食べ方が汚いと思われる人の特徴とは?キレイに見せる方法を知ろう!

食事の仕方でその人の育ちが分かるもの。食べ方が綺麗だと子どものころからしっかり躾がされてきたんだなと言うことが分かりますし、逆に食べ方が汚いと育ちが悪いのかなという印象を与えるでしょう。もし仮に相手が外国人であれば、その国の文化なのかなと思うことができますが、同じ日本人なのに食べ方が汚いといくら美人であってもドン引きしてしまいます。

逆にあなた自身の食べ方が汚いと周りの人から嫌な顔をされるでしょう。食べ方が汚い人の特徴を知ることであなたの食べ方が大丈夫か知ることができるでしょう。また、食べ方の直し方も紹介していきますので、食べ方で悩んでいる人は参考にしてみましょう。

食べ方が汚いと思われる人の6つの特徴

TRT0607013_TP_V

では食べ方が汚いと思われる女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

①肘をついて食べる

テーブルに肘をついて食べると、猫背になってかきこむような姿勢になってしまうので、だらしなく感じられ、マナー違反です。食べこぼしも多くなるという特徴があります。

幼少のころから「肘をついて食べるな」としつけられてきた人も多いのではないでしょうか。

背筋を伸ばして座って食べるだけでも、食べ方が綺麗に見えるため、テーブルに肘をついている人を見ると余計に食べ方が汚いと感じてしまうようです。

②食べこぼしが多い

口に運んでいるときに料理をこぼしてしまって、テーブルの上が汚れていたり、食べ終わったお皿の上に食べ残しがたくさんあったりすると、食べ方が汚く感じられます。傍から見ても汚く見えてしまい、育ちが悪いのかなと思われてしまいます。

まだ、小さい子どもがいる家庭のテーブルや子どもがこぼしているのであればまだしも、大人で食べこぼしが多いのはガサツだと思われてしまいそうです。

③お箸の持ち方が正しくない

お箸の持ち方こそしつけられてできるものですし、テーブルマナーで常識ともいえるお箸の持ち方が出来ないと、恥ずかしいです。小さいころ、親にしかられながらお箸の持ち方を覚えた人も多いため、大人になってから正しい持ち方が出来ないと、みっともないと思割れるでしょう。

もしお箸の持ち方を間違えているのであれば、今からでも矯正したほうが良いでしょう。

④クチャクチャ音を立てて食べている

クチャクチャと音を立てて食べる、いわゆるクチャラーは一緒に食べている人や近くで食べている人が食欲を失くしてしまうくらい汚いイメージを持たせてしまいます。

クチャクチャ音を立てて食べるのは口を開けて食べているのが原因であるため、同時に口の中の食べているものが見えてしまうというみっともないことになってしまいます。クチャクチャ音を立てると一緒に食べている人だけでなく、周りの人にも迷惑をかけてしまっていると言えます。

そのためどんなに美人な女性やイケメンがクチャクチャ音を立てて食べているとマイナスなイメージになってしまい、一気に周囲の人の評価も下がってしまいそうです。

⑤好き嫌いが多い

よく小さいころ「好き嫌いをするな」と両親や先生から言われませんでしたか?それでも誰もが好き嫌いというものがあると思いますが、それだけを残してしまうのは子どもっぽいですし、食べ終わった後のお皿が綺麗とは言い難いでしょう。また、嫌いな具材や好きな具材だけをお箸で探すのは探り箸と言ってマナー違反と言えます。

もし嫌いなものがある時には一切食べずに置いておくか、我慢して食べたほうが良いでしょう。

⑥食べながらしゃべる

たとえ食べている途中に話しかけられたとしても、口に物が入っているときにしゃべるのはマナー違反です。食べながら話すことで、口の中のものが見えてしまうため、とても汚く感じられます。

もちろん食べている最中に話しかけないなど気遣いは大事なのですが、相手が食べているときに話しかける人も多いため、口の物が無くなるまで待ってもらうなど配慮が必要でしょう。

⑦大声で話す

食べながらしゃべることはマナー違反ですが、食べながら出なくても大声で話している場合はマナー違反と言えます。レストランなどで、大声でしゃべるととても目立ってしまいます。良い雰囲気なのにぶち壊してしまったり、どんなに雰囲気が盛り上がっていても大声で笑うなどはマナー違反となります。

居酒屋などの場は例外である程度大声でしゃべっても良いのかもしれませんが、比較的静かなお店では周囲の人に合わせて声のトーンを抑えたほうが良いでしょう。基本的に社会の暗黙のルールとして、育ってきているため、大声で騒ぐ人は一部なのですが、やはり大声で話す人は一定数いると言えます。

自分でやっているときには気づかないものですが、周囲の人にやられると、周囲の人に気を使えないと思われてしまいます。特に女性がしてしまうと、ガサツに見えて、もう二度と一緒に食事をしたくないと思われてしまうこともあります。

食事のときに綺麗に食べる6つのコツ

SAYA151005158392_TP_V

では食事のときに綺麗に食べるにはどういった点に気を付ければいいのでしょうか。今回は食事のときに綺麗に食べる6つのコツをご紹介します。

①お箸の使い方に注意する

日本人として食事の中でちゃんと出来ているべきなのがお箸の使い方です。日本食はお箸で食べるものが多いため、普段からお箸を使っている人も多いでしょう。何の気なしにお箸を使っていても実はその持ち方が間違っているという人も多いです。

よくお箸の持ち方のトレーニングとして、専用のお箸を使ったり、豆をお皿に乗せる訓練などをすることもあるでしょう。

また、お箸の持ち方だけでなく、その使い方でも先述した探り箸のようにマナー違反と取られる行為もあるため、しっかりとチェックしておくといいでしょう。

マナー違反になるお箸の使い方

①刺し箸:料理に箸を突き刺して食べる行為。突き箸ともいう
②立て箸:ご飯などに箸を突き立てる行為。お供えのときにする行為。
③探り箸:料理の具材などを箸で探す行為。
④移り箸:箸でつまんだ料理を食べずに戻す行為。渡箸ともいう。
⑤指し箸:人や物に向かって箸を指す行為。
⑥寄箸:箸で食器を自分の近くに引き寄せる行為
⑦にぎり箸:箸を正しい持ち方ではなく、握るように持つこと
⑧ねぶり箸:箸をなめること
⑨涙箸:箸や箸でつまんだ食べ物から汁をポタポタ垂らす行為

刺し箸や探り橋、にぎり箸は無意識にしてしまっている人も多いです。ねぶり箸や涙箸は傍から見てもいいものではないですね。特ににぎり箸は子どもであればまだ微笑ましく見えるものですが、大人がやっていたら非常にみっともない行為ですので、直していったほうが良いでしょう。箸の持ち方を矯正するグッズもあるため、箸の持ち方は覚えましょう。

②姿勢をきちんとする

食事のときに必要以上に食事の上にかがみこんで犬食いのようになったり、頬杖を突きながら食べる人がいますが、姿勢が悪く、汚く見えますし、緊張感が無いため、食べこぼしてしまったり、動きが汚くたってしまいがちです。

食べ物を口の運ぶのではなく、おしこんだり、口から物がこぼれたりなど見ていて気持ちいいものではありません。

椅子の背にもたれかからないくらいに深く座り、背筋を伸ばしましょう。座敷などの場合はできるだけ横すわりにしないで、正座にしていましょう。

③食べ方を注意する

食べ方を注意すると一口にいっても色々ありますが、よくあるのが一度にたくさん食べ物を入れるという行為です。一度にたくさん口に入れると汚く見えしまいます。また、肉など髪切りにくい食べ物をかみちぎると言った仕草も汚く見えるでしょう。

基本的にはお箸やフォーク、ナイフで、一口サイズに切って、あまり唇に触れないようにすると、口が汚れず綺麗に食べることができます。ただし、お魚などは食べるのが難しく、汚くなりやすいため、練習することが大切だと言えます。

また、口の中に食べ物が入った状態でしゃべるのはやめましょう。話しかけられたときも慌てずに口の中の物がなくなってからしゃべるようにしましょう。そして噛むときもクチャクチャ音を立てないようにしましょう。特に、フランス料理などの高級レストランでは食べるときに音を立てるのはご法度。うどんやラーメンを食べるように音をたてたり、スープをすすって飲むなどするとマナー違反になってしまいますア。このようなことは海外留学などをすると留学先で指摘されかねませんので注意しましょう。

また、良くあるのが、フォークや箸を振り回したり、人を指したりすることです。自分では気づかずやってしまうことが多いですが、やられたほうは嫌な気持ちになるでしょう。場合によっては箸やフォークについた汁が飛んでくるなんてことにもなりかねません。

④お皿や茶碗を綺麗にするように食べること

食べ方が汚く見えてしまうのには食べている途中や食べ終わった後のお皿や茶碗が汚いということが挙げられます。

ご飯茶碗であれば、ご飯粒をの数食べるて綺麗にすることがマナーですし、口を直接つけて食べても良いのはお椀だけです。かきこむように食べるのはマナー違反です。また、料理を食べるときに左から綺麗に食べていくと綺麗に見えます。

料理の乗ったお皿から色々なものをちょこちょことつついていくような食べ方は汚く見えてしまいます。魚の皮など食べられない部分があった場合は食べた後ひとつにまとめておくことで、お皿が綺麗に見えます。もしソースなどがかかっている料理の場合はソースで汚く見えないように、肉でぬぐいながら食べると良いでしょう。

⑤ディナーでの作法を学ぶこと

日本食にも作法があるように、洋風のフルコースでも作法があるため、大人としては知っておきたい常識と言えます。このルールを守れるようになることで、洋食を綺麗に食べることができるでしょう。

もし難しいと感じるのであれば、ディナーのマナー教室などが開催されていることもあるので、参加して学んでおくことをおすすめします。

ナプキンやフォーク、ナイフで正しく食事をすることで、外食をするときでも自信をもって綺麗に食べることができるでしょう。

⑥他人の食事の仕方を観察してみる

自分の食べ方が汚いということは、自分ではなかなか気づかないものです。レストランで食事したときに、周囲の人の食べ方を観察してみましょう。

綺麗に食べている人もいると思いますが、中にはフォークや箸の使い方が間違っていり、姿勢が悪くて汚く見えてしまう人などがいることに気づくでしょう。自分もそのように見えていないか確認していくことが大切です。

もしお付き合いの相手の食べ方が汚かった時の対処法

AMI88_ba-mukuhenuma-_TP_V

自分の食べ方が汚いわけでは無く、恋人の食べ方が汚いととても気になるものでしょう。中には千年の恋も冷めるという人もいます。

ここでは恋人の食べ方が汚くて、どう指摘したらいいのかわからないという方に、対処法をご紹介します。

①自分の食べ方から改めてみる

いくら恋人の食べ方が汚くても、頭ごなしに注意するのはNGです。男性はプライドが高い人が多いため、女性から指摘されたときに、プライドが傷つけられたと思い、へそを曲げて耳を貸そうとしないでしょう。

そのため、恋人が自分の食べ方が汚いと自分で気づくことができるように、まずは自分自身の食べ方を綺麗にしましょう。自分から率先して正しい食べ方をマスターすることで、自然と周囲の人にも影響を与え変わっていきます。

「あの人と比べて私の食べ方汚い」と思われて変えていくように、彼氏も「彼女の食べ方とてもきれいだな。それと比べて自分は…。」などとなるのです。自分でも綺麗に食べることができるようになれば、気持ちも良いものですし、相手からも好印象を与えることができるでしょう。

②根気よく少しずつ注意をする

タバコを吸いながら食べたり、箸の持ち方が間違っていたり、音を立てて食べていたり、恋人の食べ方が気になって言いたくなるのはわかりますが、あれこれ一度に注意しても相手に反感を買ってしまうだけです。

喧嘩になってしまったり、せっかくの食事がまずくなってしまいます。彼氏の食べ方を注意するときは重要なものから1つずつ始めましょう。まずは周囲の人が深いに思うクチャクチャ音を立てて食べることです。クチャラーは本当に不快なものなのですが、自分ではなかなか気づかないものです。

言われて初めて気づいたという人もいるため、やんわりと注意しましょう。クチャラーが改善したら、お箸の持ち方を注意して行きましょう。大人で握り箸をしている人はあまりいないと思いますが、テレビに出演している俳優や女優の箸の持ち方が間違っていると言う事もよくあります。

取引先との会食などでもお箸の持ち方が見られることもあるため、彼女から指摘するようにしましょう。正しい持ち方をすることができるようになれば、彼氏の評価も高くなるため、根気強く教えていきましょう。

③直す気が無い場合

丁寧に優しく直そうと言っているのに、改善する気配がない場合、強硬手段として、彼氏が食事をしている姿を撮影するのがおすすめ。自分が食べている姿を見せて、汚く食べ散らかしているみっともない人間であるということを認識させることが大切です。

もしくは外食をしているときに、汚い食べ方をしている人がいたら、「あんな食べ方をしてみっともない」「親のレベルも知れちゃうね」「あんな恥ずかしい食べ方をする人とは一緒にご飯を食べたくない」などと、その方には申し訳ないのですが、反面教師にして食べ方が汚いことで周囲の人からどのような評価をされるかを遠回しに伝えると良いでしょう。

④改善の余地がない場合は別れるのも手

もし何をしても改善しようとしない場合は、考え方や価値観が違うと思って、別れてしまうのもアリです。

なぜなら、そのような人と結婚すると、毎日食事のときに、その汚い食べ方を見ながら食べなければいけなくなります。また、子供にとっても悪影響です。

自分自身ができていないと、子供の食事に対して正しく躾が出来るはずがありません。また、いつまで経っても直す気配がないということは、欠点を直そうと言ってくれる彼女の言葉を適当にあしらって彼女のことを尊重しないと言えますので、彼女のことを大事にしてくれない相手は将来対等な関係を築くことはできませんし、モラハラやDVをするタイプと言えます。

まとめ

TSU73_cakejyosi15143657_TP_V

いかがでしたか?

食べ方が汚いことで、その人の育ち方が見えたり、その人の性格が見えるものです。もし食べ方が汚いと悩んでいる人や食べ方が汚いと指摘されたことがある人は、できれば早い段階で食べ方を改善したほうが良いでしょう。

もし自分の恋人の食べ方が汚い場合は、優しく諭してあげて、何度言っても食べ方を直してくれない場合は、お別れを臭わすか、第三者の人に会えて指摘してもらうのも有効な方法と言えるでしょう。正しい食べ方ができると、周囲の人から好印象を持たれることも多いため、ぜひ、食事のマナーはマスターしていきましょう。

関連記事として、

育ちが悪い人の特徴を知ろう!付き合い方や対処法、改善方法を紹介!

民度が低い人とは?特徴や民度を上げる方法を紹介!国民性でも変わる?

品がない人の特徴を知ろう!改善する方法はある?

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする