男性の性欲を高める方法を知ろう!低下してしまう原因はなに?

近年、ED(勃起不全・勃起障害)という言葉も広く一般化しつつあるように、性欲が低下・減退していることに悩む男性が少なくありません。また、彼氏や夫といった男性パートナーの性欲低下によってセックスレスとなり、「自分に魅力がないのかも…」と悩んでしまう女性もいるようです。

たしかに、年齢を重ねていけば老化によって男性機能は減退しますし、ストレスが溜まると性欲が低下する傾向があります。しかし、ちょっとした生活の改善によって、男性の性欲を高められる可能性があるのです。

そこで今回は、男性の性欲が低下する原因を探ったうえで、男性の性欲を高める方法について、ご紹介したいと思いますので参考にしていただければ幸いです。

男性の性欲が低下する原因

adult-1822498_960_720

男性の性欲低下は男女のセックスレスを招いて男性の大きな悩みとなることに加え、女性パートナーにとっても悩みの種となることがあります。そもそも、男性の性欲低下は、どのようなことが原因で起こるのでしょうか?

そこで、まずは男性の性欲が低下する原因について、ご紹介したいと思います。

加齢による男性ホルモン分泌量の減少

男性の性欲低下の原因の1つとして、加齢によって男性の性欲に関わる男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が減少することが考えられます。

男性ホルモンの分泌量は、基本的に思春期を迎えると急激に増え、25才前後でピークを迎えます。そして、30才を過ぎたあたりから徐々に減少が始まり、60才を迎える頃にはピーク時より半減すると言われます。このような現象は、実際に様々な研究報告によって実証されており、テストステロン値の血中濃度と年齢を軸とするグラフでは20才~30才を頂点とする山型が描かれます。

この男性ホルモンが体内で減少すると、性的興奮が生じにくくなり性欲が低下します。加えて、男性ホルモンの減少によって、男性生殖器官であるペニスの勃起がしにくくなり、勃起をしても勃起を維持・持続することができなくなります。つまり、勃起力低下・勃起力減退も招くのです。

長く精神的ストレスに晒されていること

男性の性欲低下の原因の1つには、長期間にわたって精神的なストレスに晒されていることも挙げられます。

精神的ストレスは、二重の意味で性欲低下・勃起力減退につながります。つまり、精神的ストレスによって自律神経のバランスが乱されたり、精神的ストレスによって男性ホルモンの分泌が減少することにより、男性の性欲低下がもたらされるのです。

自律神経とは?

自律神経とは、人間の生命維持に必要な循環器系や消化器系などの内臓の動きを、休みなく24時間365日コントロールしている神経系です。主に昼間の活動・覚醒時や緊張する時に優位になる交感神経と、主に夜間の安静時やリラックスしている時に優位になる副交感神経が交互に働くことで、身体が正常に機能するのです。

自律神経とペニスの勃起の関係

ペニスは、性的な興奮を伴うことから交感神経が優位な時に勃起すると考えがちですが、実は副交感神経が優位でリラックスした時に勃起しやすいのです。

というのも、ペニスの勃起にはペニスの海綿体に血液が流入することが必要だからです。そもそも交感神経が優位な時は血管が収縮して血流が悪くなり、副交感神経が優位な時は血管が緩み血流が回復します。この交感神経優位時の血流低下は、太古の昔の狩猟時代に強暴な動物から逃げるときに、怪我をしても身体の防御反応として出血量を抑制するための名残だとされています。

ですから、自律神経とペニスの勃起の関係性は、交感神経が優位な時には血流が少ないために勃起しにくく、副交感神経が優位な時には血流が回復して勃起しやすいのです。

ストレスによる勃起力の低下

緊張・プレッシャー・不安・恐怖といった負の感情は、人にとって精神的なストレスとなります。そして、精神的ストレスがかかると、人の身体は防御反応として交感神経が優位になります。このような身体の反応自体は、正常な反応であって問題ありません。

しかしながら、長くストレスがかかる状態にあると、交感神経と副交感神経の切り替えができず、自律神経のバランスが乱れます。自律神経のバランスが崩れ、常に交感神経が優位となり続けるわけです。それゆえ、本来は副交感神経が優位となって勃起しやすいはずの夜間にも交感神経が働き勃起しにくいので、パートナーとの夜の営みも不調となるのです。

ちなみに、性行為の途中で勃起を維持できず、いわゆる「中折れ」となると、この体験がトラウマとなって次回以降のセックス時に男性は余計に緊張やプレッシャーを感じるため、より勃起しにくい状況を招く悪循環に陥り心因性のED(勃起不全)となりがちです。

ストレスによる男性ホルモン分泌量の低下

交感神経が優位となると、人の身体は防御態勢に集中します。そのため、男性ホルモン(テストステロン)の分泌を指令する脳でも、直接身体の防御に関係しない脳の分野は活動量が低下します。その結果として、男性ホルモンの分泌量が低下するのです。

ですから、ストレスに長く晒されていると、男性ホルモンが体内で減少して性的興奮が生じにくくなり性欲が低下してしまうのです。

生活習慣の乱れ

男性の性欲低下の原因の1つとして、生活習慣の乱れも外すことはできないでしょう。というのも、生活習慣が乱れることは、自律神経のバランスの乱れや男性ホルモンの分泌量の低下と密接に関係しているからです。

性欲低下や勃起力減退をもたらす生活習慣の乱れとして、具体的には次のようなものが挙げられます。

  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 食事の栄養バランスの乱れ
  • 肥満や生活習慣病
  • 喫煙

男性の性欲を高める方法

people-2589818_960_720

このように様々な要因によって、男性の性欲は低下しているのです。それでは、男性の性欲を高めるには、どうすれば良いのでしょうか?

男性の性欲低下の原因である加齢は誰もが避けることはできませんが、逆にストレスや生活習慣は誰にでも改善することが可能です。そこで、男性の性欲を高める具体的な方法について、ご紹介したいと思います。

有酸素運動や筋トレをする

男性の性欲を高める方法の一つとして、有酸素運動や筋トレといった運動をすることは性欲アップや勃起力アップにとても効果的です。

有酸素運動

ウォーキングや水泳など適度な有酸素運動には、ストレスを解消する作用があります。

人間がストレスを感じると脳でストレスホルモンが分泌されて交感神経が優位となり、血管が収縮するほか筋肉も緊張した状態となります。しかしながら、適度な運動によって筋肉を使うことで、筋肉が疲労して緊張状態が緩和されます。すると、脳もストレスホルモンの分泌を抑制しはじめ、身体のストレス反応が弱まるのです。

また、適度な有酸素運動には自律神経のバランスを整える働きもあることが分かっています。専門的な内容となるので詳細は省きますが、運動をすることによって神経細胞が変化して、ストレス信号のやりとりが減少するのだそうです。その結果、自律神経(交感神経)が過度に優位になることを防ぎ、ストレス耐性も高くなります。

さらに、ウォーキングなどのリズム運動をすることによって、脳内で「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの分泌が促されます。セロトニンには、心を安定させて前向きにさせる作用があるので、ストレスによってネガティブになりがちな気分を落ち着かせてくれるのです。

筋トレ

筋トレ(筋肉トレーニング)をすると、男性ホルモン(テストステロン)の分泌が促されます。

筋肉に負荷がかかると、筋肉の組織が壊されます。そして、その筋肉が修復されると、それまでよりも筋線維が大きく太くなります。これを繰り返すことで、筋肥大につながるわけです。

筋肉の成長には、このような筋トレと筋肉の元となる栄養素のタンパク質が必要ですが、その他にも男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンが必要です。そして、男性ホルモン(テストステロン)も成長ホルモンも運動後に分泌されやすくなるのです。

結果として、筋トレなどの運動は男性ホルモン(テストステロン)の分泌を促し、性欲アップや勃起力改善につながります。

十分な睡眠の確保

質量とも十分な睡眠をとることは、ストレスの解消にもつながりますし、自律神経のバランスを整えることにもつながります。

ですから、十分な睡眠をとることも、性欲を高めるには大切なことだと言えるでしょう。

バランスの良い食事に加え、精力アップ食材を摂取する

勃起力改善や性欲を高めるには、バランスの良い食事が不可欠です。加えて、精力アップにつながる食べ物や食品を積極的に取り入れると良いでしょう。

具体的な精力アップにつながる食材は、下記の通りです。

  • 牡蠣(かき):含まれる亜鉛が精子を増やします。
  • ダークチョコレート:含有されるフェラルチアミンという成分がストレスを軽減します。
  • 牛肉や豚肉:性欲アップにつながるアルギニンという成分が多く含まれます。

この他にも、ホルモン分泌にはビタミン類(ビタミンB・ビタミンC・ビタミンEなど)やミネラル類(亜鉛・カルシウムなど)が必要不可欠です。精力剤やサプリメントで補っても良いかもしれませんね。

アルコール摂取と喫煙について

アルコール摂取は、適量である限りはストレス解消にもなり、性欲アップにプラスの影響があります。しかし、過度の飲酒は肥満につながりますし、寝酒も睡眠の質を低下させますので性欲低下につながります。

喫煙は喫煙者にとってはストレス解消になるかもしれませんが、それ以上に血流低下など性欲への悪影響のほうが大きいので避けましょう。

まとめ

いかがでしたか?男性の性欲が低下する原因を探ったうえで、男性の性欲を高める方法について説明してみましたが、ご理解いただけたでしょうか?

たしかに、年齢を重ねていけば老化によって男性機能は減退しますが、それ以上にストレスや生活習慣の乱れによって性欲が低下している傾向が高いのです。そのため、ちょっとした生活の改善によって、男性の性欲を高められる可能性があります。

ですから、性欲低下に悩む男性も、男性パートナーの性欲減退に悩む女性も、本記事を参考にしていただけると幸いです。性欲を取り戻し、あるいはパートナーの性欲を高めて、より良い生活が訪れることを願ってやみません。

関連記事として、

性欲が強い人の特徴とは?男女別に紹介!性欲が強い人への対応方法は?

性欲と食欲は関係している?上手くコントロールする方法を紹介!

これらの記事も読んでみて下さい!

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする