未読と既読を気にします。

男性は「好き=頻繁に連絡を取り合う」ではない

男性と女性の心理やコミュニケーション能力には差異があります。女性は好きな男性と毎日頻繁に連絡を取り合いたいと思いますが、男性はそうではありません、男性の心理は「好き=毎日連絡を取り合う」ではありません。

自分以外の女性との関係を絶つように強制する

重い女は、自分が彼氏にとって1番でないとガマンできません。彼氏が自分以外の女性と連絡し合うことを気にして、関係を絶つように強制します。彼氏のプライベートな生活に干渉するようになります。

元カノ(昔の彼女)のことをしつこく聞いたり、会社の同僚の女性を気にしたりします。話題に女性の名前が出ただけで顔色を変えて、問い詰めます。

束縛することは人格や尊厳の否定につながる

重い女は、彼氏(恋人)が自分とは全く別の人格を持つ存在であることを忘れています。男性を束縛することは、男性の人格や尊厳を否定することになります。自由を奪われた男性が重い女を嫌うようになるのは当然と言えます。

②恋愛に依存している

重い女は「恋愛依存症」の可能性があります。「恋愛依存症」とは「付き合っている相手に依存している。その人なしでは生きられないと思っている」または「恋愛という行為自体に執着して依存している。常に恋愛していないと寂しくて不安でたまらない」状態です。

恋愛依存の女は何でも恋愛に結びつける

恋愛依存の人は、どんな時でも場合でも全ての価値観を恋愛に左右されます。何でもかでも恋愛に結びつけずにはいられません。

重い女は恋愛依存なので、仕事など恋愛とは無関係の話をしていても、「私のこと、好き?」などと言い出します。彼氏が仕事で付き合っている女性にも嫉妬します。

恋愛依存の女の生活は彼氏が中心

恋愛依存の女の生活は彼氏が中心です。全意識が恋愛に向いています。彼氏への依存度が高いので、彼氏からの返信が遅れたり彼氏が携帯に出なかったりしただけで、感情が不安定になります。生活のリズムが乱れてしまいます。

彼氏が通りすがりの女性に視線を向けただけでも嫉妬します。彼氏のスマホや携帯をチェックするなどして、些細なことで浮気を疑います。男性は窮屈に感じます。

男は恋愛と仕事を切り離して考える

男性は恋愛と仕事を切り離して考えます。人生は恋愛が全てではありませんから、当然です。男性は恋愛中でも、仕事や趣味や友人たちとの付き合いを優先することがあります。恋愛依存の女性は、この男性心理が理解できません。

常に恋愛モードで迫る女性を、男性は「重い」「ウザい」と感じるようになります。

③結婚願望が強い

重い女は結婚願望が強い傾向があります。「恋愛=結婚」と考える傾向が強いので、交際が始まるとすぐ結婚を話題にします。「理想の家庭を築きましょうよ」「結婚したら、いい奥さんになるわね」などと言います。

付き合いが浅いのに結婚話を持ち出されると、独身男性は腰が引けてしまいます。恋愛が長続きしない原因の一つが女性の強すぎる結婚願望です。

男性は結婚に対して慎重になる

結婚は女性にとって人生の重大事ですが、男性も結婚を人生の大きな決断と考えています。

「男女同権・男女平等」「夫婦の供働きは普通」の世の中でも、男性は「結婚したら、俺が一家の大黒柱になる」と考える傾向があります。妻や子供など家族に対する責任を重く受け止めています。ですから、結婚には女性以上に慎重になる可能性があります。

愛だけでは結婚生活は成り立たない

男性は「結婚したら妻や子供を幸福にしたい」と考えます。家族を幸福にする責任があると考えています。結婚に愛は必要不可欠ですが、愛だけでは結婚生活は成り立たないことを経験から承知しています。幸せな家庭を築くためには、経済力も必要です。女性の家族や自分の両親・兄弟姉妹との折り合いも考えて、結婚相手を選びます。

結婚を重視するだけに、女から結婚を迫られるのが重い

男性は結婚に対する責任を強く感じているだけに、付き合って間もないうちから結婚話を持ち出されると、気が重くなります。お互いの性格も価値観もよくわからないのに、結婚を考えることなどできません。

気持ちの上でも経済的にも結婚に対する態勢が整わないうちに、女性から「いつ結婚してくれる?」などと迫られると、独身男性は重く感じます。女性への気持ちが急に冷めてしまいます。恋愛破綻のよくあるパターンです。

④男の世話を焼きすぎる

重い女は結婚願望が強いので「いい奥さんになる」ことをアピールしたがります。男に対する独占欲も強いので、男性の私生活に入り込もうとします。そこで、重い女はやたらに彼氏の世話を焼きます。

頼まれもしないのに男の所に来て料理・洗濯・掃除をします。「どうせロクな物を食べていないでしょ」「汚い部屋ね。私が片付けてあげる」などと言って男性のプライドを傷つけます。男性の食生活や生活リズムにあれこれ口出しして、男性をウンザリさせます。

世話の焼きすぎはプライバシーの侵害

重い女は「家事が得意な健気な女性」「男に尽くす女性」のつもりで男の世話を焼きます。しかし、独身男性はプライバシーを侵害されているような気持ちになります。女性を「恋人」ではなく「おせっかいな母親」と感じるようになります。女性を重たく感じ、「こんな女と結婚したら厄介だ」と考えるようになります。

⑤ネガティブな言動が多い

重い女は自分に自信がありません。そのためにネガティブな言動が多くなります。彼氏に心配して同情してほしいので、自分が酷い目にあった話を好んでします。彼氏に「そんなことないよ」と否定してほしくて、「私はどうせ○○だから」「私は何の取柄もないのよ」などとネガティブな発言を繰り返します。

ネガティブな言動は男性の気持ちを暗くする

男性は女性に頼られるのが好きです。仕事や家庭の悩みを相談されると、「俺を信頼しているんだな」と思います。いつも毅然としている強い女性がふと弱みを見せると、男性は思わずクラッとなる可能性があります。

でも、恋人がいつも暗い顔でネガティブな話ばかりしていると、男性の気分も落ち込みます。気持ちを暗くさせる女性を重いと感じます。

「気にしないで」と言われるほど気になる

重い女はネガティブな話や愚痴を彼氏にさんざん聞かせておいて、「私の言ったこと、気にしないでね」と言います。聞かされた彼氏は気にしないわけにはいきません。「気にするなと言うなら、話すなよ」と思ってしまいます。ネガティブな言動は男性を嫌な気分にします。

⑥男性の愛情を確かめずにはいられない

重い女は常に男性の愛情を確かめないではいられません。日本の男性は今もまだ口下手な傾向があります。言葉で愛情表現するのが苦手です。重い女は言葉による愛情表現を重視するので、彼氏に愛されているかどうか、不安になります。

嫉妬させたり心配を煽ったりする

重い女は彼氏の愛情を確かめるために、わざと彼氏が嫉妬するようにします。彼氏にツンケン冷たい態度をとり、他の男性に甘えたりふざけたりします。

重い女は彼氏の心配を煽るような言動をします。彼氏が期待した通りに心配しないと、「私のことを愛してないのね」「私なんて、どうなってもいいんでしょ」などと言います。

頻繁におねだりしたり無理難題を言ったりする

重い女は男性に期待しすぎる傾向があります。記念日や誕生日などのイベントには、高価すぎるプレゼントやデートの演出を期待します。「あれが欲しい」「こうしてほしい」と自分の要求を押しつけたり、「○○ちゃんの彼氏はこんなことしてくれたんだって」と友達の彼氏と比較したりします。

自分の要求が通らなかったり期待通りでなかったりすると、「あなたの愛情なんてたいしたことないのね」と悪態をつきます。

男性はプライドを傷つけられる

嫉妬心を煽られたり女性の要求を押しつけられたりした挙句、期待通りでないと悪態をつかれた男性は、煩わしいと思うとともにプライドを傷つけられます。特に女性の無理なおねだりに応えられない場合、男性は自分の不甲斐なさを思い知ります。

プライドを傷つけられた男性は、相手の女性を重く不快に感じるようになります。

なぜ男は女を重いと感じるの?

romance-couple-1209046_960_720ハグ

男が恋愛相手の女を「重い」と感じる理由は、その女性に対して使おうとする労力以上の労力を求められたり、その女性に負うべき以上の責任を負わされたりすることです。

男性は恋愛対象となる女性の価値に相応した労力を使い、責任を負おうとします。それ以上の労力や責任を要求されることは、男性心理のストレスになります。

男性目線で「重い女」を見ることも、重い女にならないための一つの方法です。

①幸福にするのが難しい女性は重い

基本的に男性は女性を幸福にするのが好きです。女性が自分と一緒にいて幸福そうな明るい笑顔になると、喜びを感じます。それだけに、幸福にするのが難しい女性は重く感じます。

「幸福にしてくれない」と責められるような気がする

いつもネガティブな言動をしたり愚痴ばかりこぼしたりする女性・何かあると泣いて黙り込んでしまう女性・男性に尽くした見返りを求める女性は、「あなたは私を幸福にしてくれない」と責めているような感じがします。男性のストレスになります。

要求や期待が過大な女性は負担になる

「電話やメールにすぐ応えてほしい」「楽しいデートを計画してほしい」「誕生日や記念日には豪華なプレゼントやサプライズが欲しい」と、男性に対する要求や期待が大きすぎる女性は、男性の負担になります。

「高嶺の花」は幸福にするのが難しい

いつも高価なブランド物を身につけていたり贅沢三昧な生活をしていたりする女性や、自分の美貌や能力などを自慢して自分の話ばかりする女性を、男性は「高嶺の花」と言って敬遠する傾向があります。自分の力では幸福にするのが難しいと感じます。

②責任が大きすぎる女性は重い

たいていの男性は、結婚には重大な責任が伴うと考えています。責任を果たさなければいけないと考えています。まだ付き合って間もない女性が結婚話を持ち出すと、負う必要のない責任を負わされたように感じます。

男性は恋愛相手全員を「永遠のパートナー」と考えているわけではありません。「カップル=夫婦」とは考えません。女性が永遠のパートナー気取りになると、重いと感じてしまいます。

男性のプライバシーに口出す女は重い

男性が転職したり転居したりマンションの契約を更新したりすると、「どうして私に相談してからにしてくれないの!」と文句を言う女性は、女房気取り・永遠のパートナー気取りです。女性が男性のプライベートな生活に口を出すと、男性は女性の人生を背負わされたような気分になります。女性を重く感じます。

③価値のない女性は重く感じる

男性は、女性の価値に相応した労力を使い責任を負おうとします。女性の価値が高ければ高いほど大きな労力を使い大きな責任を負おうとします。一生懸命努力して、女性を幸福にしようとします。

しかし、価値が低い・価値がないと思う女性には、あまり労力を使ったり責任を負ったりしません。価値が低い・価値がないと思う女性は重く感じます。

価値も重さも相対的なもの

女性の価値も女性が重いと感じるのも、相対的なものです。今付き合っている女性よりも価値があると思われる女性が現れると、彼女が急に重いと感じる可能性があります。女性が自分の恋人になった途端、女性の価値を感じなくなる男性もいます。女性を手に入れた途端、重く感じてしまいます。

恋愛より価値のあるものが現れると、女性が重くなる

恋に夢中だった男性が責任ある仕事を任せられると、仕事の方の価値が大きくなります。仕事が優先で、仕事に使う労力が大きくなり女性に使う労力が減ります。仕事の価値が大きくなるとともに、女性の価値が小さくなります。女性を重く感じるようになります。

仕事でなくても恋よりも価値を感じるものが現れると、男性は女性を重いと感じます。

自信を失った男性には、女性が重く感じられる

仕事に失敗したり手に余る仕事を押しつけられたりすると、男性は自信を失います。「自分には、だれも幸福にする力はない」と思うようになります。今まで付き合っていた女性を重く感じるようになります。

「重い女」にならないように気をつけよう!

wedding-2616652_960_720重い女

「重い女」にならない基本は、自立した人間になることです。自立している女性は魅力的で、男性の負担になりません。

[重い女にならない6つの方法]

「重い女」と思われると、恋人が遠ざかる可能性が高くなります。恋愛するチャンスも減ります。恋愛から結婚に進展することも難しくなります。

自分が「重い女ではないか?」と悩む女性は、前述の「重い女の特徴」が「診断まとめ」になります。自分の言動がいくつあてはまるか、チェックできます。

①ありのままの自分を受け入れる

自分に自信がないと、何かに依存して埋め合わせようとします。自分の短所も長所もありのままに受け入れると、自分の存在価値を認識できるようになります。自分自身を適正に評価して、自信が持てるようになります。

自信のある女性は自立できる

自分に自信がある女性は自立できます。何か不安が生じても自律して、不安を克服できます。自分の能力を客観的に把握しているので、できることとできないことを見分けられます。自分独りでできないと判断した時は、問題解決に適した人の力を借ります。

ポジティブに考える

自分の存在価値を認めていれば、何事もポジティブに考えることができます。失敗してもクヨクヨ悩んだり愚痴をこぼしたりしないで、前向きにプラス思考で取り組みます。

自立している女は男の重荷にならない

自立して自分の意志で行動する女性は、男性の重荷にはなりません。男性は必要以上に労力を使ったり責任を感じたりしないですみます。

②恋愛以外の人生の価値を見つける

人生は恋愛と結婚が全てではありません。恋愛や結婚以外にも価値のあることが沢山あります。仕事や趣味に没頭して、恋愛以外の生き甲斐を見つけます。

彼氏からの電話やメールを待ってばかりいないで、友達や会社の同僚と飲み会や遊びに出かけます。独りでショッピングしたりイベントに参加したりして、独りでも楽しむことができるようにします。

自分磨きをして人生の価値を見出す

自分のスキルや能力を高めるなど「自分磨き」に精を出します。さらに自信が持てるようになり、人生にいろいろな価値を見出せるようになります。

③普段から恋人と対等に付き合う

男性と女性はそれぞれ人格を持つ別個の存在です。恋人同士になっても対等な関係に変わりはありません。恋愛関係にある男女は、普段から対等な立場で自分の意見を述べ合うことが大事です。対等に付き合ってこそ、信頼関係を確立できます。

相手の言いなりにならない・自分の言い分を押し通さない

女性は彼氏に嫌われたくなくて、彼氏の言いなりになる傾向があります。それとは逆に、「愛しているなら、私の言う通りにしてほしい」という気持ちも強くなります。男性の話も聞かないで自分の言い分を押し通そうとします。これは、男性には負担になる可能性が大です。

④男性の愛情を信じる

男性は言葉による愛情表現が苦手です。メールやLINE・SNSも、用件のみの素っ気ないものになりがちです。こんなことで彼氏の愛情を疑うと、男性は女性を重いと感じます。

恋愛関係になったら、彼氏の愛情を信じて彼氏なりの愛情表現を見つけるようにします。男性の愛情表現は女性と違って、言葉や態度だけで表すものではありません。デートをする時に車道側を歩いてくれたり、女性の食べ物の好みを知っていてくれたり、さりげない優しさを示すのが男性の愛情です。男性の言動に注意して、彼氏の思いをしっかり受け止めます。

⑤幸福にしやすい女になる

男性は女性を幸福にするのが好きです。男性と全く関係なく幸福で満ち足りている女性には興味を感じません。「自分でも無理なく幸せにできそう」な女性に興味を持ちます。

男性のちょっとした冗談に笑ったり何気ない親切に喜んだりすると、男性は「幸福にしやすい女性」と考えます。男性の言葉や行動に明るく応じて、「あなたのおかげで毎日が楽しい。幸せな気分になれる」ことを男性に伝えるようにします。

⑥距離をおいて男性に追いかけさせる

彼氏からの連絡やデートの誘いが減ったら、彼氏が女性に価値を感じなくなった可能性があります。そんな時にしつこく男性にまとわりつくと、男性は重く感じて離れて行きます。

彼氏からの連絡やデートの誘いが減ったりなくなったりした時は、女性は仕事や趣味に打ち込んで男性と距離を置くようにします。彼氏が仕事に没頭しているなら、しばらく放って仕事優先にさせておきます。

男性は狩猟本能があるので、女性を追いかけることが好きです。女性が距離を置いたことに気づくと、急に追いかけたくなります。手の届かない距離にいる女性の価値は高くなります。男性心理を上手に利用して、重くならずに彼氏の心を取り戻します。

[男性側の重い女の4つの対処法]

彼女が「重い女」で悩む男性が少なくありません。恋愛経験が少ない独身男性は重い女の対処法がわからないようです。恋愛系サイトに投稿して質問や相談する男性もいます。恋愛系サイトの男性読者も増えています。男性側も情報を集めて重い女に対処します。

①女性が独りで楽しめる趣味を見つけてあげる

重い女は恋愛の他に熱中できることがありません。そこで、「女性が独りで楽しめる」趣味を見つけてあげます。社交ダンスや釣りなど男性と一緒にする趣味では男性に対する依存度が高まるだけで、いよいよ重く感じるようになります。

「女性が独りで楽しめる」趣味を男性が一緒に見つけてあげることが大事です。趣味の仲間ができれば、仲間との付き合いが忙しくなり彼氏のことばかり考えている暇がなくなります。男性の負担を軽減できます。

②愛情を言葉でハッキリ伝える

重い女は自分に自信がなく、彼氏の愛情に不安を感じています。男性が女性に対する恋愛感情をハッキリ言葉で伝えると安心します。少し照れくさいのをガマンして、「愛している」「君が好きだ」と言葉で愛情表現します。男子の思いを言葉で伝えます。

③男性が重くなって、女性をウンザリさせる

男性が重い女の頻繁な携帯やメールにウンザリして返信しないと、重い女はさらに頻繁に電話やメールをしてきます。メールの内容も重くなる一方です。

そこで、男性はもっと重い内容のメールを返信したり、相手の迷惑になる時間帯に頻繁に電話したりします。重い女は男性に「かまってほしい」という気持ちが強いのですが、男性から「かまってほしい」と意思表示されると混乱します。ウンザリして、彼氏に対する感情が急速に冷えます。

④「他の女性を好きになった」と言って別れる

彼女の性格や価値観をよく知った後も、重く感じるばかりなら早めに別れることです。また、男性がいろいろ工夫して対処しても女性が重くなるばかりなら、別れることがベストな対処法になります。

重い女と別れる方法は簡単ではありません。重い女は悲劇のヒロインになったつもりで男にすがりついてきます。優柔不断に迷っていると、男性は心がボロボロになる可能性があります。強い気持ちで「別れよう」と意思表示を続けることが大事です。

別れる理由は、「他に好きな女性ができた」がわかりやすくてオススメです。ウソでもかまいません。重い女の問題点を理由にすると、「悪い点は必ず改めるから、別れないで」と泣きつかれます。他の女性に対する恋愛感情なら、どうすることもできません。

まとめ 重い女の特徴は自信がなく依存度が高いこと

「重い女」とは「男性の心に重くのしかかる女」「男に大きな心理的負担を与える女」という意味です。男が「ウザい・わずらわしい・ウンザリする」と感じる女です。

重い女は自分に自信がなく、男性に本当に愛されているかどうか、いつも不安です。そのために恋愛相手の男性を束縛したがります。毎日何回も男性に電話やメールをします。男性の行動を細かく知りたがります。男性に嫌われたくなくて男の言いなりになったり、世話を焼いたりします。ネガティブな言動が多く、何かにつけて男性の愛情を試します。

重い女は自信がないので、何かに依存したがります。恋愛依存になりやすく、彼氏に対する依存度が高くなります。あるいは恋愛すること自体に依存します。すべての価値観が恋愛に影響されます。結婚願望が強く、恋愛=結婚と考えています。男性と付き合ってすぐ結婚話を持ち出します。

男性は束縛されると、人格や尊厳を否定されたように感じます。結婚に対する心の準備が整わないうちに結婚モードで迫られると、心理的な負担が大きくなります。重い女と付き合うと、男性の心はボロボロに傷つきます。女性に対する恋愛感情が冷めていきます。

でも、重い女は自分が男性心理を傷つけウンザリさせていることに気づかないことが多いようです。ありのままの自分を受け入れて自信を持つと、自立できて重い女にはなりません。

関連記事として、

メンヘラの特徴を知ろう!女性に多い理由のはなぜ?どう接すればいい?

愛が重いと感じる彼氏・彼女の特徴は?相手がもっともうざいと感じる言動を紹介!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする