体温調節できない原因は?自律神経との関係を知っておこう!

体温調節ができない…。暑くても寒くても、常に体が冷えている、または暑いといった場合は、体本来の機能がうまく働いていないのかもしれません。私たちの体は体温によってさまざまな症状を引き起こします。冷え性が進んだら肩こりが併発し、体温が上昇し頭痛になりやすくなるなどといったケースがあります。

もし、体温調節がうまく出来ないと感じているのであれば、それは自律神経失調症である可能性があります。

スポンサーリンク

体温調整ができないのは何故?

afghani-60704_1920

正常な体は体温が一定

私たちの体の体温は、ほぼ一定に保たれるようにできています。どんな環境であったとしても、体がきちんと機能するために体温は約36〜37度で保たれています。とはいえ、厳密には誰もがみんな同じ温度を必ずしもキープするわけではありません。

平均体温以下の人もいれば、平均よりやや高いひともいます。さらに、年齢によっても変わります。わかりやすい例は、幼児は体温が高く、年齢を重ねた人ほど低めです。

また、一日のうちでも変動します。朝は体温が低く、日中は活動することによりもっとも高くなります。微差はあるものの、大きな変動はなく、一定に保たれます。

体温調節ができないとは?

暑い季節には汗をかいて体の中にこもる熱を放出し、寒い季節には体の熱を逃さないようにエネルギーを溜め込むように体は自然と調整をします。

これが私たち人間にそなわっている体温調節機能です。この働きをコントロールしているのが自律神経です。この自律神経はとても繊細な神経で、バランスを崩しやすいとも言われています。

例えば、暑い季節に汗をほとんどかかない、寒い季節にほてりを感じてしまうなど、一見うらやましく見えてしまうかもしれません。ですが、それは自然の現象ではありません。他にも、夏の暑い時にクーラーや扇風機に当たると、寒くてしょうがないと感じてしまう冷え性の人も当てはまります。このように体温調整がうまくできない人は、脳の体温調節中枢が乱れている可能性があります。

体温調節を行なうメカニズムは、脳が体温を察知し、発汗や血液を変化させるのが普通です。この体温調節中枢は、自律神経のバランスが乱れることで、体温を察知できず体に指令が届かなくなってしまうのです。

自律神経とは?

自律神経という言葉はよく耳にすると思います。どんなものかご存知でしょうか? 自律神経とは、末端神経のひとつで、体に指令を届ける神経になります。

自律神経は、交感神経と副交感神経に分かれています。通常の健康的な体は、昼間は交感神経、夜間は副交感神経が働きます。というのも、交感神経は、運動や労働、緊張感、危機感などに働き、脳や体の運動効率を高めています。そして、副交感神経は、休む、くつろぐ時によく働き、体が休息モードへ入ります。

実際にどんな働きかというと、例えば、普段私たちは、手や足は動かそうという意識を持って動かしています。ですが、心臓や胃腸は動かそうと思っていなくても動いてくれています。これは、自律神経が動かしてくれているからです。ちなみに、自律神経が支配しているのは、心臓・腎臓・肝臓・脾臓・小腸・大腸・胃・十二指腸……、などほとんどの臓器が自律神経によって働いています。

そして、自律神経が乱れると、体温調節ができなくなり、低体温、顔がほてる、耳鳴り、めまい、など様々な症状が表れてきます。

スポンサーリンク

自律神経を乱す原因は?

connection-647206_1920

自律神経が乱れる原因を紹介します。

交感神経と副交感神経の働き

通常だったら、夜になって眠たくなり始めると、交感神経は働かなくなってきます。休息モードとして副交感神経が働いてくるため、血圧が下がり心臓の鼓動も遅くなっていきます。ですが、急に心臓がドキドキしてしまったり、全く眠気を感じないなどの状態が夜にある場合は、本来は働かなくなるはずの交感神経が働いている証拠です。

また、人は眠気を感じることで副交感神経が働き、手足の毛細血管の拡張が起こります。よって、手足の先まで体温が届き、体があたたまり睡眠へと向かいます。ですが、冷え性の人は手足が冷たいため、副交感神経が働きにくく、「手足が冷えてて、眠れない」という現象が起こったりもします。

このように、本来働くべく時に適した神経が働かないことで、自律神経が乱れてしまいます。

下着類にも要注意

冷えの原因のひとつとして、服装も問題になっている場合があります。スキニーデニムや締め付けが強いレギンスなどのピタッとした服装は体を締め付け、血行を悪くしてしまいます。下着やガードルなどでも同様です。サイズの合っていない下着類をはき続けることで血行が悪くなり、末端神経を冷えさせてしまいます。

また、締め付けることで、皮膚感覚が鈍り、寒くなっても自律神経が働かず寒さを感知できないことで、冷えが加速してしまいます。

更年期の症状としても現れる

更年期に入ると、様々な症状が精神と体に現れ、「更年期障害」と呼ばれます。体の反応として主なものにが「多汗」「ほてり」「のぼせ」です。

この症状も体温調節ができなくなっているために現れるものです。それはなぜでしょうか? まず、考えられるのが女性ホルモンの減少です。仕組みとしては、更年期に入ると女性ホルモンが減少し、排卵が起こらなくなるため、生理が止まります。生理がある時の体は、低温期と高温期が交互に訪れますが、生理がなくなることで低温期の状態がずっと続くことになります。そのため、体温調節に影響を与えてしまいます。

また、常に汗をかく、という症状も更年期障害の特徴です。別名「ホットフラッシュ」とも呼ばれています。これは女性ホルモンの減少により、自律神経のバランスに大きくかかわるエストロゲンというホルモンが低下します。このホルモンは、血管の拡張と収縮をコントロールする働きがありますが、働きが弱くなることで、汗をコントロールする機能が働かなくなります。結果、環境や時間などに関わらず、汗をかきやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

体温調節機能を整えるには

baby-1151351_1920

自律神経が乱れることなく、正常に機能することで体温を正常に保つことができます。そこで、日々の暮らしの中でできるケアをご紹介します。

質の良い睡眠

普段よく眠れていますか?

自律神経は睡眠不足にとても弱いと言われています。眠りの質はもちろん、睡眠時間も重要です。4時間以上の睡眠をまとめてとることが、ホルモン分泌にも良いとされています。細切れではなくまとめてしっかり睡眠を取ることで、体温調節機能も安定していきます。

また、浅い眠りは知らぬうちにストレスを与え、自律神経が乱れやすくなってしまいます。睡眠前のスマートフォンやPCの使用は避ける、カフェインや飲酒の摂取を控えるなどして、質のいい睡眠を心がけましょう。

もし、眠れないなどの睡眠障害がある場合は、自律神経の低下を招く一方となりますので、早めに専門医や、内科、神経内科などに相談してみましょう。

ビタミンBとミネラルをたっぷり

女性に多いのが無理なダイエットや食事制限などによるビタミン、ミネラル不足。ビタミンの中でも特にB群とミネラルが不足すると、自律神経を乱しやすく、ストレスを受けやすい体になってしまいます。ビタミンB1・B6・B12は、神経伝達や脳の神経に大きな関わりを持つビタミンです。

また、ミネラルの中でもマグネシウムは神経の働きやホルモン分泌に必要なミネラルです。日頃から意識して、これらが多く含まれる食材を食事に取り入れるようにしましょう。

食事として取り入れるなら以下のような食材がおすすめです。

<ビタミンB1>

*30〜40代で必要なビタミンB1摂取量は1日につき男性で1.4mg、女性で1.1mgです。

  • 豚ヒレ肉(100g中の含有量は0.98mg)
  • 豚モモ肉(100g中の含有量は0.91mg)
  • ハム(100g中の含有量は0.90mg)
  • 大豆(100g中の含有量は0.83mg)

<ビタミンB6>

*30〜40代で必要なビタミンB6摂取量は1日につき男性で1.4mg、女性で1.2mgです。

  • ニンニク(100g中の含有量は1.50mg)
  • マグロ(100g中の含有量は0.94mg)
  • 酒粕(100g中の含有量は0.94mg)

<ビタミンB12>

*1日の摂取量は微量です。12歳以上の男女ともに1日の推定平均量は0マイクログラム(マイクログラム=1mgの千分の一の単位)

  • しじみ(100g中の含有量は4マイクログラム)
  • 赤貝(100g中の含有量は2マイクログラム)
  • すじこ(100g中の含有量は9マイクログラム)
  • 牛レバー(100g中の含有量は52、8マイクログラム)

<マグネシウム>

*マグネシウム摂取量は、1日につき成人男性で340g、成人女性で270gです。

  • あおさ(100g中の含有量は3200mg)
  • 大豆(100g中の含有量は110mg)
  • きなこ(100g中の含有量は17mg)
  • アーモンド(100g中の含有量は270mg)

また、外食が多い人は手軽に取り入れられるサプリメントもおすすめです。

ストレスを溜めこまない

自律神経はストレスにとても弱いです。ストレスは精神的なものと思いがちですが、

他にも構造的なもの(骨盤のゆがみや体の問題)、科学的なもの(排気ガス、化学物質、食べ物の過不足)、温度や湿度などの環境(暑い、寒い、蒸すなど)もすべて含まれています。これらのストレスの元となるものが脳に影響を及ぼします。そうすると、脳が体温調節を含めた体の機能を働かせる指令を出しにくくなってしまいます。

ストレスをためない工夫はもちろん、適度なストレスを克服することで、よりストレスを受けにくい体と心にシフトしていきます。ちなみに、ストレスという言葉を生み出し、ストレスの研究でノーベル賞を受賞したストレス・セリエ博士の「ストレスとは、人生のスパイスだ」という名言があるように、現代人にとってストレスをゼロにすることは不可能です。

常にストレスがある状態でいながらも、それを克服するモチベーションが私たちの心身を活性化しています。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。体温調節ができない方は、まず自分の体と心の状態を見つめてみましょう。そして、自律神経を乱すような生活をしているかをチェックし、日々できるケアをしてみましょう。少しの心がけと行動で体は確実に変化していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする